【職場での体験談】35歳にして、初めて24歳の気の強い処女をゲット

ol029009
35歳の会社員です。

35歳にして、初めて24歳の処女ゲットしました。

28日会社の忘年会がありましたが、仕事でちょっとしたトラブルがあり、1時間ほど遅れて同僚と一緒に会場に向かいました。

着いたときには、もうすでに出来上がっていた状態で、周りの状況についていけませんでしたが、とりあえずビールを勢いで何杯も飲みました。

そんなことをしていると、近くに小柄で可愛いんだけど、めちゃめちゃ気の強く生意気な女がいたんです。



名前は彩子といいます。

気が強い性格の為、彼女の周りには男性社員はほとんど話しかけることはなく、ほとんど一人でぽつんといることが多く、ちょっと淋しそうにしていたんです。

本音をいうと、ザーマミロと思って、私自身も相手にしなかったんですが、半分酔った勢いと、からかってみようと思った反面、このめちゃめちゃ気の強い性格の彩子に彼氏がいるとは思えなかったので、世間話から少しずつ、彼はいるのとか、下ネタまがいのことを話をしたんです。

彩子は少し戸惑いながら、「彼いる」と答えましたが、なんか考えながらの会話だったので、これは嘘だと思いましたが、私には暇つぶしでしかなかったので、忘年会が終わると8人ぐらい誘って、2次会に行ったんですが、私が誘ってもいない彩子がいたんです。

さっきの続きとばかりに私に食ってかかってきたんです。

彩子自身もう酔ってしまい、感情を抑えられなかった状態でした。

2次会終了後、同僚に余計なことして馬鹿扱いされてしまいました。

挙句に酔っ払った彩子を、私が責任をとらされて送っていくことになったんです。

最低だ・・・と心で叫びながら、タクシー乗り場まで肩を捕まえながら行くと、時々当たる胸の大きさに驚きました。

147cmぐらいの背の高さしかないのに、ブラで補強してもCカップはあるのに気がつきました。

少しラッキーと思いましたが、本当に気が強く生意気な女なので、馬鹿なことをしたらとんでもない事になるのは分かっていたので、手を出す気すらありませんでした。

性格さえよければと、残念に思いました。

いきなり、何を思ったのか忘年会の続きとばかりに、彩子は「私だって、彼はいるし、セックスだって週に2回はしている」と言って、私が抱きかかえている肩から、彩子は強く手を引き、離れたんです。

その後、彩子はまっすぐに歩けない状態で壁にぶつかりながら、歩いていたんです。

歩きながら、「私だって、男を知っている」みたいなことをぶつぶつと言いながら、タクシー乗り場まで着く寸前に、バスの停留所のベンチに座り込んでしまったんです。

普段なら5分もかからないところなのに、同じことを言っていたので・・・。

彩子に今彼が居ないことや、男と遊んでいないことなど、すでに一次会で立証されていたので、ベンチから歩かせるつもりで、

「それなら、遊んでいるのなら、俺とこれからホテルに行って遊ぶか」と言って脅したら、酔った勢いもあったのか、少し間をおいて、「行くわよ」と言ってきたんです。

とりあえず、目の前のタクシー乗り場に行きタクシーに乗ると、私は家に帰るつもりだったが、「ホテルってどこ」と言って引かない状態でったので、私も開き直って、渋谷のホテル街にタクシーで向かったんです。

タクシーから降りた所から一番近いホテルに向かいました。

彩子は困惑した顔で私の腕にしがみつくように歩いて、ホテルの中に入りました。

私はその状況が、今まで見たことのない彩子の姿なので、なんか興奮していました。

部屋の中では気の強さがなくなり、体が震えているのに気がつきました。

私は、まさか、彩子は男すら知らないのではと思い、おもむろに私が上半身裸になると、顔を背けました。

ソファーで彩子が座っている隣に座り、ゆっくりと肩に手を回すと、本当に震えているのが分かりました。

私から離れようとしましたが、離れないように、強く、小さな肩を抱き、私はわざとズボンを脱ぎ、パンツ一枚になりました。

ただ、肩を抱いているだけでしたが、普段と違う彩子を見て、興奮してしまい、あそこがすでにびんびんに勃っていました。

彩子は、余計顔を背け、私が肩から手をはずしたら、入り口まで逃げるような仕草をしていました。

私は逃がすものかと思い、「男と遊んでいるんだろ、だったら君も脱ぎなさい」と言って、肩を抱いて彩子を引き寄せ、コートを脱がせたあと、今度はゆっくりとジャケットを脱がせました。

ブラウスの上からゆっくりと胸を撫でると、「やめて」と、初めて小さい声で言ってきたんです。

脱がせたコートとジャケットは、手前にあるちょっと遠目の椅子に軽く投げると、彩子は私の顔見て、泣きそうな顔になっていました。

小さい声での「やめて」も、泣きそうな顔も、私は無視して、ベッドに体を抱きしめたまま、彩子を半分引きずるように連れて行きました。

仰向けで寝かせたあと、逃げれないように、私はすぐ体の上に乗りました。

ブラウスのボタンを2番目から2個ぐらいは外し、そこから手を入れ、ブラに直接手を入れました。

この時には彩子は涙が出ていましたが、私は関係なく、彩子にキスしたんです。

キスをすると顔を背けていましたが、口を開けた瞬間に舌を入れると、絡めてくることはないが、体の力を抜いたのが分かりました。

このとき、チャンスとばかりにブラウスを全部脱がせました。

彩子はブラとスーツのズボンだけの姿で横たわっていました。

多分、まだ酔っていたんでしょう。

本当に嫌がりながらも、体はふらふらだった。

ベルトをはずし、ズボンを脱がせると、黄色い星座の模様の下着がストッキング越しに見え、ブラと合わせて着ているのかと、彩子の体を嘗め回すように見ました。

私はその場でパンツを脱ぎ、裸で彩子の体に乗りました。

そうすると、体が小さい為、私が彩子の顔にあわせ、キスをすると私の肉棒が彩子の足に当たりました。

面白くない為、ストッキング・下着ごしに、私の肉棒を擦りつけると、声を出さないように我慢していました。

わざと強く押し当て、擦らないでいると、涙を流しながら、「はぁー」と声を出したんです。

ブラの中に手を入れると、寄せて上げるものではなく、生のCカップで揉み応えがあり、強く強く揉んでしまいました。

本能のままにストッキングをあそこから破くと、「お願いやめて」と大きな声で言ってきました。

女性にこんなに意地悪しながら、焦らせてするのは初めてで、もっと焦らし、いじめたいと感じ始めていました。

耳元で「お風呂に一緒に入らないか」と誘いましたが、返事がないため、無理やり下着姿のままでベッドから立ち上がらせ、後ろから抱きかかえながら浴室に向かい、お風呂にお湯を一緒にいれました。

入れている間、下着の上から胸を触ったり、あそこを弄りまくりました。

耳元で、私は意地悪するように、「いつも、男のどんなことをしてもらってるの」と質問をすると、彩子は答えず、浴室の鏡の前で私がいじっているのを、声を出さないように我慢していました。

なおも耳元で、私は初めてこのときに名前を言って質問しました。

「彩子ちゃんは男性経験のまったくなのい処女でしょ」と言うと、うなだられるように座り込んでしまいました。

お湯が溜まるまで時間があるため、再びベッドに連れて行き、下着の上から愛撫をすると、私に男性経験ないことを言われたため、かなり落ち込み、本格的に泣きながら、悶えていました。

このとき、ブラをはずすと両手で胸を隠しましたが、力ずくで腕をベッドに押さえつけました。

そうすると桜色した乳首が現れ、耳元で「こんなにきれいな、胸を誰にもみせた事がないなんてほんと勿体無い」と言って、胸を舐めまわしました。

じっくり、じっくり、時々噛んだりして。

しゃぶりがいのある女でした。

そうするとお湯が溜まった音がし、私は彩子を連れて浴室にはいりました。

胸を舐めたあたりから生意気な感じが抜けて、従順になっていました。

そのため、耳元ではなく、普通に「男の扱い方を教えてやる」と言って下着を履いたまま、浴槽に入れ、その上からおまんこを弄りまくり、その後、彩子を浴槽から立ちあがらせ下着を脱がせました。

処女のおまんこは、初めて見ましたが、本当にピンク色して触るのが勿体無いぐらいに綺麗でした。

感動もんです。

立ったままあそこを舐めると、「立ってられない」と言われたが、舐め続け、しかもお尻の穴に指を入れると大きな声で「あああーー」と言って、浴室に座り込んでしまいました。

今度は私が浴槽に座り、彩子に肉棒を舐めてもらいました。

初めてのため、ぎこちなく舐め回し、袋のまで頑張って舐めましたが、私は我慢していたのもありますが、いくことはありませんでした。

私は彩子の体をボディソープで入念に入念に洗い、しかも四つん這いにさせて、お尻の穴まで洗いました。

お尻の穴に入れると、息を呑むような声になり、少し面白く興奮をおぼえました。

これに刺激を与えてしまったのか?

いつもになく恥じらいながら、「トイレに行きたい」と言ったので、お風呂で私が見ている前でするように言いました。

5分ほどしてやっと、おしっこが出ると、涙を流して私から顔を背けました。

彩子は「もう帰っていい?」と訴えてきましたが、私の意地悪が始まり、「いいよ」と言って、1万円を財布から取り出し、彩子に渡してから裸のままドアを開け、外にちょっと出すとドアの外で泣き叫び、「入れて」と言ったので入れてあげました。

私自身、本当にSだと実感したし、彩子がMだったというのもわかった。

以後、帰るという言葉はなくなり、私の体を受け入れることになるが、ほんと処女は初めてのため、愛撫とかも、念入りに行い、生でおまんこを肉棒に擦りつけると敏感に反応していました。

私はそれで何度かいっている彩子に、肉棒で擦ったり愛撫したりして、いきそうになると止めることができるようになっていました。

それを何度かしているうちに、彩子はおかしくなり、「いかせて、お願い」と頼んできました。

私もあまりにもすがる彩子にとうとう入れてしまいました。

優しくいれると、「痛い」と言って泣き叫びましたが、これ以上の興奮はなく、その後、激しく入れました。

ピストン運動をいっぱいいっぱいして、激しく動かすと、彩子は死んだように失神して倒れ込んでしまいました。

した後に驚いてしまいましたが、息がしているのが分かると失神したんだと理解しました。

もともと気の強く生意気な女なので、私も怖くなり、携帯のシャメで彩子の体を撮り捲りました。

彩子が気がつくと、私はまた彩子を抱きました。

3回目以降は(5回しました)従順に私に抱かれました。

ホテルを出る時は、下着は濡れていて履けず、ブラは私が隠しため、ノーパン、ノーブラで服を着せ、自宅に帰りました。

この時にはすでに朝10:00になっていました。

彩子は恥ずかしそうに、私と別れて電車に乗って帰りました。

写メについては彩子には内緒です。

生意気な女なので、また抱きたいときの為の写真用にコンパクトフラッシュに入れ替えました。

起こったばかりのことなので、興奮が冷めていません。

やっぱり処女はいいですね。

仕事が休みの間に、一回呼び出そうと思います。

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!