あの日のコーラ

69467010
学校帰りに、何気に公園を見ると、幼馴染の香織がいた。

片隅のベンチに腰掛け、俯いていた。

香織とは、幼稚園から中学まで一緒。

幼稚園時はほぼ毎日、小学生になっても時々だが、遊んだりする仲だった。

中学になると香織は陸上部に入り、また可愛い顔の香織はアイドル的存在となり、俺と接する事がなくなった。

俺、まぁ不細工な方だから・・・



高校生になると、学校が別々だった事もあって、顔すら合わす事がなくなった。

家、2軒挟んだ隣なのにね。

正直思うのは、生きる世界が違うのだろう。

俺も香織の存在を忘れてたし、きっと香織も、俺なんかの事は忘れてたろう。

公園で見かけるまではね。

泣いてるように見えた。

いや・・・間違いなく泣いてたろう。

声をかけようかと思ったが、ほぼ3年近いブランクがある。

相談しあう仲でもないし、笑いあう仲でもない。

俺は歩を進め、通り過ぎようとしたが・・・

でも、やはり気になってしまった。

俺は自販機でコーラを買い、香織の側に足を進め、黙ってそれを差し出した。

「俊ちゃん・・・」

声は出さなかったが、香織の口がそう動いた。

3年もまともに喋ってないのに、俺、通り過ぎようとしてたのに、あの頃と同じような呼び方をされて、何だか嬉しかった。

でも、手放しに再会を喜べる雰囲気ではなかった。

香織の目が案の定、真っ赤だったから。

暫く黙ったまま、目だけを合わせていた。

「ほらっ」

俺はやっと口を開き、香織に尚もコーラを差し出した。

ところが香織はそれを受け取らず、突然立ち上がると、いきなり俺に抱きついてきた。

可愛い子に抱きつかれ、悪い気なんてしない。

でも俺にしてみたら、女の子に抱きつかれるなんて、生まれて初めての事だった。

香織は俺に抱きつくと、声を上げて泣き出した。

周囲の視線が突き刺さるが、俺、どうしていいか分からなくて。

どうしていいか分からず、ただ立ち尽くした俺の足元に、コーラの缶が転がった。

香織は尚も泣き続けていた。

「ごめん・・・それから・・・ありがと・・・」

泣き止んだ香織は俯いたまま、俺を見る事無くそう言った。

「折角だから・・・これ・・・貰っとくね」

俺の足元のコーラを拾うと、俺に背を向け、

「少し・・・スッキリしたよ」

そう言うと、一人で公園を後にした。

俺は黙って、香織の後姿を見送った。

翌朝、学校に行こうと玄関を開けると、門の所に人影が見えた。

向こうも俺に気付いて、手を振った。

「俊ちゃ~ん!」

香織だった。

「駅まで、一緒に行かない?」

「別に・・・いいけど・・・」

俺はツレなく答えたが、内心はドキドキだった。

俺がそんなんだから、当然会話なんて弾まない。

俺自身は、「あぁ」とか、「いや・・・」とか返すだけで、色々と話しかけてくるのは香織。

でも俺、何を聞かれたとか、まるで覚えてなくて・・・

ただ、あっと言う間に駅に着いた気がする。

「じゃ~ね!」

笑って手を振り、反対側のホームに行く香織の事を、昨日と同じように見送った。

学校が終わり、いつものように電車に乗った俺。

いつもの駅で降り、改札を抜けると、そこに香織がいた。

俺を認めた香織は、手を振って微笑むと、俺に近付いて来た。

「一緒に帰ろう!」

そう言うと香織は、ポケットに突っ込んだ俺の右手に、自分の腕を絡めて来た。

俺はまたドキドキしながら、朝来た道を歩いた。

朝のように、「あぁ」とか「いや・・・」しか口にしてない。

「俊ちゃんって共学だったよね?」

「あぁ」

「俊ちゃんは優しいから、もてるでしょ?」

「いや・・・」

「うそ~っ!絶対もてるって!」

「そんな事ねぇよ!」

俺は初めて、「あぁ」「いや・・・」以外を口にした。

「ごめん・・・怒った?」

「いや・・・」

「怒ってるでしょ?」

「いや・・・」

「あたし・・・迷惑かな?」

「いや・・・」

「静かにしてた方がいいなら・・・黙ってようか?」

「いや・・・俺こそ・・・大きな声出してゴメン。」

謝ったけど、何か重苦しい空気が流れてしまった。

「上田さん(香織)、陸上は?」

初めて俺から、香織に話し掛けた。

しばらく香織は黙ってたが、「やめちゃった」と言うと、なんだか寂しそうに笑った。

俺はそれ以上は、聞いてはいけない気がして、「そう・・・」とだけ返した。

香織は中学時代、100mで県大会3位の実力者だった。

高校は勿論特待生。

そう言えば・・・高校は寮だって聞いた記憶が・・・

やめたから、今は家から通ってるんだ。

「かなり・・・いじめられちゃってね・・・」

香織はそう付け加えると、昨日の様に下を向いた。

また、重苦しい空気が流れた。

俺の家の前で香織は、絡めた腕を解いた。

そして俺に微笑みかけながら、「明日も、一緒に行っていい?」と聞いてきた。

俺は「あぁ」と答えた。

「あのさー・・・」

俺が香織に目をやると、「『上田さん』は寂しかったぞ!」と言った。

「昔はさ~・・・『香織ちゃん』って呼んでくれてたよね?」

「あぁ」

「『香織ちゃん』って呼んでよ」

「あぁ」

「『香織』でもいいぞ!」

「いや・・・」

笑う香織。

「それからさ~」

「本当にもてないの~?」

「あぁ」

「ふ~ん・・・」

その後に、香織が何か言った気がした。

でも、聞き返さなかった俺。

「じゃ、明日ね~」

香織はそう言って手を振ると、自分の家に入って行った。

翌朝も、香織は門の側に立っていた。

そして夕方には、駅の改札口にいた。

その翌日も、そしてその次の日も。

俺らは毎朝一緒に駅に行き、夕方には並んで帰った。

ある時、中学時代の同級生と鉢合わせた。

「えっ?」と一瞬驚いたそいつ。

「お前ら・・・付き合ってんの?」

その問い掛けに、「へへっ」と笑った香織。

そして俺は、「そんな訳ないだろ!」と強く否定。

「だよな!」

同級生は安心したような顔をした。

その日は途中まで、3人で並んで帰った。

香織はずっと、そいつと喋ってる。

俺は一言も口を利かなかった。

同級生と別れ、また二人きりになる。

いつもはずっと喋ってる香織が、珍しく一言も喋らない。

気になりながらも俺は、訳を聞く事が出来なかった。

そして香織との別れ際、「あんなに強く否定しなくてもさ・・・」

そう言うと香織は手も振らず、家に入って行った。

翌朝、門の前に香織は来なかった。

夕方も、駅の改札口にはいなかった。

気になった俺は、香織の家に行ってみようかと思った。

でもいざとなると、呼び鈴を押す勇気がなかった。

小学生の頃は躊躇なく、押すことが出来たのに。

下からただ、灯りのついた香織の部屋を見上げるだけだった。

翌朝俺は早起きをして、いつもよりも随分早くに家を出た。

家を出て行く先は、3軒隣の香織の家。

でも30分たっても40分たっても、香織は出て来なかった。

諦めて、学校に行こうかと思った時、香織の家の玄関が開いた。

出て来たのは、香織の母親。

「あら~俊ちゃん・・・久しぶりねぇ」

俺は挨拶をすると、「香織ちゃんは?」とおばさんに聞いた。

「香織ねぇ・・・昨日から具合が悪いんだって・・・」

そう言うと2階の、香織の部屋の窓に目をやった。

「困った子よね~・・・」

そう言うと俺の方を見た。

「そうですか・・・」

俺はそう言って頭を下げると、駅に向って歩いた。

香織がいない道は、とても寂しかった。

その日の夕方、俺は香織の家の前にいた。

ケーキ屋で買った、ショートケーキが入った包みを持って。

相変わらず、呼び鈴を押すのは躊躇した。

躊躇はしたが、でも思い切って呼び鈴を押す。

出て来たのは、おばさんだった。

「香織ちゃん・・・いますか?」

おばさんに尋ねると、「いるけど・・・お部屋から出て来ないのよね・・・」と、困った顔をした。

「そうですか・・・そしたらこれ、香織ちゃんに。僕が来たって、伝えて下さい。」

そう言って頭を下げ、立ち去ろうとした俺を、おばさんが呼び止めた。

「俊ちゃんの顔を見たら・・・元気になるかもね・・・」

俺はおばさんに続いて、狭い階段を上った。

5年生の時に上って以来。

でも、懐かしさに浸る余裕なんてなかった。

おばさんがノックしても、中からは何も反応がない。

「俊ちゃんが来てるわよ。開けるわよ!」

そう言っておばさんがドアを開けたのと同時に、「えっ?」と驚いた声が聞こえた。

完全にドアが開き、布団から顔だけだした香織と目が合う。

「ちょっと待ってよ~!」

香織はそう言って布団にもぐるが、おばさんはお構いなし。

「さぁ、入って、入って。」

そう言って俺の背中を押すと、「ごゆっくり~」と言ってドアを閉めた。

ただ立ち尽くす俺。

香織も布団を被ったまま、顔を出そうとしない。

そしてドアをノックする音。

おばさんがジュースとグラスをトレーに乗せて、部屋に入ってきた。

「あら俊ちゃん、立たされてるの?」と笑ってる。

「はい・・・そんなとこです・・・」

「香織に遠慮しないで、座っていいのよ。」

そう言うとおばさんは、クッションに目をやった。

「はい・・・」

俺は返事をすると、クッションの側に腰を下ろした。

「香織ちゃん!いい加減にしなさいよ!」

おばさんは布団の中の香織に、厳しい口調で言った。

「俊ちゃん、香織が出てこなかったらそのケーキ、おばさんに頂戴ね。」

そう言うとおばさんは、部屋から出て行った。

「ケーキとか・・・買って来てくれたの?」

おばさんが出て行くと布団の中から、香織が聞いてきた。

「あぁ」俺はそれだけ返した。

「ケーキ、食べたいけど・・・恥ずかしいよ~」

布団から顔だけ出して、香織がそう言った。

「じゃ俺・・・帰るから。ケーキ食べて元気出して。」

俺が立ち上がろうとすると香織は、「待って!」と言って布団から出て来た。

でも次の瞬間、「キャッ」と言うと、ピンクのパジャマの胸元を隠し、前かがみにになった。

「帰るよ」

俺は立ち上がり、ドアノブに手をかけた所で、香織に腕を掴まれた。

「待って!一緒に・・・ケーキ食べよ・・・」

「ノーブラだから・・・あまり見ないでね。」

俺の正面に座った香織は、襟元を左手で抑えながら、俺にそう言った。

「上に・・・何か着たら」

そう言われて照れた俺は、そう言うのがやっとだった。

「そだね・・・」

香織は立ち上がると、薄いピンクのカーデガンを出し、それを上にまとった。

でもそれで無防備になった香織。

ケーキが入った箱を覗き込んだり、食べようと前屈みになった時に、チラリと胸元が覗く。

その都度俺は、目のやり場に困って、香織から視線を逸らした。

人の気も知らずに香織は、「おいしい」と嬉しそうな顔をした。

「昨日ね~子供の頃の写真を見てたんだ~」

ケーキを食べ終えると、香織はそう話した。

「ふ~ん・・・」

「そしたらね~俊ちゃんが水溜りで転んで、ベソかいてる写真が出てきたの~」

「そんな事、あったっけ?」

「覚えてな~い?3年生の時だったかな・・・ウチの庭で転んでさ~」

「そうだっけ・・・」

「お母さんに服脱がされて、素っ裸なの!」

「嘘だ~!」

「嘘じゃないよ!写真あるもん!」

そう言うと香織は、押し入れから古いアルバムを取り出し、俺の横に座った。

「ほら~っ!これだよ~」

確かに俺、素っ裸になってベソかいてる。

「ほらね。」

勝ち誇ったような香織の顔。

「こんな写真、いつまでも持ってんなよ」

「だって俊ちゃん、ベソかいて可愛いんだもん」

香織はそう言うと、その写真をまじまじと見た。

「香織ちゃんだって、面白い写真、隠してんじゃないの?」

「見たい?」

香織はそう言うと、尚も俺に近付き、肩を並べるようにして、アルバムのページをめくった。

「俊ちゃんって小さい頃、ホント小さかったのに、今は背が高くなったよね~」

時々写ってる俺の写真を見ながら、香織はそう言った。

「今も・・・男にしては高くはないよ・・・」

「でもこの頃って、あたしより頭一個分小さいんだよ」

「だね・・・」

いつしか香織と俺の肩は、ぴったりとくっついていた。

でも俺は、あえて気付かない振りをした。

気にしてしまうと、恥ずかしさに耐えれそうになかったから。

香織は気付いてたんだろうか?

肩がくっついてる事に。俺のそんな思いに。

「こっから先は、見せてあげない」

そう言って香織は、アルバムを閉じた。

「乙女の秘密があるもんね~」

「あっ!ズルイ!」

そう言って香織の方を見た時、すぐ側に香織の顔があって驚いた。

慌てて目を伏せた俺。

「ねぇ俊ちゃん・・・」

香織の呼び掛けに、再び顔を上げた俺。

目の前に香織の顔。

「あたしの事・・・キライかな?」

「キライな訳・・・ないじゃん・・・」

「ホントに?」

「あぁ・・・」

「じゃ何であの時、あんなに大声出して否定したかなぁ?」

「だって・・・俺なんかと・・・香織ちゃんが嫌かと・・・」

目を伏せて呟いた俺の唇に、温かくて柔らかい感触が急に。

「あたしの・・・ファーストキスだかんね」

目の前の香織が笑った。

勿論俺もそうだったけど。

「ケーキの・・・味がしたよ」

そう言って笑う香織。

「俊ちゃん・・・ケーキの味、分かった?」

「いや・・・」

「え~っ!?マジで?」

「うん・・・」

「じゃ俊ちゃん・・・今度は俊ちゃんが・・・ねっ?」

目を閉じた香織の唇に、俺はそっと唇を重ねた。

確かに香織の言うように、イチゴのケーキの味がした。

でもイチゴのケーキよりも、今この瞬間、香織と唇を重ねあってる事のほうが、俺にとっては嬉しい事だった。

「2回もしちゃったね」

そう言って笑う香織。

「あぁ・・・」

「俊ちゃん、何であたしの顔見ないの?」

「だって・・・」

「何よ?」

「恥ずかしいのと・・・」

「何?」

「胸が・・・見えてる・・・」

前屈みになった香織の襟元から、しっかりと谷間が見えていた為、俺は香織の方を見れないでいた。

「えっちぃ~」香織はそう言い、一瞬だけ体勢を変えたが、また前屈みに戻った。

「ホントは見たいくせに」

きっと香織、俺を見て笑ってる。

だから尚更、俺は香織を見れないでいた。

左手をふいに、香織に取られた。

香織は両手で俺の手を掴むと、それを自分の胸に持っていった。

初めて触れる、柔らかい感触。

「あたしも・・・恥ずかしいよ・・・」

その言葉に香織を見ると、香織も赤い顔をしていた。

「直接・・・触っていいかな?」

コクリと頷く香織。

だが襟元からは手が入らず、俺はパジャマのボタンに手をかけた。

「全部は・・・ダメ。恥ずかしいから・・・」

上2つだけボタンを外し、俺はそこから手を入れた。

もっともっと柔らかい感触。

香織は時々、「アッ・・・」とか「ウッ・・・」とか声を洩らした。

俺は香織に、3度目のキスをした。

香織は俺の頭を抱いてきた。

俺も胸から手を外すと、香織の腰を抱いた。

この日、一番長いキスだった。

「Bまでしちゃったね」

香織の部屋を出る俺の耳元で、香織がそう囁いた。

「あぁ」

俺は短く答えた。

玄関まで見送ってくれた香織が、「明日・・・一緒に行こうね」と言った。

「それから・・・」

「なに?」

「香織ちゃんよりも・・・香織がいいな」

香織はそう言うと、赤い顔をして舌を出した。

1学期が終わり、香織は高校を退学した。

陸上を辞めた為に特待生ではなくなり、学費も高く距離も離れた学校ではなく、近くて安い高校に通いなおす為だ。

始業式の日、俺の高校に転校生が入った。

勿論香織だ。

結構可愛い香織はたちまち、数名の男にアタックされたらしい。

でも香織は「彼氏います」と、全て断った。

その彼氏が俺だなんて。

この事実は程なく、我が校の「7不思議」に数えられる事になった。

キスしたり、(服の上から)胸を触ったりは、何度かあった俺達だが、なかなかその先には進まなかった。

既に双方の親公認の仲になり、双方の家には行っていたが、「節度は守れ」と父親から言われたせいか、先に進めないでいた。

勿論俺、したくない訳じゃない。

でもした事なかったし、そう言った雰囲気に持ち込む事も出来なかったし、そうする場所もなかったし。

2年生になり、付き合いだして1年が経過しても、俺は童貞だったし、香織もバージンのままだった。

だからと言って、慌てるような事もなかったし、その必要もなかった。

香織と付き合ってるだけで、俺は良かった。

1年生の女の子(陽子)から、俺は告白された。

俺、生徒会の役員だったし、成績も良かったから、見た目は良くなくても、ある程度は目立った存在ではあった。

だからだろうと思うが、でも俺は、それを断った。

勿論香織がいるから。

でもその子、断ったにも関わらず、かなり積極的だった。

「じゃ、ファンならいいですか?」

そう聞かれ、「いいよ」と答えたのが悪かったか・・・

校内で俺に話しかけて来たり、遠くから大声で声をかけてきたり。

通学時にも同じ電車に乗っては、俺と香織の間に割って入り、俺と香織を苦笑いさせた。

香織は香織で、「可愛い子だね~」と意に介す様子もなく。

「浮気しちゃダメだよ~」とは言うが、きっとその言葉は、本気ではなかったと思う。

ある日、生徒会の会合で遅くなった俺。

ただでさえ遅くなったのに、定期を学校に忘れてる事に気付き、慌てて教室まで戻った。

そうしてやっと学校を出た所で、陽子に会った。

香織は遅くなるのが分かってるので、とっくに家に帰ってる。

だけど陽子はファンだからか?こうして時々いるんだよね・・・

ま、いつもの事と俺は諦め、駅に向って歩き出す。

その少し後ろを陽子が歩いていた。

その時だった。

「おう、高校生カップルか?」

「だめだね~学生は勉強しないと!」

ガラの悪そうな4人組が、俺達を見てそう言ってた。

「こんな可愛い彼女を従わせて、キミ、亭主関白?」

そう言いながら近付いて来た。

そして次の瞬間、そのウチの一人が陽子のスカートをめくった。

「キャーッ」しゃがみ込む陽子。

しかし、しゃがみ込んだ陽子を囲み、尚も4人がスカートを持ち上げようとしている。

「やめて下さい」

気が弱い俺も流石に、4人に向って大声を上げた。

「なにぃ?」

数秒後にはボコられて、俺は地面に蹲っていた。

「あんたの出方次第で、こいつ許してやってもいいよ」

4人がそう、陽子に言ってる声を聞いた。

程なく俺は抱え上げられ、どこかに連れて行かれる。

通りからまるで見えない、資材置き場の裏に連れて行かれた。

地面に叩き付けられ、悶絶する俺。

「やめて下さい」

泣き叫ぶような陽子の声がした。

「分かった、分かった・・・お前の出方次第だったよね・・・」

その声の後に、腹部を蹴り上げられた俺。

「大人しくしないと・・・またやっちゃうよ」

我に返った時、辺りは既に暗かった。

しかしすぐ側で、下卑た男たちの声と、くぐもった声。

スカートを捲し上げられ、胸を露出した陽子がいた。

一人のモノを咥え、一人のモノを握らされてる。

一人に胸を弄られ、もう一人にはスカートの中を。

「何やってんだ!」

俺は叫んだが、散々やられた体が言う事を聞かず。

例え言う事を聞いたとしても、俺が勝てる相手ではなかったが・・・

「おっ!彼氏が気付いたようだね・・・」

「もう少し待ってろ!すぐ済むから。」

一人に腹を蹴り上げられ、再度悶絶する俺。

だが、意識ははっきりしていた。

悲しい目をした陽子が時々、俺に目をやってるのが分かった。

そして男の腰の動きが早くなり・・・

「1滴残らず飲むんだぞ」

陽子はコクンと喉を鳴らした。

「俺達だけ楽しんでも悪いからね~」

一人が俺に近付き、また腹を蹴った。

そして俺のズボンに手をかけ。

「パンツは彼女に脱がさせてやろうぜ」

陽子が連れて来られ、俺の側に座らされる。

そして一人がまた、俺の腹を蹴る。

「脱がせ!」

力なく、俺のパンツを脱がす陽子。

「咥えろ」

逃れようとしたが、胸を踏まれて動けない俺。

「大きくなったか?」

陽子は一端口を離し、「はい」と答える。

「じゃ、跨がれ」

陽子の血の気が引くのが分かった。

「跨がれって言ってんだろ!」

4人は陽子の足を無理矢理開き、俺の上に乗せた。

そして・・・

ずぶずぶと言った挿入感と、陽子の悲鳴。

しかし陽子の悲鳴はすぐに、男たちの手でかき消された。

二人掛かりで陽子の体を上下させ、そして程なく・・・

俺は陽子の膣内に、精液を吐き出してしまっていた。

男たちに開放された後、自分の服の乱れも直さぬまま、陽子は俺を気遣ってきた。

「俺がもっと強かったら・・・」

陽子に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

俺の顔の血をハンカチで拭う陽子。

「ごめん・・・」

俺はそう言うのが精一杯で。

でも陽子は、「いいんですよ」と、涙を流しながら笑った。

この事を俺は、香織に告げた。

話しを聞いた香織は、「陽子ちゃん・・・可哀想・・・」と絶句した。

程なく俺は、香織と別れた。

陽子と付き合う為に。

一番好きな女は、紛れもなく香織だった。

でも自分のせいで、俺は陽子を傷付けてしまった。

その事に対し、俺は責任を感じていた。

別れを告げると香織は、笑って「うんっ」と言った。

涙を流しながら。

「君を俺に守らせてほしい」

陽子にそう告げた時、陽子は涙を流して抱きついてきた。

俺の胸で泣きじゃくる陽子に、俺は「強くなるから」と誓った。

陽子は「うんうん」と頷いた。

毎朝、5kmのランニング。

そして夕方は、空手の道場に通う日々。

入門当初は、小学生にすら勝てなかった俺。

でも3ヶ月後には、中学生に勝てるようになっていた。

しかも半年後には、大人の有段者相手でも負けなかった。

毎日毎日、ひたむきに稽古をした俺。

そんな俺に師範が、「よく頑張るね」と言った。

俺は俺の稽古に、毎日ついて来る陽子を見て、「彼女の為ですから」と師範に言った。

「そっか」

師範はそう言うと、優しい顔をした。

久しぶりに、香織に会った。

学校で時々、顔を合わす事はあったが、お互いに目を背けていた。

朝のランニングが済み、家に戻ろうとすると香織がいた。

「頑張ってるみたいね」

香織の笑顔を見たのは、別れた日以来だった。

「あぁ」

「顔つきが最近、たくましくなってきたよ」

「ありがと」

「陽子ちゃんと仲良くやってんの?」

「あぁ」

「そっか・・・じゃ、頑張ってね」

たったそれだけの会話だった。

たったそれだけの会話だったけど、俺はやっぱ、香織が好きだと気が付いた。

陽子とは時々、キスならばした。

でも胸を触ったりとか、それからやりたいとは思わなかった。

きっかけがきっかけだけに、傷つけたくないと思ってた。

ちゃんと責任を取れるようになって、それからだとも思ってた。

それから・・・

あの4人組の身元が分かった。

学校周辺では有名らしく、リーダー格は「梅田」と言うらしい。

仕事もせず、パチンコ店なんかに毎日出入りしてるらしい。

腕に自信がついた俺は、復讐しようと思った事がある。

でも陽子に止められ、思い直した。

「復讐なんか、絶対に考えないで」

そう懇願されると、何も出来なかった。

空手に熱中しすぎて勉強が疎かになり、2年時にT大確実と言われてた俺だが、3年時は特進からも外れてしまった。

それでも3年の2学期以降、なんとか持ち直し、同じ六大学のR大に合格した。

陽子も特進で、T大も固いと思われるが、来年はあえてT大を避け、R大を受験すると言う。

ま、1年の差はあるが、俺の後を追うって感じかな。

香織は・・・

噂で聞いた程度だが、私立はR大に合格したらしいが、地元国立にも受かっており、そっちに行くと思う。

それから、梅田の事を新聞で見た。

梅田は喧嘩して刺されて、あっけなく。

他の3人については知る由もないが、ま、どうでもいい。

卒業式の日、「お祝いしたい」と言う陽子に呼ばれ、俺は陽子の家に向った。

テーブルには、陽子お手製のオムライスとサラダが。

陽子以外には、家族は誰もおらず・・・

「もしかしたら?」

そう言う思いも、あるにはあった。

食事が済み、陽子の部屋でしばし雑談。

雰囲気が良くなって、キスするまではいつも通り。

でも相変わらず、それより先には進もうと思わない俺。

「抱いてほしいよ」

煮え切らない俺に陽子が、いよいよ業を煮やしたか・・・

「ちゃんと責任取れるようになってから・・・ねっ?」

そんな言葉すら、陽子を傷付けていた。

「好きだから・・・抱いてほしいんです!」

俺に覆い被さり、唇に吸い付く陽子。

やがて俺のベルトに手を伸ばし・・・

「陽子ちゃん、そんな事しないで・・・」

思わず俺は、そう言ってしまった。

「どうしてですか?」

目に涙をいっぱい溜め、陽子は俺に尋ねた。

「だから・・・ちゃんと責任取れるようにな」

「ウソっ!」

「俊也さん、あの事・・・あの日の事を気にしてます!」

「えっ?」

「あたしの事、不潔だとか・・・汚いとか思ってるでしょ?」

「あの日の事、絶対に引きずってます!」

「そんな事ないよ」

「じゃ、どうして・・・」

陽子は声を上げて泣き出した。

「あの日、あの男達は・・・あたしの体に触る前から・・・」

「でも俊也さん、全然反応しない」

「キスしてもそう。さっきあたしが上に乗ったのに・・・」

「男の人って、『したいもんだ』って聞きました。」

「でも俊也さん、あたしを全然求めない。」

「『責任取れるまで』って言うなら、避妊してもいいじゃないですか?」

「なのに俊也さん・・・触れようとしない・・・」

「帰って!」

そう言われ、家から追い出された俺。

暫く玄関先に留まったが、中に入れてくれる様子もない。

俺は仕方なく、重い足取りで家路についた。

陽子の言葉は遠からず、的を得ていた。

「不潔」とか「汚い」とかは思ってない。

思ってはいないが、「あの日」の事を意識しない訳じゃない。

今付き合ってる事も、俺なりの「あの日」の償いだったから。

でももしかしたら俺・・・

陽子に言われて気付いた事があって、「陽子にかなり失礼な事をしたんじゃないか?」って事。

好きでもないのに、ただ償いの為に付き合いだした事は、優しさではなく、また償いでもなく・・・

一人の家には帰る気がしなかった。

俺は家の側の公園に行き、ベンチに腰掛け俯いていた。

陽子に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

また、自分が歯痒くて仕方がなかった。

と、その時、コーラの赤い缶が、目の前に差し出された。

見上げた俺に、「どうした?彼女と喧嘩でもした?」

香織だった。

俺は立ち上がり、香織を抱きしめた。

「ちょっと、ちょっとー」

香織はそう言ったが、俺は尚もきつく抱きしめた。

そして声を上げ、大声で泣いた。

そう・・・あの日の香織のように・・・

「落ち着いた?」

香織の声に、自分を取り戻した。

「ごめん・・・」

俺は香織に謝った。

「謝るより・・・感謝されたいな、あたしとしてはね」

「あぁ・・・ごめん・・・」

「座ろっか?」

クスリと笑った後、香織はベンチを指してそう言った。

俺は黙って頷き、腰を下ろした。

「喧嘩した?」

「いや・・・そうじゃなくて・・・」

「自分自身が情けなくて・・・そしたらなんだか泣けてきて・・・」

「そしたら香織が目の前にいて、なんだか甘えたくなった。」

「ごめん・・・」

「そっか・・・」

香織はそう言うと、コーラの蓋を取って俺に差し出した。

俺は受け取るには受け取ったが、飲む事が出来なかった。

「3年も前だね~あたしがここで泣いたの。誰かさんに抱きついてさ。」

「先輩にいじめられた位で、好きな陸上を辞めた自分が、なんだか情けなくてね~」

「そしたら目の前に、突然コーラが出て来たじゃない?」

「『今、この人に甘えたい』って思った訳よ」

「そしたらさ~その相手が、幼馴染の俊ちゃんでしょ!もうびっくりでさ。」

「気付いたら、抱きついて泣いてた訳よ」

そう言うと香織は、俺の手からコーラを取り、一口飲んで返した。

「あの日のコーラ、美味しかったよ。缶に砂ついて、ぬるくなってたけどね。」

「あのコーラのお陰で、あたし元気になれたんだ。」

「だから俊ちゃんもコーラ飲んで、元気出しなって!」

そう言って香織は、俺の肩を思いっきり叩いた。

「俊ちゃん・・・」

暫く黙ってた香織だが、口を開いた。

「キス・・・しよっか?」

俺は驚いて、香織の顔を見た。

その途端香織は顔を近づけ、唇を重ねてきた。

「あ~っ!ちゅーしてるぞ~!」

遠くで子供の声が聞こえるまで、香織は唇を離そうとはしなかった。

「じゃ、あたし行くね」

唇を離すと、立ち上がった香織。

「オマタ、興奮してるみたいだから、彼女に頼んで沈めてもらいなさい!」

そう言うと香織は、ゆっくりと公園の出口へと歩く。

その背中に俺は、「香織、好きだよ」と叫んだ。

「人をふっといて、今更だぞ~」

香織は俺の方を見ずに、手だけを振った。

3日後、陽子から手紙が届いた。

俊也さん、あなたがあの日の事の償いの為に、私と付き合い出したって事は知ってました。

あんな事があって辛かったけど、でも結果として、俊也さんと付き合えて良かったと、私は思ってました。

でも俊也さんは、ずっとあの日の償いのままで。

責任とか償いとか、それだけなら愛じゃないです。

愛されてないのに、ずっと一緒にいるのは辛いです。

出来る事なら俊也さんの愛で、あの日の事を忘れさせてほしかった。

でも、もう・・・

俊也さんは十分、償いを果たしてくれました。

これからは自分の為に、俊也さんが愛せる人をみつけて下さい。

ありがとう。楽しかった。これからもっともっと、楽しみたかったけど・・・

さようなら。

陽子

——————-

大学に入学した俺。

入学して1ヶ月が経つが、引っ込み思案な性格が災いし、友達はまだいなかった。

一人で登校し、一人で授業を受け、一人で昼食を摂り、一人で帰る生活。

慣れない一人暮らしで、正直寂しかった。

でも、自分からなかなか解けこめない俺。

情けない・・・

「隣り、空いてますか?」

学食で昼食を摂る俺に、声をかけて来た女。

見上げると・・・

「彼女、出来た?」

「いや・・・」

「優しいから、もてるでしょ?」

「いや・・・」

「うそ~っ!絶対もてるって!」

「そんな事ねぇよ!」

「ごめん・・・怒った?」

「いや・・・」

「怒ってるでしょ?」

「いや・・・」

「あたし・・・迷惑かな?」

「いや・・・」

「静かにしてた方がいいなら・・・黙ってようか?」

「うるさくてもいいから・・・俺の彼女になってほしい。好きだよ。ずっと好きだった。香織・・・」

「あたしだって・・・ずっと俊ちゃんの事・・・好きだったんだよ」

「そうなの?」

「そうだよ。子供の時から好きだったんだからね。」

「えっ?」

「あたしのアルバムね~・・・俊ちゃんがいっぱい写ってんの!」

「それはそれは・・・奇特な方で・・・」

「『蓼喰う虫も好き好き』って事!」

—————–

ヴァージンロードをゆっくりと進む香織。

そしてそれを待つ俺。

「大学だけは、きちんと卒業します。」

香織の家に挨拶に行った19歳の正月に、香織の父親とした約束。

俺たちはきちんと4年で卒業し、香織はOLになり、俺は都内の商社に勤め、2年後にこの日を迎えた。

香織を待つ間、俺は昔の事を思い出してた。

What do you think of this post?
  • エロくない (5)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!