【JSとの体験談】彼女とヤルなんて犯罪も犯罪。ばれたらニュースだけど…

jixyukukhouosi
俺はとある個別指導塾のアルバイト講師をしていました。

担当になった女の子で、可愛いんだけど、すごく生意気…マセてる子がいました。

小5・サエコ。小柄で黒髪のロングヘアー。

小麦色の肌で、大きな目が印象的でした。

算数が苦手だと言うので、主に算数を丁寧に教えてたのですが正直、勉強よりも恋愛方面に興味津々なのか、

『せんせいって、彼女いるの?』とか、すぐそういう事ばかり聞いてきました。



こういう話も、多少は乗ってあげないと馴染んでもらえないので適当に冗談おりまぜつつ答えてました。

そんなある日、土曜日の早い時間にサエコが来て教室の中は2人きりでした。

最初は普通に教えてたのですが、サエコが、

『ね〜せんせいって、初キスいつ?』

って聞いてきたのでびっくりしながらも、

『う〜ん…俺、早いほうかな?中1のときだよ。』

つい、本当の事を答えてしまいました。

『… そっか〜。。サエコね、ちょっと興味あるんだ……キス…ってどんな感じなんだろ…?って。。』

サエコは大きな瞳で、俺の顔を覗き込んできました。

その、コケティッシュな表情に、思わずドキドキしてしまって。

慌てて視線そらして、勉強の話に戻そうとしたんだけどサエコが俺の手にそっと触れてきました。

『…初キス、どんなのか、知りたいな…』

俺の胸にもたれてきました。

なんなんだ。。俺のこと、誘ってんのかな…

こんな子供にドキついて、俺は何も言えずにいました。

『…クスッ、、せんせ〜メチャクチャドキドキしてるの、聞こえるよ?』

なんかコイツ、懲らしめてやりたくなってサエコの頭を抱きしめて、ほんの一瞬、唇を合わせてしまいました。

サエコは、びっくりした顔で、

『え?え…うそ…どうしよ…』かなり動揺してて、

『サエコ、キスしたかったんだろ?もう、気ぃ済んだ?…じゃあ、もうプリント始めるよ?』

本当はかなり緊張の一瞬だったけど、なんとか平静を装って、机の上にプリント出しました。

『…今のじゃ、やだ。。』

サエコは今度は真剣な目で俺を見つめてきました。

『一瞬で、よくわかんなかったモン。もっと、ちゃんとしたいもん。』

『…お前なぁ…算数のほう、ちゃんとやろうよ?成績、上がんないぞ?』

俺も本気で言ったんだけど、

『…このままじゃ、何か中途半端でやだ。せんせ〜、ちゃんとキスして?』

『俺とじゃなくたって、いいでしょ?中学あがって、カレシ出来てからだっていいじゃん』

ちょっとキッツい言い方してしまいました。

『…他の人じゃ、やだ…。せんせ〜じゃないと…』

今にも泣き出しそうな、潤んだ瞳で言われて、何だかコイツ、可愛いなあ…って思ってしまって。。

『…ん、じゃ…分かったよ。でも、絶対内緒にできる?』と聞いたら、

『うん、誰にも内緒にする。』

サエコはニコッと笑いました。

『もう、笑ってるよ。』

俺はサエコの小さな肩を抱き寄せると小さな淡い桜色の唇にそっとキスしました。

サエコが少し震えた手で、俺のシャツの裾をつまんでました。

ほんの数秒で終わらすつもりだったけど、もっとサエコの唇を感じていたくて舌先を少し、入れてみました。

サエコは一瞬、ビクッとしたけど、しばらく続けるとサエコも俺の舌に自分のを絡ませてきました。

結構長くDキスしてたと思います。

俺はすごく興奮してきてしまって、つい、サエコの唇から、首筋へ舌を這わせてしまいました。

『… ひゃ…』

サエコの小さな声にハッとして、サエコから唇を離しました。

『…ごめん、ちょっと、行き過ぎた。』

『…ううん…』

サエコは急にしおらしくなって、俯いていました。

自動ドアが開く音がして、生徒が入ってきたので慌ててプリント出して、授業してるフリをしました。

その日限りだ、と思ってたのだけど翌週の土曜日も、サエコは早く来て、キスを『おねだり』されてしまって。

『算数をがんばる』を条件に、または難しい問題を解けたときにキスをしていました。

回数を重ねると、当たり前のようになってしまって、徐々にエスカレートしてしまって。

もちろん、他に誰も居ない時にしかできないですが。

サエコが『今日はブラデビューなんだ♪』と言ってきた日に、

『お前、まだ早いんじゃない?』と言ったら、

『早くないよぉ〜、見てみれば良いじゃん!』と、いきなり服を自分から捲り上げて、胸を見せてきました。

小柄なわりに、結構いい形なってて。

『…ほんとだ。。結構あるじゃん。』

『でしょ?初ブラだけど、Bカップなんだよ♪』

サエコの可愛らしく膨らんだ胸に、キスをしてしまいました。

『…あ、せんせ…外して、見てもいいよ?』

サエコが言うままに、俺はブラのホックを外しました。

ブラがストン、と落ちて、サエコの形のいい胸が、ふるん…と露わになりました。

… 透き通るようなピンクの乳首を、唇に含み、舌先で転がすと、

『ぁあん…。ゃ、、くすぐったい…』そう言いながらもサエコは俺の頭をギュッと抱きしめました。

俺はもう、すごく興奮して、アソコがギンギンになってました。

階段を誰かが上がってくる音がして、サエコは慌ててシャツを下ろし(ノーブラ状態)何事も無かったように勉強を教え始めました。

俺もアソコがガチガチになったまま。

俺達はこのスリルもたまらなくなって、他の生徒や講師にバレないように誰も来てない時には、ちょっと大胆なことをしたり

(フェラしてもらった^^サエコの口の中に出し&サエコのアソコもクンニした☆)

皆がいるときは分からないようにこーっそりサエコのスカートに手を入れてアソコを触ったり、サエコも俺のモノを、ズボンの上から触ったりしていました。

こういう関係が半年くらい過ぎて、春休み中のある日。

塾はその日は休みだったんですが、春期講習の準備があり、俺だけ早めに出勤していました。

・・・その日、サエコとかなりすごいことまでしてしまいました。

通常授業の最後の日、サエコが、

『2人で会いたいな♪』と言い出して、『外ではまずいだろ?(塾内でも十分まずいが…)』と言ったら、

『せんせーだけ、来てる日あるの?』と聞いてきたので、

『んー…、春期に入る前日なら、俺1人でコピー取りあるけど…』と話したら、

『じゃ、その日に行くね!』と。

ここの塾は、貸しビルの3階にあったんですが、4階は教材置き場・倉庫として使っていました。

そこで作業をしていたら、案の定、サエコがやってきました。

ミニのキャミワンピに、軽く化粧までしてきて、まだコドモなサエコにドキーッときてしまいました。

当然、〝その気〟で来ているのは分かってるのに、初めのうちはテキストまとめを手伝ってもらったり…

ふと、サエコの胸元に目がいった時、

『せんせぇ、ど〜こ見てるの♪』と、クスッと笑うサエコに、

『ん〜、しっかり谷間、あるんだなあ、と思ってさ…寄せて、上げてたりして〜』

とからかうように言いいました。

『もう!そんなコト、してないもんね!せんせい、知ってるじゃん!』とムキになるサエコに、

『最近、ちゃんと、見てないからなあ・・。』

ニヤニヤする俺に、

『ん…もう。。』

サエコは、キャミの肩紐を下ろして、いつもよりも大人びたブラを見せてきました。

『…お前、今日は下着まで、ずいぶんめかしこんでんなあ…』

『…だって……』

サエコは恥ずかしそうに俯きました。

『もしかしたらセンセぇと……って思って…』

『なんだよ…?』俺はわざと意地悪く焦らしました。

『…っ、もう〜…女の子から、言わせないでよ〜』

顔を真っ赤にして目をつぶったサエコの唇に、キスをしてブラのホックをはずしました。

前は小ぶりだったサエコの胸が俺の手から少しはみ出るくらい、大きくなっていました。

『…お前、…胸、大きくなったなあ…』

舌と舌を絡ませあいながら、胸をもみしだくと、

『…ん、んん…ふ…ぅ、、』

サエコは声にならない声で、喘ぎ始めました。

俺はサエコを、潰したダンボールの上に横にさせると首筋へ、胸へ、乳首へ…そしてアソコへ…

サエコのすべてに唇を這わせ、小さなアソコにそっと中指を入れてみました。

『…ッ、、はあ…ぅう…ん…』

サエコの身体が、びくんッとして、足がガクガクしていました。

『大丈夫、気持ち良くなるから…』

俺は優しく耳元で囁いてから、アソコをなるべく丹念に舐めあげました。

『…ゃ…ぁあ…う、、ん…あッ…』

感じてきたのか、タテスジに埋もれていたクリが、小さく尖ってきて、そこも舐めながらアソコに指を入れると濡れてきたからか、奥まで入っていきました。

ゆっくり、ゆっくり、舐めながら出し入れしていたら小学生でもこんなに反応して濡れるんだ…と思うほどサエコの愛液は、ビチョビチョに滴り落ちて、敷いてあったダンボールまでが、小さな円を描いたように、シミになっていました。

まだ、うっすらとしか生えていない陰毛にピンクに光るアソコの割れ目が、すごく神秘的に見えました。

『…サエコ〜お前、エッチな子だなぁ…すんげえ、ビチョビチョだぞ〜』

俺は、さらに指を動かして、わざと卑猥な言葉を浴びせました。

アソコから、クチュッ・・グチュッ…と倉庫中響き渡るような音がしていました。

『… や…ん…、、せん、せ…も、、ぅ…』

サエコは激しく身もだえしました。

『…気持ちいいか?我慢しなくていいぞ?』

『…っ・・・アッ、、ん…、、だめ…ぇ、、も、ぃっちゃ…ぅ…〜、、』

サエコも抑えがきかなかったのか、少し大きな声で喘ぐとアソコが急にギューと締まって、ビクビク・・・っと痙攣していました。

・・・イッたあと、グッタリして恥ずかしそうにしてるサエコの表情がたまらなく可愛くて…

『… 今度は、サエコが先生の、気持ちよくしてあげるね?』

はちきれんばかりに大きくなった俺のモノを、口いっぱいに頬張って舌を使って舐めるサエコの口の中に、思わず大放出してしまいました。

ゲホゲホとむせるサエコに、

『ごめん!ごめんなー…我慢できなかった…』

謝る俺に、

『…いいの、。。せんせ〜のなら…』

サエコはニコッとして、俺に抱きついてきました。

・・ああ、サエコと最後までやりてぇなあ…

一瞬そう思ってたけど、さすがにそこまでは、いくらなんでもヤバイ、と思って

(小学生に入れるのなんて、絶対無理!)

我慢していました。

授業の無い日に、倉庫で密会を続けていくうちにサエコがとんでもない?コトを口にしました。

『サエコの友達ね、もう、最後まで、シちゃったんだって…。サエコも、してみたいな…』

そ、それだけはマズイだろ・・

俺は、

『いくらなんでも、それだけは無理だよ〜。』

と言ったんだけど、

『最初すごく痛いんだって。。。でも、アソコがたくさん濡れてれば、痛くないし、だんだん、気持ちよくなるんだって…。だから、、ね?』

サエコはすがるような目で、俺を見つめました。

小6とヤルなんて、犯罪も犯罪、いいとこだよ…

しかも俺、バイトの身とはいえ、一応塾講師…

ばれたらニュースもんだよな。。でも…

サエコは俺の言葉なんかおかまいナシで、フェラ攻めしてきました。

そんな懸命なサエコが愛おしく、俺の中で我慢していた最後の細く、頼りない糸がふつりと音を立てて、切れていくのが分かりました。

もう恐いものなんてない。

俺は夢中でサエコのアソコを夢中でなめまわしました。

『せんせ、わたしなんだかへんな感じ。。』

小学生とはいえ、すでに一人前に膨らんだ胸の持ち主。

それはもう女として見るべきだ。 

俺はそう自分に言い聞かし、ガチガチのチンコを、サエコのマンコに力いっぱいねじ込んだ、

『せんせ、い、、痛いよ。』

しかし、徐々に溢れ出るサエコの体液が俺たちの連結部分をなめらかにしてゆくあまりにキツいサエコのアソコ。

俺は、3分ともたなかった。

『せんせ、どくどくしてるよ?』

サエコはうれしそうな眼差しでしばらく俺を見つめていた。

その顔は大人の女の顔していた。

その後二人の関係は、サエコが高校二年に彼氏ができるまでずっと続きました。

What do you think of this post?
  • エロいいね (23)
  • エロくない (4)

厳選記事PICKUP!