【彼女との体験談】エッチの相性はいまいちだったんですが、とにかく手コキが天才的に激ウマ

tekokijuhgfrd3de
昔付き合っていた彼女なんですが、小西真奈美似ですらっとした長身の綺麗な感じの娘で、エッチの相性はいまいちだったんですが、とにかく手コキが天才的に激ウマ(^^;)

エッチはあまりしたいと思わなかったので、逢うととにかく手コキをお願いしてました。

なのでホテルはお金がかかるのでもっぱら車の中で☆

車の中にはつねにローションを常備していたので、逢うたび逢うたびローション手コキをしてもらってました(^^)

手コキのすばらしさに目覚めた俺は、最高のシチュエーションで手コキをやって貰いたいと考え、色々悩んだ結果、次のような感じでお願いしました。



俺「なあ、今度はさ、マニキュアしてやってくんない?すんごい派手なやつ。なんか興 奮しそう。」

女「うん、いいよ。あとはなにかリクエストある?」

俺「そんじゃ、セーラー服にルーズソックス履いて、俺の足の間で正座しながら手コキ して。そんで最後は顔におもいっきりぶっかけたい。」

女「ほんと変態だね。こんな変態だと思わなかった。」

俺「ごめん、俺変態でいいからお願いだからやってよ。」

女「うん、いいよ、わかった。」

そこでリクエスト通りセーラー服にルーズソックスを履いた小西真奈美が登場☆派手なピンクのマニキュアもばっちし☆

俺「じゃ、お願い。」パンツをおもむろにおろすと、既にギンギンになった息子が彼女の顔の前に。

女「じゃ、失礼します。」足の間に正座し、ローションを手にたっぷりつけて手コキを始める。

俺「やばい、超きもちいい~!」

女「早くしごいたほうがいい?」

俺「うん、超早く!」

女「はい。」俺のツボをしっかりとらえ、猛スピードでしごく。

俺「やばいやばいやばい!超ゆっくり、超ゆっくり!」

女「こう?」またしてもツボを確実にとらえつつ、凄くゆっくりなでるようにしごかれ、快楽にただただ酔う。

俺「あ~、超気持ちいい~!もうイキそう」

女「いいよ、あたしの顔にビュッてかけて」

俺「うん、ぶっかけるよ!」そう言って中腰で立ち上がり、彼女の鼻筋にロックオン。

俺「イク!!」

女「キャっ!!」彼女の鼻筋、髪、ほっぺめがけザーメンが勢いよく発射された。

発射し終わり、冷静になった目の前にはザーメンまみれのセーラー服着た小西真奈美が。

俺「ごめん、でもすっごく気持ちいかった」

女「よかった。でも、次はもっともっと思いっきりビュッてどうぞ☆」

最高の彼女でした(^^;)今はなにしてるかな~?

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!