【寝取られ体験談】社員旅行から泥酔して帰宅した妻のマンコに大量の白い液が…

0fhkfhgfkgjggjj
昨年の11月に妻(千絵:35歳)が仕事を始めました。

家のローンや子供の習い事に出費が重なり、少しでも家計の足しにと始めたんです。

車で10分の距離にある土建会社の事務員。

社員10人程の小さな会社で、前の事務員さんが50代の年配で孫の世話をしなくてはいけないと言うので、募集した様です。

数年前までは倒産寸前だった会社も東日本大震災の影響で、持ち直し今は忙しいそうです。



とは言え、数年前に若い連中は皆辞めてしまい、今は殆どが40後半から50代で、最近30代の若い人が入ったと聞きました。

妻が仕事を始めた年末、職場で着ていると言う制服を始めて見ました。

ピンク色の制服は下がタイトスカートで、上は長袖のオーバーブラウス。夏はブラウスにベストを着る様です。

始めて見る制服に妻に試着をお願いすると”いいよ!そんなに気になる?”と言いながら妻が着替えてくれました。

明らかに短いタイトスカートに妻には窮屈なサイズの制服。胸の大きな妻は胸元のボタンがはち切れんばかりで、凄く厭らしく見えます。

社長の下心が丸見えで、社員全員に毎日妻が厭らしい目で見られている姿が思い浮かび、怒りや嫉妬以外に異常な興奮が湧き上がって、股間が熱くなってしまいました。

考えて見れば男だけの職場に、30代の人妻が事務員として来れば男達の注目を浴びるのは当たり前で、スカートの奥に見えるパンチラ姿は、男達の目の保養となっている事でしょう。

その日は、妻の会社は忘年会で、妻を除くメンバーは1泊で温泉旅行に行ったそうです。

妻は家庭の事もあるので…と言う理由で欠席しましたが、きっと他のメンバーは残念に思ったに違いありません。でも私はホットした所もあるんです。

妻は酒が入るとエッチになる所があって、若い時はキス魔と言われた事もあるんです。

女友達にもキスを求め、気が付けば朝…と言うのは当たり前です。

何度か飲み会を誘われていた様ですが、偶然にも子供の行事や家族の予定と重なり、半年間酒の席に行く事はありませんでした。

それが今年の5月連休に、初めて妻が会社の飲み会に参加する事になったんです。

連休中、子供が実家の両親と一緒に小旅行に出掛ける事になり、私も友達と飲む事になっていたので、妻は断る理由がなかったんです。

その日の夜、友人達と23時位まで飲み歩き自宅に帰ると妻の姿はありません。

先に風呂に入り、リビングで寛いでいると12時過ぎに玄関の方で物音が聞えました。

玄関を開けると、妻が玄関脇で泥酔状態。

”おい!大丈夫か?”

”ふぁ~い…大丈夫でぇ~しゅ”

”こんなになるまで飲んで…”

”アレ~パパ今日カッコいいね~キスしちゃおう”

抱き抱えると同時に妻がキスをしてきて、終いには舌を入れて来る始末。

リビングのソファーに寝かせて気づいたんですが、胸元のボタンが1個ズレで付けられていて明らかに脱がされた感じでした。

スカートを捲るとストッキングが所々破け、パンツにシミが…。

息絶えた様に爆睡を始めた妻のお尻を上げ、パンティを脱がせてみると、マンコから大量の白い液が…。

”やられたんだ!”

目の前で横になる妻のマンコからは他人の精液が溢れていて、その姿を見て私の股間は熱く大きくなっていました。

怒りや嫉妬よりも興奮を抑えられない自分は他人の精液で汚れた妻のマンコへ自らの肉棒を挿し込み興奮を鎮めていました。

証拠写真を数枚撮り、動かない妻を抱きかかえながら、汚れた体を洗い流しました。

何人の精液を出されたのか?妻のマンコからは大量の精液が溢れだし、私は指を指し込んで掻き出したんです。

翌日、もちろんですが妻は犯された事を覚えていませんでした。

日中、私は妻の会社の社長宅へ1人で出掛けました。

田舎の豪邸と言った感じで、初めて見る社長が出て来ました。

年齢52歳の妻子持ち。

妻の名前を出すと、突然の土下座。

リビングに案内され、事の事情を聞きました。

『面接の時に、妻の体(特に胸)に目を引かれ、採用決定。社長の趣味でミニタイトスカートにしたらしい。目論見通り、妻のパンチラは毎日拝め、社員全員のアイドル的存在に…。日中でも下ネタに付き合う妻は、年配男性達の憧れの的になり、軽いタッチ(お尻や胸)は 妻も公認だった様です。昨晩も酒が入った妻はハイテンションで、下ネタで盛り上がったそうで、やがて妻の飲み癖が出て、1人の男性とキスをしたようです。辺りが満足する筈も無く、妻は男性全員とキスのサービス。その内体に触れる者や、スカート捲りアソコを悪戯する者が現れ遂には妻は裸体を曝け出す事に…」
 
社長が奥から昨夜の写真と映像を持って来て”これは返します”と手渡された。

その場で確認すると、妻が男性の物を咥えながら、バックから肉棒を挿し込まれ、ハァハァ息を荒らしながら乱れる姿が映しだされていた。

見慣れた筈の妻が、凄く厭らしい良い女に見えてくる。

次々と咥える妻は、何度も逝き捲り遂には潮を噴き上げていました。

犯される妻の姿に、昨夜同様の興奮が湧き上がり股間はMAX状態。

”奥さん!凄く良い体付きしてますよ。本当に羨ましい”

”他の従業員だって結婚しているんでしょ”

”全員妻子持ちです。身勝手なのは承知で、家族には言わないでいただけませんか?”

”まぁ妻にも非がある訳ですから、この件は…”

”ありがとうございます”

”妻は昨夜の事を覚えていません!皆さんが今まで通り普通に妻に接するんでしたら”

”もちろんです”

”妻が働いてくれて家計は助かっています。これからもお願いします”

”そう言って頂けると助かります”

帰り際、私は社長に口止め料ならぬ、謝礼金を少し頂きました。

その後、妻は以前と変わらず土建会社で事務員の仕事を続けています。

毎日従業員の方々にパンチラを見られながら伝票を切っている事でしょう。

5月は気温も高く、妻は夏服に衣替えをしました。会社で用意してくれたのは、透け透けの胸元が開いたブラウスに窮屈なベスト。

従業員に少しのサービスと思い、最近妻には透け透けのエッチな下着をプレゼントし、毎日付けさせています。

社長とは時々連絡を取り合う中になりました。

日々の妻の状況を聞いたり、従業員達が暴走しない様に見張る為です。

What do you think of this post?
  • エロいいね (6)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!