託卵女子という若い人妻達の話

aceadedc
託卵女子という若い人妻が増えているそうだ。

イケメンの本命彼氏は経済力がないので結婚すれば苦労は眼に見えている。

そこで浮気の心配もないリッチなキモメンと結婚をして優雅な生活を送り本命彼氏の子供を産んで法律上の夫に育てさせるという女性だ。

倫理観の乱れた最近では「平和な家庭のためにDNA鑑定など絶対にするべきではない。」というフェミニスト評論家すらいる。

イケメンの血を引く見かけの可愛いわが子をママ友たちに自慢したいという考えすらあるようだ。



まあそんな話は他人事だろうと思っていたら不倫の火の粉がわが家にも降りかかってきた。

女の執念は怖いと思った。

学生時代に処女を奪った少女たちの中から10名ほどの性格の良い美人を選び男の味と性の喜びを教え込んで恋人の様な関係になっていた。

その中から妻を選んだのだが別れた女性たちは処女と偽ってすぐに結婚してしまった。

美人は売れるのが早いと思う。

そんな彼女達から妻はどうも責められているらしい。

「妻の座は譲ったが愛している気持ちは変わらないので子供を産みたい。」と言うのが彼女達の要求のようだ。

彼女達は妻の同窓生達だ。

中には同級生もいる。

だから妻も強く断りきれないようだ。

とうとう同級生に昼間押しかけられて「あのひとの子供を許して頂戴。」とねじ込まれてしまった様子だ。

彼女から連絡が有った。

「お願いだからもう一度あってほしいの。」

「今更あってどうするんだ?」

「あなたの子供が欲しいの。」

「不倫や不義は嫌いだ。」

「私は今でもあなただけ愛しているの。結婚はしたけど仮面夫婦なの。本当の夫はあなた。私はあなたの妻の1人。妻が愛する夫の子供を生むのは当然じゃない。それはあなたの奥様も認めているわ。私は初めてをあなたに奪われ、あなたに女に育てられたの。もうどうやってもあなたが忘れられないわ。あなたは私も愛してくれたでしょう?あれは偽りの関係だったの。結婚してもあなたとの愛情関係は変わらないわ。」と説得されてしまった。

確かに彼女の主張には一理があった。

彼女とは深い関係になって恋人同然だった。

決して精液処理の体目当てのお付き合いではなかった。

彼女の心に引き返せないほど深く入り込んでしまったようだ。

彼女は執拗に子供を求める連絡を続けた。

とうとう妻が根負けしてしまった。

妻とコンドーム性交をしてゴムの中に溜まった精液を妻が同級生の膣にプラスチックスポイドで1回だけ注入することになった。

同級生もそれで妊娠できなかったら諦めると約束した。

姉に相談すると「仕方ないじゃない。むげに断れば刺されるかもよ。」と脅されてしまった。

妻の同級生は日曜日も朝早くから押しかけてきた。

昨夜は濃厚な生射精を求める妻に7回の性交でカラカラになるまで精液を搾り取られていた。

排卵日直前に押しかけてきた妻の同級生は薄化粧だが非常に美しかった。

妻も美しいがこれから子供を孕もうとする女は男を魅了して大量射精させるため綺麗になるのだろうか。

あまり乗り気はしなかったが彼女と妻を連れてベッドルームに行った。

妻は手早く下着姿になるとベッドに横になった。

何となく投げやりな性交をして薄い精液を少しコンドームの中に放った。

同級生はショーツを脱ぐとぐっしょり濡れてパックリ陰裂が開いた女性器を妻にむけた。

妻は彼女の膣にコンドームから精液を注いだ。

彼女は「子種が私の中に落ち着くまで暫くいさせてね。」とクッションを腰の下に入れ膣口を上げて子宮を下げるポーズを1時間ほど続けて大喜びで帰宅した。

妻に「本当に愛しているのはお前だけだ。」と言うとクンニをして正常位で必死にご奉仕をした。

妻は泣き出してしまった。

「ごめん。」と謝ると「ううん。そうじゃないの。私はみんなに我慢をさせてあなたを独占してしまったわ。だから妥協せざるを得ないところもあるって思っただけなのよ。」と言った。

その夜は全裸で抱き合って寝た。

妻は可愛い陰裂と自慢の乳房を押し付けてきた。

妻の女性器は恥丘が盛り上がり上付きだ。

陰毛が極端に少なくパイパンに近い。

清潔で可愛い女性器だ。

今朝は少し早く眼を覚まして妻をうつ伏せにして寝バックの体勢で1発妻の膣内に射精した。

妻も朝から犯されると上機嫌だ。

満員電車に乗るとなぜかアラフォー女性に寄りかかられる時がしばしばある。

しかもいつも特定の女性だ。

会社では×1アラフォー派遣社員のボディータッチ攻撃にさらされる。

夜のお誘いも多い。

でも妻を思うと不潔感しか沸いてこない。

それから4ヶ月たった。

妊娠順調の妻は何に付けてもご機嫌が良い。

妻は悪阻が殆ど無かった。

妻は前夜十分に濃厚精液を絞りきって、そのカスみたいな精液を十人の同窓生達の膣にスポイトで注入した。

ところが十人とも妊娠してしまったのである。

問題は解決した。

しかしその結果だけに妻はモヤモヤするらしい。

妻との性交はおなかを圧迫する体位や子宮口を直接刺激するような激しい動きは出来ない。

背面座位などの体位で浅い挿入になるようにし、手早く射精して性交時間も短めにしている。

もしも妻のお腹が張ってしまう場合は即刻性交中止だ。

妊娠後も性交はきちんと続けて出産後にレスにならないように気をつけたいと思う。

What do you think of this post?
  • エロいいね (3)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!