「えっちで遊んでもいいよ。だまっててあげるから」と少女が言ってきた

qopeh5e85cr6lny
猛暑が少し収まった日 そのレジャー施設は波のプールで知られてて男子トイレで小用をしてたら子供が来た。

短パンにTシャツの女の子。

俺を見上げて「私が好き?」そう聞いた。

「えっちで遊んでもいいよ。だまっててあげるから」

腰をくねくねさせて、おれの様子を伺うように言った。



洋式トイレのドアを閉めて子供の目を見ながら短パンとショーツを脱がせた幼いエッチが目の前に現れてつるつるだった。

あちこち触ったその子は おれの勃起をつかんだ手を離さいで、なめた。

その子を座らせて小さな口を吸った。

子供エッチに顔をうずめた。

すべすべしてて甘くて、酸っぱい匂いがした。

舌を入れて吸った。

きゃっきゃっと笑った 。

「しーっ」足音がして、誰かがトイレに入った。

小用して、すぐ出て行った。

その子を抱き上げて洋式に座って、おれを又がせた。

子供エッチに挿入‥‥ それは、無理だった。

我慢の限界だった。

勃起をすりすりしただけで精液が出た。

その子に手を引かれてトイレを出た。

アイスが食べたいと、せがまれた売店でその子の友達が待ってた(そういうことか) アイスとポッキーと2人分払った。

「ありがとー」

にこにこしながら手を振って行ってしまった。

ポニーテールがかわいい子だった。

名前も聞かずに 二度と合わなかった。

What do you think of this post?
  • エロくない (3)
  • エロいいね (2)

厳選記事PICKUP!