【看護婦との体験談】夫が単身赴任していて欲求不満の看護師(30歳)がデカチンを見た結果wwwww

kanngosiboin
人間ドックでの結果でPSAが10.8だったので、前立腺ガンの疑いが有るので生検をした方が良いよと言われ、2ヶ月前に1泊2日の検査入院で調べる事にした。

検体採取後に微熱と排尿障害が出て数日入院する事になり、二人部屋だが横のベットは空いており、導尿してくれた看護師の恵子(30才)が、小生の大きな亀頭部を見て驚いているのが分かったので、

「どうかしました」

と聞くと、

「何でもないですよ」

と言って病室を出ていった。



検温の時、恵子さんに、

「先程は驚いた顔をしていましたよ」

「本当に、何でもないです」

「少し顔が赤いよ」

「体温を測って下さい」

「はい、良かったら試して頂いても良いですよ」

「冗談は止して下さい」

「本気だよ」

「加藤さんて、冗談が上手いから」

「夜勤の時でも良いよ」

と言って体温計を渡すと37.8℃を示しており、

「まだ高いね」

と言って病室を出ていった。

2日後、恵子から『明日夜勤です』と書かれたメモを渡されたので、脈が有ると思い、検温時に話をしたら、昨年結婚した、ご主人が転勤になったが看護師を続けたいので、単身赴任で北海道に行き1ヶ月に1回しか自宅に帰らないので、欲求不満が有るが自分の選んだ道だから我慢してるとの事であった。

「明晩、期待して良いのかな」

「無理ですよ、そんな事言わないで下さい」

と言い残して病室を出て行った。

病院の消灯時間は9時で、その後2時間間隔で病室の見回りがあるので、短時間なら時間的に可能である思っていた。

翌日、消灯の時小さな声で、

「11時半頃に特別見回りに来ます」

と恵子が言うので、

「大丈夫なの」

「何を考えているんですか」

「何も考えていないよ」

「それなら良いですが」

と近ずいて来るので、白衣の上から乳房を触っても嫌がらず、軽く揉むと、

「気持ち良い、悪戯ら終わりにして消灯して下さい」

「おやすみ」

「おやすみなさい」

と言って恵子は消灯して部屋を出た。

11時の見回りは恵子ではなく他の看護師だったので、期待しないで寝てると、

「加藤さん、起きていますか」

「起きてるよ」

「あまり時間が無いし、声を出さないで」

「分かったよ」

白衣の中に手を入れブラを上に上げ、乳房を揉むと、直ぐに乳首が立ち、声を殺して、

「気持ち良い、気持ち良い」

と言うので、密林を触ると愛汁が十分出ており、クリを触ると、

「逝きそうなので止めて」

「入れても良いのかな」

「入れて下さい」

「バックからで良いかな」

と言うと白衣を腰まで捲くり上げてベットに両手をついて、

「優しく入れて下さい」

「ゆっくり入れるよ」

と言って膣口にシンボルを当て、

「入れるよ」

「はい」

入れ始めると恵子の膣は処女の様に狭く、

「痛い、痛い」

と小さな声を出すので、

「大丈夫か」

「我慢しますので、根元まで入れて下さい」

「亀頭部はもう入ったので一気に入れるよ」

無言で頷くので一気に押し込むと、

「痛い、痛い」

「根元まで入ったよ、暫くこのまま動かないよ」

「はい、でも時間が無いので早くして下さい」

「痛くても我慢してね」

といってピストンを始めて5分位で、

「太いのが入ってて気持ち良い、気持ち良い、もう逝きそう」

「俺も、逝きそうだよ」

「一緒に逝って」

「何処に出す」

「そのまま中に出して下さい」

「良いのか」

「沢山出して」

と言うのと同時に膣奥に射精した。

恵子は直ぐに職員用の手洗いに行ったようだ。

その後退院するまで恵子に会う事が無かったが、昨日、某デパートで恵子が、

「加藤さん、お元気ですか」

と背中越しに声を掛けてくれて、偶然再会する事になり昼食を一緒に食べて帰ろうとすると、

「お急ぎですか」

「自宅に帰るだけだけど」

「私も一人で暇を弄んでいるんです」

「入院中は色々お世話になり有難う」

「別に何もしてませんので」

「あの時は遠慮なく中出ししたが、大丈夫でした」

「大丈夫だから、気にしないで」

「処女みたいに締まりも最高でしたよ」

「異性は主人しか知らないので、分かりません」

「処女はご主人に」

「はい、21才の時に成り行きで、その後、結婚するまでは皆無に近いの」

「そうなんだ、時間が有るなら場所を変えてみる」

「良いですが、人目が有るので、少し遠いですが××まで行っても良いですか」

「良いよ」

と答えデパートを出て、××に向かい、直接ラブホに入り、直ぐに二人で入浴し、ベットに横たわると、恵子が舌を絡ませてキスをしてくるので、キスをしながら乳房を揉むと、病室と全く違い大きな声で喘ぎ出した。

両足をM字開脚にしてクリを舐めると更に大きな声で、

「ハアハア・・・気持ち良い、逝きそう」

膣に指2本入れて責めると、

「お願い逝きそうだから止めて」

「フェラをしてくれる」

「ハイ」

と言って美味しそうに咥え込み上手にしてくれた。

「上手にフェラをしてくれるので、逝きそうだよ」

「本当、嬉しいです。お口の中に出されても良いですが、オマンコの方が良いでしょ」

「恵子さんはどちらが良いの」

「恥ずかしいです」

「膣内に出されると感じるのでは」

「好きな様にして下さい」

「恵子さんのご希望に沿って、純生膣内射精で行こうな」

「加藤さんの言われる様にして」

「避妊しなくても良いの」

「ピルを飲んでいるから心配しないで」

「あの時も飲んでいたの」

「違うよ、最近飲み始めたの」

「あの時は安全日だったの」

「そうでもないが、大丈夫と思って中出ししてと言ったの」

「今日は安心して、恵子さんの身体に分身を注入するね」

「お願いします」

挿入を始めるとやはり、

「痛い、痛い」

と言うので、

「大丈夫、ご主人とする時も痛いの」

「主人とする時は痛みはないよ、だって加藤さんの亀頭部は主人と比べ物にならない位大きいです」

「もう直ぐ一番太い亀頭部が、恵子さんの身体に収まるから我慢して」

「入って来るのが分かるから我慢する」

「根元まで入れて良いかな」

「そのまま入れて」

「痛いかい」

「前回よりは痛くないが、痛みはあるよ」

「根元まで一気に入れ、痛みが無くなったら言って」

シンボルを更に奥に押し込むと、

「痛い、痛い」

と小さな声を出し我慢している様だった。

根元まで入れ3分位すると、

「御免なさい、もう大丈夫だからピストンされても良いです」

クリに密着する様にピストンを始めると、

「変になりそう、こんなの初めて」

と恵子は逝ってしまつた。

暫くピストンを止めて恵子に余韻を楽しませてると、

「私だけ先に逝って御免、沢山出して」

「何処に沢山出すの」

「加藤さんは意地悪なんだから、恵子の膣内に生で出して下さい」

ピストンを再開すると直ぐに喘ぎ出し、

「また、逝きそう、今度は一緒に逝って」

「分かったよ」

とさらに高速でピストンをすると、

「もう良いよ、一緒に逝って、早く中に沢山出して、もう駄目」

と言って膣壁を強く締め、恵子が逝くのと相前後して分身を注入した。

その後騎乗位で再注入を楽しんで時々会う事を約束しアドレスを交換して別れた。

What do you think of this post?
  • エロいいね (11)
  • エロくない (3)

厳選記事PICKUP!