【31歳専業主婦の体験談】ママさんバレーボールチームの大学生コーチと浮気①

supoort026
1.はじめに

18歳になる息子が「おっぱいイバレー」とかいうDVDを借りて来たので、もうバレーボールは辞めてしまいましたが、興味半分で一緒に観ていました。

観ながら、もう10年前のいけない経験を懐かしく思い出したのです。

季節は夏、体育館にバレーボールが弾む音、掛け声が響いています。

私、篤子31歳、8歳になる息子と主人との三人暮らし、高校を卒業し4年働き、職場結婚後妊娠したのでそれからは専業主婦で過ごしています。

子供が小学生になる時、校区のママさんバレーチームに入りました。



中学、高校とバレーボールをやっていて、身長も168cmあるので入部も歓迎され、エースポジションを任されたのです。

九人制のバレーは中学以来でしたが、10年ぶりにやるにはいい環境で、週1~2回の練習には欠かさず参加、チームも市内の大会でいつも上位をキープしていました。

いつもは校区のチームでプレーしているのですが、地域でクラブチームを結成し、クラブチームの県大会が開催される事になり、この地域クラブチームのメンバーに選出され、地域で生え抜きのメンバーでチームを結成し、県大会に臨む事になったのです。

7月にチームが結成され、大会は9月。

暑い夏の期間、毎週1回の割合で結構ハードな練習があります。

監督は不在で、コーチとして大学生の現役バレーボーラーが練習を診る事になっていました。

2.洗濯物

8月下旬のある日、練習が終わり帰ろうとすると、体育館横の木陰でコーチが涼んでいたので、

「コーチは、未だ帰らないんですか?」と声を掛けると、

「汗が引かなくて、着替えると気持ち悪そうで・・・」と笑顔で答えてくれました。

「コーチ、私の家でシャワー浴びませんか、自転車で5分位だから!」と誘ってみたのです。

「本当ですか?助かります。」と答えたコーチと一緒に、自宅に向かいました。

大きなボストンバックを持っているので、不思議に思い聞いてみると、コーチは今日1週間の夏合宿が終わったそうで、昨夜は打上げがありシャワーを浴びる時間も無かったそうです。

大学の合宿所から直接こちらに来て練習、汗だらけの状態という事になります。

「そのバックは、全部洗濯物ですか?」と部屋に向かう途中で聞くと、

「そうです、練習着だけですけどね。」

「まとめて洗濯してあげましょうか?」

コーチは10歳は年下だと思いますが、コーチはコーチ、全て敬語になってしまうのです。

「本当ですか?メチャ助かります。」と屈託のない笑顔で答えてくるのです。

マンションの部屋に入ると、クーラーを入れ、コーチを洗濯機の前に連れて行き、

「ここに全部入れて下さい、全自動だから2時間もあれば洗濯できるから・・・」

バックから山のような洗濯物を取り出すと、どんどん洗濯機に放り込んでいます。

入れ終わると、来ている服も脱ぎだし、あっという間にパンツだけの姿に、

「これが一番汗臭いんで、一緒にいいですか?」と言いながら洗濯機に、私はその事より、若い男の裸が目の前にあり、そちらに釘付けになっていました。

多分身長は185cmぐらいあり、贅肉が全く無い身体、腹筋は少し割れています。

惚れ惚れするような裸体に圧倒されて、声も出ない状態だったのです。

海パンのようなブリーフの全面の盛り上がりも、見逃してはいませんでした。

「そのままシャワーをどうぞ!」と咄嗟に声が出て、バスルームのドアを開けたのです。

3.日常の会話

コーチに関しては、実は私のチーム内でも話題の的なのです。

練習帰りに「ファミレス談義」が開催され、5~6人のメンバーといろいろな話題で盛り上がります。

主婦は朝、家族を送り出すと、夕方まで誰と話す事もなく、黙々と家事をこなす時が多いので、こんな時間は取り留めのない話が続いてしまいます。

「女、三人寄れば姦しい!」そのもので、それは賑やかな時間です。

「コーチは、均整がとれた身体しているわよね。」

「現役バリバリのボレーボーラーだからね・・・バレーやる人は均整な人が多いよね。」

「彼女はいるのかな?もう童貞では無いよね。」

「そりゃいるでしょう、いい男だもん。」

こんな感じなのですが、話がご主人(亭主)の話になると、途端に愚痴ぽい話に変わります。

30歳前後のメンバーばかりなのですが、子供が小学生になり少し落ち着き、その分回りを見る余裕が出来て、いろいろ不満を感じ始める時期だったと、今は思えます。

主婦(母親)と見られ、自分でも意識して生活を送っているのですが、「女」としての自分を自覚したり、意識する事が殆ど無いのです。

もちろんそうでは無い女性も一杯いると思うのですが、その頃のメンバーは同じ境遇の主婦が多かったと言うか、殆ど同じだったと思います。

なので「性生活」についても同じような話題になりました。

「月に1~2回、求められる位で、早いし・・・」

「こちらから、求めるのは何か嫌だし・・・」とか、結構リアルでした。

正直に言えば「欲求不満」なところがあるのだと思いますが、そこまでは言えないものです。

今、思えば、私も同じであった事は、間違いありません。

4.シャワーの音

バスルームから、シャワーの音が聞こえ始めました。

私は慌てて、洗濯機に洗剤をセットし、コーチの練習着を洗濯しようとしているのですが、主婦の感覚なんでしょうか、自分が今来ている練習着も一緒に洗濯しようと考えたのです。

迷わず、汗だくTシャツを脱いで、ジャージも脱いで洗濯機に、ブラジャーを取りネットに、ショーツを脱いでいる時、「ガチャ」とバスルームの扉が開いたのでした。

「すいません、タオル・・・」

「キャ!」と叫んでました。

コーチは慌ててドアを閉めて「すいません、タオル借りようと思って・・・」、スリガラスドアの向こうで、こちらを向いて話しています。

「ビックリしました、・・・でも、田中さんの胸、大きいですね!」

「一緒にシャワー浴びませんか?田中さんも汗だくでしょう!」

私「・・・(無言)」です。

バストは小さくは無いと思いますが、若い頃に比べると垂れてきているし、余計なお肉がお腹には付き始めているし、自信を持って人前に出れる状態ではありません。

何故か、冷静に洗濯機のスイッチを入れ、タオルを取り出しドアの隙間から、「どうぞ。」と言いながら差し出しました。

するといきなり、コーチはタオルでは無く、私の手をつかみバスルームに引き入れたのです。

私が中に入ると同時に、コーチは180度回転し、こちらに背中を見せたのでした。

5.背中を流して

恥ずかしいのですが、声を掛けてみました。

「背中を流して・・・という意味ですか?」

「勢いで手を引っ張ったのですが、正面だと気まずいので・・・」

「こうなったら、背中でも流しましょうかね!」

少し大胆な私がいました・・・

タオルを濡らし、石鹸をつけて、コーチの背中を洗い始めました。

背筋の筋肉が見えるのですから、凄い身体で、お尻も筋肉で引き締まっています。

本当は緊張して、心臓の鼓動が聞こえそうなぐらいドキドキしているのですが、冷静に観察している自分が不思議でした。

背中、お尻、太腿を洗い終わったので、首回りから全面を洗い始め、後ろから胸を洗い、脇に移り、腕も洗います。

当然、密着気味になるので、乳房がコーチの背中に当る時があるのです。

コーチは無言でこちらの洗いの動きを受け入れています。

「このままだと、何をされてもいい・・・と思われるのでは?」

「でもコーチが厭らしい行為に及ぶか、判らないし・・・」

「コーチだったら、いいかな???でも浮気する?自分から進んで???」

頭の中で、いろんな言葉が飛び交います。

ぼ~っとしながら、胸からお腹の方に洗う場所を変えていたのですが、次の瞬間、いろんな思考が吹き飛びました。

下腹部にタオルが移動した時、突起物のような物があり、それをタオルで掴んでしまいました。

「イヤ!これ何!」と思わず叫んだのです。

その瞬間、コーチはこちら向きになり、お互い正面で向いあったのです。

突起物は、男性のシンボルでした。

私の男性経験は3人、主人は10歳年上なので結婚した時は30歳を超えていて、シンボルが上を向いているのを始めて見たのです。

「大きい・・・と言えばいいのか、元気!と言えばいいのか・・・」

訳の判らない事を言いながら、タオルで包み込むようにシンボルを洗っていました。

正直なところ頭の中は真っ白な状態で、コーチのシンボルに圧倒されていました。

そして、恥ずかしいのですが、自分が濡れ始めているのに気付いたのです。

6.触って感触を

「今度は僕が、洗ってあげます。」とコーチがタオルを取ると、私を後ろに向かせたのでした。

タオルに石鹸をたして、背中から優しく洗い始めてくれるのです。

考えてみれば、男性から背中を流してもらうのは、初めての経験かもしれません。

背中から、腰そしてお尻と、恥ずかしいというのが本音で、多分顔は真っ赤だっただろうと思います。

お尻を簡単に洗うと、私と同じように、首を洗いはじめたのですが・・・

「失礼します・・・」と言うと、乳房を洗い始めたのです。

「田中さんのバスト大きいですね、こんなに大きいバスト始めてです。」

でも図々しいというか、大胆というか洗う動きではなく、明らかに「揉む」動きなのです。

強引に引き込まれたとは言え、出ようと思えば出れた訳で、こうして二人裸の状況なのですから、コーチのこの行為も合意みたいなものなのかな・・・と考えていたのですが、

コーチのシンボルが、背中、お尻付近にず~っと当たって(突いて)いるのです、こちらの方が気になって仕方ないのでした。

今度はこちらから、向かい合わせになるよう、身体を反転させ「シャワーで流しましょう。」と言い、シャワーを手にしてコーチの泡を流し始めました。

シャワーが流れる方向を見ると、突き出ているシンボル、思わず笑ってしまいそうでした。

「ちゃんと洗って・・・と、主張しているようですね!」とコーチを見ながら、シンボルに触りシャワーを洗い流したのですが、私の感覚では主人の倍の大きさに感じました。

するとコーチは無言でシャワーを取ると、私の身体を流し始めてくれたのですが、私はシンボルを触ったままで、手で大きさと、固さの感触を感じていました。

コーチはシャワーを壁掛けに掛けると、両手で乳房を揉んできたのです。

ドキッとしました。その時の私は、Hな気持ちでは無く、好奇心の方が強かったように思えます。

でも考えてみれば当然ですよね、こちらが先に男性のシンボルを触り、少し扱いているのですから・・・

7.1回目

さすがにコーチの顔を見る事は出来ず、彼の少し荒っぽい乳房への愛撫を受け入れていたのですが、乳首に触られ刺激されると、上体をひねり愛撫から逃れようと自然に身体が反応しました。

これで、コーチが少しひるんだので、彼のシンボルへの動きを早めてしまったのです。

シャワーの音に紛れて、コーチの息遣いが聞こえるのです「ハァ、ハァ」と・・・

正直なところ、私も興奮していましたので、彼の太いシンボルを動きを早めて扱いていました。

左から右に手を替えたのですが、根本に近い部分は手にあまる程の太さ、左手で亀頭付近も刺激してみたのです。

両手でシンボルを刺激したのは初めてかもしれません。

「田中さん、もう・・・」とコーチが声を出したので、コーチを見ると苦悶の表情なのです。

私は慌てて、屈んだのですが、コーチが「うっ!」と叫んだかと思うと、精液が私の胸に飛び散って来たのです。

「わぁ~!」と思わず声が出てしましました、「こんなに飛ぶの?」・・・初めて見た光景でした。

その時、私の手は止まっていたのですが、コーチが私の手を握り、扱くように動かすのです。

手に「ドクッ、ドクッ。」という感触が伝わり、シンボルから精液が流れ出してきます。

コーチがこちらにシンボルを突き出して来たように感じました、まだ充分な硬さがあり、血管も青く浮き上がっている所があります。

私はためらう事もなく、コーチのシンボルを口に含んだのです。

雌として雄に従った感じなのでしょうか?青臭い臭いを感じながら、口を大きく開けて、コーチのシンボルを・・・

でもやはり大きく長いのです、半分も口に含む事が出来ないし、咽るような圧迫感でした。

この時、私にとっては不思議な「物」が見えたのです。

私にとって、玉袋はどちらかと言うと垂れ下がっているものだったのですが、コーチのは少しピンク色で、シンボルの根本に膨らんで付いているという感じなのです。

何故、そうなっているのかは後で聞いて、納得するのですが・・・

8.シャワーを終えて

コーチのシンボルを口に含み、動かせる範囲で舌を使い、彼の大きさを確認していました。

もう射精は終わっていたので、尿道を確認し軽く吸ってみると、精子が口の中に飛び込んで来たのですが、コーチは「うっ!」とうめいて、腰を引いてしまったので、シャワーで彼の陰部を流すと、「外にバスタオルが置いてありますから!」と声を掛けて、バスルームから追い出し、私も、胸についた彼の精子を洗い流し、全身を軽く流して外に出ました。

バスタオルで身体を拭きながら、部屋を見るとコーチはバスタオルを腰に巻いて、ソファーに座っていたのです。

私は慌ててバスタオルを巻いて、冷えた麦茶を注いで、コーチに渡し、横に座ったのです。

もう始まっていたのでしょうが、それから私は浮気を体験する事になるのです。

考えてみれば、バスタオル1枚で若い男性の横に座り、先ほどまでその男性のシンボルを愛撫していたのですから、男性から見ると、麦茶を飲んで終わりとは考えない状況ですよね・・・

その時の私は、性的な欲求不満は確かにあったと思います。でも30歳を超えて女性として不安を感じていた時期で、老いが始まる事への焦りもあったと思います。

そんな中、自分を女として接する若い男性が現れたのです、積極的と言う訳では無く、彼に従うという感じだったのだろうと思います。

それと、この日は息子は林間学校、主人は深夜帰宅だったので、開放感もありました。

「サッパリしました?」とコーチに話しかけます。

「イヤ~、一週間の夏合宿で禁欲だったので・・・」照れ笑いしながら答えてくれます。

「あの~そうじゃなくて、汗は流せたか?という意味なんですが・・・」

「あ~すいません、さっぱりしました。」と又笑うのです。

先ほど見た、コーチの陰袋、禁欲でああなっていたという事なんでしょうか?

結果はそうだった、という事になるのですが・・・

麦茶のグラスを置いたコーチは、私の肩に手を回してきたのです。

9.荒々しい愛撫

この動きに、私は肩をビクッとさせて反応しました。

「年上の大人の女性とは始めてなんです!」と言いながら、コーチは私を抱き寄せたのです。

「大人の女性というか、ただのオバサンですよ!」

「そんな事ありませんよ、もの凄く色気があって、タジタジでした。」

そう言うとコーチは、首筋にキスしてくるのです。私は又もやビックと反応するのです。

キスをしながら、身体を向い合わせて抱きしめて来ます、唇はやがて私の唇に移動、抱き締める力が大きくなり、キスも濃厚になっていきます。

「大人の女性を教えて下さい!」

「教えて・・・と言われても・・・」

そうなんです、私がリードしてのSEXなど経験した事がありません。

でも、もしここで拒絶しても、コーチが強引になったら抵抗も出来ないと思います、身体の大きさ、力とても敵いません。

まあ~抵抗しようとは、思ってませんでしたが・・・

コーチはキスを続けながら、バスタオルに手を掛け、乳房を露わにすると乳房を揉み始め、

「本当に大きいですよね、それに何とも言えない弾力があるし・・・」

そう言いながら、顔を私の胸に移動させ、乳首を口に含んで愛撫を始めたのです、

「あ~」と思わず声が出てしまいました。

決して上手な愛撫では無く、どちらかと言えば荒々しいのですが、上から見ていると、乳首を嬉しそうにしゃぶる子供のように見えるのです。

私は、彼の頭を抱いて、髪を撫でながら愛撫を受け入れていました。

この愛撫でも当然、感じています。

もう濡れている事は判っていて、それを隠すように下半身がモジモジ動いてしまうのです。

コーチは、乳房から下半身の愛撫に移ろうと考えたのでしょう、床に降りて、私の恥丘付近にキスを始めて、足を開こうとするのです。

「あぁ~、そこはダメよ・・・」

「お願いします、大人の女性のここを見てみたいので・・・お願いします。」

哀願されるほどの事では無いのですが・・・私は腿の力を解いてしまいました。

彼はすかさず、口を移動して来て、陰裂を舐め始めました。

この愛撫を荒々しいもので、勢いに圧倒される感じなのですが、久し振りのクンニに正直、感じていました。

大きな声が出ないように、指を噛んで我慢していたと思います。

コーチは陰部への愛撫を中断し、足を更に広げ陰部を見入っているのです。

「それは、恥ずかしいから・・・」と手で隠すと、その手を払いのけてクンニを再開したのです。

クリトリスの場所を確認したのでしょうか、ここを中心に愛撫を始めるので、「あ~ぁぁぁ~う~ん」思わず声が出てしまいます。

私はソファーに座り、背もたれに身体を預け、足をM字開いた格好で、少し突き出した私の陰部に顔を埋めているコーチが上から見える態勢、凄く厭らしい状態なのです。

彼を見ると、一心不乱にクンニをしていて、その姿に愛おしさを感じる気がしていました。

彼の動きが変わったと思ったら、舌を私の膣内に挿入させて来て、これも強引なのですが出し入れを始めたのです。

私は大きな声を出さないように我慢するのがやっとの状態でした、声を出してもいいのでしょうが、何故か喘ぎ声がなるべく出ないように必死に我慢していたと思います。

荒々しい愛撫の連続ですが、この若い愛撫で十分感じていたのは確かです。

いきなりクンニが終わると、コーチが立ち上がったのです。

バスタオルを自分で取ると、先ほどと同じように勃起したシンボルを露わにしたのです。

「田中さん・・・もう我慢出来ません・・・」

と言うと、腰を降ろし、シンボルを私の陰部にあてがえて挿入しようとしています。

「避妊は?病気は?スキンは付けないの?」と一瞬考えたとは思うのですが、挿入する場所が判らずにいるコーチのシンボルを握ると、自分で導き入れてたのでした。

正直なところ、私も我慢出来ない状態だったのです・・・

彼の大きなシンボルの一部が、私の中に入ります。

入ったのを確認したのか、更に腰を降ろして一気に挿入して来たのでした。

「あ~ぁ~凄い!」と思わず声が出てしまいました。

太い棒状の物が、膣内に一気に広がっていくというか、肉壁をかき分けて挿入してくると言えばいいのか、初めて感じる感触に圧倒されていました。

思わず挿入された方を見てみると、あの大きなシンボルの大半が私の中に入っているのが見えました。

正直なところこれにはビックリしたのですが、膣の中が彼で一杯になっているのは実感はしていたのです。

「田中さん、こんなに気持ちいいのは始めてです。」と前傾姿勢のコーチが言うのです。

私は彼の首に手を回し、唇を重ねたのでした。舌を絡め、唾液を吸い合うディープなキスを交わしながら、態勢を動かしソファーに横たわるような状態で、彼を受け入れていました。

11.2回目の終わり

片足が動かしにくい態勢なのですが、正常位で挿入しているコーチにはあまり関係無いようで、ゆっくり突いたり抜いたりを始めたのです。

正直、気持ちいいと感じました。

膣全体で感じている状態で、入って来る時、抜いて出て行く時、違った感触があり、一往復毎に性感が高まっていくのが感じられました。

徐々にスピードが上がり、突かれる度に一番奥まで届いているのが判るのです、奥というかそれ以上は進めないという場所まで・・・

「田中さん、気持ちいいです・・・」

「そんなに気持ちいいの・・・」

相変わらず、大きな喘ぎ声が出ないように我慢している最中、この声で我に帰りました。

「田中さん、すいません、もうダメそうです。」

「我慢しなくていいのよ・・・」

「中に出さないように注意して、外で出しますから・・・」

「いいのよ・・・中に思いっきり出しなさい。」

「エ~いいんですか?」

「大丈夫、今日は大丈夫だから・・・」

自分でも大胆だと思うのですが、今日は絶対に大丈夫な日、自信有りなのです。

コーチが覆いかぶさるように密着すると、もの凄い勢いで腰を動かし始めたのです、

「あぁ・・・いや、いや・・・あ~凄い・・・」

そんな声を出していたと思います、それとピストン運動で私の陰部からは厭らしい音が聞こえます。

相当濡れているのでしょう・・・

「うぅ~あぁあ・・・」とコーチが呻きます。

シンボルが大きく脈打ち、熱い物が一番奥で放出されたのを感じました。その後、数回腰を動かして射精を終えたようです。ドクッドクッという感触が感じられるのです。

これも人生始めての体験でした。

恥ずかしいのですが、私はコーチに強く抱き付き、足はコーチの足に絡め、一番密着する態勢になっているのです。

こんな態勢で射精を受け止めている、これは本能なのでしょうか・・・

【31歳専業主婦の体験談】ママさんバレーボールチームの大学生コーチと浮気②へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!