以前、参観日のとき娘に誘われて学校でセックスしたことがあります

1ef569fe
5年前に最愛の妻を亡くして、今は妻の連れ子であった美奈(小学6年)と二人暮らし。

現在49歳の私にも今まで再婚の話しはいくつかあったが、義娘の美奈があまりいい顔しなかったので・・

というのも私と美奈は1年ほど前から男と女の関係になっていたから・・

美奈は背丈が155で細身だが胸やお尻の方は同級生の女の子達と見比べても大きく、顔の方もひいきめに見ても可愛いと思う。

今朝、いつものように塾へ出掛けようとしてる時のこと。



「行ってきま~す!」

そう言いながら靴を履くのが美奈の口癖なのだが、背を向けて前かがみになった美奈のミニスカートが背負ったバッグの重さなのか引き上げられ、その反動で紺色のブルマーがチラチラ覗いていて私はそれを見て、ムラムラきてしまい後ろから、

「忘れ物はないのか?」と言いながら後ろから近づきバッグごと抱きしめた。

「え?」とか驚いた美奈のお尻に前の膨らみを押し付けながら左手で美奈の胸をまさぐり、右手をスカートの中へ。

すると美奈は少しだけ後ろを見ながら、

「駄目だよお、遅れたらまた先生にいろいろ言われるんだからねえ」

そう言いながら少しスネてきたのでブルマーを横の方へズラし、中に履いているパンティーの上からマンコを触りながら耳に舌先を入れた。

すると美奈も「あぁ」とか声出しながらお尻を私の膨らみに摺り寄せてくる。

私が耳元で「美奈・・しようか」と言うと美奈は「何て言うの?塾」と心配するがその間も私がマンコをグリグリに愛撫するので声は上ずっていて、耳たぶも赤くなって・・なんとも可愛い。

私は美奈の返事を待たず、振り向かせディープキス。

美奈も舌を絡めてくる。

最近では糸を引くくらいのキスも出きるようになった。

キスしながら、今度は前の方から直接手を入れ、尺取虫をしながら指を進め、ヌルヌルのところで何度も指を交互に動かした。

「ああ・・あん・・」美奈も興奮状態だ。

私が「美奈、食べるよ・・」そう言うと、バッグを足元に落としそのまま美奈を抱き上げ、奥の部屋にまだ敷いてある私の布団に連れて行った。

私は若い時のように、続けて何回もセックスできない。

その分、一回のセックスに時間をかける。

タップリと責めて、ドロドロになるまで全身を愛撫してから挿入する。

だから美奈とのセックスは私にとって〝食べる〟なのである。

部屋に入ると私は裸になり、布団の上に仰向けに膝を立てた状態で寝る。

美奈は服を着たまま私の膝に手をつき、跨いだ状態でお尻はこっちに突き出す。

スカートが私の顔のすぐ上にある。

下から手を伸ばしブルマーの上からマンコやお尻を触る。

ブルマーを横へズラすとパンティーには大きなシミが、その上や横から指を使いマンコに刺激をくわえると美奈の口から声がもれ汁も指と伝うほどである。

引っ張るようにして、下からブルマーとパンティーを脱がすとそこには日焼けした足の付け根に私の「宝物」が顔を出す。

まだ完全には毛は生え揃ってないが、パックリ割れたピンクのマンコは充血して膨らみかげんで・・タップリヌルヌルに濡れていて私を誘っている。

私は「美奈、そのまま腰を落としてごらん」と声をかけると「うん」と小さく頷きながら素直に顔の近くまで腰を落としてきた。

そして、それが顔に付くか付かないかのときこっちから顔を起こし、マンコに思いっきり吸い付いた。

「ひゃぁぁぁ」とか美奈が小さく悲鳴を上げ、腰を上げようとするのでお尻をグッ!と押さえて・・マンコからお尻の穴まで一気に舐め上げた。

「ああああぁぁだめぇぇぇ・・」

悲鳴をあげ、ガクガクと痙攣しながら私の顔の上に崩れてきた。

以前、参観日のとき美奈に誘われて学校でセックスしたことがあります。

担任がユニークな先生で、授業内容をクイズ形式にしてましてその答え探しに子供と親が一緒に校内を回るというもので、そのとき美奈は私を使ってない上の階の教室へ連れて行き「ここはね、誰も来ないんだよ」と言うとキスを求めてきました。

美奈は〝駅弁スタイル〟が大のお気に入りで、家でするときも必ず、この体位を一回はせがむのですが、この時も私に抱っこの形をせがんできて・・拒否とかすると声出して泣いたりして困るので、それに場所がら私も興奮していたので・・。

美奈は私の前にしゃがみ込むとズボンのファスナーを開け既にギンギンにそそり立っているペニスを上目使いに、それこそイタズらっ子の笑いでトランクスの中から引き出しいつものように「ジュッポ!ジュッポ!」と音を立てながら吸い上げます。

あまりの気持ちよさに私が小さな声で「美奈・・そんなにすると出る!」そう言うと、美奈はクスクス笑いながら私のベルトを外し、ペニスを完全に出すと、制服(紺のミニスカートに白のブラウス)のまま私の首に手を回し、キスしながら両足を私の腰に抱っこの形で巻きつけてきました。

私が美奈の両足に腕を差し入れ足を開かせ「駅弁スタイル」を取ると美奈は下の方に手を入れ、何やらゴソゴソしてたかと思うと、ペニスの先にヌルッとした感触が・・美奈が自分でブルマーとパンティーをズラしたのです。

ゆっくりと上下させながら、マンコをペニスに被せてきます。

ペニスの先がマンコの入り口にもぐり込んだだけで、美奈のマンコがスゴク濡れているのが分かりました。

そして腕と腰でバランスを取りながら一気に・・でも壊れないように根元まで落としていきました。

よく濡れているせいか「ズボッ!」という感じで奥まで入り、美奈が「あああっぁん」と声を押さえながら体を小刻みに振るわせ、しがみついてきました。

私は間を入れず下から「ズボッ!ズボッ!」と突き上げ・・すると美奈は更に力を込めて、しがみ付きながら指を口に入れ、突く度に「ウッ!ウッ!」と声を殺し耐えているようでした。

目を見ると、トロンとして小6とは思えないくらい色っぽい顔をしているのでとても、いとおしくなりキスをしながらまた態勢を整え、ズンズン突いてあげました。

体重の全てを私に預けている美奈が、途切れ途切れの声で耳元で「ねえ・・お父さん・・さっき授業中に・・美奈の足のとこずっと見てたよねえ」

私はグリグリとマンコをペニスでかき混ぜながら「見てたよ・・美奈の足・・どうして?」そう聞き返すと、美奈は首を横へ軽く振りながら「何でもない・・ただ・・あの時から変なとこがいたくなった・・」私が「え?いたかったの?」そう言うと美奈は「うん・・美奈ね、変なこと感じると・・変なとこの奥の方がいたくなるの・」私は「今もいたい?」そう言うと美奈は「いたくない・・中にオチンチン入れてもらうと・・いたくなくなる・・」私は、この言葉を聞いた瞬間、何かが切れたみたいに激しく腰を動かし、端に置いてあった机に美奈を乗せ美奈の両足を肩にのせ、更に激しく突きました。

美奈の下着は漏らしたようにビッショリ濡れてブルマーはズラしたため、伸びきったようになって・・美奈は指を口に入れ、片方の手をその上から被せて声にならない声を上げて・・。

私は限界を感じ、寸前で抜くと自分の手の中に出してしまいました。

美奈がポケットからハンカチを取ろうとしたのですが間に合わずそれが何か滑稽で二人で笑ってしまいましたけど・・。

急いで服を整え、教室を出て美奈のクラスへ戻ると担任(女性)が妙な顔して私を見てました。

What do you think of this post?
  • エロいいね (17)
  • エロくない (2)

厳選記事PICKUP!