【本場のフェラチオ体験談】脳裏に焼きついたビッチだけど可愛い田舎娘①

kinpatsu01_010
もうだいぶ前の話。ちょっと長くなりますが。

アメリカからメキシコへ抜けようとヒッチハイクをしていた時に俺はほんと死ぬんじゃないか?と思ったことが何度かある。

基本的にアメリカ国内の殆どの州はヒッチハイクが禁止されている。

警察に捕まると罰金、従わないと禁固される可能性もある。

だから看板を掲げる時は、ビクビクしながらww



トラックが来たらちょい手前で出す、大っぴらに出してるとすぐ捕まるw

あまりに無謀で後で散々怒られたがいい思い出だった。

カリフォルニア州にあるモハーヴェ砂漠。

モハーヴェ国定公園の端から200km程行けばもうメキシコ国境だ。

有名なデスバレーやネリス空軍基地、エドワーズ空軍基地

そしてラスヴェガス。さらに、ロサンゼルス。

あの辺りの広大な場所にある砂漠なんだけど広大な土地と岩山、暑くてキレそうな土地。

当時体力にも自信があったし、体格はラグビーのお陰で一般的な日本人の体格よりは自信はあったが、奴らは違う。

俺よりも一周りも二周りもでかい。まさにビッグピッグだ。

そんな俺はモハーヴェ砂漠を横断してメキシコへ抜けようと考え(今思うと若さとしか言いようが無い)ヒッチハイクに挑んだ。

幸い英語はなんとか通じる程度だがヒアリングはちょいダメ、何言ってるのか何回も聞き直す様な有様。

MEXICO!と書いたダンボールでトラックが止まる。

18輪トレーラーの素晴らしく磨かれた車体サイズは日本ではまずお目にかかれない。

殆どが陽気なおっちゃん達でカントリーとか聞きながら走ってる。

中にはショットガンを助手席に置いてあるところがいかにもアメリカらしい。

モハーヴェ砂漠横断は暑さとの戦い。

夜は寝台に寝かせてもらうか安いモーテルへ入る。

モーターホテルでモーテルだと思うんだが日本のラブホテルと違い一人でも皆堂々と入ってる。

宿の前には殆どと言っていいほどファミレスみたいな店があって、お決まりのハンバーガーとかポテト、それにトースト、クソまずいコーヒーを扱っている。

宿はお世辞にも綺麗とは言えない。

何回も塗りなおして元の色がなんだったんだ?と思えるほどの内装、ベッドは何万人が寝起きしたか判らない様な汚いベッド。

シミなんていたるところについてて何回かはソファを繋げて寝たことがあった。

夜は夜で怖い連中(俺からはそう見えてしまう)が外で騒いでる。

ジュースを買いに外へ出ると「へいへい!兄弟!何処行くんだい?」みたいにからかわれる。

店の裏は暗がりで、何してるんだ?と覗くと凄い怒られる。

フェラチオ専門の女が店の裏には常駐?していてトラックドライバーの股間から精液を抜き出す作業をしてる。

時々パトカーも来るけれど、別に何もしないで帰ってゆく。

朝になると道端に平気に注射器とか転がってるところが怖い。

またそこでトラックを捕まえて国境へ向う。

だけど中には悪い奴がいて、俺がトイレに行っている間にバッグごと車が発進してしまった。

幸いパスポートと小額のドルは持ってたので助かったが洋服から何から全て持ってかれた。

警察に言ってもまず取り合わないね、と売店の女に言われて途方に暮れた。

とりあえずはトイレをした街、街と言ってもゴーストタウンみたいに寂れて新築の家なんて一軒も無い。

そこのモーテルに入る。

夜寒くて目が覚めて、目の前のコーヒーショップへ出かけようと外へ出ると、白人の若い奴ら3人が馬鹿にしたように声を掛けてくる。

「おぃ!イエローがいるぜ!」みたいな会話。

「お前何処から来たんだ?」

「なんなら俺のマラでも咥えてるか?」みたいな卑猥な言葉の後、笑い声がこだまする。

この時点で俺は凄い頭に来てた。

荷物はなくなるし、寒いし、それにちょっかい出されてむかついてた。

「おぉ?怒ったのか?やんのか?」

「チャイニーズ?コリアン?」

俺は、

「ジャパニーズ」と言うと彼ら三人は「ぎゃはははwwwジャップかよ!帰れよクソ!」みたいな感じ。

1人がつかつかと近寄ってきてプロレスの戦う前みたいに顔面を近づけて威嚇する。

いきなりボディにパンチを食らう。

「ははははwwwよえぇwwwやっちまえよマイク!」

彼らは酒に酔ってて上機嫌だ。

俺は「やめてくれ、危害を加えないでくれ」と言っても「次俺な!マイクそこどけよ!」ベシッいきなりローキックを食らう。

「おぉ!ロブ!いい蹴りだな!」

1人は車のボンネットに座って居て茶化す役。

もう我慢出来なくて、ラグビーばりにロブにタックルしてねじ伏せる。

「ぐぅ!てめー!」

首に腕を入れて思いっきり地面に押し付ける。

後ろから来たマイクの腕を取って再びみぞおちにタックル。

二人が悶絶してる間に茶化してた名称不明にダイビングタックル。

フロントガラスが割れて二人とも車の中に転がり込んだ。

でも終りはすぐに来た。

マイクが出した黒い物。アメリカならではの物だった。

これにはマジでヤバイと思った。

車からフラフラしながら出るとマイクが来て俺の頬に拳銃を突きつける。

他の二人は、

「やめろ!おちつけ!」とか、

「興奮するな!ちょっとした遊びじゃないか?」とマイクをなだめてる。

リボルバーが冷たく頬に当たる。目をつぶってこれで最後だと悟った。

目の前に走馬灯が映る。日本に居る両親、好きな子、友達、うめぼし?

白いホカホカごはん、味噌汁、お寺?、おっぱい。

何故かいろいろな物が出てくる。

カチリ。

引き金が引かれたが弾は出ない。

「へいへい!兄弟!冗談だぜ!」

おしっこじゃじゃ漏れ・・・

「兄弟!弾なんて入ってねぇよ、お前ファイターだな!」

ファイターはおしっこ漏らさない・・・

「今日の事はチャラにしてやるよ!」

というと猛スピードでパーキングを出てゆく。

振り返るとなんで帰ったか意味が判った。

モーテルの親父がショットガン持って戸口に立ってた。

「助かりました」

「日本人、あんた強いな」

「いえ・・・」

「漏らしたか?無理もねぇよwww」

「あぁ・・・」

「今夜は俺が奢る、おもしれぇもん見せてもらった。仲間に話さなきゃよ」

そう言うとコーヒーショップの隣のまばゆいサインが光るバーに連れてってもらい、何故かテキーラ。

吐くまで飲んだが、濡れてるパンツが気持ち悪くてそれどころじゃなかった。

次の日、またでかいトレーラーに乗せてもらい次の街へ。

今度は少し大きい街。大きいと言ってもメインストリートは寂れていて日本のシャッター通りみたいなもの。

ギンギラなネオン、まずいコーヒーショップ、ガスステーション。

丁度ランボーの映画で主人公ランボーが入ろうとする街みたいな高い建物は無く、街の中心は保安官事務所。

それを中心に商店が広がり、薄暗い路地には申し訳なさそうにバラックが広がる。

保安官は何故か居ない・・・週に一度?もしくは朝来て通り過ぎるだけ・・・

トラックステーションで降ろしてもらい小額のガソリン代位は払う。

運転手のハミルトンというおじちゃんは絶えずタバコを咥えて、ギアを変える度に灰が床に落ちるため床は灰だらけ、そんなの全然気にせずにギアを変え、咆哮するエンジンに向って「おぉベイビー、ご機嫌斜めかい?」とか笑いながら話してる。

最初ベイビーってのが何だか判らなかったが、ベイビー=トレーラーヘッドで彼女の様な扱い方だ。

ドデかいタンクトレーラーは砂漠を疾走する。

窓は開けっ放し、口の中は砂だらけ。

トイレは路肩に寄せて立小便。

トラックをこよなく愛するおじちゃんで、いつもボディを撫でてる。

無線では仲間と絶えず卑猥な話で盛り上がってる。

どこどこの街のどこどこという店では素敵なプッシーが待ってるぜ!とか、だれだれが何号線で事故起こしたから近くの奴は助けにいけるか?とか、ハイウェイパトロールが何処に居たからスピード落とせとか、何処に着くから、待ち合わせて飲もうぜ!とかいろいろ。

トラックステーションでハミルトンおじちゃんに別れを告げると彼はトラックの部品のついたアクセサリーをくれた。

「こりゃベイビーの部品だ、お前にも幸運が来るぜ!」とか言ってた。

握手して別れて、その街の中心街へ。

モーテルで一晩過ごす。

ほとんど手ぶらな俺を見て店主が「ヤクをやるなら他あたってくれ」みたいなことを言う。

俺は荷物を取られてこれから日本へ帰るところだと告げた。

目的地を変更して、ロスアンジェルスかサンフランシスコへ行けば何とか帰れるような気がしてた。

(当時は気がしてただけで、あまりに無謀だとは思ってなかった)

でも当面の金を稼がないと帰れない。

長距離バスもそれなりの値段だし、まだアメリカに居たいという気持ちがあった。

店主に「割のいいアルバイトはないか?違法なやつ以外で」というと目の前のギンギラギンのネオンの怪しいバーを指差す。

「あそこならお前みたいな体格のやつを雇うよ」と言われ店主と一緒に面接?に行った。

実際働いてはいけなかった事が後で判明するのだが、この時は一日30ドルという時給に目がくらんだ。

大体平均でも8ドル位じゃないかと思う。

店の前に立ってるというのと、飲み物とか運べ、揉め事をいち早く察知しろ、という簡単なものだった。

モーテルの店主が5ドル搾取して、25ドルの儲け。

その代り宿代は無料、飯代は払えという条件で合意。

面接に行くと店長のおやじはいかにも悪そうなやつで名前をバドと紹介された。本名ではないと思う・・・

でもバドは優しかった。

金の無い俺をわざと店に出し、会計係りまでやらせて客からのチップを俺の懐にねじ込む。

日本ではチップというい概念が少ない為か貰うとすぐバドに報告しに行ったが、バドは「とっとけ」と言う言葉だけ。

とっとけというのは貯めとけと勘違いして日に日に貯まってゆくチップが50ドルになった時バドに「こんなに貯まったっすよ!」と言ったら「おまえは馬鹿か?wwてめーの懐にいれろよww」と笑い転げてた。

その店というのは、違法かどうかは定かじゃないが小さい台でストリップみたいな事をやって、客が気に入った女の子を買い、奥のスツールで事をするという様な形式。

まぁ俺はコンドーム処理係りみたいなものだったが・・・

店の女の子は凄いセクシーでアニーとキャシディという女の子は店が終わると俺にコーヒーを奢ってくれる。

だけど、コートの下はおっぱい丸出し、下も毛なんかはみ出しちゃう様な下着で時折動くたびに揺れる胸を勃起しながら見てた。

店の従業員の俺を誘うような事は一切無く、それこそ蛇の生殺し状態。

宿で何回も二人を思い浮かべてオナニーした。

「ダーリン、あなた逞しいわ」と色っぽい声で胸の筋肉を人差し指でなぞるんだよ・・・

で、あと少し!!という様なきわどいところまで指を下ろしてくる。

「こっちはもっと逞しいのかしら?」

二人して親指咥えたりする。もう遊ばれてるとしか思えない。

バドは週末忙しい店が終わると、俺を街外れの売春宿みたいな店に連れてってくれた。

カウンターバーでカウンターに10席程。

後はピンサロみたいなスツール席が2席、客も居ないような閑散とした店。

バドはその中でも人気者で、バドが入っていくと、

「よぉ!バド、稼ぎはどうだい?」とか、

「そろそろプッシーが恋しいだろ?ww」とか、

笑い声が飛ぶ。俺は圧倒されてただただ下を向いてた。

バドが皆を静かにさせるように手を上げる。

「俺の仲間を紹介するぜ!黄色いジャップだwww」

ブラックジョークで周りは大うけ。大爆笑。

「だが・・・決して馬鹿にするんじゃねぇ、こいつのマグナムに掘られたくなきゃなwww」

また大爆笑。アメリカのギャクセンスはわからない。

また手を上げて静かにさせる。

「こいつは日本から来た、誰かこいつを可愛がってくれるスイートな奴はいるかい?ww」

「おー!バド!飛びきりのいい子を紹介するぜ!ミスジャパンなんかめじゃねぇw」

「そりゃいい!是非こいつにとってもスイートな奴を紹介してくれ、誰だい?」

「仕事始めのミス、マリーだ!マリーこっちにおいで」

マリーと呼ばれた女の子は俺と同い年にはどうしても見えない。

ブロンドで背が高く、いかにもプレイボーイ系な女の子。

胸ははちきれんばかりにたわわに実り、ドレスはあそこが見えちゃうんじゃないか?と言うほど切れ込んでる。

「ハイ、ダーリン」

「あぁ・・・こんばんわ」

「おぃおぃ!ジャパニーズ、何照れてんだ?お前は童貞か?ww」

バドが大笑いしながら言う。

「バド、この人綺麗だねw」

「ジャパニーズ!これがステイツだぜww」

周りも大うけ、大爆笑。俺が純粋に綺麗だねと言ったのが面白かったらしい。

「ジャパニーズ、お楽しみはあっちの部屋だww死ぬほど抜かれて来いww」

「バド、いいの?ww」

「いいも、いくないもないぜ兄弟!マリー嬢はとっくに濡らしてるぜwww」

店主が出てきて何故か俺と握手。

「ジャパニーズ!お前は名誉だ、マリーは今日デビューだからな」

「ほんとに?」

「おぃおぃ?信用しないのかい?wwバド、彼は疑い深いなww」

バド「ん?wwwもうおったっちまって考えられねぇんだよオーナーwww」

店主「そりゃそうだ、さぁジャパニーズ!マリーの手を取って部屋に消えなw」

バド「何回抜かれるか賭けるか?俺は5回に50ドルだwww」

また大爆笑。その中をマリーは脚を絡めると部屋に行こうと言う。

手を引かれながらマリーの後をついていく。

後ろからは「がんばれ!」とか「死んで来い」とか「俺のけつにも頼むぜ!」とかジョークが飛び交い囃し立てるヒューヒューという声が聞こえる。

フリーセックスの国なのか?恐ろしいアメリカ田舎町。

部屋はピンク色のネオン管が照らし、一面ピンク。

するりとドレスを脱ぐマリー、支えきれないと言うくらいブラジャーが、がんばってる悲鳴が聞こえてきそうだ。

後ろに手を回し、プチンと始めるようにブラジャーが飛ぶ。

ピンクに照らされた裸体は胸に影を作る。

凄まじいボリューム感。正直我慢できない。

「ハニー、シャワーを浴びましょう」

そう言うとタイル張りのシャワーへと導かれる。

順々に脱がされてゆく、ジーパン、Tシャツ。

シャツを脱いだ途端にマリーは指先で胸をなぞる。

「逞しいわ、こんなんで抱かれてたら私壊れちゃう」仕草がエロすぎる!

トランクスがギンギンに突っ張っているのを見て人差し指で「ボーイ!まだ我慢しなさい」と言う。

クスっと笑うと一気にトランクスを脱がされる。

アワアワなボディーソープで洗うと白い尻をこちらに向ける。

「私の身体どう?興奮してる?」

めちゃくちゃビッチだ!

胸を揉もうとすると、どうやらダメらしい。

この堅さを維持したいから、胸はむにむに揉まないで欲しい。と言う。

撫でるように乳首を弄ると「おぅ、あぅ」という様な声をあげる。

だが、客を喜ばせる為の演技なんだろうと思う。

アワアワを落としてもらうと、しゃがんでフェラ。

ブロンドの髪が揺れて、怪しい赤い口紅のついた唇に吸い込まれる。

「硬いわ!こんなの挿入されたら、私狂っちゃう」

ファラチオは本場というか、本当の意味のフェラ。

口の中ではなく、喉の奥で締め付けるように出し入れする。

慣れてなければオエッ!となるやり方。

そして舌が絶妙に絡め取る様に竿を刺激する。

しばらくオナニーだけだったので強烈なフェラですぐに射精してしまう。

「あぁマリー!もう・・・」

マリーは中腰になると、胸の間に竿を挟み上下する。

凄まじい快感。「出る!」。

マリーの赤い口紅が白く染まる。

「おぉ!凄いスプラッシュだわ!」みたいな感じ。

マニキュアが塗られた綺麗な指先で唇に塗る。

唇を白い液体で塗り終えると今度は胸に溜まった精液を乳首に塗り、くねくねと泡立つまでこねくり回してる。

「あぁハニー!私も・・・私ももうこんなに興奮してる!」

軽くシャワーで洗い流して身体を拭かずにベッドに押し倒される。

「早く!早く抱いて!あなたのその肉棒が欲しいの!プッシーに埋め込んで!」

あまりのビッチさに引き気味だが、騎乗位でするりとゴムをかぶせられてずぶっと挿入。

「あぁ!そうよ!いいわ!プッシーに刺さってるの!」

上で勝手に上下するマリー。胸がその度にぶるんぶるん揺れてブロンドの髪が顔にかかり、耳は赤く染まっている。

「いいわ!いい!この肉棒いいわ!たくましいの好き!」

あまりのやらしさにもう出そうなヘタレな俺は下から突きまくった。

「あぁマリー!マリー!」

「おぅ!ハニー!もっと!もっと!」

そのままゴムの中に射精。ドクドクと出てきてゴムの先端がぷっくらと膨らむのが判る。

そのまま抱き合ったまましばらくベッドで無言の二人。

じんわりと汗の匂いがマリーから漂って香水と混じり合う。

「ハニー、いいピストンね、とても感じちゃったわ」という様な事を言うと、ふふふと笑う。

ちゅぽんと抜くと、ゴムを手際よく取りゴミ箱に投げ捨てる。

まだ精液でぬらぬらと濡れている竿を再び頬張るマリー。

「もう一回出来るよね、今度はもっと突いて、かき回して!」

10分位のインターバルでの回復は俺にはきつい道程。

でもマリーは素早く吸い込むと、唾液でべっとりと濡らした唇でエロい音を立てながら上下させる。

思わず呻き声が漏れてしまう。

またゴムをかぶせられて、今度はマリーが下になる。

Vの字に脚を開かせて、挿入部を見る。

だがマリーは自分の手をもうそこへあてがい小刻みにクリを弄繰り回してる。

ぎゅっと締まると挿入感が高まりマリーの喘ぎも一段と増す。

「来て!そのまま突いて!」

スピードを上げる。ギアチャンジするトレーラーの如く。

速いピストンのまま果てる。

搾り取られる様な射精感。マリーは顎が上を向いて肩で息をしている。「私、壊れたかも・・・」

その後またインターバルで今度はバックから攻める。

マリーはこれが一番気持ちいいと言い、ぎゅっと締め付け俺の手を握りながら何かいろいろな事を叫んでいった。

バックから柔らかい白い大きな尻を鷲掴みにして叩きつける。

そんなエロいブロンドの彼女が悶えてる姿は脳に焼き付いて離れない。俺はすぐさま射精してしまった。

もう精液が残ってないと言うほど疲れてうとうとしてると「ハニー、シャワー浴びましょう?時間よ」とキスされる。

シャワー室で立たないチンポを無理矢理立たされてまたフェラ。

そして乳首で先端を優しくマッサージされ。

「口に出したい?それとも胸?私のドコを汚したいの?」

素直に口と答えると、すぐさま咥えてディープなストローク。

苦労したがなんとかいけた。

出してる最中も真空状態を作り出すようにしてストローの要領で精液を吸いだす。

思わず「うあぁぁ」と声に出る。

シャワーが終り、二人で着替えると、

「ハニー、今日はとっても良かった、お世辞じゃないわ」

「ありがとう」

「熱いキスをしたいの・・・」

猛烈なキスの嵐。息が吸えない。

ドレスを着た脚をまだ絡めてくる。

胸を押し付けて両手を首の後ろへまわす。

俺はマリーをそのまま抱え上げてお姫様ダッコにしてあげた。

「あぁ、ハニーまた濡れちゃうじゃない・・・」

かっこよく「濡れちゃいなよ」とか言いたいがヘタレ俺。

「あなたはお姫様だ」とか抜かしてしまった。

「こんな事された事ないわ、すごいわ」

首にしがみ付いて耳を噛もうとじゃれあう二人。

「ふふふ、シャイなのね」

降ろす時にたまたま股間に手が行ってしまい、下着をはいてない股を通り過ぎたとき本当に濡れているのが判った。

手にしっとりとつく液体。

「恥ずかしいわ、濡れちゃって・・・」

マリーはドアの所まで行くとまだ何やら言いたそうにしてる。

「もう!こんなに身体が反応しちゃってる!」

最後だと言うのに、また俺のジーパンを脱がそうとする。

「ちょっと、マリー、もう時間じゃないの?」

「大丈夫よ、もう一回、もう一回抱いて」

ビッチだ。

【本場のフェラチオ体験談】脳裏に焼きついたビッチだけど可愛い田舎娘②へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!