【42歳専業主婦体験談】私は2年前の浮気のことで同級生に脅されたんです

5d1fdc53
私は綾子 42歳の専業主婦です。 

主人は3歳年上で、商社勤務であり、海外出張が多いです。 

子供は18歳の娘が一人です。 

ごく普通の暮らしをしていたのですが、信じれないような生活に今はなっています。

約1年前の1本の電話から始まりました。



平日の昼間に掃除をしていると、電話が鳴りでました。

私「はい、○○でございます」

高橋「高橋と申します。旧姓しか分からないけど、△△綾子さんですか?覚えていないかな~ ○○高校で同級だったのですが」

確かに高校の同級生に高橋誠一という人がいましたが、不良グループのリーダー的存在だったため、話した記憶もありませんでした。

私「はい 高橋誠一さんでしたら覚えていますが、どのような御用件でしょうか?」

高橋「名前だけでも憶えていてくれて光栄です。 実は一度会って頂きたくて電話しました。 詳細な内容はその時お話しますよ。」

私「突然、会うと言われても困ります。 同窓会の案内とかなら別ですけど」

高橋「会わなくていいのかな? 綾子さんが困る結果になると思いますよ。」

私「私が困るってなんですか?」

高橋「電話で説明しても分かりずらいだろうから、PCでも携帯でもいいからメールアドレス教えてください。 そのアドレスに内容を送りますから」

私は、ちょっと不安に感じましたが、同級生だし、家のPCのアドレスならいいかなと思いました。

私「家のPCのアドレスな***********です」

高橋「ありがとう。 では一度電話をきって、そのアドレスにすぐに送るようにするよ」

と言って電話が切れました。

私は掃除の続きをして、終わってから気になったのでPCを立ち上げ、メールチェックをしてみました。 

すると見覚えのないアドレスからメールが届いていたので開いてみました。 

内容は次の通りです。

「綾子さんさっきは電話でありがとう。

約2年前浮気をされましたね。 

その相手は私の友人で、写真を見せてもらったら、すぐに綾子さんとわかりました。 

それで学生時代の連絡先に電話をすると、綾子さんのお母さんがでたので、同窓会を計画しているのだが、綾子さんに幹事を手伝って頂きたいので、現在の連絡先を教えて欲しいとお願いすると教えてくれたので、電話しました。

俺の相手もしてほしいです。 

嘘と思われると思うので友人からもらった写真添付します。

この写真を実名でネットに投稿されたくなければ、相手をお願いします。 

携帯電話番号は*******です。  

明日まで電話がくるのを待っています」

その写真は、ホテルで私がシャワーを浴びている写真と男性の上にまたがっている写真でした。 

約2年前、主人と大喧嘩をした後、居酒屋で飲んでいるところに声をかけられ、一度だけした浮気の写真でした。 

その時は写真を撮られたとは気付いておらず、連絡先の交換も行わずに、一度だけと思い込んで、忘れようとしていたものでした。

ネットに投稿され、だれか知っている人に見られたり、主人にバレルと言い訳もできないので、とりあえず電話をしてみようと思い電話をしました。

私「○○綾子です。 メール見ました」

高橋「覚悟は出来ているよね」

私「写真消去してください。 お友達もまだ持っておられるなら、消去するよう伝えてください。 意地悪なこと言わずにお願いします」

高橋「俺 高校の時、綾子さんにあこがれていたんだ。 そのあこがれの方と親しくなりたいだけだよ。 仲のいいフレンドになろうよ」

私「主人もいるので、家族ぐるみのお付き合いとかなら、させて頂きますけど」

高橋「とりあえず一度会おうよ」

迷いましたが、弱みを握られていることもあり、

私「わかりました。 いつ、どこで会いますか?」

高橋「明日18:00に△△駅まえのローソンでどうかな? 俺は車で行くから」

その時は約2週間の予定で主人は出張でしたし、娘はクラブ活動の遠征試合で今日から3日間留守のためちょうどいいと思い、

私「わかりました 明日ローソンに行きます」

高橋「素直だね その時の服装は白のブラウスと下はフレアのミニスカートだけでくるんだよ」

私「服装も指定ですか? 適当な服ではだめなのですか」

高橋「だめだよ わかっていると思うけど、さっき だけ と言ったのだから、下着やストッキングは無しだよ」

私「そんな   そんなことできません」

高橋「従っていなければ、その場でスマホからネットに投稿するだけだよ」

私「絶対に写真は消去してくれますね」

高橋「綾子さんがその日素直に俺の言うことに従えばね」

私「わかりました 従いますので、写真はネットに投稿せず、消去してください」

高橋「当日の連絡のため、携帯番号を教えて」

逆らっても無駄と思い、携帯番号を伝えました。

高橋「わかった では楽しみにしているね」

約束の18:00より15分程前に駅に着いたので、駅のトイレに行き、約束通り下着を外し、ローソンに向かいました。 

ローソンの中は大勢のお客さんがいたので、すぐ横の路地に隠れるようにして待っていました。 

すると携帯電話が鳴りました。

私「はい ○○です」

高橋「もう着いているかな?」

私「はい すぐ横の路地のところで待っています」

高橋「ローソンの中に入って、エロ本コーナーでエロ本を立ち読みしながら待っていて。 すぐに行くから」

私「そんな ここで待っています」

高橋「従わないので、さっそくシャワーシーンをネットに投稿するね」

私「待ってください わかりました従います。」

高橋「最初から そう素直になってね すぐに行くからね」

私「わかりました これからローソンの中に入ります」

私はローソン内に入り、店内を1周した後、本コーナーに行き、最初は雑誌のところであたりの様子を伺っていました。 

指定されたHな本がある前には男性が2人立ち読みをしています。 

その横のマンガのコーナーには3名の男性がいました。 

私の横にも1人の男性がいて、気のせいか視線を感じていました。 

迷っていると携帯電話が鳴りました。

高橋「エロ本読んでいるか」

私「ローソン内に入ったところです」

高橋「早くエロ本読んで、これから始まること期待していな そうしなければわかっているよな」

私「はい これからそうします」

電話を切り、恐る恐るHな本のコーナーに行きました。 

男性の背後に立つような形となり、適当な1冊の本に手を伸ばしました。 

このころから明らかに周囲から視線を感じていました。 

視線に耐えかねながら、本をめくっていましたが、内容は全く目に入らず、早く高橋さんが来てくれることを祈っていました。 

10分程度経ったと思いますが、携帯電話が鳴りました。

高橋「今 駐車場についたよ」

私「すぐに駐車場に向かいます」

高橋「いや ここから見えているので、まず最初の命令に従ってもらうよ」

私「命令ですか?」

高橋「従えなければ、わかっていると思うけど、ネットで公開するし、家族にも不倫したことばらすからね」

私「わかりました」

高橋「ブラウスのボタン5つ外して、エロ本見ている客に、覗かせてあげな」

私「そんな・・・」

高橋「できないならいいよ わかっているね」

高橋「最低10分覗かせてあげて、自分で胸をもんでからコンドームを買って、車においで。 車はすぐ前の白のクラウンだから」

と言って電話が切れました。

前を見るとクラウンに乗った男性がこちらを見て、笑みを浮かべているようでした。

しばらく動けませんでしたが、浮気の事がばれることを考えると、怖くて、片手の雑誌で隠すようにしながら、時間がかかったと思いますが5つボタンを外しました。 

5つ外すと完全におなかの上までボタンをしていない状態でした。 

気のせいか、視線を感じていました。 

本をもとの場所に戻すため、思い切って前に行き、本を戻した後、店中ればならないと思い、隣のマンガ本の下の方を探すふりをして、かがみました。 

2人の男性の視線が感じられました。 

私は我慢をしながら時々時計を見て、早く10分経ってと願っていました。 

すると電話が鳴りました。

高橋「胸をもんでいるか? 早くもみな 罰として、服の上からではなく直接揉むんだ。」

私は言葉がだせませんでした。 

電話が切れこちらの様子を伺っている高橋さんが見えました。 

仕方がないので、思い切って直接胸を揉み始めました。 

私の後ろに回り上から覗き込むようにして見られているのを感じました。 

私はしばらくそうしていましたが、耐えられなくなり、ブラウスをおさえながら、コンドームを手に取り、レジで支払い、車の方へ行きました。

私は車の運転席側に行くと、高橋さんは窓を開けました。

私「これで写真は消してください。 これは必要ないので差し上げます。」と言ってコンドームを窓から渡しました。

高橋さんは笑いながら「まだ始まったばかりだよ。 今日は俺に従ってもらうからね。とりあえず助手席に乗りな」

私は言われる通り、助手席側にまわり中に入りました。

私「もう十分恥ずかしい思いしたので、これで許してください。 お願いですから、あの写真消してください」

高橋「まあ ちょっと落ち着くためにもこれでも飲んで」

と言って、缶コーヒーを渡されたので、言われるまま飲み始めました。

(後から考えると、何か媚薬とか入っていたかもしれません)

高橋「俺 まだ気持ちいいこと綾子さんとしてないし   最初の命令の下着付けていないことを確認するから、胸見せてみて」

私は高橋さんの方を体ごと向け、ブラウスを少し開くようにして見せました。

高橋「それでは胸の谷間ぐらいしか確認できないな。 よく見えるようにブラウスのボタン全部外して、両方の乳首が同時に見えるようにするんだ」

私は一度高橋さんの顔を睨むようにしましたが、すぐに無駄と思いあきらめてブラウスのボタンを全て外しました。 そして前のコンビニからは見えないようにと思い、体を高橋さんの方に向け、前からは見えないようにしながら、ブラウスを開きました。

高橋「高校の時予想していた通り、大きくきれいなオッパイだね。 サイズを教えて」

私「89です」 高橋「カップは?」 私「Eです」

高橋「今度は下だね。 両手でスカートめくって、大事な部分を見せるんだよ」

私はブラウスのボタンをとめようとしました。 

高橋「ブラウスはそのままでめくるんだよ」 

私はあきらめて、スカートをめくりすぐに下げました。

高橋「十分に確認が出来るように、いいよと言うまでめくったままにするんだ」

私は、ゆっくりスカートのすそに手をやり、ゆっくりと持ち上げました。

高橋「不倫するくらいだから、かなり使い込んでいるのだろうな」 

私は何も言えませんでした。 

すると突然高橋さんがブラウスの前を掴んで、一気に肘位まで下げました。 

もうコンビニの中からも見られているはずです。 

高橋「恥ずかしかったら、顔を俺の膝の上にのせて隠れてもいいよ」

私は恥ずかしかったので言われる通り、運転席側に倒れるように顔を持っていきました。

高橋「顔は隠せたので、大胆にブラウスをとるんだ」

私「誰もいないところへ行ってください。 それからならとります」

高橋「命令に逆らうのだね。」

私「ごめんなさい 従います」

出来るだけ、起き上がらないようにしながらブラウスをとると、高橋さんんがブラウスは後ろの席に置くねと言って、後ろに投げるように起きました。

私は両手で胸を隠しながら、高橋さんの膝で顔を隠すこと以外何もできませんでした。

高橋「そこまでしたからわかっているよね。 スカートもとるんだよ」

私は暫く何も出来ずにいました。

高橋「出来なければいいよ わかっていると思うけど、これで終わりにして、ネットにばらまくから」

私「ごめんなさい」と言ってスカートに手を欠け足元にスカートを落としました。

高橋「いい子だね。 スカートもブラウスと同じように後ろに置くんだよ」

私は必至に手を伸ばしましたが、隠れた状態ではスカートに手が届きませんでした。

高橋「起き上がって、スカートを後ろの席に置くんだ」

私は仕方なく手で胸と、下を隠しながら起き上がりました。 

するといつの間にかさっきの2人が車の直ぐ横まで来ていて中を覗いていました。 

私は思わず元のように高橋さんの膝に隠れました。

それと同時に外から「ウオー」のような声が聞こえました。

高橋「早くスカートを後ろにおきな。 それとすぐに出来なかった罰として、オナニーをするんだ」

私「周りで見ている人がいます。 お願いですから誰もいないところに行ってください。そうすれば何でもしますから」

高橋「命令に従えない様なので、このまま外に引きずり出して、帰ってから写真投稿するね」

私「それはやめてください」

高橋「では わかっているよね」

私は仕方がなく、泣きながらスカートまで手を伸ばし、後ろにおいてから、顔を伏せた状態で胸を触り始めました。 

なぜか自分で胸を触るだけで、体がビクッとなっていました。

高橋「助手席のシートを倒して、そこにもたれかかって、下の方も触ってオナニーをするんだ。 胸は俺が揉んでやるから」

私「そんなことしたら、覗いている人に全て見られてしまいます」

高橋「みられるようにするんだよ。 顔は脱いだブラウスで隠すことだけ許してあげるよ」

ここまできたら従うしかないと覚悟を決め、ブラウスで顔を隠しながら、樹種席に座った後、シートを倒しました。 

そこであの部分にゆっくり手を伸ばし、そっと触っていました。 

高橋さんが片手で胸を揉んだり、乳首を摘まんだり、時にはなめたりし始めました。

高橋「本気でオナニーをするんだ。 指をいれるだろ」

私「そんな」

高橋「もう濡れているから入るだろ」

私は見られていると思うと出来ずにいました。 

しかし高橋さんの言う通り、あそこはすでに濡れていました。 

高橋「仕方がないな」 と言ったと思うと、胸を揉んでいない方の手を下に伸ばしたと思うと指をいれてきました。 

しかも2本も入れられ私は思わず「アッ」と声が出てしまいました。 

それから指で感じる部分を何度も出し入れされているうちに、感じてしまい、声を漏らしている私がいました。 

いつの間にか高橋さんも運転席のシートを倒していて、

抱きかかえられるようにして、高橋さんの股間付近に顔を持っていかれました。

高橋「欲しくなってきただろう。 自分でズボンから出して、口で気持ち良くしてくれ」

私は言われるがままに、ズボンのチャックをおろし、手で探りながらチンポを出しました。

すごく大きくてビックリしました。 

今まで見たことが無いくらいで、片手では届かないほど太く、長さもかなり長いものでした。 

私は口には入らないと思い、キスをしたあとなめていました。 

高橋「ここではこれ位にしておいてやるよ」

と言って、運転席のシートをおこしたと思うと、エンジンをかけました。

私は、どうしたらいいかわからずいると、高橋さんに押されるようにして、倒したままの助手席に転がり込むようになりました。

高橋「最後のサービスで、そのまま足を開いて、両足を座面にのせろ」

私は、どうしたらよいのかわからずいると、手で足を掴まれ、座面に足をのせて、M字開脚の状態になりました。 

そこで高橋さんが、顔を隠していたブラウスをとりました。 

私は、窓の外から覗き込んでいる数名の男性と目があってしまい、そこで我に返りました。

あわてて足をおろし、両手で出来るだけ隠しました。

高橋「命令に従えないのだね。 このまま車のロック外して、彼らに好きにしてもらおうかな」

私「やめてください。 従います」 そう言って、さっきの姿になり、片手で顔を隠し、もう一方の手で下を隠すのがやっとでした。

高橋「片手は俺のチンポを握れ もう片方は、お前のおまんこに指をいれろ」

もう言われる通りにするしかありませんでした。 

そうすると車をバックさせ始め、駐車場から出ました。

続きはまた書きます。

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!