【37歳専業主婦体験談】夫以外の男性に体を許してしまう背徳感に、私はぞくぞくしていました①

b74cfb11
私はもうすぐ37才、夫と息子との3人で都心より少し離れた所で暮らしています。

専業主婦の私にとって子供も手がかからなくなり、朝9時から夕方までの間は最近ただ時間を費やしてる無駄で空虚なものとなってしまっていました。

そんな時って、いろんなことを考えてしまうのでしょうか・・・

たまたまショッピング中に本屋さんへ、いろんな本の中でレディスコミックを手にとってしまいました。

家に帰って読みふけっている自分、そしてその赤裸々な内容に興奮を覚えながら、ページ間にある広告にふと目がいってしまいました。



「出会い系サイト・・・ テレクラ・・・」  

自分には絶対に縁のないものと決めつけていました、そのページをみるまでは・・・

その日はなぜか内容をじっくりと見てしまい、なにか心に変な気持ちが芽生えてしまうのを感じました。

「ツーショット、℡エッチ・・・」 

見知らぬ男性とお話をするのだろうか?こちらの電話番号を知られたりしないのだろうか?

さまざまな気持ちが錯綜する中で、でも少しだけなら・・・という好奇心に負けて私は電話をにぎっていました。

念のため「184」という番号非通知の番号の後かけてみると、突然女性の声での案内が始まり、言われたとおりに番号を押す。

すると「もしもし」と男性の声が・・・

一瞬、私は息がつまりました。 

どうしよう・・・やっぱりやめようか・・・でもこっちの事は相手はなにも知らないんだから・・・

「はい」と答えました。声がふるえていたかもしれません。

男性は少し間をおいて「初めてですか?なにか緊張されているみたいですね」

そして男性は、いろいろと私の緊張をほぐすように、やさしい声でお話してくれました。

すこしホッとした私・・・気付いたら私が結婚していること、夫の愚痴、いろんな事を彼に話していました。

男性はそんな私に「この電話でしかできないことをしてみませんか?」と、

そして「奥さんを電話で犯してみたい」と、一言・・・

私は電話を切ることができませんでした。

急に命令口調になる彼が「旦那にかくれて何をしたいか、言ってごらん」と言われ、

私は「エッチなこと」と言ってしまいました。何かが私の中でこわれていく・・・・

彼は「エッチなことって、何をするの?なにをどこにズコズコされるのか?言ってくれないと分からないよ」

私「あぁ、恥ずかしくて言えない」

彼「奥さんのこと思って何をしていると思う?」

私「・・・・・・・・・・・」

彼「ビンビンになったチンポをせんずりしてるんだよ。先っぽからがまん汁をたらしながら・・・・」

話すだけなんだから気にすることないわよね。

私「そのおちんちん、私のあそこに入れてみたい」

彼「とうとう言ったね。 悪い奥さんだ。旦那が昼間、働いている時にほかの男とおマンコしたいだなんて」

どぎつい言葉を言われ、その光景を思い浮かべながら、夫以外の男性に体を許してしまう背徳感に、私はぞくぞくしていました。

決して許されない行為、でも他人だからできる大胆ないやらしい事・・・

「あぁ・・・私、本当に浮気しているみたい・・・オマンコが熱い・・・」

そのとき「オマンコいかせるまでべろべろと舐めてあげる」  

受話器越しに「ぴちゃぴちゃ」という激しい音・・・

本当に舐められているみたいな錯覚に、私は自分のアソコを狂ったようにいじってしまいます。

クリトリスが異常にふくれてきて、頭が真っ白に、こんなことって・・・でも、すごく気持ちいい。

ぐったりしたあとも、彼の言葉が執拗に私の耳に入ります。

すけべなオマンコを見せてみろ・・・ チンポで犯してやる・・・ 今、入れてやる・・・

そんな普段聞かされることのない言葉が、また 私を刺激します。

そして最後に彼は、こう言いました。

もう出そうだ、奥さんのオマンコに旦那以外の俺の精子をたっぷり中だししてやる。」

私は、2回目の絶頂へ・・・・

荒い息遣いを聞きながら、しばらくした後彼が言いました。

僕の携帯を教えるから、電話くれないかな?決して迷惑をかけることはしないよ。

「その言葉を信じるの?」自問自答しながらも、彼の番号をメモした私・・・・

「もう切るね」と言って、電話を切ったあとも、その言葉がずっと頭によぎります。

翌日の朝、電話をかけてしまう私がいました。

非通知で私が「あ、あの・・・」と言いごもっていると、「昨日お話した奥さんですね?」とやさしく返答されました。

そして「うれしいです、またお話できて」と言ってくださり、今度は電話でいろんな話をして楽しい時間を作ってくれました。

次の日も私の電話に出てくれた彼・・・

私とうとう言ってしまいました。「一度、お会いしたいです」

彼「本当?じゃあランチでも一緒にどう?○○駅のイタリアンに是非ご招待したいなぁ」

私は「はい」と返事をしました。ランチだけだし、私 何も悪いことしてないわ・・・

自分の行為を少し自己肯定しながら、独身時代に戻ったようにウキウキしながら準備をしたのを覚えています。

そして、とあるターミナル駅で待ち合わせ・・・どんな人だろう?私のことを見て、どう思うんだろう?

はち切れんばかりの不安と好奇心・・・ 

そして少しばかりの罪悪感にとらわれながら待っていると・・・・40才ぐらいの紳士の方が声をかけてくれたのです。

「由美さん? はじめまして雄一といいます。なんだか照れますねぇ。でも想像していたとおりの人だ。すてきです。」

こんな言葉、しばらく言われてなかった・・・ 

お世辞かも知れないけど、もう夫とは感じられないドキドキ感に浮かれている私がいました。

お店でのおいしい食事は、本当に楽しかった。 

ワインを勧められて、いっぱいお話もして、あっという間に2時間は経過していたかも・・・

雄一さんも少し酔ってしまい、「少し酔い覚ましをしなきゃ・・・このあと、一緒に覚ましません?」

私、一瞬躊躇しました。けど・・・・「はい」と承諾しました。

私をほっておくあなたがが悪いのよ・・・ 私の話も聞いてくれないし・・・

でも、それだけじゃない事も 私、分かってます。 

私の中でドキドキするようなときめきが欲しかったこと、そして「不倫」という背徳感を止められなかったのです。

そうじゃなかったら、ミニスカートを着たり、セクシーな下着を着たりしないはず・・・

そう、今日の私、上下おそろいの黒の下着を・・・特にショーツはレースの少し透けているエッチなものをはいているんですから・・・

初めて会う人だけど、きれいな女として見てもらいたい、男の人がドキッてするような格好って・・・・

そんな事を考えているうちに、私、誘われることを期待していたのです。

ホテルの中に一緒に入っていく。

部屋に入ってしまった。 もう、引き返せない。 

彼はまごついてる私のあごを引き寄せ、キスを・・・・

私、たまらなくなり 唇を割って入ってくる舌を受け入れた・・・・ 互いの舌がぶつかった時、抱き合った彼の股間がもう硬くなっているのを感じた。

その後の事は、詳細は覚えていない。 けど、気付いたらスカートをまくり上げられ、ストッキングもブラウスもはぎ取られ、下着だけになっていた。

「由美さん、すごくいやらしい体してるね・・ こんなにおっぱいが大きくて パンティーもマン毛が透けてる・・・ほら、見てごらん。チンポがこんなになってる・・・」

私、うれしくなってしまいました。そして薄い布切れで隠された陰部を脱がされ・・・とうとう彼に最後の部分まで見られてしまいました。

どうなっているかなんて、私 分かってる・・・・ もう、ホテルに向かう時からショーツの中は気持ち悪いほど濡れてたんですもの・・・

足を限界まで開かされて、香り立つオンナの部分に顔を寄せると、

「いやらしい・・・ オマ○コがヌルヌルだ、  ヒクついてて奥から次々とあふれてきているよ・・・」と彼が触れるだけで、体が敏感になっています。

夫が普段愛撫しても感じないのに、今日の私ったら、すべての肌が性感帯のよう、ざわざわと鳥肌がたち、ふるえが止まらないし、体が勝手にうずいてしまう。

こんなに興奮するなんてなかった。抱かれる・・・ そう思うだけで・・・・

彼の舌がアソコを舐めまわし、それだけでもう・・・ いってしまいました。

そして彼が「もう我慢できない、いいですか?入れても・・・」

今なら引き返すこともできる。性器同士を結合させなかったからといっても、お互いの罪は消えないけれど、夫を裏切ることはないかとも思う。

夫以外は決して許されることのない挿入行為。

けど、私「入れてください」、言ってしまった。

彼は備え付けのコンドームを装着し、私の上にかぶさり、荒々しく入ってきました。

彼が避妊行為を言われなくてもしてくれたことに誠実な気持ちが伝わり、さっきまでの罪悪感も正当化している私がいました。

「いやらしい由美さんも魅力的だよ、どう?旦那さん以外のチンポの感触は・・・スケベな奥さん」

とたんにまた罪悪感が芽生えましたが、自分の体がいうことをきかない・・・

ベッドがギシギシと音をたてて揺れる、 私たちはお互いの名前を呼び合い、淫らに腰をふりながら快楽をむさぼりました。

もうどうなってもいい、今は思いのままに性器をこすり合わせ快感を生み出すだけ・・・

私の内部がジワジワとこみ上げてくるものがある。もう我慢できない。

いくう・・・ 気持ちいい・・・体が宙に舞うような感じ・・・ そして脱力感・・・

彼も激しい動きがあったあと、奥のほうまで挿し込まれ射精を迎えました。

2人ともベッドに大の字になり、体を休めているとき、彼が私を抱き寄せました。

胸に顔をうずめながら、裸の彼を見ている私、数日前にかわした電話でのエッチな言葉を思い出しながら、彼のアソコに手が・・・・

久しぶりに見た夫以外のモノ・・・今までにない感情が芽生えてきます。

「さわっていい?」

「えっ?いいの?」彼はうれしそうに私の前に立ちました。

今はちっちゃくなってるおちんちん、でもまた大きくなるところを見てみたい、前はグロテスクなものとしか思えなかったものが今は、いやらしくたくましいもののように思えます。

そして夫にもめったにしないこと、いっぱい、いっぱいしてあげたくなってしまいました。

そう、私をもっと欲しがって欲しい。そのためには・・・・

気付くと私、まだ先っぽから滲み出てる先走りの液をからめとって、おちんちんをもてあそんでました。

彼に頼まれ、彼の乳首にも刺激をくわえると、急に大きくなり上向きになってくる。

先っぽを口でくわえ込み、自分が考えられる精一杯の口淫行為をしてみました。

ゆっくりしゃぶり、舌を使う、こんな感じで気持ちよくなってくれてるかしら?

「旦那さんにもしてあげてるの?」

彼の言葉にイヤイヤをしながら、彼も私の体を愛撫してくれます。

お互いに口で性器を愛撫しあう・・・ 私、また目覚めてしまいます。

今度は私が上にまたがりました。自ら挿入する悦び・・・自ら腰を動かし、下から見上げる彼の切ない顔を見ながら彼のモノに腰を打ち付けていました。

彼が私に背中の鏡を指差します。

そこには彼のモノが私の中に呑み込まれている光景が映し出されていました。

これ、私がしていることなのね、また体からいやらしい液体が次々とあふれてきます。

彼の股間を私の粘り気のある体液がベトベトに濡らし始めて・・・ もう止まらない・・・

彼にバックからしてもらい、彼が射精するまで何度もいかしてもらいました。

オマンコ・・・ チンポ・・・ 淫乱オンナ・・・ いけない人妻・・・ 

セックスの最中のそんな下品な言葉も、今は心地よく聞こえてきます。

気付くともうホテルに4時間もいました。

帰り支度をする私たち、またお誘いの言葉がありました。「今度はおもちゃも使ってみないか」

私の体を楽しみたいようです。

私から「またかけるから」とやんわりとお断りしました。 

けど、家に帰るとまたあのときの事がよみがえります。

不用意にも見ず知らずの他人に体を許した私、一度だけならまだ許される・・・・

でもこれが許されない行為であればあるほど、高ぶりとときめきを感じてしまう。

自分の体がまだ男を狂わせることを知って、私は心の中ではうれしさを押し殺すことができないのです。

股を開きアソコを見せるときの男の人のぎらぎらした目、恥ずかしいことをさせられるときの被虐感・・・そして明らかに夫と違う感触のモノを受け入れる快感は夫婦間では味わうことができない背徳と甘美な愉悦に満ち溢れている。

あの猛烈な快感・・・また彼に会えばどんどん深みにはまってしまう。

バイブやローターのようなおもちゃを使うセックス・・・・それはもっと気持ちのいいことだと彼は言う。

たぶん彼は、私の体をおもちゃのように使いたいんだろう。

私、どんなになってしまうの?

朝、家事が終わったあとの時間、彼の電話番号を見つめてる私がいます。

【37歳専業主婦体験談】夫以外の男性に体を許してしまう背徳感に、私はぞくぞくしていました②へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (3)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!