【マンネリ夫婦体験談】夫の性の興味が娘にいくのを防ぐため、コスプレSEXを頑張る妻

6_20131204101152cec
私は45歳のサラリーマンで、妻は38歳、さらに高校2年になる娘と3人暮らしです。

娘が中学に進学したころから、妻が働くようになり、それが原因のすべてではないのですが、お互いの時間のすれ違いで、SEXは回数が減っていき、最近では、義務的な行為になっていました。

さらに、娘が高校生になり、妻より娘のほうに私の興味が移りかけていました。

もちろん、妻に飽きたわけではありません。

むしろ、妻は日ごろより、いくつになっても女性として見られたいと、努力しており、妻のGカップのおっぱいは、いまだ上を向いており、お尻も今流行のピチピチのパンツを履いたときの,張り具合といったら一瞬で勃起もんです。



ただ、お互いにその気持ちが伝えられない状況だったのです。

ある日、娘が学校行事で、1泊の泊まりになりました。

私はここがチャンスと考え策を練り実行しました。

その日の夜、仕事から帰り、いつもどおり、食事、お風呂と進み、2人は寝室へ向かいました。

私のほうが先に済ませ、部屋で待ちます。

そして、妻が部屋に入ってきます。

私はおもむろに、妻にお願いをしてみました。

「これ、娘の体操服、Tシャツとブルマなんだけど、おまえ着て見せてよ!」

「あなた、急に何言ってるの?馬鹿じゃない?できるわけないでしょ!」

「最近、なんか盛り上がらないから、着てみてほしいなと思って、、、。いつもよりがんばっちゃうと思うよ!」

「だから、無理だって!私とあの子とサイズも違うし着れないでしょ!」

「合わないサイズの服を無理に着たピチピチ感がいいんだよ!いいから着てみてよ!あと、最近娘を見ると勃起しちゃうんだよ!これほんとの話。でもそれが現実にならないように、おまえとまた、前みたいにいっぱいエッチしたいんだよ!ほんと着てみて!」

「あなた、今の本気?絶対だめよ!そんなこと、、、。もう、仕方ないなあ、、、。今日だけよ。」

そういって、着ていたパジャマを妻は脱ぎ始め、ショーツ1枚になった。

そして、目の前のTシャツとブルマを履き始めた。

Tシャツはもちろん、Gカップのおっぱいは納まりきらず、横にいっぱい伸びて、胸の校章も伸びて原型がわからないほど、ブルマも無理して腰まで上げた感じで、裾からお尻の肉がはみ出してしまっている。

「ちょっと恥ずかしいけど、どうなの?似合ってる?ていうか、娘が着ているときより、興奮してくれてるの?」

「すごくいいよ!!、思ったとおり、体操服とおまえの大人の身体のミスマッチ感がすごく興奮する。すごくやらしいよ!」

「もう!だから、あなた勃起してるのどうなの!」

「おまえなんだよ、急にやらしいこと言っちゃって!もっとはっきり、やらしく聞いてみろよ!」

「えっー、だから、あなたの娘に興奮するやらしいおちんちん、私を見て興奮して、硬く勃起してくれてるの?」

「もちろんだよ、硬く勃起させてるよ!自分で俺のこと脱がせて確認してくれよ!」

「わかった、私の前に立って、パジャマのズボンとパンツ脱がせてあげる。」

「ほら、頼むよ!脱がなくてもはっきりわかるだろ!」

「やだぁ、もうこんなに、でも、ちゃんと何もない状態で確認するね」

そう言って、妻は下半身を丸裸にしていった。

「あんた、こんなに大きかった、、、?私こんなの入れたら壊れちゃう。」

「何言ってるんだよ、これを入れて娘ができたんだよ、今日は興奮して、いつもより大きく見えてるんだよ、きっと」

「ほんと、あぁー、でも早く入れてほしい、この硬くておっきいおちんちんで、私いっぱい突かれたい!」

「じゃあ、入れてやるから、思いっきり脚を広げて、閉じないように両手で支えておくんだ!」

「わかった!こうしたら入れてくれるの?こんなにやらしいかっこあなたの前で、私何してるんだろう、、。でも早く入れてほしい、、。」

「よし、じゃあブルマをこうやって端に寄せて、、、あぁーほら、もうこんなに濡らしてるじゃないか、、。お前本当は、やらしいおちんちん好きの人妻じゃないか!」

「そうよ、おちんちん大好きなやらしい人妻なの、今まで、あなたに言えなかっただけ、本当はしてほしくて堪らなかった、、!」

「わかった、これからはお前のこといっぱいやらしいことしてやるから、覚悟しておけよ!」

「あなた、大好き早くお願い!来てぇー。」

私は妻の中に深々と入っていった。最近のSEXとはまったく違う感覚。それは、妻の表情と、喘ぎでもわかる感覚。

いつもは、すぐに終わってしまうピストンは、いつもより長く、激しく続いていった。

その晩は、その1回でお互い眠りに就いた。しかし、朝起きたときいつもと違う光景が、目の前にあった。

そう、妻が、私に跨り、おちんちんを一生懸命にしゃぶっているのでした。

「あなた、おはよう、、。私、あなたを娘にとられたくないの!だから、これから、何でも言って!私、あなたにむちゃくちゃにされたいの!今日は、あの子のスクール水着着ちゃうから!だから、あなたは私としかSEXできないよ!絶対!」

私は、そこまで考えてなかったのですが、結果妻とのSEXが復活したどころか、過去にない激しい毎日が始まりました。

もちろん、娘はまったく知りません。でもちょいちょい、制服やらを借りています。

What do you think of this post?
  • エロいいね (8)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!