【風俗嬢独白】「日本人男性の平均チン長は13センチ」「男の3割は包茎」という俗説について

9cb111fb
前から疑問に思ってたことがある。

ネット上に流布している、「日本人男性の平均チン長は13センチ」「男の3割は包茎」という俗説だ。

中には「泌尿器科調べ」とかもっともらしい注釈つきのやつもあるが、泌尿器科で勃起時のチン長を測るなんて聞いたことがないぞ。

というか泌尿器科に行くのは基本、チンコに問題がある奴だろう?

AV男優とかは専門職だから別として、複数プレーで他人様の股間を拝見する限り、勃起時の平均は13センチよりもう少しあるんじゃないか、という気がずっとしてた。



あと、サウナや銭湯で他人様の平常時の股間を見ても、子供は別として包茎が本当に3割もいるんか?もっとレアじゃねえか?という疑問を拭えずにいた。

そこで調査開始。

同じ人の平常時と勃起時のチンコを一番数多く見てるのは、泌尿器科の先生でも看護師でもなく「風俗のお姉さん」たちだろう。

なので仲良くなったベテラン風俗嬢14人に平均チン長と包茎の比率を尋ねてみた。

業種はソープ、ヘルス、セクキャバ、性感と多彩。ニューハーフの子も1人いる。

彼女らは長いキャリアで数百~数千本の勃起チンコのお世話をしてきたわけで、14人合わせれば数千~数万本。

これは統計サンプルとして十分な数だろう

…というのはもちろん冗談で、彼女らも客のチン長を測定したわけじゃないし、客がズル剥けか仮性か真性か、いちいち記録をつけてきたわけでもない。

まあ、あくまでも参考というか、お遊びに近い数字と思ってほしい。

【その1:チン長】

「う~ん、これくらいかな~」と指で示されてもよく分からないんで、10センチから20センチまでいろんな長さのバイブを用意して「どれくらいの長さの人が多かった?」と聞いてみた。

なので算術平均とは違うが、まあそこら辺は厳密にやっても仕方ないしな。

結果、14センチから16センチくらいバイブを「平均」に指定する嬢が多かった。

「これよりちょっと小さくて、でもこっちより大きいかも」という場合は、その2本の間の数値を採用。

14人の意見を平均(これは算術平均)すると…

14.8センチ!!

やっぱり「平均13センチ」というのはガセだった。少なくとも風俗嬢視点では。

ちなみに、おおむね15センチ超だと「お客さん立派ねぇ」とほめる嬢が多い。

もちろんセールストークだが、ほめても嫌味と受け止められないからだろう。

客の方が「どうだ、立派だろ」と自慢するのは、だいたい18センチ超くらい。

というか、風俗でチンコ自慢する客なんて、ほんとにいるのか?

もちろん酸いも甘いもかみ分けたベテラン嬢なので、大きくても小さくても「大きさと快感とは別よ」なんて無粋なことは言わない。

大きさにこだわる男心を「可愛い♪」と思い、心を込めてサービスするそうだ。

1センチとか病的に小さい「マイクロペニス」を見た嬢はいなかったが、勃起しても6~7センチという客に当たった嬢は何人かいた。

馬並みという表現が妥当かどうかはともかく、30センチ超の極大サイズを見て「日本人でもこんなに大きい人いるんだぁ~」と感心した嬢もいた。

そのデカマラに当たったのは性感マッサージ嬢だったが、デカすぎるせいか客の方が「扱いづらくて申し訳ないです」と恐縮してたんだとか。

【その2:包茎】

これは微妙なんだが、油断すると皮カムリになってしまうんで、意識してカリの部分で包皮を食い止める「擬似ズル剥け」というのがいるそうだ。

本来ならこれは「仮性」にカウントすべきだと思うが、風俗のお姉さんたちは別に「これは仮性」「これは擬似ズル剥け」と区別して扱いてるわけじゃない。

なので「擬似ズル剥け」というのがいるんですよ、と説明した上で、「普段は皮カムリだけど勃起すると剥ける人」を仮性、「勃起しても皮に包まれたままの人」を真性ということで数字を挙げてもらった。

もちろん正確な数字じゃないが、例えば「5~6人に1人」だったら間を取って「5.5人に1人=18%」という感じで、これも14人分を算術平均。すると…

仮性包茎=19%、真性包茎=ごく少数

「擬似ズル剥け」を「ズル剥け」と区別できなかったケースもあると考えると、「3割が包茎」はそれほど実態とかけ離れた数字じゃないかもしれない。

それでも3割より少ないという俺の実感も正しかったわけだ。

ちなみに真性包茎は、数百人から千人単位の客の相手をしてきたお姉さんでも「う~ん、そういうお客さんもいたわねぇ」程度のレアな存在らしい。

最年少(自称22歳)でキャリア2年のニューハーフ嬢「カトリーヌ」ちゃんは、今まで真性包茎の客に当たったことがないと言ってた。

もっとも真性包茎が本当に激レアかというと、そこも微妙なところで、その種の男性が恥ずかしがって風俗に足を運ばない可能性もあるかもしれない。

【おまけ】

ついでだが、包茎男性には嬉しいお知らせ。

「包茎は風俗で歓迎される!」

もちろん臭くて汚いから「即尺はカンベンして」という嬢は多いんだが、ちゃんとキレイに洗えば包茎の男は嬢にとって扱いやすくありがたい客だそうだ。

まず「早漏比率が高い!」

包茎男はズル剥け男と比べ亀頭の表皮が敏感で、同じ刺激を受けても何割増かの快感を得られる…という俗説の真否はさておき、包茎男に早漏の傾向が強い!と、どの嬢も口をそろえて指摘する。

早漏というとマイナスイメージが強いが、風俗では遅漏の方が嫌われる。

延々とイキそうでイカないじゃ手もアゴも疲れるし、中年以上の客にいるんだが、
フェラ中に中折れされると「申し訳ないしガックリくる」そうだ。

その点、早漏男はその心配がないし、回数制の店なら回転も早くなる。

時間制の店でも、あと一押しで客が発射する頃合いさえつかめれば、ギリギリの所で刺激を調整して時間いっぱい楽しませるのがプロなんだとか。

早漏男はその按配を組みやすいんで、嬢にとってはやりやすいようだ。

それから「包茎男にはイカされずに済む!」

これは「お店にはナイショよ♪」を含む本番アリの風俗限定。

風俗もサービス業だから、嬢も演技するし客が攻めればヨガッてくれるが、次の仕事に差し支えるからできればイキたくないのが本音。

だが、中にはやり手の客もいて、ベテラン嬢でもイカされることがあるそうな。

クリイキはまだマシだが、挿入ピストンされての中イキは困りもので、クリイキより気持ち良い分、グッタリ度も大きい。

1日何本ものチンコを扱く嬢とすれば、なるべく避けたいんだとか。

そこで包茎男だ。例外もいるが、包茎男は亀頭が未発達なことが多い。

カリの部分がデーンと張らず、皮を剥いても先端に向けて細くなってるそうだ。

中イキでは竿の太さはもちろん、カリの張り具合が重要なポイントらしく、長さや太さが同じチンコでも、カリが張ってるか否かで快感が全然違うという。

もちろんデカチンだろうがカリ高だろうが、テクがなければ問題ない。

「大きいわぁ」なんてヨガりながら、イカずに終わらせるのは嬢の得意技だ。

ただ、たまにいるテクニシャンがカリ高だったりすると、中イキ連発で疲労困憊して、次の客に入るのが嫌になるんだとか。

その点、包茎男だと中イキに持ち込まれる可能性が低いわけで、彼氏やセフレとしては物足りなくても、客としては実にありがたいんだな。

ほらキミ、「統計的に何の意味もない数字載せんなや~~~!」とか喚かない。

単なるお遊びなんだから。13センチの火星人でもあるまいし。

とりあえず小さくても皮を被ってても、風俗のお姉さんたちは気にせず心からのサービスを提供してくれるはず。

それがプロの心意気ってやつだ。

ただ、「即生尺のときは、できれば事前にオチンチンをキレイに洗っといてね♪」「爪は短く切りそろえ、手マンはあまり乱暴にしないでね♪」という声は多かった。

彼女らも商売道具は大事にしたいもんね。それも客のマナーってやつだ。

というわけで、短小君も早漏君も気にしない気にしない。

風俗に行くとエロエロの女神様たちが、みんなを天国に連れてってくれるよ!

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!