【パイズリ体験談】巨乳の部下にやっとのことでしてもらったパイズリ〈前編〉

130722c_as001tn
私はサラリーマンとして中間管理職というポジションで働いています。

妻と子が二人いてどこにでもあるありふれた家庭です。

私はおっぱいが好きで、妻はDカップあって満足していた。

基本的には今でも毎週セックスしています。

ある日、私の下に新人の女子社員が配属されてきました。



ポニーテールがよく似合う若い娘で顔は芸能人で言うと瀧本美○さんに近い。

背は160センチくらいで普通。

まだ初々しいリクルートスーツに胸の膨らみがボリューミーでした。

彼女が配属されてから数日、歓迎会で話をして評価を得たいのか、かなり話をしてきた。

それから仕事をする上で、二人で営業に行くこともあり帰りに呑みに行く機会が何度かあった。

当然私みたいなスケベ親父はおっぱいが気になって仕方がない。

正面に座っていれば、谷間が見える。

横に座ればおっぱいのボリュームが見えるで二人で呑みに行くのが楽しくなってきた。

私はだんだんとおっぱいちゃんの魅力に吸い寄せられて、配属から2ヶ月もしたら、彼女を連れて毎週呑みに行くようになった。

仕事場では部下と上司だが、呑みに行くと友達のようにため口になっていた(笑)

ボディタッチが増えてきて、身体があたるのも、テーブルの下で足がぶつかるのも興奮した。

私は男女問わず下ネタで笑いを取るタイプで、彼女にも仕事以外では下ネタを使っていました。

彼女も酔っている時は乗っかってきてエッチな話もするようになってくると、初体験は中学三年生の時の彼氏で、今に至るまでに高校で一人、大学では二人。

うち大学の時の彼氏のうち一人はすぐ分かれたからHはしていない。

その他の人とはHしたけど、彼女はそんなにHが好きでは無いらしく、そんなにしていないと言っていました。

彼女の話だと彼氏から無理矢理やられることが多く、生でHしたことも何回かあり、全て外に出したそうです。

その時に、

「いつもおっぱいにかけられました」

このフレーズは頭から離れません。

そこからおっぱいの話になって何カップなのか聞いてみた。

私「てか何カップあんの?」

彼女「私ですか?」

私「お、おう」

彼女「えー言えませんよ」

結局教えて貰えなかった。

それでも

1.職場で見た谷間とブラチラと胸の膨らみ

2.ヒップのパン線

3.下ネタで聞く彼女のエッチな話

この三本柱を元に嫁とHしている時は彼女とHしているような想像をしていました。

そうこうしながら冬に彼女と二人で一泊二日の出張ということで行ってきました。

その時の移動中の電車で満員だったのもあって、流されて彼女と向かいあう形で壁に追いやられました。

彼女のおっぱいが私の胸に押し付けられて、その柔らかさが堪らず勃起してしまい、彼女の身体にも当たってるのが分かりました。

周りの人に聞こえないように小声で勃起したことを報告したところ、彼女からは「もー」っと恥ずかしそうにしていました。

夜は翌日の打ち合わせという名目でホテルの部屋に呼んで呑みました。

打ち合わせと言っても、時間の確認くらいしか無くあとはいつもの友達感覚で呑んでいました。

その場で、

「今日勃起しちゃったわ」

「当たってた?」

と彼女に言うと、

「何やってるんですか!ビックリしましたよー!」

と当たったかと言う質問には答えになっていませんでした。

「仕方無いだろーおっぱいスゲー当たってたし」

「てかおっぱい柔らかかった。何カップあんの?」

っと二回目のカップサイズを聞いた。

彼女「柔らかいとか分からないでしょ?服着てるし、ブラあるし」

私「柔らかかった」「で、何カップあんの?」

彼女「秘密です」

こうして彼女は何カップなのか教えてくれなかった。

それでも彼女が自分の部屋に帰ってから一人でその日の出来事をオカズに抜きました。

あまりオナニーをしていませんが、いつもの嫁とのHより勃起していて違う気持ち良さだったと思います。

この出張から月日が流れて、春前に平日に取り引き先と飲み会があり、中々抜け出すことができなかったのもあって、家が遠い私は終電を逃してしまいました。

彼女も飲み会に参加していて、私がビジネスホテルを探しているのを見て「よかったらうちに泊まります?」と一人暮らしの部屋に呼ばれた。

さすがに部屋に泊まるのは気がひけたけど、淡い期待を抱き、行くことにした。

彼女の部屋に入って、翌日も仕事だからと彼女はすぐにシャワーに行き、私もシャワーを借りました。

シャワーの前に風呂場の前で彼女の洗濯カゴを見つけて、ブラウスの下にあるブラを取り出しました。

黒で白いレースが入っているそのブラは何度かブラチラで見たことがあり、満を持してタグを見ました。

その瞬間、なんとも言えない興奮といやらしい感情が渦巻いていたと思います。

そこには「G65」という文字が刻まれていました。

感動しながら風呂場に行き、勃起して我慢汁の付いたチンコを洗い、すぐにオナニーを済ませました。

部下の風呂場でこっそりとオナニーするのはだらしない姿ではあるが、それだけ興奮していたんです。

しかし問題はその後だった。

彼女が寝る前に歯磨きをしに行って帰ってきた後、床で寝ようとしていた私にベッドで一緒に寝ようというのだ。

結局、私はまた淡い期待を抱いてベッドに移りました。

シングルサイズで身体が当たります。

年甲斐にも無くドキドキして眠れませんでした。

この時にも知っている上で、何カップなのか聞いてみたけど教えてくれませんでした。

ヘタレかと思われるかもしれませんが、この時は何も手を出さずに翌朝出勤しました。

これが功を奏したのか、私が終電を逃すような事や、次の日私が会議で早く出社しなければならない時があれば、彼女が泊めてくれるようになりました。

また、嫁には接待で終電を逃すのはよくあるおかげで、ホテルに泊まっていると言っても疑われることはありませんでした。

泊まる機会が2回程あり、泊まるようになっても手を出すような事はしませんでした。

その変わり、シャワーを借りる前にはブラを毎回チェックしていました。

半年後にようやく進展するきっかけを迎えました。

泊まるようになって半年の間、手を出すことも無く同じような事をずっと繰り返していたのはアホだと自分でも思います。

具体的にはいつものように彼女の後にシャワーに行き、シャワーを浴びる前にブラを取り出して、風呂場でオナニーを済ませた後に寝る前に脱衣場で一緒に歯磨きをしました。

その時、私が取り出したブラを洗濯カゴの一番上に置いたままにしていました。

私はそのブラを手に取り、

「お、ブラジャーゲットー」

と彼女の前でブラを広げました。

そんな私を見て「あ、やべっ」っと言う彼女の前で初めてタグを見たかのように、

「お前Gカップあんの?」

「すげーっ」

と驚いた素振りを演じました。

すぐにブラを奪われ、

「恥ずかしいから誰にも言わないで下さい」

と言われました。

これが彼女の中で私に何カップなのかばれた日の出来事です。

都合が良いことに彼女はいつもブラはタオルやブラウスの下に隠すのに、この日は忘れていたと勘違いしてくれた。

かと言っても手を出すことは無く、いつものセクハラにGカップをいじるのが加わっただけでした。

「Gカップ揉ませろよ」

「今日はどんなブラ?」

「谷間見せてよ」

こんなフレーズは呑みに行くと、毎回のようによく言ったものだ。

私のセクハラ発言に彼女も慣れたもので毎回上手い具合いに流されたさ。

たまに「可愛いブラ」っとブラだけ答えてくれたくらいです。

それから1ヶ月か2ヶ月くらいして彼女が仕事で大きなミスをしたから上司の私と彼女の二人で対応に追われて、帰りの終電を逃してまた泊まることになった。

いつものルーチンの後に一緒にベッドで寝るんだが、寝る前に彼女が謝ってきた。

私はそんな彼女に、

「じゃあ罰としておっぱい揉ませて?」

揉めたらいいなという軽い気持ちでそう言った。

彼女は数十秒黙って口を開いた。

「いいよ」

念願のおっぱいを、憧れのGカップのおっぱいを、やっと揉む許可がおりた。

背を向けていた彼女の後ろから手を回して、服の上から右手で揉んだ。

ブラとシャツの上からだったが、創造していた通りの柔らかさで感動だった。

パンツの中では勃起したし、我慢汁が出ていた。

いつ止めると言うのは無く寝るまで優しく揉んでました。

彼女は無言だったけど私はというと、

「柔らかい。気持ちいいよ。」

「さすがGカップ。手に収まらないよ。」

と一人でしゃべってました。

「また勃起しちゃった」

っと言うと、

「まささんのエッチ」

っと言われて、それを最後にいつの間にか寝ていました。

この出来事をきっかけに彼女が何かやらかしたら罰としておっぱいを揉むというのが定例となり、彼女もミスはするから二週間に一度は揉み揉みしていました。

不謹慎だが彼女のミスは美味しいものとなった。

かげで人のミスを許す心が広くなった。

そんな美味しい日々を送っていたが、そろそろ生でおっぱい揉めないかと考えていた。

冗談っぽくお願いして、許可が出ればというスタンスで行きたかったのもあって、中々次の手が思いつかなかった。

結局、また数ヶ月後、もう冬だったけど、いつもみたいに寝る前におっぱいを揉み揉みしました。

この頃になるとミスをしなくても普通におっぱいを揉むようになっていました。

スエットの上からおっぱいを揉むといつもと違う感触が、

私「あれ?ブラは?」

彼女「今日してない」「最近ブラきつくてしてないの」

後から分かったことだが、彼女は太ってしまったわけでも無く、Hカップに成長していた。

ありがたく、ブラ無しで柔らかいおっぱいを揉み揉みしていくうちに服の下に手を入れてみたけど彼女は何も言わなかった。

描くのを忘れていましたが、彼女の体型は太っているわけではなく、手や脚は細い方だし、お腹周りも肉は無いが、男の好きなところには肉が付いているムチムチ体型です。

篠崎○ちゃんの肩幅がもう少し狭いのをイメージして貰えばいいかな?

この日、生のおっぱいを揉み、この次に泊まりに行く頃には彼女は新しくブラを買っていたから寝るときにはブラをしていました。

その柔らかくて大きなおっぱいへの魅力には適わず、ブラの下に手を入れて揉みましたけど。

彼女からは乳首をいじると感じるからダメだと言われたくらいで揉むこと事態は問題なかった。

さすがに生のおっぱいを好きなだけ揉み揉みしていると、我慢が出来なくなってしまうことがあり、浮気はいかんと彼女が寝静まったのを見てトイレで抜くことが多々ありました。

また、生理の時には胸が張っていたけど、揉み過ぎて柔らかくなる程揉みまくった。

このように部下の巨乳女子社員とよく分からない関係にあり、これはいけないだろ?

何度も思ったが、Hカップを揉める。しかも好きなだけ揉むことが可能という魅力には勝てずにだらだらとこの関係が続いていた。

そして昨日、飲み会の後にまた彼女の部屋に泊まった。

今は、生のおっぱいを揉む方が日課でブラのチェックなんてしていません。

いつものように布団に入って、後ろからおっぱいを揉んでいました。

実は私は昇進が決まっていて、おっぱいを揉みながら彼女にそれを打ち上げました。

私「お祝いしてよ」

彼女「えー何しよっか?何したら嬉しい?ワイン好きだよねぇ?」

私「ワインね~」「ワインもいいけどパイズリしてくれない?」

彼女はちょっと黙って、

彼女「して欲しい?」

私「うん。できる?」

彼女「できるけどー」

私「できるけど?」

私は起き上がり、彼女を起こしました。

起き上がった彼女は、

「気持ちいいか分からないよ?」

そう言ってたけど、私にはパイズリしたいと言う欲望しか無くそんな事はどうでも良かった。

私「大丈夫。大丈夫。気持ちいいって。」「だめ?」

彼女「えー、恥ずかしいしな」「電気は消しててよ?」

そうして電気をけしたままならパイズリしてくれることとなった。

【パイズリ体験談】巨乳の部下にやっとのことでしてもらったパイズリ〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (2)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!