【母親との体験談】僕の母さんは人妻専門のデルヘル嬢

c502de7f
僕の母さんは、人妻専門のデリヘルで働いています。

自分の小遣い欲しさに働いている為、父さんも姉さんもこの事は知りません。

故に仕事も平日の昼間だけです。

源氏名は恭子。年齢は45歳なのに、35歳と10歳も歳を偽っています。

もっとも、童顔で背の低い母さんは、35歳と言ってもギリギリ通用するみたいです。



僕は20歳の会社員なのですが、毎週水曜日が休みで、休みの日には昼間からよくデリヘルを利用していました。

たいていが普通のデリヘルなのですが、時々歳上の女性に甘えてみたくなり、人妻専門のデリヘルも利用してたのです。

その日も今日は歳上の女性っていう気分で、ホテルから人妻専門デリヘルに電話をしました。

そして30分位して現れたのが母さんだったのです。

僕も驚いたけど、母さんも驚いていたみたいです。

「デリヘルとかって、よく利用してるの?」

「うん…毎週休みの日には」

「毎週 毎週お母さんみたいなオバサンと寝てるの?」

「いや、人妻はホントたまにだよ。 母さんこそこんな仕事…父さんは知ってるの?」

ホテルのソファーに並んで座って、僕と母さんは気まずい雰囲気の中で、そんな話しをしていたのです。

「お父さんとお姉ちゃんには内緒よ お願いだからお父さんとお姉ちゃんには何も言わないで。 そのかわり……」

「そのかわり……?」

母さんがいきなりキスをしてきました。

母親とは思えない濃厚なキスです。

唾液を絡ませ、舌を絡ませてきます。

ねっとりとした大人のキス。

僕の股間はムクムクと母さんに欲情してきました。

母さんがそんな僕の股間を触りながら唇を離しました。

「母さん……」

この近親相姦のサイトを知って以来、少なからずとも母親や姉とのセックスに感心があった僕は、再び母さんの唇を求めて抱き締めていました。

後で知った事ですが、母さんも若い男性客とのセックスをしている中で、僕とのセックスを妄想したりしていたそうです。

「見せて」

母さんが僕のズボンのベルトを外しにかかります。

デリヘル嬢が来てから一緒に風呂に入ろうと、僕はまだ服を着たままでした。

「何か恥ずかしいな」

そう言いながらも、僕は母さんに任せるままズボンとパンツを脱がされていきます。

「こんなに大きくして」

実の母親の目の前に勃起した肉棒を晒すのは、恥ずかしくもあり、また興奮もしてきました。

「お父さんのより若々しくて立派だわ」

そう言って僕のチンポをペロペロと舐め始めました。

母親に舐められているという感覚からか、今までの女性達のフェラチオとはまるで違った感触です。

「母さん…美味しい?」

「ええ、とっても」

今までの母さんのイメージからは想像すら出来ないくらいのエロい表情です。

母さんは僕のチンポに唾液を垂らすと、それを喰わえ込み、ジュボジュボと厭らしい音を発てて、頭を上下に動かしながらフェラをします。

「あああ……母さん……」

僕は母さんにフェラチオをされているという思いに、いつもより早く絶頂を迎えようとしていました。

「うっ」

母さんの頭の動きが止まりました。

尿道の中に残ったザーメンを吸いとるように吸引します。

「いっぱい出たね」

口の中のザーメンをしばらく舌で楽しむと、ゴクリと飲み干し、うっとりとした表情を浮かべています。

「お母さんも舐めてほしいけど、お風呂に入ってからね。 一緒に入ろうか?」

「駄目だ」

「きゃっ」

僕は母さんを押し倒した。

「風呂に入る前の母さんのおまんこを舐めてやる」

「や…やめて ちょ…ちょっと」

暴れる母さんを無視してスカートを捲り上げ、パンツの上からおまんこを触った。

わずかにしっとりとしている。

「や…やだ、恥ずかしい」

両手で顔を押さえて動きが止まった。

どうやら母さんも、息子との愛撫に興奮しているようだ。

「母さん、息子のチンポをしゃぶってマンコ濡らしてんだ」

僕は一気に母さんのパンツを脱がした。

その母さんの股間には、あるべきはずの陰毛がなかった。

「母さん…これ……」

「この間のお客さんに剃られちゃったの。 この方が10歳は若く見えるって。 お母さん歳を10歳ごまかしている上に10歳若く見えるって事は25歳に見られたんだから」

呆れたものだ。

陰毛が無い分、クッキリと見える。

しっとりと濡れている母さんのおまんこ。

どの女性のおまんこよりも綺麗に見えた。

左右に開いて顔を近づける。

「あっ…く…臭くない?」

「全然臭くなんかないよ。 いい匂いだ」

「あっ…あっ…いやっ……」

母さんのおまんこに舌を這わせる。

ツルツルのおまんこは舐めやすい。

僕が舌を這わすたびに、45歳とは思えない可愛い声が漏れる。

どんなに舐めとっても、次から次へとマン汁が溢れてくる。

「もう、我慢出来ないよ」

僕は母さんのおまんこにチンポを突き入れた。

「ううっ…母さん……気持ちいいよ」

ゆっくりと腰を動かしながら母さんのヌルヌルマンコを味わう。

「ああぅん…あっ…あっ…お母さんも気持ちいいわ…ああ……」

母さんも僕のチンポに感じながら締め付けてくる。

「母さん…イク…イクよ」

「あっ駄目っ、な…中には出さないで」

僕はイク寸前、母さんのおまんこからチンポを抜き、パイパンのドテに二度目のザーメンを吐き出した。

「もうすぐ時間だからゆっくりお風呂には入れないわね」

時計を見ると、もう一時間半が経とうとしている。

僕は延長してもよかったが、母さんが勿体ないからと止められた。

「この続きはお家でしましょう」

僕は頷いて母さんにキスをした。

母さんがホテルを出た後、僕も軽くシャワーを浴びてホテルを出た。

次の仕事が入っていなければ、家で母さんが待っている。

この日から毎週水曜日に僕と母さんは性行為を楽しんでいる。

母さんもデリヘルの仕事は辞められないけど、僕に合わせて毎週水曜日は休みをとってくれたのだ。

毎週お金は取られるが、一万円でたっぷりと遊んでいられるのだから安いものだ。

とはいえ、母さんとの関係も4ヶ月。

そろそろ若い娘の肉体を摘まみ食いしたくなりつつもある。

有給でもとって、デリヘルにでも電話してみようかな。

What do you think of this post?
  • エロいいね (3)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!