【姉との体験談】俺達は一日中すっぽんぽんのまま、両親が帰ってくるまでハメまくった

s004_460
俺が中1まで平気で姉貴と一緒にお風呂に入っていた。

姉貴は4つ上の女子高生(2年)だった。

そのころから、姉貴はおっぱいがでっかくなってきて、あそこには毛が生えていた。

もちろん、俺には生えていなくて、皮も剥けてなかった。

でも勃起はしてた。



ちょっと性に目覚めてきた頃だった。

しかし、俺が中2になった頃、毛が生え始め当然剥けてきた。

恥ずかしくなったのと、姉貴が受験勉強とかで一緒に自然と入らなくなった。

ところが、俺が中3で逆に受験勉強が始まったとき、姉貴が英語だけ家庭教師をしてくれることとなったのだが、保健体育の実技まで教えてくれることとなるとは・・・・・・・・

笑ってしまうのが、我が家には冷房がなくて、夏休み姉貴に勉強を教わっているとき、なんと姉貴はタンクトップでノーブラ、しかもホットパンツ、俺もタンクトップでホットパンツでした。

その日は特に暑かった。

姉貴のおっぱいが気になってしょうがなかった。

後で聞くとFカップあったらしい。

勉強に全然身に入らなかった。

そこで、姉貴から水風呂に入ろうとの提案でした。

当然別々に入るもんだと思っていたら、

姉貴「久しぶりに一緒に入るか?」

俺 「えー。」

姉貴「いいじゃん、暑いし、どう?」

黙っている俺に対して、手を引っ張ってお風呂場の着替え場所に連れて行かれ、姉貴はすぐに何のためらいもなく「すっぽんぽん」になりました。

もじもじしている俺に

姉貴「さあ、早く脱ぎなよ。」と実は姉貴の裸を見て、すでに勃起状態。

俺「恥ずかしい。」

姉貴「あたしもう裸だよ、先に入っているからさあさあ。」

もうえいやとおもって俺も脱いでお風呂場に入ると、なんと湯船に水がない。

姉貴「水これから入れるから。」

両手フル勃起したあそこを隠していると、

姉貴「なに隠してるん。こっちはほら隠してないし。」

大きなおっぱいと白い肌にあそこには黒々した毛が生えていました。

手を外すと、

姉貴「お、しっかり勃起して、結構大きいな、彼氏より大きいかも。洗ってあげるね」と微笑みました。

洗ってもらうと、気持ちよくてあっという間に発射しちゃいました。

溜まっていたので、姉貴のおっぱいにかかってしまいました。

姉貴「いっぱいでたね。」

水で洗ってもらって、冷たかったけど、興奮していたので、俺もつい姉貴のおっぱいを洗ってあげました。

そうしているうちに、水が溜まってきたので、

姉貴「入ろう。」俺「うん。」

姉貴「冷たいね。でも気持ちいい。くっついていいよ。」

俺は大胆になって、「キスしてもいい?」言うと、

姉貴「どうしようかな?」といたずらっぽく言うので、かまわず唇を求め抱きつきました。

キスしながら姉貴も乗ってきて、ベロを絡めたり、唾液を交換したり、ますます大胆になった俺は左手で姉貴のおっぱいを、右手で姉貴のオマンコを触りました。

なんとなくぬるっとしてきたかと思うと、姉貴があえぎ始めました。

姉貴「立ってごらん。」と言われ、立ち上がると姉貴は俺のすでに勃起している息子をフェラチオしてくれました。

俺「出そう。」姉貴「出していいよ。」2度目の射精でした。

姉貴「こんなに出たよ。」と言って、手のひらに出して見せました。

姉貴「○○もなめて」と言って、湯船にふちに足を広げて見せました。

俺は初めて見るあそこに感動しながら、本能のままに舐めました。

すると姉貴は声を出して感じています。

姉貴「もう我慢できない。」と言って、俺をお風呂場の床に寝かすと69の体勢になり、俺の勃起したあそこを確認すると、姉貴が湯船に手をかけて後ろから入れるように言われて、バックから初体験しました。

姉貴「いきそうになったら抜くのよ。腰を動かして。」

言われるまま激しく腰を動かすと姉貴はますます感じています。

俺は2回出しているので、何とか持ちこたえると、

姉貴「あんた初めてか?なかなか舐めるのもエッチもすごい。」と言って、がくがくとして姉貴が先にいってしまいました。

そして、お互いに満足してお風呂場から上がると、なんと姉貴は服を着ようとしません。

姉貴「暑いし、このほうが気持ちいいよ。○○も服着ないで。」と言われたので、お互いにすっぽんぽんのまま、再度勉強かと思いきや、「保健体育の実技やね。○○は3回目いってないやろ。」と言って、布団を引いてそのまま続きをすることとなりました。

姉貴が寝転ぶと今度は正常位で入れるように言われたので、すでに勃起しているチンポを姉貴に突き立てました。

激しく動かしていきそうになると、抜いて姉貴の腹に薄くなった精液を出しました。

姉貴「あんた上手だね。彼氏よりうまいかも、しかももう3回目だよ。彼氏なんか2回もできないよ。」

すでに俺もう勃起して立っている。

俺「何度でもできるよ。ほら。」

姉貴「さっきみたいに後ろからして。」と言って、もうやり方をすっかり覚えた俺はうしろからチンポをつきたてながら、姉貴の大きなおっぱいを揉みしだきました。

激しく動かして結局4回射精(背中に出しました)しました。

その日は2人とも「すっぽんぽん」のまま、両親が帰ってくる夕方まで過ごして、何度も何度もはめあいました。

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!