【妹レイプ体験談】もうやるしかなかった‹前編›

dh08lnn1n5vwy99
小学生の時は全然女と思ってなかったのに、中学に入って制服着はじめた頃からちょっと異性を感じて、ある日、洗面台で髪を乾かしてる後ろ姿、そのウエストのくびれとブラのバンドが偶然に見えたとき、無性に勃起した。

エロ漫画オナニーに飽きていた俺にとって、生の女が身近にいたというだけで興奮が収まらず、夜ばいが始まり、そしてしばらくして半ば強引にエッチ。

休みの前日はエロ本や漫画で明け方近くまでオナニー、何発か抜いて収まったら寝るのがいつもだったが、洗面台の後ろ姿が頭にこびりついて全然収まらず、興奮の赴くまま夜中の3時過ぎ、妹の部屋に向かった。

普段の生活とは全く違う目的で、妹の部屋に行く、というか、女の部屋に忍び込む、というのは、まじで緊張した。

抑えようとしても膝がガクガクして音を経てないように必死、口がからからに乾いて、胃から胃液が出そうなぐらいだった。



神経を尖らせ細心の注意をしながらやっと妹の部屋に忍び込むと。

常夜灯の薄暗い部屋の真ん中で、妹は酷い格好してた。

掛け布団は足元に追いやられ、着ているTシャツは、めくれ上がっていて腹どころか片乳がちらり覗いていた。

ズボンのジャージも、腰から少しずれてパンツの横が生々しく見えてた。

寝相が悪いのは家族でも有名だったが、起こさないように布団めくったりどうやって服の中に手を、と悩んでいただけに、ラッキー以外のなんでもなかった。

布団に近づいて手を股に挟んであっためながら、寝顔を見る。

口半開きで寝てる妹の寝顔はまだまだ小学生だったが、無防備に寝てる顔はなんだかかわいらしかった。

淡々と書いてるが、当時はバレたときの言い訳と、どうやってヤるか焦りながら、はやる欲望を押さえ付けるので必死だった。

この期に及んで、妹で抜くというか手を出すというのは、男として情けないというか惨めな気持ちもあったが、妹の部屋に充満したあの匂いと、薄明かりに照らされた妹の体で、もうやるしかなかった。

目を覚ましたことを考えて、明かりを消そうとしたが、真っ暗で手出しが出来なくなることに気づき、懐中電灯ぐらい用意すればよかったと後悔したが、今更戻れるわけもなく、そんときはそんときで、なんとかごまかし通すかと腹を決めた。

めくれあがってるTシャツの裾を、左指でゆっくりとつまみあげると、片乳の乳首が見えた。

エロ漫画みたいな茶色のぷっくりした乳首だと想像してたが、薄い色した乳輪に、乳首というより突起というか、男の乳首みたいに小さくて驚いた。

そのまま慎重に右手でおっぱいに触る。

さらさらした肌触り、そして見た目以上にふわふわ感。

以前、同級生のデブ男のおっぱいを、友人たちとふざけて触ったことがあったが、あんなにムチっとしてしっとりとした手触りとは全然違った。

初めて女として触った妹の感触に奮えながら、妹の相変わらずのんきな寝顔を覗くと、シュールというか奇妙な興奮が、金玉をしゅわしゅわと刺激した。

おっぱいに触れたまま、このまま揉みしだきたくて堪らなかったが、とりあえず乳房をゆっくりとわしづかみにしていった。

わしづかみというほど、当時は膨らんでたわけではなかったが、女のおっぱいは本当にふわふわしてて、それでいて芯がコリっとしていて、マシュマロとかベタな表現があるが、でもまさにその通りだと思った。

乳首に顔を近づけ、舌先で乳首をちろっと舐める。

この時になって、鼻息というか口でぜーぜー息をしてるぐらいに興奮しているのに気づき、妹の寝顔を見上げた。

まだ大丈夫だ。目は寝顔のままに、そのまま乳輪に吸い付いて、ゆっくりと乳首を舌でじっくり感触を確かめた。

小さくても女の乳首を舐めていることに、鼻息が収まらない。

その時妹がモゾっと動き、慌てて妹の目覚ましを取った。

いざとなったら、自分の壊れた時計の代わりに目覚ましを借りに来た、と言い訳するつもりだった。

じとーっとした汗を感じながら、様子を見てると、妹は渇いた口を湿らせるようにクチャクチャしただけで、大きく息を吐くと、再び寝に入った。

焦らせんな、と心で毒づき、じわっと湿度があがったが、気を取り直して、妹のTシャツを全部めくって胸をあらわにした。

漫画のような、ロケット巨乳とは似ても似つかないおっぱいだったが、それでも、顔は小学生のくせに、女としての膨らみはそこそこにあって、風邪ひいたときみたいに、興奮で顔全体に熱を感じた。

寝顔を警戒しつつ、ウエストを両手で抱くように触ると、自分にはない細さと柔らかさ、そこから腰にかけて広がる女の体型に我慢できず、ジャージに手をかけ、ゆっくりと下ろす。

ただ、尻が邪魔をして膝上にも降ろせなくて、股下までで限界だった。

なんとかしようと考えたが、もう昂りが収まりつかなくなってきて、もういいやと股を広げると、中学のくせに生意気にもトリンプみたいなパンツを、臍下からゆっくりつまみあげ、わずかな隙間から指を滑りこませた。

寝顔を振り返りながら、ゆっくり、ゆっくりと指を入れて行くと、柔らかい肌の感触とは打って変わってざらざらとしていて、割れ目までは思った以上に距離があるなと思ったら、割れ目に到達した。

あれ、陰毛がないと思ったら、ジョリジョリと固い毛の手触りが、妹は陰毛を剃っていたことを伝えた。

予想外のことにショックと思ったが、それ以上に、割れ目まる見えだろ、という事実にかーっと熱くなった。

気づいたら、パンツの中で漏らしたように先っぽが濡れていた。

しばらく割れ目に指を当てて、妹が起きないのを確かめてから、指を割れ目の中に潜りこませていった。

割れ目の中は、ヌルヌルではなかったが、じめっとしていてクチュっとした、力入れたら破けそうな柔らかさだった。

何より、妹の体温が直に伝わってくるような感覚、女のあそこを触ってやったと思った瞬間、射精したかのような錯覚に陥って焦った。

相変わらず妹は口半開きで寝てて、おっぱいはだけて、ショーツに手を突っ込まれている見た目は、変に生々しかった。

さらに割れ目の奥に何とか指を入れようと思ったが、パンツが邪魔して思うように入れられなかった。

起きないように、指の腹で届く範囲で割れ目の中を弄りながら、家庭の医学で見た女のあそこの部分を思い出し、これが包皮か、この中のかろうじて豆みたいなやつが、クリトリスか、とか堪能した。

そのまま割れ目の触り心地を愉しんでると、うとうとしてることに気づいて、5時過ぎてたのもあって切り上げた。

変態心が沸いて、先っぽのカウパーを妹の唇に塗ってやった。

部屋に帰って、お腹いっぱいな感はあったけど生々しい感触をネタに、一発抜いて寝た。

休みの前日は寝てる妹の体をまさぐって、部屋に戻り、生々しい感触が残っているうちに妹を犯す妄想をしながら、オナニーするというのが普通になった。

起き出すか警戒しながらなので、思う存分とはいかなかったが、それでも、徐々に大胆にはなっていった。ここは割愛する。

しかし、しばらくして妹にバレた。

妹が膝丈まであるワンピみたいなTシャツを着て寝てた。

こいつ余計なことを、と脚を見たらジャージまで履いていたのだ。

ご丁寧に腰紐付きで、きっちり脱げないように結んでた。

くそ、っと頭に血が登ったが、おっぱいで我慢するかと胸を触ったら、妹はブラ着用したまま寝てた。

ショックで身震が止まらなかった。

ここまで来て、ついに妹に知られた。

親にまではバレてないよな、とかもう女の体触れないのか、と怒りと絶望と、行き場のなくなった性欲にその日は、惨めたらしく諦めた。

しばらくは控えて様子を見ていたが、親にまでバレている様子はなく、もともとそれほどべったりでもなかったけど、妹の態度も変わったりはしなかった。

後でわかるが、あれは妹の警告だった。

エロ漫画に戻ったが、一度生身の興奮を味わうと、抜いても性欲は収まりつかなくなっていて。

女とやりたいというより、妹を犯したい、という夜ばいの昂りと興奮、背徳感の味に完全に毒されていて、彼女を作ってセックスという普通の願望は、プライオリティが低くなっていたほど、見境がなくなってた。

この時期か、その後の性的嗜好を形成したんだと思う。

妹のおっぱいや割れ目を弄った感触を思い出しながら、妹を犯す妄想をしながらオナニーをしても、すぐ近くに生身があるだけに、生殺しというか余計性欲をかきたてるだけだった。

もうやるしかなかった。

もう妹バレしているし、それほど緻密に考えたわけじゃなかった。

親にバレないようにどうしようか、と考えても、両親は妹よりこっちの肩を持つことが多いから、その時は、口八丁で押し切ろう、とか、そんな稚拙なもんだった。

本気で夜ばいが嫌だったら、すぐに告げ口してるはず、態度だって変わらないし、押し切ればなんとかなるだろう。

この辺りの頭の弱さは今でもだが、犯すと決めたら、今までが嘘のように、初めて夜ばいをした時の、興奮に全身がぶるぶると震えて、抑えられなかった。

妄想で、エッチのシミュレートをしながら、両親が不在になる機会を待った。

休みに入った日の朝。

両親が仕事に出かけ、ついにチャンスが来た。

妹バレから数週間経ってるし、妹も油断して朝は寝てるはず。

それでもなるだけ音を経てないように、妹の部屋のドアを開けた。

相変わらず寝相は悪かったが、やはり油断していて、腹こそ出していなかったが、確か、小学校のTシャツと短パンで寝てた。

久々に嗅いだ、女の部屋の特有の匂いが、凄く興奮した。

足音を忍ばせようにも、体が震えて仕方なかったので、四つん這いで這うようにしてゆっくり布団に近づいた。

雨戸を締め切ってるせいで、窓の明かりは入ってこず、初めての夜みたいに、常夜灯の薄暗い明かり。

息の音が荒く、はっきりと自分でもわかるぐらいで、妹が目を覚ますんじゃないかと思った。

のんきな妹の寝顔、半開きの口。

抑えようとしても、なかなか制御できない震える手で、Tシャツの上からおっぱいを触った。

あの柔らかい感触に鳥肌がたった。ノーブラだ。

さらにスーハースーハーと息が荒くなった。

このまま死ぬんじゃないかぐらいだった。

あそこがじんじんと痛みだして、もう我慢できずに両手でおっぱいを揉みしだいた。

妹の寝顔を見たと同時に、妹がうっすらと目を開き、一拍の間、何が自分に起こったのか把握すると、胸から手を退かそうと、丸まる様に横向きになりながら、ちょっと何にしてんのよ、やめてよ、嫌だから、と声を荒げた。

懸命に腕で胸をガードする妹、ガード振りほどこうと、Tシャツの中に無理やり手を入れた。

嫌だって言ってるでしょ!ちょっと!出てってよ!重いって!

それを無視し、足で暴れる妹の脚を抑えつけながら、さらに乱暴に妹のおっぱいをわしづかみにした。

ちょっと変態!出てってよ!嫌だって言ってるでしょ!まじでキモいから!

さらに暴れ出すので、素っ裸にするしかないと、腹に馬乗りなると、Tシャツの裾を引っ張って、延びるのも構わず、強引に脱がせた。

意外にするっと脱げた。

おっぱいがあらわになると、妹は馬鹿!死ね!変態!と叫びながら、胸を腕で隠す。

その隙に、ジャージに手をかけ一気に脱がす。

お前お兄ちゃんでしょ!妹に何してんだよ!変態!ほんとやめてよ!やだ!やだって!

妹が喚く。足首までだったが、ジャージだけに簡単に脱げた。

何黙ってんの!?やだって言ってるでしょ!?ねぇほんとまじ無理だから!お願い!やだ!

そして再び覆い被さると、パンツの中に手を入れ、強引に割れ目の中に指を入れ、くねくねと動かした。

それを皮切りに、いーやーだー!と近所にも聞こえるかぐらいの、悲鳴に近い叫びを上げ、号泣しだした。

慌てて口を塞いだが、暴れなくなったかわりに、妹はやだよぉ、と腕で目を覆ってわんわん泣き出した。

このままでは、近所に通報されかねないし、エッチどころじゃないと焦ってきて、頭を撫でたりしながら、お前が好きなんだ、好きだからエッチしたいんだ、とか、なんとかして、なだめすかそうと必死になって心にもない声をかけた。

一回だけだから、本当にもうしないから、一回だけ。

そのまま問答無用でレイプしてしまえたけど、そこまで鬼畜に成り切れなかったのは、偏にヘタレだったから。

妹の嗚咽が止むのを、粘り強く待ちながら、できるだけ、優しく。

お前のこと好きだから、今日だけだから、もう二度と絶対しないから、しばらくそんなことを続けてると、多分エッチするまでこいつは出ていかない、と諦めたんだろう、ふいに、…本当に一回だけ?と呟いた。

まじか!それを聞いて何かに押されたように、うん一回だけだからと返すと、…もう絶対しない?しない。あと中に入れないで。挿入はするな、という意味にたじろいだが、こんな展開だ、もう頷くしかなかった。

やってるうちに、うやむやに入れればいいや、と思った。

成り行きを待ってると、一回だけだから、妹は呟くと顔を横に背けて目をつぶった。

意外というか、妹の急変に放心したというか正直面食らったが、望んでいた通りになったのだ、あとはもう、思いのままだ、と、わかった、と答える代わりに、妹のおっぱいをつかむと乳首に吸い付いた。

感触を頼りに妄想で何度も揉んではいたが、生身はそれ以上に、さらさらして柔らかかった。

両方のおっぱいを揉みしだきながら、向かって左の乳輪を舌で舐めながら、時折乳首を、漫画で読んだように舌先で転がした。

漫画のようにぷっくりとはしてない乳首だが、それでも小さいなりに勃起してくるのが伝わってくると、揉みしだく手に力が入った。

乳首の下辺りにある、やや固めの部分をこりこりっとすると、ややのけ反るようにして、妹が動いた。

感じる?と聞くと、妹は下唇を噛んで我慢しているように、かすかに首を縦に振った。

女を感じさせてるという、小さな喜びがさらに股間と頭に性欲をたぎらせた。

左の乳首を舐め回しながら、反対側の乳首を指の腹で転がした。

ねっとりとやってると、妹がもぞもぞと動き、息もスースーと大きくなってきた。

AVのように、攻めた分だけ即反応というわけではなかったが、いかれた童貞を興奮させるには十分だった。

ひとしきりおっぱいに満足すると、パンツを脱がして脚を広げさせた。

脚の間に顔を入れて、見下ろすように妹を眺めると、顔と年齢の割わりに体のラインはやらしく感じた。

ウエストを手で揉んだりさすってると、男にはないくびれ具合が、洗面台で勃起したときのように、女の体を強く意識させて金玉を疼かせた。

割れ目に目をやると、まだまだ当時は綺麗な縦筋、その周りにはごましお状態の陰毛の剃り跡があった。

後で知ることになる、個人差はあるにせよ、たいていの大人の女みたいな、割れ目からはみ出すほどの包皮はその時見当たらなかった。

割れ目を分け入るようにして、舌で筋を上下に舐めた。

ジョリジョリした陰毛がが顔に当たったが、陰唇内部の外の肌とは別の柔らかさに興奮していた。

探るように割れ目を舐めまくっていた舌先が、膣口を捉えると、ここに突っ込めば、気持ちいいのか、と体が震えたった。

舐めまわしながら、妹の顔を見上げると、妹は枕で顔を隠すように押し当ててた。

自分のあそこを舐められている羞恥心からか、兄に犯されてる現実からの逃避なのか、どっちにしろ早く嵐よ過ぎ去ってくれと、じっと耐えていたのだろう。

びちゃびちゃと舐める音を遮るように、さっきまでのスースーと妹の荒い息は潜まって、時折鼻をすする音が枕から聞こえたが、妹の股の間で唾をすするやらしい音が、静かな部屋で一際響いていて、脳を刺激した。

ぴちょぴちょくちゃくちゃと、大陰唇から脚の付け根をたっぷりと舐め、女のすべすべとした股の内側を、舌全体を使って、卑猥なすっぱいさを味わった。

むしゃぶるように舐めていたら、鼻から下、頬までもうびっしょり濡れていて唾だけでこんなにべろべろになるのかというぐらい、妹の割れ目も涎を垂らしたような腋がアナルまで垂れていて、その下の布団まで冷たい大きな染みを作っていた。

舐めても舐めても収まりつかず、鼻に腋が入ってきても、気にする余裕はなかった。

M字に広がった妹の股から覗ける光景は、エッチしてるという卑猥な気持ちを揺さぶって、もう我慢出来なくなり、そのまま舐め覗きながら、乱暴に自分のものをしごいた。

すぐに射精してしまうと思ったが、固くなりすぎたのと興奮が追いつかず、放尿感は昂ってくるがなかなか発射できなかった。

顔が見えないことが原因かも、と気づくと、妹から枕を奪って放り投げた。

いやっ、と妹は現れた顔を横に背けた。

悩ましげに眉を寄せて、アヒル口を突き出した妹、その顔にエッチをしている女の表情が見えると、じゅわーっと股間に温かいものが広がり、びくんとした刹那、布団の上に精子を飛ばしていた。

興奮の割に、それほど快感はなくて、いつものオナニーより少しは気持ちよかった、ぐらいだった。

ただ、おっぱいと女の割れ目をたっぷりと味わい、一発出してすっきりしたせいか、気持ちに多少の余裕が出てきた。

それでいて、膝立てた股を広げて、仰向けに横たわる妹の裸に、炎上している性欲から、ボヤみたいなねっとりとした、いぶるような欲情になってきて、じっくりと妹の肢体をしゃぶりつくしてやる、と、ひっつくようにして、再び妹に覆い被さると、首筋に舌を這わせて舐めた。

虫が体を這ってるみたいに顔を遠退けた。

構わず、妹のおっぱいをプリンみたいにぷるぷるして左手で遊びながら、首、肩、鎖骨、顎、と舐め、蛇のようにちろちろと妹の頬を舐めると、悍ましそうに、うぅ、と呻いた。

そのまま続けながら、もう右手の人差し指をピンと立てると、まだ湿ってる割れ目の奥の、膣口にゆっくりと突き入れた。

妹が、痛っ、と鳴くように小声をあげた。

膣の中のぬめっとした感覚が指の腹に伝わってきた。

さらに深く入れると、痛いっ痛いっと騒ぐので、入口付近でくすぐるように前後に動かすと、ぬめぬめが、やがてヌルヌルになってきた。

さっきまで痛い痛いと呻いていた妹の息遣いが、またフー、フー、と激しくなってきて、起き上がって、妹の脇に座り直すと、左の乳房を揉みしだきながら、右手の指の動きに集中した。

ヌルヌルが増してきて、微かにちゅぷちゅぷという音も加わると、あっ、とも、んっとも聞こえる、と鼻に抜けるような鳴き声を出し始めた。

妹の顔を伺うと、切なげに表情を歪め、鼻だけでなく口で、はぁ、はぁ、と荒い息を吐いていた。

そんな妹の顔に、腰から金玉にかけて、波のように興奮が漲ってきてる最中、ふいに妹が…感じる、と、甘く、かぼそく漏らした。

その一言がとどめで、勃起が加速し、揉んでいたおっぱいを離すと、妹の手をつかんで、チンチンを無理矢理握らせた。

若干の抵抗を感じたものの、妹の手をしっかり抑え、手コキの要領で、しごいた。

膣をピストンしている指の動きも加速させると、妹の鳴き声が、いっそう切なく大きくなった。

もちろん、AVからはほど遠かったが、エッチしてるよエッチしてる、みたいな勢いに呑まれ、そのまま妹のおっぱい辺りに、精子をぶちまけた。

勢い任せでしごいたせいか、軽く疲労感が出て、ふぅと吐く息も切れ切れした。

妹も胸が上下していて、薄めの精子がその動きに合わせて、乳房を伝わりお腹や脇につーっと垂れた。卑猥だった。

顔も見た目でわかるぐらい紅潮していて、半開きの口から、はぁ、はぁ、と上気がこぼれている妹に、かわいさと少しばかりの女を感じた。

ティッシュを取って、精子を拭き取りながら、気持ちよかった?と聞くと、妹は、うん、と微かに頷いたように見え、しばらくして、少し感じた、とぼそりと言った。

少し感じた、であったが、それでも女を悦ばせたということが、気分を昂揚させた。

それに加え、なんだお前だってエッチ好きなんだろ、と共犯めいた奇妙な感じが起こって、免罪符を手に入れたような気分になった。

だから、妹が若干焦点のぼやけた目で、精子のついた自分の手を見て、とたんに汚物をつかんだみたいに嫌悪感を顔に出しても、見逃すことができた。

もっと感じさせてやろう、性欲が満たされてきたせいで、別の欲求が生まれてきて、妹に四つん這いになれと命令した。

やだ、怖い、はっきりと抵抗してきた。じゃ中に突っ込む、と抑揚なく言うと、それが効いたのか、めそめそ半泣きしながら、のっそりと妹は膝立ちして、後ろに向きながらハの字に開くと、股を閉じてためらいがちに、きゅっと丸い尻を上げた。

両手で包むように撫で回した。

おっぱいとはまた違った、ムチっと弾かれるような触り心地がよかった。

眺めていると、ぷりっとした部分にぽつんぽつんとニキビらしきものもあったり、意外と長い脚だとわかったり。

そして、きゅうっとくびれたウエストから腰にかけての急な湾曲に、そのまま尻のあたりできゅっと広がる、洗面台でみた雌を感じるやらしい体線に、たまらなく尻にしゃぶりついた。

気づくと、いつのまにか荒くなっていた鼻息が自分ばかりか妹にも聞こえていたみたいだ。

妹からすれば死角のため、挿入されるかもしれない恐さと、見えないとこでされる行為の恥ずかしさに、もじもじとしながら、腰を下げて尻を隠そうとしたが、その度に、尻に響く乾いた音にびくびくして、尻を突き出した。

さらに股もハ形に開脚させると、細い割にムチムチとした腿に支えられた尻からこぼれだす割れ目からアナルの穴までが綺麗に見渡せた。

まんこもケツの穴も、まる見えだよ。

やだよぅ…

エロ漫画の真似で言葉に出したら、妹の羞恥心をさらに踏んだらしく、泣きそうな声で呻くと、反応した亀頭にどくんどくんと血が流れ込むのがわかった。

尻をぎゅうっと掴んで広げると、肛門に舌先を突き入れ、ぐりぐりと舐めた。

とたんに、あ!やだ!そこやだ!と妹が叫びだすので、逃げようとする尻を捕まえると、今に感じてくるって。

脚で妹の腿を蟹挟みし、胸に尻を抱えるよう固定すると、再び肛門の入口をべろべろに舐め回した。

臭いはなかったが、割れ目よりしょっぱいような気がした。

うぅ…やだ!…やだやだやだ!やめて!変態!やめて!

噛み殺すような低い声で抗ったが、それを無視し、べろべろとぐちゅぐちゅと舌先でアナルを弄った。

ぅう…やだ…お腹が気持ち悪い…はきそ…変態やめろよ…お腹むずむずするから…気持ち悪い…

正体不明の感覚だったんだろう、、呻くように妹は罵声を浴びせてきたが、気持ち悪いって言葉に嘘はなさそうだった。

そこに、さらに膣に指を加えて先程みたいにピストン、二つ同時に尻を攻めた。

【妹レイプ体験談】もうやるしかなかった‹後編›へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!