出会い系サイトでオナニーを手伝わせる女子に実際会って食えた

yntm86k5
女からエロ写メもらいつつハメ倒す方法みつけたったwww

ヤりたくてムラムラしてるやつは見てったほうがいいぞw
エロ写メもらえるしハメハメできるし最高すぐるwww

さっそく方法を教えてしんぜようwww
一言で言うなら、
出会い系のオナニー女子を狙い撃ちってことなんだwww

出会い系には、オナニーを手伝ってもらいたい、
俗に言うオナニー女子という連中が存在している。



男たちに声をかけ、いやらしいやりとりを交わしたり、
ちんぽの写真を送らせたり、
おまんこの写真を見せて感想を強要したりする無法者たちである。

そんな連中を、出会い系の男たちは正直煙たがっている。
彼らは飢えた獣たちなので、オナニーの手伝いとかまどろっこしいことは一切行いたくないのである、それはそうだ。ハッキリ言って出会い系は熾烈な争いが日夜繰り広げられている。

一人のやりたい女子に、最低でも2~3人、多い時は10人以上の男どもがお誘いメールを送っている。
20人に声をかけて1人やれるくらいの確率で彼らは動いている。

なのでオナニー女子の相手なんて無駄な時間はかけてられないのだ。

俺はというと、すけべには自信があるが、
顔は自信がなく、金もまったくないどうしようもない中年だ。
熾烈な争いになかなか勝利できず、

幸か不幸かうざったいオナニー女子の相手をする余裕もあった。

それが、俺の人生を一変させるセックス天国の始まりとは、
誰が予想しただろうか・・・。

オナニー女子からのクソメールを晒す。

女「ムラムラしちゃったーwちんちんの写メ送ってよーw」

最低すぎる。シカトされて当たり前だ。

しかし俺は普通のヤリたい系女子に相手にされずイライラしてたので、
このオナニー女子に返信してみたのだ。

俺「写メ送ってやるよ。その代わりお前のマンコも送れ」

女「いいよー。見せあいっこ見せあいっこ(ハート)。
てかチンチンの形キレイだね。濡れてきちゃったよぉ・・・」

なんだこいつ。頭ちょっとアレなんじゃないのか。

若干引いた俺だが、一緒に添付されてきた顔写メがなかなかかわいかったので、
もうちょっと相手してやることにした。

んで俺はこのオナニー女子の、罵ってだのエッチなこと言ってだのに付きあいながら、
ヤリ系女からの返信を待っていた(結局来なかった)。
そうこうしてるうちにこの女、絶頂に達しやがった。

俺はイクどころか何の進展もないというのに。クソ。

こいつ名前を瀬名というのだが、
どうやらすごく満足のいくオナニーをしきったらしい。

俺のことを褒めちぎって、できればまたオナニーに付き合ってほしいというのだ。

正直、勘弁してほしかった。

瀬名に付き合っても俺はヤレるわけじゃないし、
毎度毎度ちんちん写メ送るのも気恥ずかしいこともあった。

そこで俺は無理難題を押し付け、諦めてもらうことにした。

俺「じゃあ、一回やらせろよ。
そしたら一回オナニーに付き合ってやるわ」

オナ目的の女だし、まぁこれであきらめてくれると思った。

だが、しかし・・・

瀬名「えー、いいよw
キミとなら感度合いそうだし、むしろ抱いてほしいよー。」

なんとこの女、よほど満足したオナニーができたのか、
いつのまにか俺に抱かれてもいいくらいまで好感度が上がっていたのである!

よくよく話を聞くと、どうやら瀬名はいろんな男に声を掛けたのだが、
なかなか相手にされず、オナニーすら満足にできていなかったようである。

瀬名「みんなオナの相手してくれないのに、ヤラせてとかばっかりで・・・。
俺くんからちんちん写メ来て、瀬名はすごく嬉しかったんだよ?」

俺のちんちんがこんなに役にたったのは初めてだ。

このPCMAXっサイトよく使ってる。
つっても普通にヤってるだけだけど。確かに女多いね。

このPCMAXはもともと女性メインのサイトで、女性誌とかでも一時期話題になったみたい。

普通にやれるやつはいいんだよ。
いっぱい女の子いるから。
でも俺みたいな中年ブサイクは、
間違いなくこの方法が一番効率がいい。

他にも色々オナニー女子は食えた。
みんなにも成功のイメージを持ってもらいたいから、
ちょこちょこ公開していく。

1人目

27歳 埼玉在住 ユリエ
「おちんちん、音立ててしゃぶってもいい?ジュポジュポ」

これがファーストメールである。
俺の返事を待たずに勝手にしゃぶってくる変態女だったので、
ちょっと焦らしてみることにした。

「ダメだ、しゃぶるな。」

「やだ、しゃぶる」

「どうしてもしゃぶりたいのか?」

「うん。しゃぶりたい」

「じゃあ、生ちんぽしゃぶらせてやるよ。今どこだ?」

「渋谷。本当に会ってくれるの?」

頭おかしいかと思うかもしれないけど、
これ、実際のやり取りですwww

ちなみに、このPCMAXのいいところは、
こういう変態女がくさるほどいること。

オナニー女からのお誘いがちょっとうざいくらい来るから、
基本受け身な俺みたいな奴にもぴったりなのである。

理由はわからんが、
このPCMAXオナニー希望の淫乱オンナが多いんだわw

セックスだけじゃなくて、俺はいろいろご馳走になってるw
ボッテガの財布とか、バーバリーのカバンと買ってもらったw

ユリエとは、六本木のバーで会うことにした。
一人じゃ行くことなかったであろう、高級そうな店だった。

ユリエは保険の外交員で、身なりからしてもかなり稼いでいるようだった。
ユリエは飲んでる間、いかにこの仕事がストレスたまるか、
そんな話を延々としていた。

「じゃあ、今日は思いっきりセックスしてストレス解消だね」

俺のその言葉に、ユリエは「うん!」と少女のように可愛い返事をした。

その後は、もはや言葉はいらない。
足は自然とホテルへと向かい、
俺たちは一つになったのだ・・・。

この子のフェラ、すっげえ音たてていやらしいのwww
AVの影響受けすぎですわwww

朝起きて別れ際に、そういえばと連絡先を交換し合い、
その後も何回か美味しくいただいた。
あの褐色のプルプル肌とバキュームフェラは一級品だった・・・。

2人目はちょっと手こずった

30代半ば 主婦 聡子ちゃん
優しそうなお母さんって感じ。
30代っていってもどちらかというとロリ系。
ロリ人妻とか大好物な俺はすぐに食い付いたw
人妻ってだけで興奮するのに、
しかも聡子ちゃんは天然パイパンなのだwww

聡子ちゃんは、家事が片付いた正午過ぎにムラムラが抑えられず、
オナニーの相手をしてくれる男を探していた。

そこに果敢に突っ込む俺www
「こんにちは。僕も自営業なので昼間はかなり時間があるんですよ。
よろしかったら奥さんの自慰、お手伝いしましょうか?」

相手に応じてキャラは使いこなすんだ、それが鉄板だぞみんな。

返信は、割と警戒心があったが、
もちろんオナニー手伝うだけだよ!
と強調しながらメールしていったら、オナ写真ゲットwww
ちょろすぎるだろこのサイト。

そしてオナニーを数日手伝って、そろそろ信用も勝ち取れたという頃、
俺は切りだした。

「そろそろメールだけではなくて、
実際に会ってオナニーのお手伝いしましょうか?」

メールオナに付き合ってると分かるんだが、
オナ女たちはやっぱりどこか満足していないところがあるんだよな。
本当は男のぶっといモノでアヒンアヒン言わされたい、
そんな願望が絶対ある。
でも、実際に会うのはちょっと怖いからオナだけで済ませる・・。
そんな心理状態なんだ。

聡子ちゃんもそんな心理だと読み切った俺は、
実際に会う約束を取り付けようとしたのである。

・・・断られたけどなwww

この娘オナ女子の割に警戒心強いんだもんw
「会うのはちょっとまだ・・・旦那もいますし・・・」
さて、みんなはこの返事をもらったとき、どうするかな?
押す?引く?
・・・
俺は押しまくるタイプじゃぁぁぁぁぁあ!!!!!!

「俺は、聡子と会いたい。
会って聡子のオナニーを見ながら、ちんぽシゴきたいんだ。
もちろんザーメンは聡子の顔面にぶちまける。」
聡子ちゃんのオナは、決まってラストは顔射するシチュエーションだった。
男の汁に並々ならぬ情熱を持っているに違いないと考えた俺は、
玉砕覚悟の追撃を仕掛けたのだ。

その後ガンガン押しまくり、いかに俺のザーメンが濃いか、
連射してベトベトにさせてあげられるかを熱弁し、
なんとかアポを取るにいたったのだ。

そして平日の昼下がり・・俺たちは幹線道路沿いのホテルに居た。

生で見る聡子ちゃんは10倍くらいロリかったw
これ中学生でも通じるんじゃねw
しかしパイパンとはいえさすがに人妻。
腰の動き・・・エロすぎでしたwww
旦那さんとはずいぶんご無沙汰らしく、
昨日からずいぶん期待していたらしい。

相互オナニーで1回、フェラで1回、セックスで3回かけたったwww

俺はそんなに人妻が好きじゃないから
よっぽどタイプじゃないといかないけど、
単にそこそこかわいい人妻ってだけなら、
たぶんその日中にアポ取れるくらいいっぱいいるぜ。
あいつらヒマなんだwww

さて、そろそろ俺も用事があるので消えるわ。
お前らもオナニー女子狙って人生楽しめよ!んじゃ!

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (1)

厳選記事PICKUP!