【バツイチ同士の体験談】抱きたいという衝動が抑えられず温泉旅行へ誘った〈前編〉

2015011117330081e
月曜から金曜まで、研修期間は5日間でした。

5日間ペアを組んだ女性の名は由希、私の8歳年下の29歳でした。

特別美人ではありませんが、淑やかで真面目、清廉なイメージでした。

研修終了後、もう会えないのかと思うと何となく寂しくて飲みに誘ったら、由希は快諾してくれました。

「旦那さん、大丈夫ですか?誤解されないようにしないと・・・」



「私、独身ですから・・・」

「え?落ち着いていらっしゃるから、てっきり奥様だとお見受けしていました。」

「って言うか、奥様だったこともあるんですが・・・幕部さんこそ奥様にご連絡されないと・・・」

「俺も、奥様がいたこともあるんですが・・・」

バツイチ同士でした。由希は、24歳から26歳の3年間、結婚していました。

元夫が外に作った女に子供が出来て略奪されたそうです。

突然、信じていた夫から別れを告げられ、暫く精神が病んだそうです。

私は、27歳から33歳までの7年間結婚していました。

私以外の男を知らなかった4歳年下の妻が28歳の時、奥手な大卒新人君に惚れられて、感激のあまり筆おろしさせてあげたのが大間違い、青年を本気にさせてしまい、密会して関係を続けていたのに私は全く気付きませんでした。

そして私が33歳の冬、突然青年が私の前に現れ、

「奥さんと別れてください。ボクに奥さんを譲ってください。」

妻に相談もなしに私に直談判をしてきました。

寝耳に水の私は狼狽しましたが、一回りも年下の若造の前で取り乱すわけにもいかず、じっと話を聞いたのです。

そして青年は、妻と交わっているデジカメ写真を十数枚取り出しました。

ナマッ白い青年の陰茎を加えているのは妻でした。

右手を陰嚢に添え、舌を絡める絶妙のフェラは私が仕込んだものです。

自分で陰唇を開いて内部を青年に撮影させているのも妻でした。

私が長年使い込んだ膣に差し込まれた青年の生の陰茎に、灰色に色付いた陰唇が絡み付き、本気汁で怪しくヌメっていました。

妻の下腹部に膣外射精された精液が、陰唇を伝う写真もありました。

青年は、デジカメを取り出し数分の短い動画も見せました。

足元に置いて撮ったのでしょう、妻の膣に青年の陰茎が出入りする様子が映っていました。

ニッチャニッチャと妻の分泌汁が泡立つ音に混じって、

「アア、アア、タカちゃんも気持ちいい? 私も気持ちいいわよ、アアンアン・・・今日は、中に出していいわよ・・・アアッ!熱い!熱い!」

「アアー気持イイ。気持ちイイですよー・・・ウウッ、ウッ、ウッ・・・アア出た・・・中に出ました・・・奥さんありがとう、本当にありがとう・・・」

青年の陰茎が膣から抜けると、ドロドロと大量の精子が妻の膣口から流れ出ました。

撮影日は安全日で、前日に私も中出ししていました。

まさか、妻が翌日、若い不貞精子を注入されていたとは知りませんでした。

目の前が暗くなっていきました。

「ボクは、奥さんなしでは生きていけません。奥さんの手、口、アソコ、全てが欲しいんです。奥さんのアソコにあなたのモノが刺さっていると思うと、気が狂いそうです。お願いです。奥さんをボクに譲って下さい。」

妻に話すと、観念したように俯き、

「あの子ね、咥えてあげると、気持ちいいですって、アソコに入れてあげると、嬉しいです、感激ですって喜ぶの。射精した後は、ありがとうって感謝されるの。私、してもらうより、してあげたい。あの子を気持ちよくさせてあげたいの・・・」

息子が一人いましたが、妻が連れて行きました。

絶望感だけが残りました。慰謝料は400万円貰いましたが、そんなものはどうでもいい気がしました。

不貞の事実は離婚を決意させましたが、妻が息子と一緒にその青年と暮らしはじめた事がショックでした。

私は離婚から3年、由希は離婚から2年、お互い信じていた人に裏切られ、他の人に奪いさられた経験を話して、同じように辛い経験を分かり合える親友が出来たようで嬉しくなり、連絡先を交換して定期的に会うようになりました。

金曜の夜に会う由希は、仕事帰りなので髪を後ろで束ねてとても地味でした。

休日に会うときも同じ髪型でしたが、フォーマルでない分、少しは可愛らしくなりました。

外で合う由希も淑やかで清廉な女性でした。

友達付き合いも3ヶ月もすると気心が知れてきて油断もするのでしょう、真面目な性格の由希が時折見せる、ちょっとおっちょこちょいなところが可愛いくて、思わず笑うととても恥ずかしそうにしていました。

淑やかで清廉、更に付け加えるならば物静かで控え目な由希はどのような恋愛をしてきたのだろうなどと考えるようになりました。

大人しくてもかなりの美人なら、言い寄る男も後を絶たないでしょうが、由希は整った顔立ちではありますが地味です。

とても自分からアプローチできる女性には見えませんでした。

ある金曜の夜、焼き鳥を頬張りながらホッピーを飲んでほろ酔いの気味の私達は、昔の恋愛話になりました。

私は高2で幼馴染と始めてで初体験をして将来を誓った話や、大学時代の恋愛、社会人になって前妻と出会い、結局幼馴染とは一緒になれなかったことなどを話しました。

でも、大学時代にバイト先のパートおばさん達とご乱行を繰り返していたことは言いませんでした。

由希の初体験は大学3年の晩秋と遅く、相手も同じ学年の童貞大学生だったそうです。

卒業するまで地味なカップルで過ごしたようです。

そして、就職して知り合ったのが前夫、とても真面目な男だったそうです。

結婚後に、控え目で淑やかな由希が非処女だったことを嘆いたそうです。

何度も、いつ誰に抱かれたのかきかれて、正直に学生時代の一人と答えても信じてくれず、何人に抱かれたかしつこく詰問されたそうです。

それで次第に夫婦仲が冷えて、前夫は高卒新人の生娘に手を出して妊娠させてしまったのでした。

前夫は、控え目で淑やかな由希に処女性を期待したのでしょうね。

地味なだけで不細工ではない由希が、4年間の大学生活で彼氏の一人いたとしても不思議ではないと思うのですが・・・

由希の話が本当なら、可哀想な女性だと思いました。

控えめな由希は、悲しみを胸に仕舞い込んで生きてきたのでしょう。

過去の恋愛話までする親友のような関係の私達は、信頼関係が築かれていくうち、少々歳が離れていましたが、次第にお互い異性として意識し始めました。

でも、また裏切られることを恐れるあまり、臆病になってなかなか気持ちを言い出せないでいました。

私達は、どこに行っても夫婦と思われているようでした。

例えば、ファミレスで食事なんかすると、会計伝票は由希に渡されました。

財布は奥様が持っていると思うのでしょうね。

休日、食事して映画を見て、街を歩いても、地方都市ですからすぐネタが切れました。

少し足を伸ばそうと二人でドライブするようになりました。

車の密室の中で由希の牝の香りが漂い、由希を抱きたい衝動が湧いてきました。

いい年をして、手を出したら終わってしまうような気がして、怖くて何も出来ませんでした。

そんな由希との親友付合いも半年、特別美人でなくても淑やかで清廉な由希の裸身を見たい、陰唇を開きたい、淫核を舐めたい、膣に陰茎を挿入したいと思いました。

真面目な由希は、淑やかな由希は、果たしてどんな風に喘ぐのだろうと思ったら、もう我慢できませんでした。

そこで私は、思い切って由希を泊りがけの旅行に誘ってみました。

由希は嬉しそうに、

「ご一緒させていただきます。」

と答えました。

これは、由希を抱きたいという私の申し出に応じてくれたことですから、私はコンドームを用意して浮かれていました。

部屋に露天風呂がついた旅館、それを見て由希は頬を染めました。しかしその表情と裏腹に由希は、

「せっかくですから、入りませんか?」

と言って、私を誘いました。

旅行に誘った私のほうがドギマギしてしまいました。

夕日に照らされた由希のやや痩せ気味の裸身はとても美しく、私は前を隠さざるを得ませんでした。

「由希さん、いきなり入浴されるとは思いませんでしたよ。」

「泊りがけでお誘いになったのですから、私をお望みなんでしょう?でしたら、遅かれ早かれ裸になりますから。私は、覚悟の上でご一緒させていただいたんですよ。」

「でもこれじゃあ、夜まで我慢が出来るか自信がありませんよ。」

前を隠した手拭を外してそびえ立つ陰茎を露にしました。

「まあ、ご立派ですね。・・・あの、私、座布団の上でも構いませんよ・・・」

離婚歴があるにしては、由希の陰唇は綺麗で、淫核に近い辺りが茶色に発達しかけている程度でした。

股間に喰らいついて、淫核を舌で弾くと、「はう・・・」と吐息が漏れ、体がビクつきました。

由希のフェラは誰が仕込んだのか、なかなか上手で、唾を潤滑剤にして、ジュッポジュッポと咥えました。

淑やかで清廉な由希も、3年間人妻として性生活を営んでいましたから、スル事はシテいたので当然なのですが、普段の由希からはセックスのイメージが沸かなかったので、この先、どんな表情を見せるのか楽しみでした。

「性交渉は離婚して以来なので、緊張します・・・では、よろしくお願いします。」

由希は座布団の上にバスタオルを敷いて横になりました。

「やっぱり、コンドームはつけたほうがいいですかね?」

「中に出さなければ、そのままでも構いませんよ。」

お言葉に甘えて生で入れさせていただきました。

ゆっくり膣内を味わってみました。意外と手前の上方に敏感に反応する領域を発見しました。

「この辺がお好きですか?」

「は、はい・・・そこを擦られると・・・あ・あう・・・弱いです・・・ああ~」

集中して責めてみました。由希は目を閉じて、

「はあ・・・はああ・・・はあ・はあ・はああ・・・ふうう~・・・」

淑やかな顔で遠慮がちに喘ぎ、最後は唸って、硬直したかと思ったらビクついてグッタリとしてしまいました。

弱点を知り得たせいで、意外と早く逝かれてしまったので、私が果てそびれました。暫くして、

「ご、ごめんなさい。私ばっかり・・・もう一度どうぞ・・・」

申し訳なさ気にそう言うと、真面目な由希は愛液でべっとり白く泡立った陰唇を恥しそうに開きました。

「いや、夜に取っておきましょう。もう一度お風呂に入って、夕食をご馳走になりましょう。」

気が付けば外はすっかり暗くなり、私達はカーテンも引かず交わっていました。覘かれていたら、一部始終丸見えでした。

この夜私は、布団で由希をゆっくり味わいました。元人妻で、セックスの何たるかを知っているので身体はそれなりに反応しましたが、まだまだ由希には遠慮があるようでした。

私は、恥らう由希が可愛くて、本気で由希を愛し始めていました。

【バツイチ同士の体験談】抱きたいという衝動が抑えられず温泉旅行へ誘った〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!