【40代美魔女との体験談】フェラチオ名人とミミズ千匹を持つ熟女コンビと夢のSEX〈前編〉

3pshtoko-17
大学時代からハマった麻雀。

社会人になってもやっぱりヤメられなかった。

金曜の夜から日曜の夜中まで、自宅と雀荘を行ったり来たり。

そこで50代のシゲさんというオッチャンと仲良くなった。

シゲさんは気前が良くて麻雀は下手クソ。



かなりお金持ちみたいで、いつもメシをゴチってくれたりしてくれた。

なぜだか俺が異様に気に入られてた。

シゲさんと麻雀をするようになって1年ぐらいした頃。

「お前って熟女嫌いか?」と尋ねてきた。

同じ卓で打ってたオヤジどもは「熟女イイよなぁ~」とニヤニヤしてた。

「熟女ってどのくらい?40代が限界じゃないっすかね」

23歳だった俺はそう答えた。

すると「今度40代の熟女と遊ばね~か」と誘われた。

何のメリットも感じなかった俺に、シゲさんは強烈な言葉を並べてきた。

「金持ちで美人で毎日ヤリたがるチンポ好きな淫乱女」だとか。

そんな事言われたらどんな女か会ってみたくなる。

平日は無理だからというと、来週の土曜飲みに行こうと言われた。

約束の土曜日、雀荘で待ち合わせて20時に約束の店へ連れて行かれた。

シゲさん馴染みの店らしく、馴れた感じで奥の座敷に案内された。

「よぉ~!若いの連れてきたぜぇ~」

襖を開けるなりそういうシゲさんの後ろから顔を出すと、おやおや…と感心するほどの美人な女性が2人座ってた。

瞬間的にシゲさんに騙された!って思った。

だって超ドスケベ熟女って言われて興味津々で来たのに、座ってる女性達は品が良くて綺麗な美魔女だったから。

確かにお金持ってそうな服装だったが、想像とはまるで違う人種だった。

ショートカットが似合うマナミさんは41歳。

子供が2人いて黙ってると話しかけ難い雰囲気のクールビューティー。

綺麗な長い髪のユリさんは43歳。

子供は1人で目がパッチリと大きくて可愛らしさが残る大人の美人。

どう見てもどう考えてもシゲさんが言ってた女性達には見えなかった。

でもそれは間違いだった。

先に飲み始めてた熟女達は少し酔ってた。

乾杯してからすぐにシゲさんが驚く内容の質問を2人にし出して驚いた。

「今週旦那とやったか?」

さも当たり前のような、元気だった?という感じの口調。

俺は2人の熟女が怒ると思った。

でも2人は笑いながら「してないわよぉ~。」と答える。

「チンポ大好きなのにな。」すかさずシゲさんが卑猥な事を口にしてた。

「んもぉ~やめてよぉ~」2人は俺を見ながら笑ってた。

マナミさんの旦那は年上で50代。

ほとんどセックスレスで、したとしてもすぐ中折れするらしい。

ユリさんの旦那は同じ年齢だからか、今でも週に1回は求めてくる。

でも超がつくほどの早漏なので、挿れたらあっという間に終了。

そんな性生活を「困っちゃうわよねぇ~」とニコヤカに喋ってる熟女。

見た目に圧倒されてた俺は、会話でも圧倒されちゃってた。

そこで3時間、美味しい料理とお酒をご馳走になった。

全てシゲさんの奢りらしい。

帰る時、靴を履いたりしてる仕草に俺はムラムラしまくり。

形の良い艶かしいお尻を俺に見せつけるような姿勢をする熟女達。

それをシゲさんが笑いながら指差して、触れ触れとそそのかしてくる。

さすがに触れなかったが、クネるお尻に少し勃起した。

店を出ると俺は雀荘へ。

シゲさんは酔ったから帰ると言って熟女達と消えていった。

そして月曜日のお昼休み、シゲさんから電話がかかってきた。

「二人ともお前の事気に入ったみたいでさ」

熟女とはいえあんな美人に気に入られて悪い気はしない。

また今度どう?と誘われ、また土曜の夜に会う約束になった。

夜と言っても今度は17時半待ち合わせ。

急遽土曜日に仕事が入った俺は、慌てて仕事を終わらせて前回の店へ向かった。

20分ほど遅れて行くと、既に3人は飲み始めてた。

もう既に3人は前回と同じようにエロトーク真っ盛り。

俺が到着するとターゲットが俺になり、過去の女とのセックス話の質問攻めに。

さほど経験が無い俺は、ありきたりの経験談を喋った。

それに飽きたのかシゲさんは、熟女達の淫乱過ぎる話を口にし出した。

まずマナミさん。

自他共認めるフェラ好きらしい。

しゃぶってるだけで感情が昂ぶり過ぎちゃって、アソコはトロトロに濡れる。

だから前戯なんていらなくて、しかもその方が逆に興奮するとか。

ただし難点もあって、フェラ好きだから歴代の男達はフェラだけで撃沈する。

なのでいつもマナミさんだけが欲求不満に陥るジレンマ。

次にユリさん。

自分じゃ分からないらしいが、驚きのミミズ千匹という名器の持ち主。

膣の中にヒダヒダがたくさんあり、歴代の男達は10分も耐え切れなかったとか。

超早漏の旦那は1分も腰を振れずに撃沈する。

なのでこれまた欲求不満ばかりなんだとか。

2人して欲求不満という言葉を躊躇せず口にしてた。

それだけでも驚いてたが、度肝を抜かれたのはシゲさんだった。

「だから俺が満足させてやってるだろ!普通はあれで満足するぞ」

えっ?何言っちゃってんの?!と関係ない俺が焦った。

俺が?シゲさんが?2人を満足?何言っちゃってんの?

熟女達とシゲさんを交互に見る俺に、熟女達はクスクス笑ってた。

衝撃的な話をその後シゲさんから聞かされた。

なんとこの2人はシゲさんのセフレだという。

「いやいやいやぁ~~~。」もう笑うしか無かった。

「ホントだぞ?この前の土曜だって2人の相手してやったんだから、な!?」

熟女に話を振るシゲさんに熟女達も「そうそう。」と笑って頷いてた。

2人がセフレだというのはマジだった。

しかも3人の関係はもうかれこれ5年以上になるらしい。

「マナミの下の子なんて俺の子かもしれないんだぞ!。」

「ホントあの時は焦ったわよね。でも違うわよ?血液型違うんだから」

「分からんぞ。もしかしたら血液型間違えてるかもしれないしな。」

「似てないし絶対違うってば。」

こんな会話をする2人を見て俺はキョトンとしてたらしい。

だってこんなにも上品で美人な人妻が、想像を絶する話を展開してるんだから。

「太郎君(俺の名前)驚いちゃって目丸くしてるわよ。」

ユリさんにツッコまれ、俺は思わず苦笑い。

そんなユリさんですら、シゲさんにいろいろ暴露されて凄かった。

2時間ほど飲んだ頃、なぜか俺のチンポコ話に突入。

まずサイズやら硬さ、持続力の話題へ。

「太さには自信ないけど、長さは平均以上っすよ。」

「ホントにぃ?見せて!見せて!。」

「いやいや。」

「良いじゃない!ちょっと見せてよぉ~」

「良いじゃんか、見せてやれよ、この淫乱女達に」

シゲさんと熟女達に乗せられ、なぜかその場でフニャチンを披露するハメになった。

個室だから周りの目は気にならなかったが、それにしても熟女達の食付きが凄い。

俺の目の前に寄ってきて、膝立ちしてチンポコが出てくるのを待ってるんです。

なのでポロンと出してやると2人は大騒ぎでした。

シゲさんまで「お前デケーな!」とデカい声。

「ちょっと何これぇ~!超ヤバいよねぇ?」

「ヤバいヤバい。」

「もうイイっすか?。」

「ダメェ~。おっきくしてよ」

「無理っすよ。もう勘弁して下さいよ」

「ちょっとぉ~~まだダメって言ってるでしょ!。」

熟女のパワーに負けそうになりつつチンポコを中に入れた。

不満そうな熟女達をニコヤカに見てたシゲさんが「店変えようか」と提案してきた。

俺はこの後雀荘へと思ってたが、3人に飲み込まれちゃいました。

店を出ると4人でタクシーに乗った。

到着したのは高級そうなマンションの前。

隠れ家的な店があるかと思いきや、そこにはシゲさんの隠れ家があるという。

重厚な作りのエントランス、エレベーターに乗る前にもオートロックの扉。

31階で降りるとそこまマンションというよりはホテルのようだった。

広すぎるエレベーターホールの理由を聞くと、窓際にソファーがあって本や雑誌が置いてあり、住人が自由に使えるエリアになってると言われた。

綺麗な夜景を見ながらリラックスできる場所…らしい。

普段は俺が立ち入る事の許されないであろうエリアに思えた。

部屋も凄かった。

20畳ぐらいあるリビングからは綺羅びやかな夜景が丸見え。

ベランダではなくバルコニーになっていて、テーブルとか椅子も置いてある。

その時は分からなかったが、リビング以外に2部屋あった。

寝室として使ってる部屋は15畳ぐらい。

デカ過ぎるベッドがド真ん中にある異様な寝室だった。

そんな豪華な部屋でソファーに座り、シゲさんが出してきたワインで乾杯。

勝手知ったる我が家みたいな感じで、熟女達がオツマミを用意してくれた。

ずっと下ネタトークが繰り広げられてた1時間後、想像してなかった急展開を迎えた。

リビングを出て玄関に近い場所にあるトイレに行った時の事。

用を済ませて扉を開けると、そこのマナミさんが待ち構えてた。

「あれ?」と言った瞬間、抱き着かれてそのままキスをされた。

そしてその勢いでまたトイレへ押し込まれた。

焦る俺とは違ってマナミさんは狂ったようにキスをしてきた。

それがもう凄いキスで、唇を食われるんじゃないかってぐらいの激しさ。

唇全体も歯茎もベロベロ舐め回されるし。

ぶっちゃけこんなに激しい積極的なキスをされたのは人生で初でした。

トイレが普通よりも広かったので、壁に押し付けられつつ体を弄られた。

「もうおっきくなってる」

ンフッと嬉しそうな声でそう言いながら股間を触ってきた。

「んあぁ~ん」と見た目からは想像できないやらしい声を出しながら舌を入れてくるマナミさんは、勝手にジッパーの中に手を入れてきた。

勃起した息子をやらしい手つきで触ってくる。

もうこれだけでイクんじゃないかと思うぐらい気持ちが良い。

【40代美魔女との体験談】フェラチオ名人とミミズ千匹を持つ熟女コンビと夢のSEX〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (1)

厳選記事PICKUP!