【新社会人との体験談】⑦とびきりの美女とめったにお目にかかれない爆乳系女子との4P

RrICuEF1Qoa276ef48
【新社会人との体験談】①
【新社会人との体験談】②
【新社会人との体験談】③
【新社会人との体験談】④
【新社会人との体験談】⑤
【新社会人との体験談】⑥
【新社会人との体験談】⑦

【新社会人との体験談】⑥自分がイクためだけの身勝手なストロークの繰り返し。ピル服用で心置きなく中出しできたの続き

裕也とユリカは最寄り駅の近くのカフェでまったり休日の午後を楽しんでいた。

俺はマリエと一緒に部屋を出たあと、一人で二人が待つカフェへと向かった。

あくまで二人が一緒に居たことはユリカには内緒、もちろん裕也はそのこと知っている。

打ち合わせするまでもなく二人の意志は通通だ。

「なになにー、日曜日にデートしちゃうくらいいつの間に仲良くなったの?」



俺は努めて脳天気にまったりとカフェデートを楽しむ二人に声をかけた。

金曜日のダーツバーで一際目をひいたユリカは昼間の明るいところで見ると一層キレイで、スラっと身長の高いモデル系のスタイルにどこかクールな目鼻立ちのしっかりした顔、にも関わらずとびきり明るい笑顔を持っていた。

「隆さんお久しぶりです、って言っても金曜日ぶりですけどwあの後裕也にすっかりご馳走になっちゃって」

すでに呼びすてかよ、と裕也の手腕にはいつも舌を巻くほかない。

そしてどちらかと言うとご馳走になったのは裕也の方だろう。

「金曜ごめんねー、マリエちゃんと買い物いったまま話し込んじゃってさ、店戻るの遅くなっちゃた」

「いやいや、お前らが遅くなってくれたおかげでユリカとすっかり仲良くなれたよ、ね?」

すでにカップル気取りな裕也のセリフに心のなかで苦笑いを浮かべる。

俺の性的な嗜好から真っ先に豊満系のマリエに食指を伸ばしたけど、3日連続でやりまくり性欲の減退した今見るとユリカにしといたほうが良かったかなぁなどと少しばかりの後悔も生まれる。

「今マリエとメールしてたんですけど、買い物でこっち出てたみたいで、◯○駅で待ち合わせしよーって話なんですけどいいですか?」

マリエはユリカと連絡をとってどうやら上手く落ち合う段取りを付けたようだ。

「オッケーだよ、4人でどこ行こっか?」

「◯○駅ならお前んちすぐじゃん、ユリカ、よかったら隆の家どう?俺んちほどじゃないけどいいとこだよ」

何の気なしにユリカがすでに裕也の家を知っていることを俺の前でカミング・アウトする。

もちろん俺は聞かされているが、表向き他に彼氏がいるユリカもその会話に顔色一つ変えない。

「隆さん、お邪魔しちゃっていいんですか?」

「うん、もちろんだよー、なんならお酒もいっぱいあるしまだこんな時間だけど飲んじゃおっかw」

「いいね−、モエ開けよ−ぜーw」

人の酒だと思って裕也は好き勝手を言っている。

そんなこんなで早速◯○駅に向かってさも金曜日以来という風を装ってさっきまでヤってたマリエと再会する。

マリエも中々の演技者だ。全てを知っている裕也だけは笑いをこらえる表情を隠さずに面白可笑しそうにしていた。

4人で俺の部屋につくとユリカとそしてさっきまでこの部屋にいたマリエも物珍しそうに部屋の中を眺め回し、ついさっきと同じようなリアクション、セリフを繰り返した。

女性の嘘をつく能力の高さを改めて目の当たりにして軽くひく俺。

勝手知ったる裕也はズカズカとキッチンに入り、8本入りのセラーから勝手にモエを取り出す。

「グラスここにあるから各自持って行って−」

とまるで自分の家のように指示を出す。

4本のフルートを並べてシャンパーニュを注ぐ。

「カンパーイ!」

日曜の午後4時前、四人での宅飲みが始まった。

マリエがさっきの情交で潮を吹きまくった形跡が残ってないかヒヤヒヤしたが、家をでる前にひとしきり片付け、ファブリーズし、窓を開けて外出したのが幸いしたのか、そんな気配は全く残っていなかった。

そして、そのソファーの上に裕也とユリカはピタリとくっついて並んで腰掛けている。

4月の末にもかかわらずユリカはその長い脚を強調するようなホットパンツを生足に合わせていた。

ソファーの真正面の床に座っている俺が少し目のやり場に困るくらいその脚は圧倒的な存在感を放っていた。

マリエと同じくらい白いけどその細さはもしかしたらマリエの半分以下、スラリとした脚が2本キレイに組まれている。

この脚を開いてその間に潜り込み、きれいな顔を見ながらつきまくるのはさぞかし良い眺めだろう。

ただしざっくりと胸元が開いたUネックのインナーにストール風のアウターを合わせていたが、谷間らしきものはあまり見えない、失礼な言い方だけど貧乳確定とみていいだろう。

本当にマリエとは対照的で、やっぱり俺の性欲のスイッチを入れるのはマリエの方だ。

「今更な言い方もあれだけどさ、マリエちゃんもユリカちゃんも彼氏いるんだよね?大丈夫、日曜のこんな時間から男の家にいて」

「私はなんとなく別れようかな−って思ってるんですよ、大学時代から付き合ってるんですけどなんとなく社会人になって見えてきた部分が在って、なんか子どもっぽいっていうか」

ユリカは明らかに裕也を意識しながらそう打ち明けた。

でも多分裕也にはその気はないだろう。

だからここに連れてきたはずだ。

「ユリカちゃん言ってたよねー、やっぱりあんまりうまく言ってないんだね。あ、私も全然だいじょうぶです。彼氏あんまりうるさくないんで」

マリエも続ける。

昼間っから俺の家に入り込んでくんずほぐれつしていたわけだから言うまでもない。

「お前はそういうところが優しいよなー、俺だったら四の五の言わずに遊びに来い!とか思っちゃうもんw」

なんだかんだ俺より数倍優しいはずの裕也はすでにソファーの背もたれの上に腕を伸ばし、ユリカの肩に手を回している。

「優しいっていうかさ、そこは多少気にかけるでしょ」

「隆さんは彼女いないんですか?」

ユリカが何の気なしに尋ねる。

「俺はしばらくいないんだよね−、まぁ仕事も忙しいし彼女がほしい!って感じでもないんだけどね」

「えー、きっと彼女はいなくてもデートするコはいっぱいいるんじゃないですか?」

マリエが意味深な笑みを浮かべて俺に突っ込む。

「まぁ、そうだね、デートくらいはたまにはね」苦笑いを浮かべながら俺は答えた。

そんな与太話をしながら飲んでいるとあっという間に1本空き、2本目も半分以上が空く、明るいうちのワインはよく回るものだ。

マリエもユリカもあっという間に上気した表情を見せ、その間に裕也とユリカの間で交わされるボディータッチはどんどんあからさまになてくる。

そんな様子をマリエも笑いながら見て言った。

「ユリカちゃんなんかもう裕也さんと付き合ってるみたいだねw」

ユリカはまんざらでもなさそうな表情を浮かべて裕也の顔を覗き込む。

「私が付き合いたいって言っても絶対はぐらかすよこの人w」

まるでセフレ容認のような発言にちょっとうらやましさを覚える。

「ちなみに隆さんはどんな女性が好きなんですか?」

ユリカが本当に興味あるのかわからいな様な口調で尋ねる。

「そいつは完全に巨乳フェチw」

間髪入れずに裕也が答えると部屋の中に4人の笑い声が響いた。

「まぁあ違えてはいないけどねw」

やれやれといった風に俺は答えた。

「なんだよその言い方、マリエちゃんとかチョー好みのタイプだろw」

「いやいや、私なんて隆さん気にもとめませんよ」

マリエが謙遜して言う。

「そんなことないって、だってあのダーツバーでこいつ真っ先にマリエちゃんに目線送ってたもん、んでその後ソッコー声掛けてたでしょ」

「えーそっか、じゃぁ私は脈なしですね」

「いやいや、ユリカちゃん今裕也とそんなラブラブな雰囲気だしといて俺は眼中にないでしょw」

「そんなことないですよーでも私Bしかないからなーその点マリエちゃんはスゴイですよ!Iカップありますからねぇ」

そういえばマリエのカップ数までは聞いてなかった。

菜摘がGカップだったけどそれを2つも上回るIカップとは、つくづく幸運な週末だ。

「ちょ、ユリカちゃんやめてよw」

マリエは酒で少し赤くなった顔をさらに赤くさせた。

ユリカは意に介さずにスクっとソファーから立ち上がると、床に座るマリエの後ろに回りこんでしゃがんだ。

「新入研修が泊まりがけであったんですけど、大浴場があって、一緒に入ったんですけどスゴイんですよーもう、爆乳!」

そう言うと、後ろからマリエの胸を両手で揉み始めた。

「ちょっっ!ユリカちゃんっあぁっwくすぐったい!ww」

服の上からでもその質感が十分に伝わる。

ユリカの指は深くマリエの胸に食い込み、乳房が重たそうにタプンタプンと揺れている。

「ユリカ、それチョーえろいよwにしてもホントに大きいね、Iカップかー俺も触ってイイ?」

裕也がどさくさに紛れて言った。

「ダメに決まってるじゃん!小さいほうがいいとか言ってたくせにーw」

ユリカは少しムキになりかけたけど抑えて冗談っぽくそう言った。

「でも隆さんならいいよね?マリちゃん?ほら、隆さん触ってみてー」

「ちょ、ダメだよユリカちゃん。隆さん、ダメだよ!」

慌ててマリエは否定した。

けど流れはこっちのものだ。

「マリエちゃん、そんなに一生懸命拒否されたら傷つくんですけどwちょっとくらいいい?」

俺はしっかりとマリエの目を見据えたまま冗談めかして言った、基本的にMなマリエが断れない、強い目線を伴った言い方だ。

「え、ホントに?隆さん、えと、ちょっとくらいなら…」

マリエは顔を一層赤らめて俯きながらそう言った。

すでに興奮状態に入ってるマリエのいつもの仕草だ。

「マジで?よし、じゃあユリカちゃん、交代!」

そう言ってユリカをどかすと、同じくマリエの後ろにまわり、首から背中のファスアーをそっと降ろしてワンピースの首元から手を突っ込んでブラの上からマリエの胸に触れた。

「ちょっ!隆さん、服の上からじゃないんですか!」

「だってこの方が胸の大きさわかりやすいからさ、嫌?」

俺はまたマリエが嫌とは言えない優しくも命令を含んだ口調で言った。

ブラの中にまで手を滑り込ませて敏感な乳首に触れると、体をビクンと震わせる。

「あっ、はぁっ、ダメぇ!隆さんっ、あっ」

少しづつ声に色っぽさが滲み始めるマリエ。

最初笑ってみていたユリカの顔も少しずつ興奮の色が見えてきた。

ソファーに戻ろうとしていた足を止め、再びマリエの前にしゃがむと、マリエのワンピースを肩から肘まで降ろし、首筋や鎖骨に唇を寄せながら一緒になってマリエの胸を刺激し始めた。

「だめー、ユリカちゃん、ちょっとっ、あっ、ねぇ、隆さん、とめてぇ、はぁあん」

言葉で嫌と言いつつも抵抗らしい抵抗は見せず、徐々に感じ始めているようだ。

俺は俺で目の前で繰り広げられるソフトレズ、しかもとびきりの美女とめったにお目にかかれない爆乳の絡みに興奮を抑えられない。

裕也は楽しそうにグラスを口に運びながらニヤニヤ見ていたが、グラスをテーブルに置くとそっとユリカの後ろに回って着ていたストールを優しく剥ぎ取り、首元にキスを始めた。

「なにー、裕也一人で寂しくなったの?」

振り返るとユリカは裕也にキスをしながらマリエから手を話して裕也の首にそのしなやかで細い腕を絡ませた。

二人のキスは徐々に熱を帯びる。

裕也はソファーの上にユリカを導き、そこに押し倒してインナーも脱がせホットパンツにブラという姿になったユリカの上半身にキスの雨を降らせてユリカも艶っぽい声を出してそれに応えた。

そちらの二人が始まってしまえばこちらだってもう慣れたもの。

マリエを振り向かせて唇を重ねるとマリエもねっとりと舌を絡めてくる。

ユリカとの絡み、そして唐突に目の前で始まった裕也とユリカの絡みに昂ぶっているのがよくわかる。

裕也がユリカのホットパンツを脱がせたのが目に入る。

真っ白いフリルが付いたTバックが小ぶりヒップによく似合っている。

本当に均整がとれている、手足がスラリと伸びてスレンダーな折れてしまいそうな身体だ。

裕也は丁寧にユリカの全身にキスをしながら巧みに両手を使って皮膚の表面をソフトタッチでなであげる。

女性へのアプーローチは違うけど前戯の仕方は俺とほんとうによく似ていて逆に気持ち悪い。

俺も負けじとマリエのワンピースを脱がしにかかる。

マリエは一瞬ソファーに目をやって逡巡を見せたが、意を決したように従順に脱がされた。

いつかはスタイルに関してユリカへの劣等感を口にしたこともあったけど、裕也がその言葉の中にマリエが俺の好みのタイプだと言ったのが功を奏しているのだろう。

まさにこれが俺と裕也のコンビネーションだ。

圧倒的に肉感的なマリエの身体にソファーの二人の視線が飛ぶのがわかる。

俺は次いでブラも外してしまい、再びその深い谷間に顔をうずめた。

さすがに裕也はまだチラッと見ただけで再びユリカを攻め、高めることに集中し始めたようだ。

若い女の子二人分の喘ぎ声が徐々に熱を帯びて部屋を満たす。

俺はシャツとズボンを脱ぎ捨ててパンツ姿になる、同調して裕也も続き、ユリカの上半身を起こしてその顔に股間を近づけた。

ユリカはちらりとこちらを確認した後、マリエが絨毯の上で俺に仰向けに押し倒されているのを確認したのか、裕也のパンツをずらして、すでに大きくなっているティンポを口に含んだ。

少し遠慮がちなフェラ。

菜摘やマリエが卓越していただけに物足りなく感じる。

もしくは二人きりの時はもっと激しいんだろうか。

俺はパンパンに張ったそこがもどかしくなり、パンツを脱いで毛足の長い絨毯の上で仰向けに横たわったマリエの顔に近づけた。

一瞬驚くもマリエもゆっくりと口に含んでくれる。

相変わらず唾液が多く、高めの体温が気持ちいい極上のフェラだ。

それを見た裕也はティンポをユリカの口から外すと何やら耳打ちをした。

「えー、ちょ、本気で言ってるの?」

ユリカはささやき声でそう言ったけど表情は嫌そうには見えなかった。

おそらく学生時代さんざん遊んできたのだろう、その口元には笑みさえ浮かんでいる。

少しいやいや、という緩慢な動きを見せてユリカソファーの上から床に手を突くとそのままのそのそと床を這ってこちらに近づき、だらしなく開かれたマリエの脚の間にやってきた。

その様子を再びパンツを履いた裕也は楽しそうにソファーの上から眺めている。

「マリエちゃん、ごめんね」

ユリカは小声でそういった、マリエの身体が一瞬硬直して俺のティンポから口を離そうとする。

「つづけて、マリエちゃん」

俺は優しくマリエの頭を撫でるように押さえつけてフェラを続けさせた。

ユリカはマリエのパンツに手をかけ、スルッと一気に脱がすと、肩をふとももの間に入れて脚を閉じれないようにガードし、マリエの敏感な部分に舌を這わせた。

「はぁっ!いやぁっ、あああぁ!」

マリエはたまらず俺のティンポを外して声をだす、でもその抵抗も全然力の入ったものではない。

「すごい、マリエちゃん、いっぱい溢れてるよ」

卑猥なセリフを口にしてユリカはなおも唇と舌での愛撫をマリエに与え、マリエは嬌声と身体の痙攣でその刺激に応える。

「ほら、俺のもしてよ」

そう言うと、マリエは再び夢中で俺のモノを口に含み、没頭するように頭を振ってストロークした。

「マリエちゃん、裕也がソファーの上で一人で見てるんだ、こっちに呼んでもいい?」

マリエは酔と全身を支配する快感に目を潤ませながら俺を見つめ、フェラをしながら首をゆっくりと二度縦に振った。

俺が裕也とアイコンタクトをとると裕也はソファーの上でパンツを脱ぎ取り、こちらに近づいてくる。

裕也のサイズは俺と同じ程度だ。

マリエを挟んで俺の向かいに正座のように腰を下ろすと片手でマリエの大きな胸を揉み、もう片方の手でマリエの左手をとって自分のそこを握らせた。

ユリカは一瞬その様子を覗き見たが、再びマリエから溢れる粘液を音を立ててすすりながら刺激を与えることに熱中している。

「マリエちゃん、いい?今度は裕也のもしてあげて」

そういうとまた一瞬目を開いて俺と目を合わせ、頷くと首を反転させて反対側の手で握っている裕也のティンポを口に含む。

「あぁ、マリエちゃん、スゴイ、気持ちいよ」

裕也はマリエの胸を刺激しながらささやきかける。

マリエは更に深く裕也のモノを咥え込んだ。

ユリカはマリエの股間から顔を離してその様子を伺い次いで俺と目を合わせた。

俺は目線でユリカを呼ぶ。

四つん這いでエロい笑みを浮かべながらユリカが近づき、腕を床について脚を拡げた俺の股間に顔をうずめた。

ユリカのフェラは菜摘、マリエに比べると上手ではなかったが、なによりそのきれいな顔と長い髪、そしてスラリとした指に映えるネイルなど、たまらなく刺激的な視覚を提供してくれる。

ユリカが俺の股間で激しく頭を振り始めると、裕也はさっきまでユリカが舐めていた股間に手を伸ばし、指を挿入してマリエの一番感じる部分を探り当てた。

あーあ、これまた吹くな、絨毯の上…まぁ仕方ないか。

俺はイマイチ快感に乏しいユリカのフェラを受けながらそんな心配をしたが、そう思うまもなくマリエは肩を激しく震わし、裕也のモノを口から外して叫びながら潮を噴出させた。

マリエの隣で四つん這いになって俺にフェラしていたユリカの脇腹にも多少かかってしまったらしくさすがに驚いたようだが、さらに嬉しそうな顔を浮かべて上半身を起こし、長い脚からTバックを抜くと、

「隆さん、私も気持ちよくなりたいな」

と甘え声を出して全く毛のない股間を自らの指で開いて見せておねだりをした。

続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (11)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!