【アロマエステ店体験談】毎回、当たり前の様に本番はさせてもらってます

MGSMPL-001-12
風俗は大好きで、多種多様な風俗に通ってます。

ある日、いつものように風俗雑誌を観ていると、

【日本人エステシャンによる、男性のための究極アロマエステ店、グランドオープン 】

なる広告に目が止まり、行ってみることにしました。

通常、アロマエステは、値段が高い割りには、女の子は脱がないし、俗に言う、風俗的な要素は少ないと聞いていたので、今までは敬遠していました。

(その代わり、女の子の質が高いのが売りらしい)

しかし、今回のお店は、

『女の子は、全員、白衣の下は水着着用』

のキャッチフレーズに、なにか期待感を感じてしまいました。

入店してみると、受け付けには観葉植物などが置かれ、いかにもアロマエステの雰囲気をかもし出していました。

店員「いらっしゃいませ、初めてのご来店ですか?」

俺 「はい」

店員「ご利用料金は、このようになっておりますが、どちらのコースになさいますか?」

Sコース 45分 1万円

VIP 60分 1万5千円

極 90分 2万5千円

究極コースが、いきなり1万円も高い、いくら30分長いと言っても高すぎる。

聞くと、

店員「こちらのコースは、フルコース+女の子のボディーマッサージ付きです。」と言う。

『ボディーマッサージ?』

もしや…の期待と、オープン割引があったので、究極コースを選択しました。

写真指名も出来たが、店員によると、女の子は顔もスタイルも全員保障するとの事なので、取り合えず指名なしにしました。

部屋に案内され、待つこと5分。

女の子「失礼します、○○です、よろしくお願いします」とニッコリ(⌒-⌒)

※コスチュームは、股下10cm位のミニの白衣姿。

どこかで見た様な顔…。

そうだ!元キャスターの大石恵(hydeの奥さん)に似てる。

大石「ごめんなさい、シャワーするので、全部脱いでもらえますか?」

俺 「ほい、ほい」

全裸になって、大石の前に立つと、前から抱きつくような格好で、腰にバスタオル捲いてくれた。

そして、手をつないでシャワールームへ…。

ピンク色の灯りで、ちょっと暗めのシャワールームに着くと、彼女は白衣を脱ぎ捨て水着姿に…。

その水着は、乳首も透けて見えそうな、生地の薄い白の紐付きビキニ(初めは、ピンクに見えた)ちなみにDカップくらいかな?

俺のバスタオルを、さっと剥ぎ取り全身手洗い。

柔らかい手で、全身くまなく洗ってもらい、最後の仕上げはチン洗い。

ヌルヌルの手で、シゴキ洗いされ、思わず勃起!?

大石「大っきくなっちゃいましたね(クスッ)」

俺 「テヘッ」( ̄∇ ̄ヘ)

そして、部屋に戻り、サービス開始。

大石「耳掻きします?」

俺 「いいね!やって、やって!」

大石「じゃあ、私の膝の上に横になってください」

俺 「ど、どっちから?」

大石「じゃあ、右耳から」

言われた通り、彼女に背を向ける形で膝の上に横になると、柔らかい太ももの感触が頬から伝わる。

一通り掻き終わると…。

大石「フーフーする?」

俺 「え!?して、して!」

大石「フー丨 フー・・・」

俺 「あぁ??」

大石「じゃあ、左の耳掻きするから、反対向きね」

俺 「あいあ~い??」

反対向きに横になると、ちょうど彼女の恥部が目の前になる、

ついつい、大きく鼻から息を吸い込んで匂いを嗅いじゃったりして…。

(興奮度最高頂)

ついでに、お尻に手をまわし(ナデナデ)→お叱りなし

その後、全身オイルマッサージやら…etc

あまりの気持ち良さに、しばし仮眠状態。

大石「は~い、終わりましたよ~、シャワー行きましょう~」

すると、今度は別室のシャワールームへ…。

中には、ビニールのエアマットが…。(*´▽`)

大石「うつ伏せになってね」と言われ、

俺 「は~い」

と寝そべっていると…。

なにか後ろでモゾモゾしている気配。

(脱ぎ脱ぎしてる?)

と、寝ている俺の上に、全裸の彼女が股がって来た!

俺のお尻の辺りに彼女の陰毛が、ジョリジョリ感じる。

全身に、ローションを塗りたくっての、π転がしのボディーマッサージ。

(背中や尻に乳首が擦れる…。)

次は、仰向けになって全身πマッサージ曻

(この時、初めて全裸を見れた)

なんと!チンポにはπズリでサービス(ビックリ)

一通りサービスを終えたら、

大石「つづきはお部屋でね(ニッコリ)」

俺 「喜んでぃ!」

てなわけで、部屋に戻り、つづきを開始!

大石「ちょっと冷たいけど我慢してね」

と、俺のチンポにローションを塗っての手コキを開始。

あまりの気持ち良さに、危うく放出しそうになった愚息をなんとか我慢させ…。

俺 「ちょっと、舐めさせてもらえるかな?」

大石「えっ、ちょ、ちょっとだけですよ曻」

俺 「あいあ~い」(^O^)V

てなわけで、彼女のバスタオルを剥ぎ取り、仰向けに寝かせて股をM字に開かせ、カラダを挟まれる格好で、上からのしかかる。

まずは乳首責め。

両手でオッパイを鷲掴みに揉みしだく、左パイを揉みながら、右パイの乳輪に沿って舐め回し、乳首の側面からチロチロと舐める。

次に、おもむろに乳首を口にふくみ、吸い付いて中でコロコロ転がす。

彼女は思わず喘ぎ声を漏らす。

大石「あん??」

かまわず責めつづけると、眉を歪め、必死に声を押し殺しているようだった。

(本気で感じているようだ)

乳首責めを一休みし、彼女の耳元で囁く。

俺 「オマンコも舐めていい?」

大石「う…ん」

彼女は、半分ベソをかいた様な顔でうなづいた。

商売なのに、相当感じているらしい。

もう一度、乳首にさよならのキスをして、そのまま舌を腹伝いに下へ滑らす。

いつしか俺の舌は、彼女の少なめなヘアに辿り着く。

次に、股の付け根のラインに沿って舌を這わせる。

そして、いよいよマンコのビラビラを、中心に向って舌を這わせる。

つづいて、敏感な突起物を、皮の被った状態で舐め回す。

その突起物を、親指で軽く押し上げると、プリンと中身が出てくる。

その中身を、乳首を口にふくむ様に吸い付き、激しく舐め転がす。

彼女は手で口を覆い、必死に声を押し殺しながら、腰を左右クネらせ、必死に口撃から逃げようとしている。

屈曲M字型に、させている彼女の両太ももを、両肩と両腕でガッと挟んで押さえ込み、身動きがとれない状態にして、更に生クリを責めつづける。

大石「あん、もうだめ。お願いやめて…イヤッ」

などの声は、聞こえぬふり。

両足の押さえは、右肩と左手側に任せ、生クリ舌攻撃をしながら、そっと右手でマンコを触ってみる。

するとそこはもう、マン汁と俺の唾液でビショビショだった。

次に、生クリ舌攻撃をしながら、そっと親指を入り口に添えてみた。

すると彼女は、腰を少しづつクネらせ、いつしか親指を根元まで呑み込んでしまった。

親指で、中を確認してみると、そこは更にグショグショの大洪水状態。

指を引き抜く時に、絡んだオツユが外に零れるのがわかるくらいだった。

親指を一度引き抜き、再度中指を挿入し、生クリ舌責め+中指尿道口責めのWで責めたてた。

すると彼女は、ギュッとマンコで中指を締め付けたかと思うと、

大石「もうダメ!あっ、イクッ」と果てた。

クリは、ヒクヒクと射精反応を起こしている。

タコの吸盤の様に、クリに吸い付く俺は、それを口と舌先に感じ、思わずニンマリ。( ̄∇+ ̄)

虚ろ目の彼女の耳元で、

俺 「ちょっと入れてもいいかな?」と聞くと…。

彼女は、急に目が正気に戻り、

大石「ダメですよ~。」と言って来た。

普段なら『そうなんだ、わかった』と、素直に引き下がる俺だったが、なぜかその日は執拗に迫ってしまった。

俺 「ちょっとだけだよ」

大石「…。」

彼女は、少し間を空けてから、

大石「やっぱりダメですよ~、店長に叱られちゃうからダメですよ~曻」

俺 「内緒にしとくから平気だよ…。てかっ、我慢出来ないから、このまま入れちゃうぞ!」

と、ギンギンのチンポをマンコに突き立てた。

ズボッっと入った感触が、最高に気持ち良い。

彼女のその瞬間、あ~んと仰け反って顔を歪めたが、流石にそこは、

大石「あ!ダメダメ曻ゴム、ゴム付けて!曻」ときた(ヨッシャー)

俺 「ん?わかった??」

と、名残惜しいが、彼女の中から一旦から抜く。

すると、彼女は引き出しからスキンを出して来た。

もしもの時のためなのか、しっかり用意はしてあるもんだね(´∀`)

大石「もう…。」(m~-~)

てな顔をしながら、彼女は自分で俺の息子にゴムを装着してくれた。

これがまた、彼女の手でコソコソされて、超気持ち良い。

彼女はゴムを付け終わったら、また横になった…。

俺は、彼女の股の間に腰を割り込ませ、マンコにチンポを突き立てた。

そのまま、ググッと挿入していく。

ゴムを付けてても、やっぱり本番は気持ちいい。

大石「あんっ??」

俺 「おお!入ったよ??」

そして、激しく突きまくる。

大石「あぁ??」

しばらく突きまくっていると…。

必死に、声を押し殺していた、彼女の喘ぎ声が激しくなって来ました。

大石「あぁ??ダメ!声が漏れちゃう曻」

と言うなり、両腕を、俺の首に回し、ググッと引き寄せる。

そして、

大石「お願い、チューして~」

と言って来た(マジかよ)

俺は、キスをすると彼女の方から舌を絡めてきた。

それに応え、俺は更に激しく突きまくった。

彼女は「うっ、うっ」と、俺に塞がれた口の隙間から、喘ぎ声を漏らし、本気でかなり感じていたようだ。

俺 「い、イキそうだよ、出すよ。」

大石「うん…、いいよ。キテ・・・。」

俺 「(^へ^;)…出る…。」

俺 「……おおっ……。」

大石「くぅぅぅ…。」

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!って感じ?ははっ

俺 「あぁ…ふぅ…凄く気持ちよかったよ」

以上、こんな感じの美味しい体験でした(*´▽`)

今も、時々行っては指名していますが…。

毎回、当たり前の様にエッチはさせてもらってます。

○番なしの店でも、一度○っちゃえば…。

てか、他店でも、上手くやれば美味しい思いは出来ますよ

What do you think of this post?
  • エロいいね (6)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!