14才の少年が37才の巨乳人妻に欲情①

56i9plny2ry6g33
ホテルに連れ込んだ14才の少年の姿を里子は見つめていた。

(可愛いわね…)

華奢な体つき、細い手足、そして一見少女と見まごうほどの中性的な顔立ちと白く若い肌。

いますぐ抱きしめてしまいたくなるほどだ。

里子はうっとりとした表情で少年を凝視していた。



少年のほうは前屈みのままうつ向き、顔を真っ赤にして固まったままだ。

前屈みといういう事は早くも勃起しているということなのだろう。

(こんなおばさんの体でも、こ、興奮しちゃうの?)

里子は戸惑いと恥じらい、そしてほんのわずかだが女としての悦びを感じていた。

14才の少年が37才の人妻の自分に欲情しているのを感じると、女としてのプライドを充分刺激された。

里子にとって目の前の少年が性的なものにいかにも不慣れな立ち振舞いは充分に微笑ましく、里子が笑みを浮かべさせるに充分であった。

少年はいまだに固まったままうつむいている。

今は少年を落ち着かせ、そしてコミュニケーションをとることが先決であった。

里子は少し考え、話し始めた。

「タクミ君、サッカーとか、野球とか、興味ある…?」

里子は世間話をはじめた。

とりあえず、この世代の少年なら乗ってくる可能性が高いと思われるスポーツの話題からはじめた。

目の前の少年はスポーツに興味があるらしく、里子の振った話題に少しずつ乗ってきた。

中でもサッカーと野球の日本代表の話題ではある程度盛り上がることが出来た。

やがて話はお互いの趣味や私生活にまで及び、二人の間にあった何かが取り払われていった。

そして少年の顔が徐々に明るくなっていき里子のほうを見るようになってきた事に里子はホッとした。

里子は少年がようやく和んできたのを見てホッとした。

さらに会話を続けているうちに、少年の緊張が少し和らいだのか、視線が里子の顔だけではなく、豊満な胸の膨らみや量感あふれる太ももへと移動するようになったが、里子は気がついていない振りをした。

里子は自分の体を少年の視線がチラチラと這うのに任せていた。

(ふふ、可愛いわね)

里子は少年と会話しながら心の中で笑顔を浮かべた。

少年は自分がどこを見ていたか悟られぬよう、視線を泳がせ誤魔化していた。

愛らしいことこの上なかった。

里子は、いかに幼い少年であっても性的興味のこもった視線で見つめられては羞恥をおぼえてしまう。

(も、もしかしてこの子…)

独身時代、高校時代に初体験を終えて以降、様々な男たちと交わってきた。

結婚してからも仕事ばかりで家庭を省みず、かまってくれない夫に不満を募らせ、ついには知り合いから教えてもらった出会い系サイトで知り合った数人の男性と割り切った関係を続けてきた。

そんな里子にとって今の少年の様子、とりわけ里子の体にせわしなく視線を送る様は全く女慣れしていない男の、女体に対する異常な興味を示しているようで今まで会ってきた性の経験がある男達とは明らかに違う。

もちろん思春期を迎えたばかりの少年特有の興味というのもあるのだろう。

里子ある事を考え、思いきって少年にたずねてみた。

「タクミくん」

「はい…」

少年はハッとして里子を見つめた。

「タクミ君は…その…」

なかなか言葉に出来ない。しかし里子は勇気を振り絞って聞いた。

「セ、セックスしたこと…あるの?」

恥かしげに小さく首を振った。

(やっぱり…)

里子は無垢な未経験の少年であるということをはっきりと認識し、間髪入れず里子は質問を浴びせる。

「そ、そう…じゃあ、女の子と、キスをしたことは?」

少年はまた、小さく首を振った。

おそらく自分の未熟さが恥かしいのであろう。

(こんな…可愛らしい子なのに、キスもまだなの?)

里子はそういう少年相手に性の相手をしなくてはならないのだと思うと体が震えた。

大人の女の余裕など消えかかっていた。

「…好きな子とかはいないの?」

少し考え、少年は首を振った。

「そ、そう…」

「いいの?はじめてがこんなおばさんで嫌じゃない?」

そう言うと、少年が必死な形相で口を開いた。

「そ、そんな事、ないです!会った時すごいきれいな人だなって、思いました…会ってよかったなって…だから…」

「だから?なぁに?」

「あの…その…」

少年は言葉に詰まってまたうつむいてしまった。顔を赤らめている。

「大丈夫よ、思ってる事ちゃんと言ってみて」

「……だから、僕…里子さんとしたいんです。」

少年は素直な気持ちを告白した。はっきりとした口調だった。

ストレートな物言いに里子はドキリとしたが少年の真摯な想いを感じ、里子の心臓は高鳴った。

「ありがとう、嬉しいわ…すごく」

「ほんと?」

そう言うと少年は顔を上げた。

「本当よ…タクミ君みたいな子に、気に入ってもらえるなんておばさんも、まだまだ捨てたものじゃないわね」

半ば本心であった。

少年の想いに、応えてあげたい。

里子はそう思った。

こんな愛らしい少年が自分を選んでくれたということが、里子の中にほんのわずかだが積極的な気持ちが芽生えさせていた。

(教えてあげたい…)

少し気が楽になった。里子は覚悟を決めた。

「タクミ君…」

少年の目を見据えながら言った。

「は、はい」

少年がどきまぎしながら返事をした。

「いっしょに…シャワーを浴びましょう」

そういわれた途端、少年の体が、ビクンと震え、しばらくしてから少年は軽くうなずいた。

二人で脱衣所までくると、里子は少年の目の前で衣服を脱いだ。

こんもりと盛り上がった茂みや乳房を隠す気はなかった。

里子は自分を褒めてくれた少年に応えるため、あえて少年に自らの大きな乳房を晒したのだ。

しかしいくら覚悟を決めたといっても、はるかに年下の少年に抱かれるという禁忌はなかなか拭えない。

(いまさら何をためらってるの?)

里子は自分を鼓舞した。

少年のほうを見ると、少年はトランクス一枚になって前屈みになって真っ赤な顔を脱衣所の床に向けていた。

なぜ前屈みかは、里子にはわかっていた。

そして照れがあるのか、なかなか里子のほうを直視しようとしなかった。

ただし、やはり年頃の少年らしい好奇心には負けてしまうのか、ちらりちらりと視線を上げて、里子の乳房を盗み見ていた。

そして、乳房が視線に入るとまたうつむいてしまうのだ。

その行動が、里子にばれていないと思っているらしい。

そんな少年の行動を見て、里子は少し緊張がほぐれるのを感じた。

(初めてだもんね、仕方ないわいよね)

里子はクスッと笑うと、手を伸ばして少年が身につけているトランクスに手をかけた。

リードしなくてはと思った。

「ぬ、脱がしてあげる…」

その瞬間、少年がビクッと震えて里子のほうを見る。

そして今度はまともに里子の大きな乳房を目にし、今度はゆでダコのように顔を紅潮させる。

少年の体がいっそう前屈みになった。

しかし、もう少年は視線をそらそうとはしなかった。

いや、視線をそらせないのだ。里

子の乳房にはそれだけの魅力があった。

乳房だけではない、里子は自分の魅力に今ひとつ気がついていないがその豊満な肉体は、二回り近く年の違う、少年ですら虜にしてしまうほどの魅了と迫力があった。

90センチをゆうに超える乳房は年齢相応にやや重力に負けてはいるが、自らの存在を誇示せんとばかりに重たげな乳肉をたわわに実らせ前方に突き出ていた。

89センチの豊満な尻は弛みなく大きく張りつめ、乳房に負けず存在感を示していた。

染みもないその真っ白な背中とあいまって少年を誘っているようである。

童貞の少年ですら気づかない雄としての本能を刺激されるほどであった。

ほどよく脂肪ののった腰まわりから肉感的な太腿も、男をそそらせるには充分すぎるほどであり、熟れた女の色気を醸し出していた。

そのセクシーさは溜息が出るほどで、少年の童貞喪失相手としては過ぎるほどの女体であった。

里子がトランクスを脱がそうとすると少年は抗った。

無理もない、勃起は露骨な欲望のあらわれである。

初対面の女性に勃起したぺニスを見られるのが恥ずかしいのだろう。

その事がわかる里子は自分より背が低い少年に対し、少し前屈みになって少年の耳にそっと口を近づけた。

少年は、里子の美貌が自分の顔のすぐ近くにきたことと、里子の豊かな乳房が自らの胸に触れんばかりのところまできたことにドキリとして体を硬直させた。

里子は少年にそっと耳打ちした。

「大丈夫…恥ずかしがることないわ…お、男の子は、みんなそうなのよ…」

経験豊富な大人の女らしく訳知り顔で言う。

童貞の少年をどうリードすればいいか一瞬悩んだが自分が恥ずかしがっていては話にならないとばかりに振舞うのであった。

しかし少年は、まだ躊躇していた。

里子は、そんな少年の欲望を愛しく思った。

彼の戸惑いや苦悩は新鮮で、思わず抱きしめたくなるほどであった。

里子の顔はうつむいている少年の正面に移動した。

「心配しないで…大丈夫よ…男の人が、興奮してお、おちんちんが、硬くなっちゃうのは…正常な事なの。」

少年が顔をあげる。

「私の裸を見て、こ、興奮してくれたって事だし…嬉しいわ」

少年が顔をあげ里子を見つめてきた。熱いまなざしだった。

「ほ、ほんとよ。だから…ね」

ようやく少年は体の力を抜いた。

それを見計らい里子は少年の体からトランクスをぬがせると、勃起したぺニスがおどりだすようにして現れた。

「あぁっ」

少女のような声をあげ、少年はすぐにいきり立っている股間のモノを手で覆い隠してしまった。

とたんに里子は少年の裸身に釘付けになってしまった。

それほど少年の体は美しかった。

まだ男になりきっていない華奢な細い体、白い若々しい肌。

里子は、無意識のうちに自分の中年の体と比べてしまい逃げ出したくなってしまった。

だがもう後戻りはできない…

「さぁ、隠さないで…おばさんにみ、みせて…ね?」

すると少年はゆっくりと股間を隠した手を下ろした。

(す…すごい、もうこんなになって)

華奢でか細く中性的な体つきからは想像できぬほどに隆々とそそり立っていた。

まだ女を知らない真っ白なぺニスが早くも引力に逆らうかのごとく、90度以上、いや120度近く反り返って勃起していたのである。

半分皮を被ったぺニスは、苦しげにビクッビクッと震え張りつめたピンク色の先端からは透明な先走りの液が漏れ出ている。

それはまるで、膨張に苦しみ流す涙のようであった。

(はぁぁ…元気ね……)

里子は軽い興奮をおぼえた。

少年はまだ体を前屈みにしてなんとか隠そうとしているようだが、少年の男としての反応は、正面にいる里子にははっきりと見てとれた。

少年の反応は可愛いものであった。

里子は、初めて性体験を迎えるぺニスをまじまじと見つめた。

しかしそんな状態になってしまったのは、自分が原因なのだ。

(すごいわ…こんな私みたいなおばさんを見て、こうなってしまったの?)

里子は、女の喜びを感じていた。

二回り近くも年の離れた少年に、欲望を抱かせることができた我が身を誇らしく思いえていた。

「元気ね。素敵よ…」

少年のぺニスを見ながらそう言った。

半ば本心、半ば少年をリラックスさせる為であった。

少年は恥ずかしげに身をよじった。

「わたしを見て、そうなったのよね…」

「は…はい…」

少年はうなずいた。

その素直な仕草が里子には微笑ましく思えた。

そして、23才年下の男の子が37才にもなる中年の主婦の裸をみて興奮し、最大限にぺニスを勃起させてくれている……

里子はなんともいえない優越感を覚えた。

里子は勃起を見せてくれた少年に応えるように、少年の手をとった。また彼の体がビクリと震えた。

「もっと…こっちにきて」

里子は少年をすっと引き寄せると、その細い体を軽く抱きしめた。

そうすると、乳房が里子より身長が低い少年の目の前にきた。

もう、少年はその乳房から目をそらすことができなかった。

その時、少年の耳に、里子の声が聞こえた。

「…よかったら、おばさんの…お、おっぱい、触って…」

里子は少年の首に手を回しながら震える声で言った。

その言葉に、少年はつぶらな瞳を見開いて里子を見上げた。

「…好きなだけ、触って…いいのよ」

たどたどしくそう言った瞬間、少年が里子の乳房に手を伸ばしてきた。

「あっ、はぁぁぁ」

両手で豊満な乳房を掴まれた里子は思わず声をあげてしまった。

少年は二つの柔肉を最初は遠慮がちにやわやわと、次第にずっしりとした量感を確かめるようにしっかりと揉みしだいていく。

「あぁぁぁ…タクミくん…」

さらに少年の乳房を揉む手は激しくなり、下から上にしぼるようにしたり、左右から寄せ上げるように揉んだり、里子の胸を夢中でなぶっている。

「あ、あ、あぁぁ…あ、はぅっ、ん」

里子の口から喘ぎが漏れだしていた。

テクニックなどないどちらかというと乱暴な愛撫だったが、ただ欲望のまま掴んでいるという感じが若さにあふれていてそれだけで里子を充分感じさせた。

「あ、んんっ、あっ、あ、うぅぅ…ど、どう?おばさんの…おっぱい」

「すごい…柔らかいです」

初めて触る乳房の感触に少年は率直に答えた。

里子はその素直さがたまらなく可愛いく微笑ましく思えた。

「タ、タクミくん…」

里子が呼びかけると少年は乳房を揉む手をやめ、顔をあげ里子を見つめてくる。

「乳首…す、吸ってみて」

もう揉まれているだけでは我慢できなかった。少年が大きく目を見開いた。

「さぁ、す、好きなだけ、吸って…いいのよ」

そう言った瞬間、少年が里子の乳首に吸いついた。

「あんっ!あ、あ!あぁぁぁっ…」

里子の口から、大きな喘ぎ声が漏れた。

それは少年がいきなり吸いついてきた事の驚きと、隠し切れない官能の高まりがこもった声であった。

(こ、こんなことって)

ただ赤ん坊のように、ひたすら乳首に吸いついているだけであったが、少年の唇が与えてくる刺激はたまらなかった。

むしゃぶりつく、といった表現が一番近いかもしれない。

口全体で、ほお張るようにぐりぐり顔を押しつけながらがむしゃらに乳首に吸っていた。

そんな原始的な愛撫で、思わず声をあげてしまったのだ。

「うっん、ん、あん!はぁ、はぁ、はぁ…あ、ああっ!あぁぁぁ!」

少年は、向き合った里子を抱きすくめるような体勢になって、立ったままその乳房に吸いついていた。

里子は、自分よりも頭一つ小さい少年に抱きすくめられ乳房を貪られ、里子は、溢れでる快楽の声が止まらなくなっていた。

「ふ、んっんんっ、あぁっ…あっ!あぁ」

愛撫とはいえない愛撫が里子を今まで感じたことがないほどの快楽を味わわせていたのだ。

「あ、ん、ん、あっんっ!うぅぅん!」

里子は、溢れでる快楽の声が止まらなくなっていた。

里子はいつの間にか少年の頭を乳房でうずめんとばかりにかき抱き、歓びの声をあげていた。

その事が少年をさらに興奮させてしまったのか、愛撫が激しさを増す。

少年は目の前の屹立している乳首を交互に吸いながら両手で乳房を揉みはじめた。

「はぁぁぁぁ、うぅぅん、あぅぅ」

小さな両手で乳房をわしずかみ、強い力でぎゅうぎゅうと揉みこみながら乳首むしゃぶりついていく。

「うぅっ、くっ…うっ、あ、ああぁぁぁぁっ」

片手ではおさまりきらない巨大な乳肉をしっかりと握りしめるように揉みたてられる。

(そ、そんなに強く、だめぇぇっ!)

里子は少し痛みを感じたがその痛みさえ快感に変わるほどの快楽のあまりに叫びそうになった。

望丸出しの少年の愛撫に、30半ばを過ぎた自分がのたうちまわらんばかりに喘いでいるのだ。

里子は大きな乳房から与えらる強烈な刺激に腰をゆらめかせながら、太ももを震わせながもかろうじて立っている…そんな状態だった。

14才の少年が37才の巨乳人妻に欲情②へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (6)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!