妹の友達がエッチのこと知りたいと言ってきた

wo9no4fj
ある日妹が学校から帰ってくるなり女友達を連れてきて「○○ちゃん、Hの こと知りたいんだって。」と言って部屋に置き去りにし、その友達もまんざらでもない顔をするので「彼女でもないからダメだよ」と自粛したら「じゃ 、彼氏になってください」と本気の顔で言われ、身長155cmの丸顔の胸 も出てない女の子と付き合うことになった。可愛くてしゃーない。



ある日突然家に自分しかいないときに遊びにきて「一緒に寝ませんか?」と聞かれたが 「眠くないからいいよ。でも眠いなら布団使っていいよ。」と言うと突然泣き出し、「 私のこと、嫌いですか?」と聞かれた。ハッとして「そんなことないよ。ななえ、まだ若いからそんなにあせらなくてもいいよ。もっと好きな人できるかもしれないし。」そういい終わるか終わらないうちに「そんなことないです!!だって小学校の時から好きだったんだもん。」といい背中から抱きついてきた。

「じゃ、好きっていう証拠を見せてください」と目を見て真顔で言ってくるので布団に寝かせて頬を触った。彼女は目をつむりじっとしている。軽く唇にキスをする。突然グッと力が入り引き寄せられた。彼女に強く抱きしめられた。「妹とキスしたことありますか?」と聞かれた。妹には意識などしたことなかったので考えたこともなかった質問に驚いた。「ないよ。」「うそだ。」「ほんとだって」「じゃなんで私を抱きしめてくれないんですか?Hとかしてくれないんです か」

「それは・・ななえのこと大事にしたいから。」泣き顔で低く「うそだ。」とまた言いはじめる。「Hってつらいこといっぱいあるし・・」「知ってるもんわたしひとりでHするからわかるもん」「それだけじゃわからないよ。」「じゃおしえてください。私、我慢します。」中○校の制服を自分で脱ぎ始めた。
上半身、ブラジャー以外裸になった。「ブラ、外してくれません?彼氏にはずされるの夢だったんです。」もうどうしようもないと思い彼女を後ろに向かせホックを外す。

彼女はクルッとこっちを向きスカートを上げた。白いパンティーは中心がすごく濡れている。
「ここにくる前も一人でHしてきちゃった。」「うわぁすごいね。じゃぁ触ってみるよ。」「んっ」小さくうなずく。手のひらを陰部にのせる。中指で優しく局部を触る。彼女の息が荒くなった。「んっ・・嬉しいです。すごく気持ちいい。」ちゅくちゅくといやらしい音がたつ。「指、入れたことある?」 と聞くと「ないです」と答えた。
中指を内側に立て、ゆっくり入れる。

なかなか入らない。「力を抜いて」というと全体が柔らかくなった。少し入ったとこでビクッと体が動きこっちに倒れこんだ。「痛かったんじゃない?やめよっか?」と言うが「ダメ!思いっきり入れていいです。」と言う。ぐっと力を入れた。「ぎっ・・」と全身に力が入り絶句する。指がちぎれるくらい締まっている。可愛そうになり指を抜く。「ふわぁっ!!」と声を上げた。全身がビクビクっと痙攣し体を反った。ビクッとする。「やめないでください。もいっかい入れて。」と言う。

入れてまた抜くたび「んっ・・んっ・・」と声を上げる。少しずつスピードを上げる。彼女の手がしっかりと自分の左手をつかむ。しかめっ面で目をつむって一生懸命感じようとしているのが後ろからもわかった。突然「ひゃぁっ!」と声を上げ、口が半開きになった。イッてしまったらしい。中がビクビク痙攣している。自分にもたれかかってきて「はぁ・・はぁ・・」と息を荒立てた。そしてビンビンになってる股をさすり「すっごく大きくなってるぅ。これ見たいです。」とチャックを下げた。ズボンを脱ぎ、パンツを下げた。彼女はちょっと驚いた様子で観察している。「こんなのが入るんですか?おっきいー」と目を見開きまじまじと見る。「口でくわえてくれる?」と言うと素直に舌を出しズルッっと吸いついてきた。

くわえたまま「ひほひひひへふは?(気持ちいいですか?)」と聞いてきたので「うん、でもおち○ちんを出し入れするともっと気持ちいい。」と言った。彼女は背が低いのでうまく前後できず、ときどき前歯が亀頭の上を擦り、全身を快感させた。その度彼女は嬉しそうに微笑む。快感が続き、イキそうになる。「も、もういいよ。おち○ちん、ななえに入れてみたい。」と言うと恥ずかしそうにうなずいた。「こっち向いて抱きしめて」彼女は立ち上がり、自分の首元を抱きしめる。自分は座った状態で彼女を近づけた。彼女の顔が耳元にあってふぅーふぅーと息が耳にかかり、妙に興奮させる。髪からほのかに香りを感じる。

股を広げさせる。プリプリした肉厚のあるワレメがすこし広がる。ワレメにはほんの数本毛が生えているだけだった。周りをテカテカ光らせている。「ゆっくり腰を落としてごらん」というと静かに陰口を亀頭に近づけていく。大相撲のシコふみのような体制になり、亀頭に押し当てた。ズルッ、ズルッと何度も亀頭を滑らせ「ごめんなさい。」と謝った。両手でおしりを広げ手伝う。今度はピタッと陰部にはまった。だがそれ以上は覚悟が決まらないのか進まない。「いいこと教えよっか?」といいクリ○リスをちょっと触った。「はぁっ!」と声を上げ腰がズズッと下がった。亀頭が全部入った。彼女の顔がこわばる。

ひざを持ち上げた。一瞬ひっかかり、ズルルっと入った。彼女が絶叫する。目に涙を浮かべる。半分くらいはいったとこで奥に当たった。彼女の抱きしめる力がますます強くなる。入ったままゆっくり彼女を寝かせた。彼女は左手に布団をしっかり握り、右手を自分の首に回し唇を呼ぶ。キスしたまま前後を続ける。「ぐっ・・んんっ・・んっ・ぎっ・・はぁん、あっ、あっ、だ 、ダメっ・・頭がっ・・頭ん中・・真っ白ぉ・あっ・・い・いっちゃうぅ・・うんっ・ふえぇん・あ・あつっ・・熱いよぉ・・」「はっ・はっ・・中に 、中に出すよ。いい?」

尿道をとおる精液の感じが伝わる。出した瞬間今までにないほど膣が締まった。モノを引き出す。抜けた少しあと彼女の陰部から白と赤の血と精液が混じった液が流れ出した。彼女は息を荒立てながら出てきた液を触り、「もれてきちゃった」と中指で陰部をまさぐり、ふたをした。そのまま彼女を抱き寄せキスをすると微笑んで今度は向こうからキスしてきた。

What do you think of this post?
  • エロいいね (8)
  • エロくない (6)

厳選記事PICKUP!