【職場の体験談】露出癖のある社長の奥さん②ノーブラ出勤編

sixyatixooogbasann
【職場の体験談】露出癖のある社長の奥さん①覗き編の続き
その後も相変わらず胸チラやパンチラで楽しませてくれてた奥さんだったけど、少しエスカレートしてきたのか時々ノーブラで来るようになった。

興奮で乳首が起ってるのかハッキリとポチポチがわかるほどで、大きく胸元が開いた服だと乳首も見える時がある。

一度「奥さん・・言いにくいんだけどブラジャーしてますか?」と聞いたことがあった。

奥さんは「わかった?家ではしないので慌てて出てきたから忘れちゃったのよ。」と恥ずかしそうに答えたが、その後もよくノーブラで出勤してくる。

俺たちは仕事が終わると会社でシャワーを浴びて帰っている。



冬は寒いので時々しか浴びないが3月から11月の間はほぼ毎日だ。

自宅の風呂代も浮くし、そのまま呑み屋で一杯引っかけて帰ることもできる。

作業服は着替えもあるので会社の洗濯機で洗う・・というか奥さんが洗ってくれるので助かる。

最近になって奥さんと会話していた時にそのことを言うと「私もシャワー浴びて帰ろうかな?」と言い出した。

この春に末娘さんが大学進学で家を出て大奥様も老人専用のマンションに引っ越してしまい(口には出さなかったが社長も家には帰ってこない)風呂を沸かすのがもったいないらしい。

「節約もしないとねぇ。」と言う奥さんに俺は「いいんじゃない浴びて帰れば。」と言ったのだが、どうも一番最後に誰もいない事務所で独りシャワー浴びるのは怖いと言い出した。

「俺、暇ですから奥さんシャワー浴びて出てくるまで待ってますよ。」と言ってあげると「ほんと!嬉しいわぁ」

「じゃあ早速明日から着替え持ってくるわね。」ってことで翌日から俺は奥さんに付き合って帰ることになった。

少し話が戻ってしまうのだが、もう一つ面白い話がある。

オタクっていうのか根暗な同僚たちとも奥さんの着替えを一緒に覗いて以来、結構話をするようになった。

彼らが俺を仲間と思ってきたのか、共通の秘密を持ったからなのかDVDを1枚もらった。

ブルーレイじゃなくて本当に助かった。

奥さんと向かい合った机のPCにDVDをセットしてクリックした。

和式のトイレがモニターに映しだされた。

『見たことあるトイレだなぁ・・・あれっ?これってもしかして?』と思ってると女性の足が映った。

『スカートの一部が映ってるから女性の足に間違いないはず・・・』

『トイレで女性が映ってるってことは盗撮かな?』と考えてると女性はスカートの裾を捲りあげて和式トイレに跨りパンツを下げてしゃがんだ。

そのスカートの柄と色で誰かわかった!

目の前で伝票の整理をしながら帳面に書き込んでる奥さんその人だった。

スピーカーは付いていないPCなので音は出ないが勢いよく小水が股間から噴出された。

尻の穴がヒクヒクしているのが見える。

しばらくしてトイレットペーパーで股間を拭いてパンツを上げてスカートの裾を下してモニターから消えた。

スカート(大半はワンピースだと思うが)は変われど同じ尻がアップで映り小水を噴出させる動画が数本続いた。

今度は小水が止まったと思ったら尻の穴がヒクヒクして大きく外に膨らんだ。

かなり太いウンコが尻穴から頭を出してきたと思ったら見事なまでに一気に長い一本ウンコが出てきて落ちた。

思わず向かいの奥さんの顔を見てしまった。

何回もDVDを見ながら奥さんの顔をチラ見していた。

『俺っていつの間にスカトロマニアになってんだ?』

股間は痛いほど勃起していたが、俺は一回り以上も歳が違う熟女に興味はないし、好みはスレンダーな体型だし、ましてやスカトロなんて趣味じゃない。

なのにここ最近ってか、この会社に来てからおかしくなっちまったのか?

「私の顔に何か付いてる?」奥さんの言葉にドキっとしたが適当に誤魔化した。

『スカトロは趣味じゃないが・・このDVDは貰っておこう。』

ただ彼らに確認したいことがあった。

その前にトイレに行き画像から推測した位置を探した。

トイレのドアを開けると右側を向いて和式トイレがあり左側、その真後ろにはトイレ掃除用のバケツやブラシの他にプラスティックの箱が置いていた。

その箱には小さな穴があり、箱の上のダンボールやら何やら積んでる物をどけて開けるとカメラらしき物を発見した。

とりあえず元に戻し作業場に下りて彼らに聞いた。

「これって会社のトイレやろ?盗撮用のカメラとか誰がやったんや?」

「・・・・・」

「怒ったりはしないよ、怒らないから誰がやったのか教えてくれよ。」

恐る恐る一人が手を挙げた。

「○○さんか・・ビックリすることするなぁ。」

普段ボーっとしている彼にそんな隠しカメラの特技があったとは本当にビックリしました。

「あれって高いんじゃないの?」ちょっと質問してみると

「ハイスペックハードディスク内蔵モバイルレコーダーで9万円ほどです。」

「動画で120万画素、静止画なら800万画素の超高性能ピンホールカメラは1万6千円ほどで・・」

「わかった、わかったけどさぁ・・あれって俺もあのトイレ使ったことあるんだけどもしかして俺のも見た?」

「・・・すみません、ちゃんと消去しました。」

『ありゃ恥ずかしいじゃん!』

話は戻って奥さんの風呂に付き合うようになって俺は考えた。

事務所のローカの向こう側にある休憩室でシャワー浴びてる奥さんがいる。

鍵なんてないから覗こうと思えばいつでも覗ける。

俺ももう長いことやっていないのでいつまで我慢できるかと。

一回り以上年上のポチャ熟なんて俺の趣味じゃねぇって強がり言ってるが股間は我慢してくれないから勃起してしまってる。

それでも2週間余りは理性が勝ってきた。

しかしある日、奥さんは事務所の机の上に着替えやバスタオルとか入ったバッグを置いて行こうとした。

「奥さん着替え忘れてますよ。」

「あっ!うっかりしてたわ。」

その日はそれで済んだのだが、数日後だったか俺がトイレに行った間にシャワーを浴びに行ってました。

トイレから出ると誰もいない静かな職場ですからシャワーを浴びてる音が聞こえてました。

事務所に戻り奥さんの机を見ると着替えとか入ったバッグが置いてある。

『うーん、休憩室まで持ってってやろうかなぁ。』しばらく考えてましたがムラムラと変な考えが起きました。

俺は事務所の向かいにある備品室に隠れた。

あの奥さんが着替えてた部屋だ。

ドアには換気用のスリットがあるのローカや事務所のドアは見えますから絶好のポジションです。

シャワーを浴びる音が途絶えしばらくするとヒタヒタと足音が聞こえてきました。

スリットから斜めに見てると真っ裸で濡れた髪の毛の奥さんが歩いてきました。

大きな胸に大きなお尻、ちょっと出っぱったお腹に濡れたタオルを当てて事務所のドアの前に立って何かドアを開けるのを迷っている様子。

しばらくしてドアノブに手をかけて少しだけドアを開け顔だけ部屋を覗くように突っ込み俺の名前を小声で呼んでいました。

真後ろの俺から見ると大きな尻を突き出した状態で息子が超勃起。

「ちょっとー!いないの?」段々と奥さんの声が大きくなりだし、その声のタイミングに合わせて備品室のドアを開けて奥さんの後ろに屈みました。

股間から濡れた陰毛が下がっていてそこからまだポタポタと滴が落ちています。

『もっと股を開いて尻を突き出してくれたらなぁ』尻は思ったとおりに突き出してくれたのですが残念ながら股は軽く開いた程度なので尻穴が僅かに見えるほどでマンコは見えません。

『スレンダーな女ならもっと見えるのに、だから太った女はダメなんだよなぁ。』勝手なことを思いながら、しかしいつまでもこんな状態ってわけにもいかず思い切って声をかけました。

「呼びましたかぁ~~~!」

「えっ?」奥さんは振り返りローカを一度見てから目を下にやり屈んでウンコ座りした俺を見つけ少し間があった後、

「きゃーーー!」と叫ぶと後ろ向きで事務所に倒れこみました。

仰向けにひっくり返り弾みで両脚は大きく股を開いた状態で天井向けに上がりました。

『おわっ!ラッキー♪マンコ丸見えじゃん。』

奥さんはすぐに姿勢を直し股間を鎖し胸とお腹を両手で隠しましたが倒れこんだ拍子に持っていたタオルは事務所の端に飛んでいました。

「なになになに?どうしてそんなとこにいるの?」ちょっと奥さんはパニくってましたが、俺も一瞬どうしようか迷いましたが、最近いつものようにガン見することにしました。

どうせ奥さんは露出癖があるのだし、今回着替えのバッグを忘れたのも計画的?

俺に裸を見てほしかったのかもと考えジックリと見せてもらうことにしました。

奥さんも少し落ち着いてきたのか口調もいつものような感じになってきて

「そ、そんなにジロジロ見ないでよ恥ずかしいわ。」

「こんなおばさんの裸なんか見たら目が腐っちゃうわよ。」なんて言いながら膝を立てて少しずつですが膝の間隔が開いてきました。

『やはり見てほしいんだな。』確信しながら、

「いえいえ綺麗な身体してますよ。」とお世辞を言うと、

「おばちゃんだし・・おまえは豚だって主人にも言われちゃったしね。」と俯いてしまいました。

その一言から泣き出しそうな雰囲気だったので、

「そんなことないですよ奥さんの裸ならジックリ穴が開くほど見たいです。」よくそんなこと言えたなぁと自分でもビックリでしたが奥さんは、

「ありがと・・お世辞でも嬉しいわ。」そう言いながらお腹を隠していた左手を俺に差し出す、と

「ごめんなさいね起こしてくれる?」と言ってきました。

「ああ・・気づかずにすみません。」俺は奥さんを引っ張り上げて立たすと突然抱き着いてきました。

少し鼻声で「主人がね・・おまえみたいな豚女は抱けないとか酷いこと言うのよ。」

「酷いこと言われるのは昔から慣れてるけど本当に抱いてくれなくてね・・・もう十数年も。」

『これって俺に抱いてくれってこと? 俺とやりたいってこと? どうする俺!』

俺は奥さんの顔を上げ唇を重ねた。

迷ったのだが自然と体が動きそうしたのだ。

舌を絡めると奥さんは俺の舌を引き抜くほどの勢いで吸い付いてきた。

両手で奥さんのお尻を揉みながら尻肉を拡げ壁に掛かった大きな鏡に映してみた。

尻穴がヒクヒクしてるような感じで思わず盗撮DVDの太い1本ウンコのシーンを思い出した。

奥さんの体を少し反転させ壁に身体を預けさせ陰毛をサワサワと撫でてみる。

あまり濃くない柔らかな陰毛だ。

マンコに指を2本滑らせた。

あきらかにシャワーで濡れている身体とは違いヌルっとした淫汁で濡れているのがわかった。

それも半端な濡れ方ではない。

指にその淫汁をたっぷり塗りつけクリとリスへと指を移動・・

『でかいな』とすぐにわかるほど奥さんのクリとリスは大きかった。

人差し指と薬指で挟むようにして中指で優しく触ると、

「ああっうっ!」と奥さんの口から喘ぎ声が洩れた。

本当はじっくり責めるつもりだったが俺も久しくやってなかったので我慢できず即ハメすることにした。

片手でマンコの穴を掻き回し片手でズボンとパンツを下ろして脱ぎ、奥さんの膝を抱えるように片足を上げて股間に逸物をあてがうと奥さんはギューと力を入れて抱きしめてきた。

にゅぷっと亀頭を挿入しズブズブと奥へと突き刺した。

『ちょい緩いマンコだな。』とは思ったがそのままピストン運動に移り奥さんの乳房を片手で揉みながら激しく突きまくった。

「あひっ!あぅ・・」奥さんは小声ながら喘いで強く抱きしめてきた。

緩いマンコだが心地よい吸い付きで逸物に絡んでくる。

久しぶりってこともあり俺は短時間で逝ってしまった。

奥さんの足を下ろしながら逸物をにゅぷっと抜いたが、まだ威きり起っているし俺も一発では物足りないのですぐに二回戦に突入した。

今度は奥さんを机に手をつかせ尻を突き出した格好にさせ尻肉を両手で開き尻穴を鑑賞しながらバックで挿入し突きまくった。

「あひっ!あぅぅ・・はっはっ・・」垂れた巨乳を前後に揺らせながら喘ぐ奥さんの尻穴はヒクヒクしていた。

根元まで突っ込んでやると「ああっあっあっあ・・お、奥まで当たってるぅ~~~!」と声が大きくなってきた。

「どうだいいか?」と声をかけると「いいっ!気持ちいい感じちゃってるぅ~!」と尻をくねらせるように振りながら答えた。

それに応えるように奥まで激しく突きまくってやると、

「あぐぅ・・い、逝きそぅ逝っちゃいそぅ~!」「はぅ!逝くぅー!」と一段と大きな声で喘ぎだした。

「あひぃ~!も、もぅダメェー!逝っちゃうぅー!」その声と同時に俺も発射。

二人ともピクピクと小刻みに震えるように逝った。

奥さんは頭を机に乗せたまま腰が砕けたようにしゃがみこみ膝をついた。

しばらく奥さんの背中を見ていたが両手で尻を持ち上げるとダラダラと俺の二回分の精液がマンコから流れ出て太腿へと伝ってた。

俺は奥さんの股間に手をやり流れ出ている精液を指ですくうように取り、それを尻穴に塗りたくり中指をぶにゅっと突き刺した。

「はうっ!」だらりとしていた奥さんの身体がビクっと動いた。

尻穴に差し込んだ中指を体内でクニュクニュと動かすと嫌がる様子もなく逆に尻を振り出した。

一度中指を抜き人差し指と二本で挿入。

さすがにちょっとキツキツそうだったが、にゅるりと根元まで入りそのまま抜き刺しするように動かすと奥さんは段々と机の上へと体を乗せていき悶えていた。

『これは尻穴は開通しちゃってるな。』そう思った俺は、

「奥さん、お尻の穴は初めて違うね?」と聞いてみた。

奥さんは悶えながらしばらく返事をしなかったが再度問い詰めるように聞くと頭をコクリと縦に振った。

肛門も緩んできたようだし、これは俺も初体験と思い、

「じゃあ尻マンコいくよ。」と声をかけながら指を抜くと、

「だめぇー!無理!」と起き上がりながら言ってきた。

「なんだよマンコはいいのに尻マンコはだめなのかよ!」俺も少しムッとして言い返すと、

「主人のは・・主人のは小さいから入るけど、あなたのみたいに大きいのは無理よ裂けちゃうわ。」と小声で言ってきた。

俺の逸物は自慢・・するほどでもないが他人よりは大きいのは大きい。

しかし二本の指で掻き回した感触から入りそうだと思ったが、それより旦那(社長)のチンコってそんなに小さいのかと聞くと、

「長さはそこそこだけど細いから・・」だってさ。

それでも諦めきれない俺は奥さんを机の上に押し倒して前後のマンコに指を入れ掻き回しながら交渉を続行し説き伏せた。

「我慢できないぐらい痛かったら止めるからさ。」最後のこの言葉に奥さんは首を縦に振った。

股間から集めた精液と淫汁を肛門と逸物に塗りたくり亀頭を肛門にあてがった。

「お尻の穴の力抜いて。」と声をかけながらズブズブと挿入していった。

「あぐぅ・・」亀頭が入った時点で奥さんの腰をしっかり掴み一気に挿し込んだ。

「あぎゃー!くっくっくぅ・・」奥さんは必死に気張ってるようだが俺は尻穴の締りの良さに絶句した。

そのままゆっくりと根元まで挿し込み今度はゆっくりと引き抜くように何回も動かしてると

「ああぁぁ・・な、なんか不思議な感じ・・あふっ!」と奥さんは喘ぎだした。

尻穴の締りのよさに今夜3発目だってのに数分で発射してしまった。

すると奥さんは突っ立ってる俺の逸物を咥え舌で丹念に舐めまわした。

『えっ?尻穴に突っ込んだチンコだぞ汚いじゃん!』しばらく舐めまわしていたが、

「一緒にシャワー浴びない?」奥さんに引っ張られて俺はシャワーを浴びに行ったがそこでまた尻穴に一発。

一晩4発なんて二十代前半以来だった。

【職場の体験談】露出癖のある社長の奥さん③告白編へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (4)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!