【隣の人妻体験談】私の巨根を一目惚れした若妻に突き刺して犯したい①

abeno_miku_2987-006ss
今から告白する内容は、半年間のあった事を告白します。

私は、32歳独身で親の財産で贅沢にも一軒家に住んでいます。  

親のすねをかじっていて、1年前に当たった高額な宝くじもあり仕事もしないで、いつもパチンコ三昧の生活を送っています。

唯一の仕事は、隣りの一軒家も親の所有物件で貸家になっており、私が管理人を親から言われて行っています。

半年前に若い夫婦が入居申込があり入居申込書を見ると、旦那は39歳で若妻は、27歳で子供もはおりません。



手続きは、不動産屋に全部任せていたので夫婦とは、面識がありませんでした。

契約日に夫婦が、挨拶に来た時も親が対応して、私は、影からどんな夫婦か覗いて見ると若妻を見て一目惚れしました。

一目見ただけで、この若妻を自分の物にして、SEXをやりたいと思いました。

実は、私は素人の女性とはSEXをやった事が無く、風俗の女性としかありません。

風俗の女性達は、決まって私のチンポを見てビックリします。

中学生の頃から友達に、デカチンとからかわれていました。

私も自覚していて、自慢の巨根は、アダルトDVDの黒人男優と比べても負けていません。

そんな私の巨根を一目惚れした若妻に突き刺して犯したいと思いました。

若妻の名前は、○○ 恵と私の母親に名乗っています。

身長は、私の母親と変わらないぐらいで、155cmぐらいで、私の見立てでオッパイは、86ぐらいです。

白のミニワンピースから透けて見えるピンクのブラジャーがエロく、私のチンポを刺激してくる。

ミニワンピースにピッタリ張り付いているお尻もキュッとしていてピンクのパンティが透けていてスカートから伸びる足は、細く綺麗で足首がキュッと締まっています。

顔も有村架純にそっくりな感じで、目がバッチリ綺麗カワでもろ私の好みの女性です。

母親の話によると、結婚して半年の新婚さんで、若妻である恵は、専業主婦だそうです。

来週に引っ越しして来るのことで、私は待ち遠しいくて若妻の恵をレイプする妄想をズリネタにしていました。

私は、ある事を思い出して、管理人の立場を利用して前に住んでいた夫婦を盗聴使用として、盗聴器を以前仕掛けていた事を思い出しました。

しかし、前住んでいた夫婦は、年齢がいっていたので使う事はありませんでした。

盗聴器は、コンセントの中に入れているので、常に電気がきているので半永久的に使えます。

私は、やっと盗聴器を使う機会が来たと思い興奮してきていろんな事を想像していたら、もう1つ悪さを考えつきました。

それは、隠しカメラを取り付けて盗撮もやる事を思いついたです。

しかし、隠しカメラは、引っ越しして来た後でないと難しいから準備だけする事にしました。

しばらくは、盗聴器だけでガマンして若妻の恵の情報収集に心掛けていこうと思いました。

待ちに待った一週間後、恵夫婦が引っ越しして来ました。

窓越しに、恵を覗いて、やはりいい女だなと見とれて、今日は暑いからか、服装もTシャツにジャージのハーフパンツで引っ越し屋の男達もチラチラと恵を見てニヤニヤとしています。

多分、恵のTシャツの首の所が広い為、恵の胸元が見えていて、ブラジャーも確実に見られている感じです。

その答えは、すぐに盗聴器越しに分かりました。

【盗聴器の会話】

男A「お前見えたか? 俺見えた ブラジャーの色オレンジだった。」

男B「あー見えた!俺は、ブラチラだけじゃだけではなく乳首まで見えた」

男A「マジ! 乳首を見たのいいなー 俺も見てなー」

男B「見える方法を教えてやろか?」

男A「教えて教えてお願い」

男B「実は、さっき男Aが奥さんに説明していたでしょ その時に奥さんが前かがみになった事に浮きブラになって乳首が見えたんだなー だから、俺が今度、奥さんに声をかけて同じようにするから男Aが覗いたらいいよ」

男A「マジ! 男Bは、いいヤツだなー」

男B「その代わり、俺のスマホで録画してくれよ。後から男Aのスマホにも転送してやるから」

男A「了解、時間かけて話を引き伸ばしてくれよ。」

盗聴器から聞こえてくる会話を聴いて私のチンポが興奮して来ました。

今頃男達は、恵の乳首を盗撮している事を考えただけで、私のチンポは、勃起してしまいました。

再び男達の声が盗聴器から聞こえてきました。

【盗聴器の声】

男B「どう、撮れた。」

男A「バッチリ撮れた。ナイス! 時間を作ってくれたからバッチリ撮れてるよ!」

男B「時間が無いから早く見せて!! オーーー スゲー 奥さんの乳首立ってねー いいねー 」

男A「いいでしょう!!! 俺のチンポが、奥さんのプリンプリンしたオッパイと立っている乳首を盗撮しながら

勃起して途中から気づかれ無いかヤバかった! しかし、たまんねーなこの奥さん!!! 奥さんと一発ヤリテー、いいケツしてるからバックからチンポをを奥さんのマンコに飛び込みてー あー 後から転送頼むね」

男B「了解! でも、俺もあの奥さんとヤリテー まずは、俺のチンポを咥えさせて、最後に奥さんのマンコにチンポをぶち込んで犯してーな。」

それからは、盗聴器から普通の話しか聞こえてきませんでした。

ただ、男Bが上司に注意されてスマホをトラックに置いてくるように言われていたので、何とかスマホをゲット出来ないかと思い外に出て、スキを見てトラックに近づいて気づかれ無いようにスマホを拝借しました。

私は、家に戻るとスマホの録画をパソコンに転送してスマホの記録を消去して水の中にドボと漬けてトラックに戻しました。

後から男Aと男Bは、録画が消えてスマホも壊れたことにビックリするだろうと思いつつ家へ戻りました。

私は、家に戻るとスマホから転送された録画をパソコンで見ると、感動しました。

隣りの若妻である、恵の肌が白いオッパイをそして綺麗なピンク色の小さな乳輪で乳首を見る事が出来て、私は感動と感激に興奮を覚えてチンポは、爆発的勃起をしました。

恵は、盗撮された事や男達にオッパイを視姦された事なんか思いもよらずだったのか、もしかしたら、覗かれていて感じる露出狂なのか分かりませんが、ただ言えるのは、恵のオッパイが、私のズリネタになるのは、間違いありません。

盗撮された録画が内容をある程度確認して、窓越しに覗き、盗聴器を聞くのを続行しました。

昼過ぎには、引っ越しも完了して業者の男達も帰って行き、今頃、男達は悔しがっている頃と思います。

私は、盗聴器を聞きながら、さっきの男達が盗撮した内容を確認をしました。

内容は、胸チラだけではなく、ジャージのハーフパンツ越しですが、くっきりとしたパンティラインの画像もあり、私は改めて興奮を覚えて、近い内に隠しカメラを設置する事を心に誓いました。

盗聴器から恵夫婦の会話が、聞こえてきていて色んな情報が分かりました。

1、 今週は、旦那さんは休みで、来週から三週間海外出張があること。

2、 月曜日と水曜日と金曜日に来週から行きつけの歯科医院に通うこと。

3、 あさっては、2人で買い物に行くこと。

4、 3日後に、恵の親友が来ること。

5、 旦那さんが、恵にコスプレさせていることで、特に高校生の制服が主流なこと。

以上の情報が分かり、私は管理人の立場を利用して計画を立て合い鍵を使って侵入する事にしました。

侵入日は、あさって2人が買い物に出た時です。

【隣の人妻体験談】私の巨根を一目惚れした若妻に突き刺して犯したい②

What do you think of this post?
  • エロいいね (7)
  • エロくない (6)

厳選記事PICKUP!