【幼馴染との体験談】普段は学校一の優等生なのに、Hの時はただの淫乱女

saikei0701
静香と五郎は幼馴染だった。

お互いの家が隣接しており親同士の仲が良かったことが元で、保育園に入る前から仲良く一緒に遊ぶようになった。

小学生高学年になる頃、五郎は女子である静香と二人だけで遊ぶのを恥ずかしがるようになった。

それが二人の関係に訪れた最初の危機だった。

だが静香は、囃し立てる周囲の反応など気にもせず、むしろ反発すらして五郎を遊びに無理やり引っ張り回した。



やがて五郎も観念し、静香から離れようとはしなくなった。

むかし仲の良かった女の子。

そんなよくある関係で終わるはずが、静香の積極的な言動のおかげで、二人の関係はさらにステップアップすることになる。

二人は地元の同じ県立中学に進んだ。

この頃から、静香の可愛らしい容姿が男子の間でよく話題に上がるようになった。

しかも学力、運動ともにトップクラスの成績を叩き出しており、同じ学年で静香を知らない生徒は皆無だった。

一方の五郎は、顔も成績もそこそこではあるが、静香には遠く及ばなかった。

本人もそれを充分すぎるくらい自覚しており、深刻なコンプレックスを抱くまでになった。

中学生になって最初の夏。

静香に告白された五郎は、簡単にコンプレックスを反転させて、優越感に満たされた。

その想いは、夏休みに五郎の部屋で行われた初めてのセックスで爆発する。

破瓜の痛みに泣き喚く静香を押さえ付け、五郎は欲望の赴くままに腰を振り、当然のように中出しの快楽を堪能した。

静香は散々に五郎を罵って平手打ちを何度も浴びせた。

それでも静香は五郎を捨てるようなことはしなかった。

どころか、翌日から毎晩のように五郎の部屋へ通い、二人は猿の様にセックスに耽るようになった。

高校受験の際、静香はなんとか二人で一緒に地元のトップ校に受かりたいと思っていた。

五郎の学力を引き上げようと躍起になったが、すぐに彼の頭の程度が知れてそれが無理だと分かってしまった。

五郎は、少しでも静香のレベルに近付こうと、既にこれ以上ないほどの努力を重ねていたのだ。

静香は何も言わずに自分のランクを三つほど落として、黙って五郎と同じ高校へと進んだ。

それに対しては五郎のプライドが大きく傷付いたが、結局彼も何も言わなかった。

高校でも静香は話題の女子生徒だった。

男子からは飛びぬけて可愛い新入生がいると噂され、教師からは「我が校始まって以来の東大合格を」と期待された。

クラスの女子は自然に静香がまとめるようになった。

初体験の日から何度となく身体を重ね合わせている二人は、すでに高校二年生になっていた。

「もう! 昨日キレイにしたのに、何でまたグチャグチャになってんの!? さっさとゴミを片付けなさいよ!」

静香は幼馴染みの部屋に入るなり、声を荒げながら黒髪をかきあげた。

流麗な髪艶が部屋の灯りをキラキラと反射する。

隣の自分の家でシャワーを済ませてきた静香の髪は、まだいくらか水分を含んでおり、薄手のワンピースに身を包んでいる彼女の身体は、妙な艶めかしさを醸し出していた。

流行りの携帯ゲーム機で遊んでいた五郎は、「うるせえなあ」と愚痴りながらものろのろと立ち上がり、散らかった部屋を面倒そうに整理し始めた。

静香は扉の前で腕を組んで仁王立ちをして、アレを捨てろコレを退けろと指示を飛ばす。

五郎の部屋に上がり込んだ時には、まずこうして掃除をさせることが日課になっていた。

「まったく。自分の彼女を部屋に上げるんだから、少しは掃除くらいしておきなさいよね」

「分かった分かった」

気のない返事をする五郎に対して、静香は「はあ」と露骨に溜息を吐いた。

それから、「私のこと好きならちょっとは気を使ってよね」と小さく呟く。

その呟きが聞こえていたのか、静香に背を向けていた五郎が、片付けをしていた手を止めて振り返る。

「好きだよ。好きに決まっているだろう。愛してるよ」

「…………」

静香は顔を赤くして下を向いた。

五郎の直球の愛情表現にはなかなか慣れることが出来なかった。

もちろん嬉しいのだが、照れくさいが故にその嬉しさまで気恥ずかしくなってしまう。

だらしのない五郎ではあるが、何故か愛の言葉を囁くのには躊躇がない。

静香はそれを、感情に素直な五郎の性格故だと考えていた。

裏表のない五郎が毎日のように好意の言葉を口にするということは、それだけ自分が好かれているのだ。

静香はそう思うと、胸がじんわりと温かくなるのを感じた。

部屋の片付けを一通り終え、二人はベッドに腰掛けてテレビを見ていた。

足を広げて深く腰を下ろしている五郎の腕の中で、静香はちょこんと浅くベッドの淵に座っている。

そんなバカップル丸出しの格好で、テレビに流れるニュースに対してちょくちょく感想を言い合いながら、お互いにゆっくりと二人の時間を堪能している……かのように見えた。

五郎は、目の前の静香の髪から漂ってくるシャンプーの匂いに興奮して、ペニスを勃起させていた。

静香の方も、耳元に届いてくる五郎の荒い息に欲情し、ショーツを濡らしている。

尻に当たっている肉棒の熱さが、静香の身体をさらに追い詰める。

「は、あ……」

「静香、どうした? なんか苦しそうだな」

「も、もうっ、分かってるくせに」

静香は我慢できずに尻を五郎の股間へ押し付けた。

そうすることによって、ペニスの熱をより強く感じ取ることができ、火照った身体が小刻みに震えた。

ショーツの湿りがさらに増す。

「五郎だって、こんなに硬くしてるじゃないの」

後ろに手を回して、五郎の履いている短パンの中に指を忍ばせる。

トランクス越しに亀頭に触れると、先端が湿り気を帯びていることが分かり、静香は上気した顔で後ろを振り返った。

「オチンチンからお汁が一杯出てきてるわよ」

その声はかすれ気味だった。

五郎は笑って言い返す。

「静香のオマンコよりは少ないもんだろ」

「そ、そんなこと、ない」

普段は勝ち気な言葉を発する静香の口も、セックスの時には羞恥と快感に揺れて声が上擦ってしまい、いつも主導権を五郎に奪われてしまう。

静香は、なんとか自分のペースに持ち込んでセックスをしたいと常々思っていたが、どうやら今日もこの辺が限界のようだった。

「もうダメ。五郎、お願い。早くオチンチン突っ込んで。私のぐちょぐちょオマンコかき回して」

意識している訳でもないのに卑猥な言葉が口から飛び出す。

一度 官能に身を委ねてしまうと淫乱な本性が剥き出しになってしまうのだった。

「よしよし、今から静香の大好きなチンポを見せてやるからな」

五郎は衣服を脱ぎ捨てて静香の前に腰を突き出した。

反り返ったペニスが静香の頬に当たる。先走り液で濡れた亀頭が頬をぬるりと滑った。

「あ、熱い……五郎のオチンチン、熱いの……」

「待望のチンポだぞ。早くしゃぶれよ、静香」

「おしゃぶり、する」

惚けた顔で五郎の腰をつかんで、ペニスにむしゃぶりつく。

「ん、んんっ、んむっ」

一気に口の奥まで肉棒を迎え入れ、顔を前後させ始めた。こうなると、精液を搾り取るまで決して止まることはない。

「普段は学校一の優等生なのに、こうなるとただの淫乱女だな」

静香が自分にだけ見せる痴態を、五郎は満足そうに見下ろしていた。

もう何年も毎日のようにセックスを繰り返してきただけあって、静香のフェラチオは的確に五郎の性感帯を刺激した。

静香は、可愛らしい小さな手で睾丸を優しく揉みほぐしつつ、可憐な唇をペニスに滑らせている。

静香が顔を振りたくるたびに彼女の髪が激しく乱れる。

醜悪な股間に美少女が必死で奉仕する様は、五郎の欲情を強烈に刺激した。

静香はフェラチオをしながら、空いている左手で自分のショーツを摺り下げた。

自らの股間に手を持っていき指を動かす。途端に彼女は快感に打ち震える。

「んんん」

内に篭もった喘ぎ声が上がった。

静香は、切なげに眉を顰めながらも、決してフェラチオを止めようとはしなかった。

五郎はその扇情的な光景に見入った。

「いいぞ、静香」

激しく揺れている静香の髪を撫でてやると、彼女はフェラチオをしながら上目遣いで五郎を見つめ、幸せそうに目を細めた。

魅惑的な表情を向けられ、五郎の胸が高鳴った。

本当に自分には勿体無いくらいの彼女だと思うと同時に、こいつを幸せにしてやりたいと心底から思う。

「静香、ちょっと動くぞ」

そう言ってから、五郎は腰を引いて静香の口からペニスを抜き取った。

静香の横に膝を着いて、ゆっくりと彼女の身体を仰向けに倒してやる。

静香は顔を赤くして虚ろな表情をしていた。まだ咥え足りないのだろう。

「五郎、もっとオチンチン舐めさせて。ねえ」

「もちろんだ。けど俺にもお前のマンコ舐めさせろよ」

「う、うん。舐め合いッコしよ、五郎」

「ああ。一緒に気持ち良くなろう」

「うん……」

ベッドに仰向けになっている静香の上に、五郎は身体をうつ伏せて覆い被さった。

二人は自分の顔の前に相手の股間が来ると、競うようにしてしゃぶりついた。

静香は、ペニスを口に含むのと同時に、自らの秘部に五郎の舌が触れたのを感じた。

陰唇を舐め回され、女の蜜を溢れさせてしまう。

静香は負けじとペニスを口内奥深くまで迎え入れ、尿道口を舌で突付いた。

五郎が「うっ」と反応し、静香の胸の内は喜びに満たされた。

彼が感じてくれていることが何よりも嬉しかった。

ペニスの先端を何度も舌で突っついていると、透明の粘液が尿道口から湧き上がってきた。

静香の好きな先走り液だ。

舌ですくい取り、独特の生臭さを堪能しながら、喉に送り込む。

そうしている間にも、次々に新たな粘液が溢れてくる。

静香が嬉々としてそれらを飲み込もうとした時、五郎に足を持ち上げられた。

そのまま足を引っ張られて、まんぐり返しの姿勢を取らされる。  

五郎が動いたためにペニスが口から出てしまい、先走り液が顔に垂れてきた。

顔肌に感じる粘液の感触に、身体がどうしようもなく疼いた。

「ああう……五郎……」

早く肉棒を咥えさせてと抗議したかったが、官能が高まり過ぎていて上手く言葉にできない。

「ここが寂しそうだったからな」

五郎はそう言って、天井を向いている静香の肛門を舐め上げた。

「ひゃうんっ」

静香は甲高い声を上げた。空中に投げ出している足が震える。

排泄器官を舐められてしまった恥辱に顔が熱くなった。

「アナルがパクパクして俺を誘ってたんだよ。なあ、静香。今日はこっちを使ってみないか?」

「ええ?」

五郎が思いもよらぬことを言い出した。

肛門を弄ることなど静香は考えたこともなかった。

「え、えっと、それは……」

「いいだろ? 絶対に気持ち良くするからさ。きっと静香ならここも気に入るよ」

「で、でも……」

普段の勝気な静香なら、「ふざけないで!」と強い調子で拒否しているだろうが、快楽に溺れている今の状態では受身の対応しか取れない。

静香が戸惑っている間に、五郎は舌を尖らせてアヌスに挿し込んできた。

「は、はうっ」

ごく浅くではあるが肛門をほじくり返される。

静香は自分の身体が信じられなかった。

くすぐったいだけではないのだ。

ただ排泄するだけのはずの窄まりに舌を入れられ、下腹部が淫猥な熱を持つ。

「こんな、こんなことって……」

「もう感じてんのか? さすがは淫乱優等生」

「わ、私、そんなんじゃない」

「そうか? これでも?」

五郎の舌がアヌスの表面を舐め上げた。

肛門の皺をなぞるかのように何度も五郎の舌が這っていく。

「んっ、ううんっ」

堪らず静香は喘ぎ声が漏らした。

もう一度だけ中に舌を挿入して欲しかったが、それをお願いするのはさすがに躊躇いを覚える。

けれども我慢できるのもそう長くないことは分かっていた。

一度タガが外れてしまえば、淫らによがり狂って浅ましいおねだりをしてしまうだろう。

自分がそんな風に我を失ってしまうのを静香はいつも恐れていたが、同時に、理性が消えて官能の虜になれる瞬間を待ち望んでもいた。

「感じるんだろ? もっと舐めて欲しいんだろ?」

「あうう」

五郎の舌が離れると、唾液で濡れた肛門が、刺激を求めるかのように開閉する。

「ほら、欲しいって言えよ。そうしないと、もうアナルは舐めてやらないぞ」

「舐めて欲しい……」

「もっと大きな声で、はっきりと言ってみろ」

「お尻の穴、もっと舐めて。アナル舐めて。五郎の舌をアナルに入れて!」

静香が泣きそうになりながら言うと、五郎は、一気に舌を侵入させてきた。

肛門から股間全体まで蕩けるような甘い感覚が浸透し、静香は身悶えした。

腰を僅かに揺すりながら新鮮な性の悦びを堪能する。

そうしているうちに、もっと太くて硬いモノを入れて欲しくなってきた。

「五郎、そろそろ……」

「ん? なんだ? 何がそろそろなんだ?」

わざと惚けている五郎に対し、静香は疼きを抑えきれずに叫んだ。

「チンポ! チンポ入れて! お尻の穴にチンポ突っ込んで!」

「よし、よく言えたな。偉いぞ、静香」

五郎の指の腹でアヌスの入り口をほぐされ、静香の腰が淫らにくねる。

「入れるぞ、静香」

「チンポ、チンポ……」

自ら何度も卑猥な言葉を口にして、静香はさらに興奮を高めていった。

五郎は、静香の上から退くと、静香の足を掴んで広げた。

愛液で濡れた秘部が曝け出された。

その下に息衝く肛門も、五郎の唾で濡れ光っていた。

慣れ親しんだペニスが肛門を押し広げ、沈み込み始める。

「はああぁっ」

静香は思わず声を上げた。

痛みはないものの、尻穴は強烈な圧迫感に襲われていた。

「あ、あうっ。五郎、ちょ、ちょっと待って……」

「きついか? 少しの間だけ我慢してろ」

「そんな、あああ……」

亀頭が埋まってもなお、強引な挿入でペニスがさらに捻じ込まれる。

みっちりと広がる肛門が限界まで引き伸ばされ、未通の直腸が抉られていく。

「はう……」  

静香は息を吐いた。

辛かったのは最初だけで、徐々に直腸が熱い高ぶりを訴えてきた。

ペニスが突き進めば進むほど、痺れるような疼きが込み上げてくる。

根元まで埋まる頃には、きつい圧迫感が温かい充足感に変化し、静香の尻穴は初めてのアナルセックスに歓喜していた。

ピストン運動を求めて、静香の腰が無意識に揺れ動く。

それを見た五郎は、上体を倒して静香と唇を合わせ、猛烈な律動を開始した。

もはや言葉はいらなかった。

二人の荒い呼吸音と、肌のぶつかり合う音だけが、部屋の中を支配する。

静香は、ペニスの往復に合わせて尻穴に力を入れた。

ペニスを押し込まれている時は尻穴を緩め、ペニスが抜け出ていく時には尻穴を締め付ける。

そうすることによって出し入れはよりスムーズになり、自分もより快感を得ることができた。

ペニスが引き出されるたびに肛門が捲れ上がり、排便時の感覚が生まれるのだが、それこそが最高の快楽だった。  

今まで何千回も経験してきた直腸からの排出がこんなにも気持ち良いのだということに、静香は全く気付かなかった。

汚いものを捻り出しているという先入観と、排泄自体が一瞬のことであるせいだろう。

しかし今の静香は直腸からの排出を心行くまで味わえる。

ペニスが抜け出ていくのも一瞬のことではあるが、繰り返し繰り返し味わえるのだ。

そのうえ、直腸粘膜を滑っていくのは汚物などではなく、愛しい五郎の一部である。

排便の時とは違い、肛門快楽の堪能に障害となるものは一つもなく、静香は、純粋にアナルへの刺激に感じ入ることができた。

お尻の穴でセックスをするなんて、つい先程まで静香は考えてもいなかったのだが、もうすでにアナル官能の虜になっていた。

普通の女の子なら自分で触れることすら好まない不浄の穴。

そんなところに、指どころかペニスまで入れてしまい、その挙句に気持ちよくなっている……。

今は興奮しているため、排泄器官で感じることに後ろめたさはない。

けれどもきっと、後で冷静になった時には凄まじい後悔に襲われるだろう。

それが分かっていても、静香はアナルセックスの快感に身を任せずにはいられなかった。

ペニスに奥を突かれると、直腸粘膜が反応して大きくうねった。

アヌスの熱はじんわりと広がっていき、静香の身体を官能の波が駆け上がる。

二人は、どちらからともなく互いに舌を求め、貪るように激しく絡め合った。

舌を強く吸われながらン直腸を抉られると、静香の下半身が激しく痙攣した。

肛門から子宮に電気が走リ抜けるような感覚がして、たまらず唇を離し絶叫する。

「ああああぁっ!」

静香の股間から潮が噴き出して五郎の陰毛を濡らした。

絶頂の瞬間に尻穴が収縮し、ペニスから精液を搾り取ろうとする。

「静香っ」

五郎が声を上げ、まもなく射精を始めた。

「あはぁ……」  

直腸に広がる精液の熱さに、静香は甘い声を漏らした。

「どうだ、アナルも良かっただろ?」

そう言いながら五郎がペニスを引き抜いた。

萎えて硬度を失ったペニスが肛門から滑り出る。

「あんっ」

排泄時に似た感覚が再び起こり、静香は今さらながらに頬を染めた。

「五郎……」

「うん?」

「また、お尻にしてくれる?」

「もちろん。大好きな静香のためだからな。アナルでもSMプレイでもなんでもいけるよ」

「も、もうっ」

静香はますます顔を赤らめた。

普段は強気な静香も、セックスの時だけはスケベな五郎に主導権を握られてしまう。

そのことに歯痒い思いをすることもあるけれど、決して嫌なだけではない。

次のアナルセックスに想いを馳せて、静香は下半身を疼ずかせた。

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!