【中学の同級生との体験談】憧れのクラスのマドンナは彼氏いない歴30年の処女だった

423adbaf
私は3年前、4年の結婚生活に幕を下ろしました。

中学の同級生だった元妻綾子が産んだ子供は、B型でした。

A型とO型の夫婦から生まれませんよね。

綾子は浮気を白状しました。

相手は綾子の職場の24才の男でした。



前年入社してすぐ関係したそうです。

1週間のうち月~金までほぼ毎日、妊娠4ヶ月までの約1年間関係していたそうです。

単純に計算しても、250回は抱かれていたことになります。

私とは週に1,2回でした。

その男が言うには、不倫SEX中、綾子は、

「孕ませて~」

と叫ぶので中出ししたそうです。

100枚以上のDVDに、画像・動画が残されていました。

4,5枚見ましたが、怒りを通り越して、綾子がAV女優に見えて呆れました。

開脚して露になった恥部に栄養ドリンクの瓶、キュウリ、ゴーヤ、凄いのは切る前のタクアンをズブズブと30cm以上呑み込みむ場面でした。

綾子は、

「フォーフォー」

とヨガりまくってました。

目を背けたのは、長さ1mはあろうかという金属チェーンを15cmを残しアソコに呑み込み、四つん這いで歩くのです。

15cmのチェーンの尻尾を生やした綾子の下腹部はチェーンの重みで垂れ下がり、不倫相手がゆっくりチェーンを引き抜くと、綾子は、

「ヒーン、ヒーン」

とヨダレをたらして悦びます。

吐き出されるチェーンを伝って綾子のアソコから大量の愛液が滴っています。

ここまで見れば未練などありません。

綾子はごめんなさいを連発していましたが、許せる範囲を超えています。

自分の子供ではないのに法的には私が父親です。

私は、綾子の両親に、その4,5枚のDVDを事前に送り届け、綾子を連れて綾子の実家を訪ね、

「DVDはご覧頂きましたか?娘さんの破廉恥作品のホンの一部です。親御さんのご意見を是非お聞きしたいものです。私は婚姻関係を継続しがたいです。この屈辱は一生忘れません。」

と言って、離婚を宣告しました。

「生き恥晒しやがって!お前など勘当だ!二度とうちの敷居をまたぐことは許さん!」

綾子は父親から往復ビンタを食らって口の中が切れ、血を滴らせたまま実家を出て行きました。

母親は、玄関の土間に降りて私に土下座していました。

綾子の父親は高額なDNA鑑定をして、私と子供の父子関係の無効確認裁判の資料をそろえてくれました。

私は、晴れて戸籍から子供を抹消しました。

綾子と相手の男には当然慰謝料を請求しました。

綾子の慰謝料は父親が、

「迷惑をかけた。お詫びのしようもない。」

といって要求額以上用意してくれましたが、不倫男の慰謝料は彼の年収を超えており借金したようです。

不倫男は仕方なく昨年綾子と結婚したようです。

その後私は、中学の時の担任の先生と再会しました。

私は、先生を元妻綾子との結婚式に招待していたので、離婚した話をしました。

先生は教え子同士の夫婦が破局したことをとても残念がって、私を慰めてくれているとき、知り合いにばったり出くわしました。

中学の同級生で頼子といい、やはり先生の教え子です。

まずまずの美少女で成績も優秀でした。

当時よりインテリっぽいメガネをかけています。

今は落ち着きのある淑女という印象です。

無視するわけにもいかないので、離婚の報告をしていたと正直に言いました。

「えー!○君て綾子と結婚してたの?知らなかった。」

「ま、4年で終わっちゃったけどね。」

「頼子ちゃん。理由とか聞かないであげてね。お友達ならそっとしてあげましょう。」

頼子は私立高校で英語を教えていました。

まだ独身だそうです。

私と頼子は同じ電車で帰りました。

今度遊ぼうということになり、メルアドを交換しました。

金曜の午後、頼子から夕食のお誘いメールが来ました。

相変わらずの美形を保つマドンナに誘われて、独身に戻った私はウキウキして出かけました。

食事の後、小洒落たバーなどに赴き、遂に私は離婚の真相を話しました。

「ひっどーい。何よそれ。綾子ってそんな子だった?」

「あいつ、俺以外の男を知りたくて、若い男をつまみ食いしたつもりがハマッたらしいんだ。」

「綾子、○君が初めてだったんだ。いつから付き合ってたの?」

「20才のときから。成人式で再会したのがきっかけ。」

「そっかー。私、成人式行かなかったからなあ。」

「頼ちゃんはいい人いないの?」

「ずっと仕事でね。特進クラス持ってるから大変なんだ。出会いもないしね。」

「頼ちゃん、昔から秀才だったからなあ。」

「でもいいな○君は。1回は結婚したんだから。私も恋愛したいな。」

「何言ってるの。頼ちゃん美人だからもてるだろ。」

「なら○君、私と付き合える?」

「バツイチでも良ければ喜んで。」

「え?マジ?」

「あれ?もしかして冗談だったの?俺マジで答えちゃって恥ずかしいじゃねーか。」

「半分冗談だったけど…半分期待してた。」

頼子は俺のアパートまでついてきました。玄関先でキスしました。

「なんだか急展開ね。お部屋に誘ったって事は、求められるって事かな?」

「付いてきたって事は、覚悟が出来てるって事かな?」

15分後、私達はベッドインしてました。

「頼ちゃん、いいのか?」

「私のこと、好きになってくれるの?」

「おいおい、それはこっちのセリフだ。頼ちゃん、クラスのマドンナだぜ。」

「○君にだってファンがいたのよ。綾子もそうだったけど、私だって…」

「ホントかよ。それは早く言って欲しかったなー」

抱きしめてキスしました。

耳、首筋…唇を這わせます。

胸…あまり大きくありませんが形は上向きでそそります。

頼子は腰の括れが綺麗なラインです。

30才とは思えません。

アソコは…綺麗です。

恋愛経験は本当に少なそうです。

クンニします。

「んはっ…はあー…ふううっ…い、いやっ!やめてっ!」

「頼ちゃん、クンニは嫌いかい?」

「はあ、はあ、だって、恥ずかしいもん。」

頼子が拗ねた。可愛い。あの秀才にもこんな一面があったんだ。

「もしかしてフェラも嫌いなの?」

「なんだか変態っぽい。恥ずかしいことばっかりするんだもん。」

「今時クンニやフェラが変態だなんて…そんな…生娘みたいなこと…」

「私生娘だもん!30才で彼氏いない暦30年だもん…」

頼子は泣き出してしまいました。私は驚きました。あのマドンナが今まで残っていただけでも驚きなのに処女なんて…

「頼ちゃん。俺と結婚する気ある?」

「え?それプロポーズ?」

「うん。でも、頼ちゃん処女だから、俺トラウマが…」

「綾子?浮気?SEXを覚えたら私も綾子のようになるんじゃないかってこと?」

「2回は勘弁願いたいからね。」

「私、理性はあるつもりだけど…」

「じゃあ、折角だから結婚まで取っておくか。頼ちゃんの大事なもの。」

早速、頼子のご両親に挨拶し、3ヵ月後に結婚しました。

新婚初夜、頼子の30年間守ったものを頂きました。

「痛かった。やっぱり30才でも痛いんだね。でも、感激だった。SEXって素敵なことね。」

でも半年過ぎた頃には、

「はあん、はん、はん、はああー!」

いくようになりました。そして、

「SEXって、こんなに気持ちいいんだ。私、○君から離れられない。綾子、どうして他の人としたいって思ったのかしら?私は○君以外のものを入れる気にはなれないわ。」

そう言って、果てた後にもかかわらずフェラして立たせようとします。

変われば変わるものです。そして、頼子は妊娠しました。

7ヶ月目、医師からSEXを控えるよう言われました。

今後約5ヶ月禁欲生活です。頼子がとんでもないことを言いました。

「先日、綾子と会った。彼女、5才年下の旦那さんとあまり上手くいってないみたい。だから、5ヶ月間限定で、○君貸してあげる約束したの。今度は逆に、綾子を寝取っちゃいなさいよ。復讐!あ、でも避妊はするのよ。」

この5ヶ月、俺は月~金のほぼ毎日綾子を抱きました。

元の妻だが今は不倫関係になります。

夫婦の時は使わなかったスキンをしているので、イタズラ心で綾子のアナルを開発しました。

5ヵ月後、最後の不倫SEXを隠し撮りしました。

「あー、あー、いくう…お尻にも頂戴…お願いします…」

アナルに入れて掻き回します。

「うわー、いくー、お尻でいくー」

本当にお尻でいく女になりました。最後の別れに、

「旦那にお尻でやってもらえ。夫婦仲が復活するかもしれないぞ。」

といいました。昔愛し合った元妻との不倫SEXって、複雑な気持ちでした。

復活した5ヶ月のうちに時間と共に少しずつ愛が戻るのです。

最後の不倫SEX、実はとっても切なくて、隠し撮りはそれをごまかすためでした。

絶対言ってはならない一言を言わないためです。言ったら録画されてしまいますから…

第1子は女の子でした。今、頼子のお腹には第2子がいます。これを期に頼子は教師を辞め、子育てに専念するそうです。

綾子は結局バツ2になってます。年下男は若い娘を妊娠させてしまいました。

その女の子は綾子より10才若いのですから仕方ないでしょうが、綾子は慰謝料と養育費を一括支払いさせたようですから物凄い借金をしたのでしょうね。

綾子もあの男も悲惨です。勘当されてる綾子は今どこで何をしているのでしょうか…

What do you think of this post?
  • エロくない (5)
  • エロいいね (1)

厳選記事PICKUP!