【混浴露天風呂体験談】仲居さんの説明をよく聞かなかったため兄妹で同時に入浴してしまった結果wwwww〈前編〉

20150530225844f7a
去年の春頃の事です。

俺24歳の会社員、親父の定年退職祝いに家族で1泊旅行に出かけました。

両親と20歳の妹と4人で俺の運転する車で某温泉旅館へと行きました。

チェックインの時トラブル発生!ネット予約した時に確認の電話を貰い4名で泊まれる部屋=4人部屋と言ったつもりなのに、4名で泊まる→2名、2名→2部屋と解釈されてしまい、結局空きが無いので2部屋で泊まる事に…

折角の退職祝い旅行だから俺は気を効かせて両親と兄妹で別れて泊まる事を提案すると全員一致で可決~



それぞれ部屋に案内されると通路突きあたりの角部屋で通路を挟んだ対面の部屋にそれぞれ別れた。

俺達は向かって右側の部屋に入り、入り口から左手に部屋が2部屋連なっていた。

奥の部屋の窓からは景色が眺められ思わず俺達は窓に駆け寄り景色に見とれた。

その間に案内してくれた仲居さんが旅館の利用方法を説明していたみたいだけど、俺達は適当に相槌を打って答えていた。

そして夕食前に先ずは風呂と、部屋にも風呂はあるが折角の温泉旅館なのでと、大浴場へ向かった。

行くとガラス張りの室内風呂でした…ちょっと残念…

脱衣所にはもう一つ、木製の扉があって、そこには『この時間は御利用出来ません。』と書かれた札が掛けられドアは施錠さこちら側からは開錠出来ない作りになっていた。

室内風呂も一応外が眺められる様に一面がガラスになっていたけど、結露してて殆ど見えない状態だった…

丁度、親父も入っていて、男水入らずで他愛も無い話をしたりして30分程で出ました。

部屋に戻ると案の定、妹は未だ戻ってきていません。部屋の鍵を渡さなくて正解でした。

部屋の冷蔵庫から缶ビールを取出しグビッと喉を潤した。

テレビを付けて滅多に見れない地方の番組を見たりして夕食時間まで過ごしていると、やっと妹が風呂から戻ってきて、ビールの空き缶を見るや「お兄ちゃん一人でずる~い」と妹も冷蔵庫からビールを持ってきて飲み始めた。

「もうすぐ夕食だろう」そう言っても「だって喉渇いちゃったから」と半分ほど飲み終えたところで答えた。

妹が丁度ビールを飲み干した頃、部屋のドアがノックされ親父が「そろそろ夕食行くかぁ~」と声を掛けてきたので、夕食が用意されている場所へ移動した。

個室風に各テーブルの間をスダレ?で仕切られた落ち着いた雰囲気の場所での食事だった。

この日ばかりは母親もビールが注がれたグラスを片手に「お父さん、今までお疲れ様でした♪」なんて、らしくない言葉を掛けたりして乾杯をした。

地元で取れた食材をふんだんに使った料理はどれも美味く、話が弾み酒も進み楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、21時頃、両親はそろそろ休むと言って宴はお開きになった。

俺達も部屋に戻り、もう少し飲みたい気分だった俺は冷蔵庫にあったチューハイを取出すと「あっ、私も飲みたぁい」と妹の分も取出し、2人で飲み始めた。

妹と二人だけで話をするのは実に何年振りだろうか?不思議と楽しくて気が付けば日付が変わる時間になっていた。

「おっ!もうこんな時間だ…そろそろ寝るか?」

「そうだね~」

「あ、その前に、もう一っ風呂浴びて来るわ」そう言うと「いいねぇ~♪私も入ってこよ~」と二人で風呂場へ向った。

流石にこんな時間に入浴する者は居らず貸し切り状態だなと、夕方入浴した室内風呂の入り口を見ると『清掃の為御利用出来ません。この時間は露天風呂を御利用下さい。』の札が掛けられていたので、夕方見たもう一つの扉が露天風呂への入り口だと分かった俺は扉を開けた。

そこは広い露天風呂で、この季節は深夜ともなると気温が下がり湯気がもくもくと立ち上っていた。

掛り湯をして湯に浸かった。

暫くして左後ろから人の気配がしたが、気にせず堪能していた。

その人も掛り湯をして俺からだいぶ離れた位置に浸かった。

けど、その姿は立ち上る湯気でハッキリとは見えない。

だが、確実に視線を感じる…俺はナニ見てやがると思いつつ事を荒立てない様に気付かないフリをしていた。

と、一瞬強めの風が吹き湯気が消し去られた。

その時、そいつがどんなやつか見てやろうと視線を移すと…「カオリっ!」『お兄ちゃんっ!』同時に叫んでいた…

「何やってんだよっ!ココ男湯だぞっ!」

「お兄ちゃんこそ、ココ女湯だよっ!」と噛み合わない言い合い…そこでふと思い出した…

案内された時に適当に相槌を打っていた時、深夜0時を過ぎると男女共室内風呂は清掃の為利用出来なくなり、その代わり露天風呂が混浴として利用出来ると言う事をチラッと思いだした…

後で詳しく知ったが、露天風呂は日替わりで男女が入れ換わり、深夜0時以降は混浴となり、午前9時以降は室内、屋外とも清掃、点検の為利用が出来ないと言う…

その事を妹に伝えると「そっかぁ…でも良かった♪知らない人だったらヤバかったかも(笑)」そう言うと俺の傍に寄って来た。

「しかし、カオリと一緒に入るのって何年振りだ?10年?」

「そうだね、その位だね…」

「10年かぁ…女って凄いよな、まるで別の生き物だよな」

「ちょっとぉナニそれぇ~変な生き物みたいな言い方よしてよぉ!」

「チャウチャウ!そう言う意味じゃ無くてさ、10年前は前も後ろも区別付かない身体だったのに今じゃさ(笑)」そうニヤニヤしながら言うと「あ~ぁ…そう言う事ねぇ~♪少しは使い物になるでしょ?(笑)」そう言いながら両手でオッパイを持ち上げて寄せて谷間を強調させて来た。

そんな姿の妹を見て俺は興奮してビンビンに起たせて「いやいや、少しどころかヤバイ位だよ(笑)」そう答えると「マジでっ!?」と薄暗い中で視線を湯の中の股間へと移していた。

「いや~!お兄ちゃんってばぁ~、触ってイイ?(笑)」と俺の返事も聞かないうちに握って来た。

「デカッ!何このサイズ!」

「そ、そうか?」

「うんっ!太さはそれ程でも無いけど長さがハンパないっ!」そう言いながら嬉しそうにチンコを握っていた。

俺もお返しとばかりにオッパイを触ってみた。

「お~♪結構なお手前で(笑)」それから暫く無言のままお互いのを触り合った。

俺はオッパイを全体的に揉んだり乳首を指の腹で撫でたり爪で軽く引っ掻いたり、時には摘んだりと思いつく限りの刺激を与えていた。

すると途中から息遣いが変わり「はぁ…はぁ…」と軽く喘ぎ声っぽくなっていた。

チンコを握る手の力も弱まり俺の愛撫に酔いしれていた感じだった。

そこで「カオリ…」と優しく声を掛けると無言のまま顔をあげて俺を見た。

その時の表情が今まで見た事の無い可愛いものでドキッとしてしまい、その顔に引き寄せられる様に近付いて唇を重ねてしまった。

【混浴露天風呂体験談】仲居さんの説明をよく聞かなかったため兄妹で同時に入浴してしまった結果wwwww〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!