お兄ちゃんが本気だってわかったから、今日処女をあげる

h01tsp4s
ちょうど妹が起きてきました。

俺は汗をかいて帰ってきたので、「ひさしぶりに、一緒に風呂に入ろうぜ」と言うと、「まだ明るいから、恥ずかしいです」と断られましたが、「じゃあ、背中流してくれ」と頼むと、一緒に風呂についてきました。

妹は、パジャマのそでとすそをまくって、背中を洗ってくれました。

「前みたいに、おちんちん洗ってよ」と頼むと、恥ずかしがりながらも前みたいに手にせっけんをつけて洗ってくれました。

洗ってもらっているうちに勃起してきて、妹が笑ったので「お前が好きだからだ」と、また口説き始めました。



俺は妹をひざの上に乗せて、とにかく口説きました。

そして、抱き寄せてキスをして、パジャマを脱がせようとしたら、「やっぱりお兄ちゃんが好きです」と言って、舌を入れてきて、積極的でした。

昨日は、部屋が暗くて顔があまり見えなかったけど、昼間で顔がよく見えて”お兄ちゃん”と言われると、気分が少し萎えてしまいましたが、フェラチオぐらいはしてもらいたいので、キスを続けて雰囲気を盛り上げていきました。

妹のパジャマを脱がすと、妹のまんこは少し濡れていました。

一度、軽くせっけんで俺がお返しにまんこを洗ってあげました。

以前みたいにバスタブに座らせてまんこをなめてあげると、「ああ、お兄ちゃん、好きです」と言いながら、俺の頭を抱きかかえるようにして、はぁはぁとあえぎました。

妹は、うっすらとした毛が生えそろっていて、何だかばっちい気がしたけど、前とのギャップがあってそれが興奮しました。

でも、雰囲気が盛り上がってきたけど、夏場で風呂場が蒸すから、クーラーのある妹の部屋で続きをすることにしました。

移動しながらも、キスをしてイチャイチャしていました。

「今日は、俺に処女をくれるだろ?」みたいな事を聞いたら、「お兄ちゃんが本気だってわかったから、今日でいいです」と答えました。

そんな大したツラじゃない妹が、何だかめちゃ可愛く見えた気がして、きゅーんとしました。

ブラインドを閉じて、部屋の電気を消して、前の日みたいにできるだけ部屋を暗くしてから、またイチャイチャし始めて、もう一度着てしまったパジャマを脱がせて、二人とも裸になりました。

抱き締めてキスをすると、妹も興奮してきて、俺もなんだか本気で妹を好きになったと錯角しました。

「お兄ちゃんが好きです」と言われると「俺も好きだ」とマジに答えていて、何も違和感がなかったです。

その日は、土壇場になって妹が拒絶しないように、妹がめちゃめちゃ気持ちよくなるように必死でした。

部屋も暗かったし、その時の気分では本当に妹が好きと錯角していたので、けつの穴にも舌を入れるぐらいマジでした。

「お兄ちゃん、なれてますね」と言われたけど、「こんなことまでしたことがない」と嘘をつくと、妹は「わたしは、本当に本気です」と言って、とろけてました。

あと、俺は69をしたことがなかったので、恥ずかしがる妹を「こんなの普通にやるもんだ」と嘘ついて、またがせました。

そして、かなり前戯をして、まんこが最高にヌルってたので、「入れるぞ。少し痛いけど我慢しろよな」と言うと「もうお兄ちゃんにあげます。痛くしないでください」と言いました。その言葉で、俺は激しく萌えました。

わりとすんなり入ったと思ったけど、妹は痛かったようです。

その時の気持ちは本気だったので、妹の処女を奪えたのが俺だったということが、マジでうれしかったです。

入れてしばらくは、少しじっとしてました。

妹は、俺にギュッとしがみついていて、「痛いです・・」と痛みを我慢していました。

しばらくして俺が動くと痛いのをこらえながら「お兄ちゃん、お兄ちゃん」とうわごとのように繰り返していました。

終わってからも、しばらくイチャイチャしていて、父親が帰ってくるまでに、延々とキスをしていました。

その時、俺も少し本気で妹を好きになりかけてきました。

妹が「お兄ちゃんに好きと言ってもらいたいです」とか言うと、けっこうぐっと来るものがありました。

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (3)

厳選記事PICKUP!