【手コキ体験談】中学時代に男女8人でした手コキ我慢ゲームで、一番我慢できた奴がその娘とエッチ

tekokigamann
今思い出しても、顔から火が出るような、同時にティムポがむずむずする記憶・・・。

俺は小学校の卒業と同時に家の都合で少し田舎の(50歩100歩か?)隣町に引っ越したのだが、そこの中学は性に大してオープンといおうか、あっけらかんと言おうか、荒んでいるといおうか・・

とにかく女子が男子の前で普通に「今日2日目だからきつい」とか、「私28日周期・私は31日」とか、

「昨日、うちの犬が盛った」とか平気で言うし、男子も男子で「工藤静香で何回抜ける」「ゆうゆだったら時間がかかる」とか、女子に向かってタンポン派ナプキン派アンケートやってみたり、とにかく以前住んでた地域ではタブーだったような会話が日常で行われている事に戸惑った。

全員がと言う訳ではなかったが、とにかく下ネタには皆慣れっこだった。



但し実際にSEXをした、というのはさすがに中1の段階では極々稀で話題になるのは「○○先輩が」とか「××さんが」とか3年orOBばかりだった。

さて俺れは陸上部に所属していたが、部室の中にはアイドルの水着ポスターやペントハウスの切り抜きなんかが貼ってあり、いつも汗に混じって青臭い匂いが充満していた。

他の部室も似たようなものだった。

確か今頃の季節だったと思うが、雨で廊下での基礎練になったので部室に隠れとこうと思ってドアを開けると同級生のAとBそれに野球部のCが一列に座ってティムポをしごいてるところだった。

多少下ネタにも免疫が出来ていた俺もさすがにビビッた。

呆然と立ち尽くす俺に向かって「ドア閉めろや!」とCが怒鳴った。

俺が慌ててドアを閉めた瞬間、Bが発射した。

B「おっしゃ~、一番」

A「X、お前急に入ってくるから気が散った、クソ!」

C「・・・・・・・・・・・、うっ!」

まだ状況が飲み込めない俺に対して皆が説明するところによると、要するに誰が一番早く逝くかの勝負だそうだ。

そのときによって、帰りのジュース代を賭けたり、お気に入りのエロ本を賭けたり、罰ゲームだったりとのこと。

結構頻繁に、男子の間では行われているそうで、昔からの伝統!?だそうだ。(とんでもない中学だ)

「お前のセンズリくらいしてるだろが、参加するか?」

俺はクラスで一番背が高くて毛も充分生えてたし皮もほぼ剥けていたが、逆にそれが恥ずかしいと思っていた。

質問には答えず「ところで今日は何賭けた?」と聞くと。

「ラストの奴がD子のスカート捲ること」だった。

呆れたが、D子のムチムチの太腿を想像してちょっと羨ましくも思った。

俺が、引っ越してきた家のお向かいには高2の陸上部のOBが居た(男)

田舎なので2月の後半から徐々に荷物を運び込んでいた当時からその家の人たちに何かとお世話になり、家族ぐるみのお付き合いだったが、OBも気さくで人柄がよく、俺が背が高いのでバスケ部からお誘いがあったときに、陸上の跳躍競技に向いてるとアドバイスくれたので陸上部に入ったという具合だった。

その人に部室での出来事を話すとプッと噴出しながら、

「相変わらずやってるなぁ~、懐かしい」

「△△さんのときも、しょっちゅうあったんですか?」

「そうそう、それよりもっと面白い事あったって聞いたよ」

「何ですか?」

「俺らよりもっと先輩のときの話、各クラブで代表きめてね、それで女子の選抜も決めて」

「女子ですか?それで・・・」

「二人一組で女子にしてもらって、そん時は一番我慢できた奴が勝ちだったらしい」

「勝ったら、どうなるんですか?」

「その子とHできる」

「ほ、ほんとですか??」

「どうだろ?実際見たことは無いしね、まぁ伝説かな・・」

次の日、A、B、C、を呼んで教室の隅で昨日の話で盛り上がった。

B「俺も知ってる、でも20年くらい前の話だろ?」

A「そうか?、俺が聞いたのはバレー部だけで女子バレー部の部室でやっててそのあと乱交になって先生にばれたって聞いた」

こういう話にありがちな内容もまちまちで信憑性にかけるとことだ思った。

C「何でもいいから俺もしたい!」

Cは話だけで興奮して鼻息を荒くしている、でも俺は昨日少しは信じたのにどうも眉唾だとわかてガッカリした。

そこにスカートを捲られて文句を言いに来たD子が、俺たちの話が耳に入ったのか話に割り込んできた。

D子「私も聞いたことあるよ、一番長い人は1時間くらい我慢したんだって」

面白い事にそれを聞いた俺たち4人は何の打ち合わせもなく声をそろえて思わず言った。

《嘘言うな!!》

その言葉にD子がビックリした「・・でもそう聞いたよ」

B「そんなに持つわきゃねーだろ!」

D子「自分が早いだけだって」

B「・・・・・・・・・・・・」Bはクチをつぐんでしまった。

俺「でも実際1時間はきついわ、そんなにしたらチンチン腫れるし」私ははじめて直接女子と下ネタを話した。

E美「そうなん?」いつのまにか聞いていたE美も仲間に入ってきた。

そこからは、なぜか男の耐久時間についての話になった。

D子「でも実際どうなの?みんなどれくらいもつ?」

ストレートな質問にさすがにみんな一瞬間があって、

A「俺15分くらいなら、持った事ある」

B「オカズにもよるし・・・」

C「俺も体調にもよるけど、調子いいときは3回くらいOKかな・・」

D子「Xは?」

俺はここで怯んではバカにされると思いながらも照れながら答えた。

「普通で10分は持つ」

E美「普通でないときってどんなとき」突っ込まれてしまった。

C「溜まってるときだろ!な?」変わりにCが答えて俺に同意を求めた。

E美「早いときは?」益々突っ込んでくる。

でもこの質問はやはり男のプライド?が有るのが皆はっきりと答えなかった。

そこで昼休みは終了した。

放課後クラブに出ようと下足室で靴を履いているとE美がやって来た。

E美「さっきの話だけど・・・」

「え?うん」何を言い出すのか?

E美「いま、D子がB君と相談してるけど、私にしてね」

「何を?」

E美「いいから、私にしてね?わかった?」

そう云ってるところにD子が来た、私とE美をみつけて

D子「話聞いたの?」

俺「何の?」

D子「B君に聞いて、とにかく土曜日まで我慢すること、わかった?」

俺は何のことがわからず、Bを捕まえて説明を聞こうと探し回った。

探してると先にAが居た。

A「おう、探してたんよ、C見た?」

X(俺)「いや、B何処?何があるん??」

A「いやまだハッキリせん、とにかくお前とCと探してんの」

Aに連れられてBのところに行くと既にCも待っていた。

X「さっきD子がわけわからん事いってたけど、何の事なん?」

B「あのなぁ、D子の方から言ってきたんよ」

A「早く言え!」

B「・・・・・させて欲しいんだと」

X「何の話??」

Bはシコシコする手つきをしながら「時間勝負!」

A・C・X「え゙~~~~!!!!」

Bによるとあの後D子とE美が話してて男の生理現象をどうしても見てみたいということになったそうだ。

それでBにその事を伝えたが、Bもさすがにちょっとそれは勘弁してくれとなった、するとそれじゃ私たちが手伝ったら?という提案が出てきたので俺たちに一応相談するという事になったらしい。

B「お前ら、どうすうるよ?」

Cは間髪いれずに肯いたが、俺とAは顔を見合わせた。

A「具体的にどうするん?何処で?」

B「一応、土曜日夕方にD子の爺ちゃんとこの納屋。それから後二人連れて来るって」

X「一人づつ?」

B「そう、どうする?OKでいいよな?」

俺たちは確認するようにお互いを見つめながら肯いた。

B「あそれから、それまでセンズリ禁止だから、D子の条件だから・・・・」

土曜日まで2日間、こんなに時間を長く感じた事は無い。

私は期待感と欲望、罪悪感と羞恥の感情の波が交互に訪れて押しつぶされそうな気持ちだった。

学校でBたちやD子たちにあっても皆変に意識してその話題には触れられず、言葉を交わせないで居た。

ただ一度だけCが「後二人って、誰かな?」と聞いたが俺にわかる筈がなかった。

土曜日も雨だった、俺は親に見つからないように洗面でティムポを念入りに洗い(思わず逝きそうになった)

Bの家で宿題をするといって家を出た、誰も誘わず、一人で指定された納屋に行った。

かび臭い空気が立ち込める中、既にA、B、C、D子、E美そして隣のクラスのF代が居た。

X「これで全員?」

D子「もう一人来る」

しばらくして2年生のG先輩が来た。コレで揃った。

沈黙、誰もがこれから起こることをハッキリと認識しながらも、口火を切ることをためらっている様だった。

リクエストにお応えしてみなのスペックを披露しときます。

D子:身長は155cmくらい、少しぽっちゃり、中1なので特に胸が大きいとはいえないが全体的にムチムチでエッチっぽい感じ、仕切るタイプ。顔は磯山さやかかな?

E美:多少痩せ型、背は157~8、体型的には中々バランスが良い、バストBカップ?

性格はもしかして不思議ちゃんかなと思える節あり。顔、坂下千里子を素朴にした感じ、って云ったら言い過ぎか?

F代:163cm全体的に大柄、お尻も太腿も立派だが胸はなし、陽気なタイプバレー部の期待の新人。イメージ的には眞鍋かをりだがもう少し鼻が座ってる。

G先輩:一番小柄、150弱?でも小さいながらもメリハリのあるボディーで一つ一つは特別大きくはないが一番抱き心地(当時はそこまでは思わないが)よさそうなカラダ、性格ちょいヤンキー?顔、う~んいきなり古い例えだが松阪慶子を下品でスケベにしたような・・かな?美人!

しばらくの沈黙の後Bが口を開いた。

B「・・どうする?」

D子「もう組み分け決めてあるから」

C「え~・・俺」希望の子を言いかけるのをG先輩がさえぎった、

G先輩「文句言うな!、贅沢いう奴は自分でしぃ」

AもBも何もいえなかった、俺は多分E美だと思った。本当はG先輩が好みだが・・・

A-G先輩、B-D子、C-F代、そして漏れ-E美のカップルが強制的に決まった。

B「で?速さ?長持ち?」

D子「我慢大会!」

俺たちは、これから予想される過酷なレースに(笑)背筋に冷たいものを感じた。

さてそこからがまたちょっと大変だった。

男どもは、女子にしてもらうことに期待して集まったわけだが、当然そのためにはここで下半身を露出しなければならない。

男同士の早撃ち競争とはわけが違う。ましてや俺はそれすら経験がない。

俺たちはお互いをけん制しつつなかなかズボンを下ろせずにいた。

あまりにもモジモジしているのでD子がじれていった。

D子「ちょっと、男の癖になに照れてるん!こっち一列に並び!」

仕方なくおずおずと1m間隔に並ぶと、その前に各パートナーが向かい合わせに立った。

面と向かうとさらに恥ずかしさがこみ上げてくる。

G先輩「早く!」といって早くもAのベルトに手を掛けた。

俺たちはそれを見てあわててズボンとパンツを下げた。

4本の竿が女子の前に晒された。

D子「わっ!」

F代「うっ!」

G先輩「ははっ」

E美「・・・・・・・・・・・・・・・・」

それぞれの反応は結構面白かった。

B以外は半立ち状態、Bは勃起していたが頭は隠れていた。

そして皆(多分)先走りの汁がすでににじんでいたと思う。

D子「もう出そうなの?」

F代「イクとこ見たいな!」

G先輩「早く出したら駄目よ!」

E美「私がイカせてあげるね!」

女子の言葉を聞いたとたん俺の血は竿に集まり、一気に大きくなった。

するとそれまで緊張気味だったE美がいきなり俺の竿をつまんでこう言った。

E美「思ったより硬いね」

E美が急に積極的になったことには驚いた。

ここから俺たち4人の我慢大会が始まるわけだが、女子たちの方は、誰が一番早くイカせられるかを勝負していたのであった。

D子「準備いい?」

俺たちは黙ってうなずくしかできなかった。

G先輩がAの前にしゃがんで、Aの竿を握った。それを見て他の3人もパートナーの竿を握る。

E美の指は細かったがとても柔らかく、吸い付くように俺の竿を握った。

その瞬間思わず力が入り、俺の竿はピクッと上に動いた。握っていたE美の手ごと動いたので、

E美は「ビックリした」と俺の顔を見て笑みを浮かべた。

俺「あ・・うん」

恥ずかしくてそれだけ言うのが精一杯だったが、俺の竿がますます硬くなっていくのがわかった。

B「ヤバイ・・もう限界かも」

C「思ったより平気や。」

Cは余裕そうにそういったが、明らかにギンギンになっていてBよりもやばそうである。

D子「じゃあ始めるで!スタート」

D子がいきなりしごき始めた。D子の合図で3人も一斉にしごき始めた。

A「ううっ・・」

今まで沈黙を保ってきたAからうめき声が漏れる。

とほぼ同時にBが我慢できなくなりあえなく発射してしまった。

Bの竿から、白い粘液が勢いおいよく飛び出した。

1メートルは飛ぶ勢いだったが、前にD子がいたのでD子の肩に懸かった。

たぶん30秒もたっていなかったと思う。

D子「うわ。かかったやん。」

D子は服が汚れたことに対して少し不機嫌そうだった。

Bには黙ってうつむくことしかできなかった。

俺はというと、E美の手がかなり根本のほうにあり、ポイントがずれていたこともあってだいぶ余裕があった。

D子「でも、私の勝ちやわ。」

それを聞いてG先輩はさらに激しくしごき始めた。

G先輩「アンタも早くいきぃ!」

それからしばらく、(といっても2、30秒だと思うが、)沈黙が続いた。

早く終わって暇そうなD子は、肩の粘液を拭きながら、残りの3人の様子を見ていたが、

E美の手つきを見て「もう少し先っぽの方にしたら?」とアドバイスをした。

E美は一旦握っていた手を離して、先の方に握りなおした。

そしてさっきより幾分強くしごいた。

D子の余計なアドバイスのせいで、俺は一気にピンチに陥った。

E美の親指がちょうどカリの横の部分に当たって、小刻みに刺激する。

E美「どう?」

俺「・・いい。」

横で見ていたF代もCに訊いた。

F代「気持ちいい?」

C「すごくいいよ。」

F代はスピードこそゆっくりだが、ギュッと強く握って竿全体を包み込むようにしごいていた。

気持ちよさそうである。

E美がしごき方を変えるとすぐ我慢できなくなってしまった。

しごき方を変えてからだと最初にいったBよりも早いペースである。

しかしそれは無理もないことだった。E美は4人の中で唯一部活をしていなく、そのせいかE美の指はとても柔らかかった。

そしてその柔らかい指がくにくにと俺の竿の一番敏感な部分にめり込むようにまとわりつくのである。

我慢できるはずがない。

当時、学校で一番おそれられていた体育教師の顔を思い浮かべ必死に我慢しようとしたがそんなことは少しも役に立たず、ついにいってしまった。

女子にしごいてもらうことで、普段より興奮していたので勢いよく飛び出した。

俺にはまるでスローモーションに見えた。まるで泉の水が湧いてくるかのように竿の先の穴から白い粘液が出てくるように見えた。

Bのを見ていたE美は漏れの真正面から少し横によけていたので、俺の粘液は飛び出したあとそのまま床に落ちていった。

E美「やったぁ。抜ーけた。」

俺は、恥ずかしさのあまり、おろしたズボンのポケットからティッシュを取り出し自分の竿を拭くのも忘れそそくさと床を拭いた。

俺が床を拭き終え少しぼーっとしていると、E美は漏れの手からティッシュをとり1枚、そしてもう1枚取り出し漏れの竿を拭いてくれた。

E美は少し萎んだ漏れの竿を拭きながら「よく頑張ったね」と言ってくれた。

俺はBと全く同じように黙ってうつむくことしかできなかった。

Bは「残念だったな」と言ってにやにやとしていた。

D子「E美が2番ね。」

そういってD子とE美は軽くハイタッチをした。

俺はあっけらかんとした二人の横で、ただぼーっと立ちつくすしかできなかったが、とりあえずズボンを上げた。

俺がいった後、G先輩は「早く!いいかげんにしぃ!」さらに強くしごいた。

女子の勝負はD子の勝ちと言うことでもう勝負がついていたが、ビリでは上級生のメンツがたたないので、G先輩は必死である。

Aはもう我慢できない様子で、Aが行くのは時間の問題と思われた。

AとCはお互いを目で牽制しながら、必死でこらえている。

F代もビリになるのは嫌らしく「Cくんまだ?」と少し焦った様子で訊いた。

C「・・もう我慢できないよ」

F代「早く出して。」

C「・・・・・・・・」

F代「出そう?」

C「・・・・・・・・」

しばらく沈黙が続き、そのあとF代が口を開いた。

F代「・・・Cくん・・顔に出してもいいよ」

そういって、F代はCの竿の前に自分の顔を近づけた。

C「いいの?」

F代「・・うん・・」

F代がうなずくとCは「うへぁあぁ、F代~」と変な声を出し、同時に竿の先から濃い粘液をF代の顔にめがけてぶちまけた。

Cの粘液がF代の顔、ちょうど右の頬の上あたりに懸かった。濃い粘液はしばらく頬にへばりついた後下に流れたいった。

まるで、F代が白い涙を流しているようにも見えた。

ここまでするF代に俺は少し引ていた。

F代は悔しそうにするCに「Cくん、ありがとうね」と言って、今度は自分の口でCの竿を掃除し始めた。

F代の大きな口がCの竿をすっぽり包み込み、さっきまで手でしていたのと同じように今度はF代の舌がCの竿をねっとりと包み込んだ。

F代はひとしきりCの竿をなめ終わると、そっと口を離した。唇から少し糸を引きながら、

「今のはご褒美だよ」と普段のように明るくいった。

G先輩は後輩に負けたのがショックでAの竿を握ったままF代とCを見ていた。

俺は優勝したAを見ながら、ふと今日は何をかけていたのかかんがえてみたがどうしても思い出せない。。

よく考えたら、今日は何もかけていないことを思い出したが、実は、俺の知らないところで決まっていたのだった。

D子「優勝はAくーん。」

D子「そしてビリは・・・G先輩!!」

F代とE美もやけに嬉しそうだ。G先輩は黙っている。

俺は訳がわからず、E美にそっと訊いた。

俺「どうなってるの」

E美「実はね・・・」

なんと、女子のビリは罰ゲームがあるということだった。

罰ゲームの内容は、女子のビリは男子の優勝者にご褒美として全てをあげるというものであった。

つまりAとG先輩がエッチをするというのである。

G先輩は漏れたちより1コ年上だったがまだ経験はなかったらしく、当時俺たちは8人とも経験がなかった。

その時漏れはその罰ゲームを本当にするのかどうか半信半疑であった。

しかしG先輩は「よしっ」と小さく言うと。すくっと立ち上がり。Aに向かっていつもの口調で「早く寝ころび!」といってAを床に寝ころばせた。

Aは素直に横になったが、Aの竿はいまだ硬いままでまっすぐに上に向かってそそり立っていた。

G先輩はパンツを脱いでAの上にしゃがみ込み、Aの竿をつかみ自分の割れ目を導くと、少しためらった後、一気に中へ滑り込ませた。

その時すでにG先輩は相当に濡れていたらしく、Aの竿が入ったとたん割れ目から透明の汁がじゅるとあふれ出した。

「イタッ・・」G先輩は小さな声を出した。

そしてG先輩はAの上でゆっくりと自分の腰を前後に擦り動かした。

AとG先輩以外の6人はもう何も言うことができず。ただ見守っていた。

くちゅ、くちゅ、と静まりかえった納屋の中にAの竿がG先輩の膣を刺激する音だけが響いた。

しばらく続いたが、その間、漏れの竿はふたたび硬くなっていた。BとCのふたりも股間がふくらんでいるのがハッキリわかった。

するとまたしてもD子が不意に口を開いた。

「ねぇねぇAくん。さっきまでG先輩にさんざんいじめられたんだから今度は仕返ししちゃえば?」

Cも「チャンスだぞ」とけしかけた。

Aは自分の腰を天井にむけゆっくりと突き上げた。

「・・・あんっ」G先輩の口から今まで聞いたことのないような声が漏れた。

G先輩を征服したような気分になったAは調子にのって、くいっくいっと腰を上下に動かした。

そのたびにG先輩の口から「・・あんっ」「・・あんっ」と漏れる。

ますます調子に乗ったAは、ますます激しく動かした。G先輩はさっきよりも大きな声で俺たちにもはっきりと聞こえるように、

「あうんっ・・」「あうんっ・・」とよがり声を上げた。

A「出そう。・・・我慢できない」

G先輩「・・ダメ。中は・・ダメ」

A「先輩はやくのいて、出ちゃうよ・・」

G先輩「・・もう少し我慢して・・中は・・・」

A「・・このままじゃヤバイよ。本当に中に出ちゃう・・」

G先輩「・・・あうんっ」

A「出ちゃうぅ!」

さすがに中に出すとヤバイと思ったAはG先輩をのけようとした。

G先輩は小柄であったがしっかりとAの上にまたがっていたので、AはG先輩をのけることはできなかった。

するとG先輩は「んぁあっ!」とひときわ大きな声を上げると、その膣でAの竿をぎゅうっと締め付けた。

その瞬間、ついにAは我慢できなくなり、G先輩の熱く収縮する膣の中へ溜続けた粘液を一気に放出した。

俺はその瞬間「やってしまった」と思った。後の5人もキットそう思ったに違いない。

しかし、やがてG先輩はゆっくりと立ち上がるった。割れ目から白い粘液が太ももをつたわせながら何も言わずにパンツをはいて、外へ出て行ってしまった。

俺たちはしばらくその場にいたが、Aを残して納屋を後にした。

その後Aがどうしたかわからないが、しばらくしてAとG先輩は転校してしまった。

AとG先輩が本当に転校したのかどうか俺たちにははわからなかったが、そんなことはもうどうでもいいと思った。

なぜなら俺たちもそれぞれD子たちとやりまくっていたからである。

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (5)

厳選記事PICKUP!