【高校時代の体験談】女子更衣室で俺は盛りのついた犬のように激しく先輩のオマンコを突いた

natsume_yuuki-744-033
俺が高校1年の夏休み部活の練習が終わって教室にいた時でした。

3年生の悠香先輩が俺がいる1-Aの教室に来た時の話です。

悠香先輩『◯◯くん、このあと、空いてる?』

オレ『空いてますけど、どうしました?』

悠香先輩『いや、個人レッスンしてあげようか?』



オレ『でも、先輩このあと、予定入ってるって?!』

悠香先輩『いいから、いいから、こっちにおいでよ』

俺は悠香先輩に言われ、体育館に向かうことになった。

もう、どこの部活もいなく、しかもうるさい体育教師は全国大会に行ったから、いなかった。

オレ『悠香先輩、突然何かありました?』

悠香先輩『◯◯くんってさ、いつも私のこときになるんだって?』

オレ『え?なんで、それを』

悠香先輩『やっぱりね、◯◯くんの同級生の遥香ちゃんから聞いたのよ』

オレ『だって…悠香先輩…俺すげぇ好みなんですよ』

悠香先輩『ほう〜じゃ、私のどこいつも見てるの?』

オレ『ヒミツです』

悠香先輩『ふぅ〜ん…』

悠香先輩は、俺の顔を見ながら、ニコッと笑い俺のチンコをズボンの上から触ってきた。

オレ『あっ…先輩…』

悠香先輩『言わないと、このおちんちん私のものになるよ?』

オレ『あっ…悠香先輩…俺は…悠香先輩のいつも……おっぱい見てました』

悠香先輩『やっぱりね…私のおっぱいそんなに気になる?』

オレ『とっても気になります…』

悠香先輩『じゃ〜見せてあげ……ない』

オレ『え〜見せてください』

悠香先輩『じゃ、更衣室行かないとねここでしてたバレちゃうし』

俺は悠香先輩と女子更衣室に行き、鍵とカーテンを閉めた。

悠香先輩『◯◯くん、下だけ全部脱いでくれたらおっぱい見せてあげるよ』

オレ『そ、そんな…恥ずかしいです』

悠香先輩『じゃ、お預けかな』

オレ『うぅ…』

俺は正直ドSの悠香先輩にここまで言われて興奮していた初体験だったので。

悠香先輩『ほ〜ら、私の大きい大きいおっぱい、見せてあげるのにな』

オレ『わかりました…』

俺は悠香先輩の前で下半身だけ脱いだ。

悠香先輩『◯◯くん、大きいおちんちんよ立派立派!』

オレ『本当ですか…』

悠香先輩『じゃ、私もブラだけになってあげる』

オレ『悠香先輩のおっぱい見ることができてすげぇ嬉しいです』

悠香先輩『はい、ここまで、◯◯くん次は私の前でオナニーしてみて』

オレ『オナニーですね…』

俺は悠香先輩の前で、いつもしてるようにオナニーをした。

悠香先輩『◯◯くん、仮性包茎なのね』

オレ『はい…』

悠香先輩『じゃ、こういうのはどう?』

悠香先輩は突然手コキをしてきた。

オレ『あっ…気持ちいい……』

悠香先輩『◯◯くん、すごい大きい、我慢汁もこんなに出して』

オレ『だって…あっ…先輩にされてるって思うとすげぇ気持ちいいです』

悠香先輩『◯◯くん、もっと早くしてあげる』

オレ『先輩……あっ…出ちゃいそう』

悠香先輩『だめよ、我慢しなさい!』

オレ『先輩…出ちゃう……』

悠香先輩は寸止めをしてきた。

悠香先輩『◯◯くん、ま〜だ』

オレ『うぅ…あっ…はぁ…』

悠香先輩『我慢できたご褒美よ、私のおっぱい見せてあげる』

悠香先輩はブラをとり、Fカップのおっぱいを俺の前で見せてくれた。

オレ『で、でかい…』

悠香先輩『どうしたい?』

オレ『触りたいです…』

悠香先輩『触り方わかるの?』

俺はAVを見たこともあったし、ある程度わかっていた。

オレ『優しく揉んで、ここをつまむと気持ちいいんですよね?』

悠香先輩『あっ…んん…あっ…』

オレ『悠香先輩のおっぱい最高です』

悠香先輩『初めてにしては上手よ』

オレ『たしか乳首を舐めると……』

悠香先輩『んん…気持ちいい…あっ…』

オレ『悠香先輩…オレキスしたいです』

俺は悠香先輩にキスをしながら、おっぱいを弄った。

悠香先輩『あっ…あっ…◯◯くん気持ちいい…もっと…もっとして』

オレ『悠香先輩のおっぱいで、挟まれたいです』

悠香先輩『もう……調子いいこと言ってじゃそこに寝なさい』

悠香先輩は再びドSになった。

オレ『悠香先輩、すげぇ乳首立ってるじゃないですか』

悠香先輩『うるさい…笑』

オレ『あっ…先輩……そんな激しくされたら…またイキそうです』

悠香先輩『出せばいいでしょ?もう知らないよ?』

オレ『え……そんな…』

悠香先輩『うそ〜◯◯くんこんなに我慢汁出しちゃって、私のパイズリ耐えれるのかな?』

オレ『あっ……うぅ…』

悠香先輩『出したら今日はここまでよ?』

オレ『え…俺は……悠香先輩と最後までしたい』

悠香先輩『じゃパイズリ早めちゃおう』

オレ『あっ……ダメ…イク……』

俺は悠香先輩に負けた。高速パイズリでおもいっきり射精をしてしまった。

悠香先輩『◯◯くん、あ〜あ〜こんなにいっぱい出しちゃって…』

オレ『はぁ…はぁ…悠香先輩のパイズリ最高でした』

悠香先輩『◯◯くんだねずるっ!』

オレ『ご、ごめんなさい』

悠香先輩『◯◯くん、男の子って出した後すぐに勃起しないんだよ』

オレ『そうなんですか……』

悠香先輩『じゃ私が早く勃起するようにしてあげる』

オレ『あっ…悠香先輩……出したばっかなのに…』

悠香先輩『私の手コキでまた大きく立派なおちんちん見せなさい』

俺は射精をしたのに、悠香先輩の手コキですぐに勃起してきた。

悠香先輩『やっぱり、若いから、おちんちんすぐ大きくなるね』

オレ『悠香先輩……俺が今度はしたいです…』

悠香先輩『じゃ、私のこと気持ちよくさせて』

オレ『はい…』

俺は悠香先輩のおっぱいを揉みながら再びキスをしたり、乳首を舐めながらおっぱいを揉んだりした。

悠香先輩『◯◯くん、私のココも見てみたい?』

オレ『すげぇ見たいです』

悠香先輩『じゃ見せてあげる』

悠香先輩は俺の目の前で全裸になった。

更衣室でしかもカーテンを閉め、悠香先輩とエッチができると考えると、俺はすごい興奮していた。

オレ『これが悠香先輩のオマンコなんですね』

悠香先輩『◯◯くん気持ちよくできなかったら入れさせてあげないから』

オレ『そんな…』

悠香先輩『じゃ、童貞の◯◯くんにヒントあげる、クリトリスを触ると私気持ちいいから』

クリトリスって知らなかった俺は、いろいろ触っていた。

悠香先輩『あっ……はぁ…ダメ…』

オレ『悠香先輩、ここだめなんですか?』

悠香先輩『あっ…だ、だって……気持ちよくて…』

オレ『すごいヌルヌルしてる』

悠香先輩『あっ…気持ちいい…あっ…◯◯くんそこがクリトリスなの…』

俺は悠香先輩のクリトリスを弄りながらおっぱいを舐めてみた。

悠香先輩『やん……あっ……あっ…』

オレ『悠香先輩すごい気持ち良さそうですね…』

悠香先輩『◯◯くん本当に初めて?』

オレ『俺やったことないです』

悠香先輩『だめ…あっ…イク……そんなにされたらイク……』

悠香先輩は俺の初めてのクリトリス弄りとおっぱい舐めでイッた。

悠香先輩『◯◯くんの勝ち……』

オレ『やった…』

悠香先輩『◯◯くんの初めて、私がいただくわ』

悠香先輩は俺を押し倒し、騎乗位で俺のチンコを挿入してくれた。

悠香先輩『すごい…おちんちんかたくて気持ちいい……』

オレ『悠香先輩の中もすごい熱くて気持ちいい…』

悠香先輩『悠香って呼んで』

オレ『悠香、とっても気持ちいい…』

悠香先輩『私もよ◯◯、もっといっぱいいっぱい突いて』

俺は盛りのついた犬のように激しく悠香先輩のオマンコに突いた。

悠香先輩『◯◯、気持ちいい…次は後ろからたくさん来て……』

バックになり悠香先輩に挿入した。

オレ『すごい気持ちいい…悠香、出すときどうしよう』

悠香先輩『◯◯の好きなところにいっぱい出して』

オレ『悠香の中に……』

悠香先輩『それは…ダメ…』

オレ『じゃ、悠香のお尻に出す』

悠香先輩『あっ…わたしイク……あっ…』

オレ『俺も出る………』

俺は悠香先輩のお尻にザーメンを出した。

悠香先輩『◯◯、ありがとう…ちゅ』

オレ『あっ…悠香…ちゅ』

悠香先輩『◯◯、これからは私の彼氏としてよろしく…照笑』

オレ『え?!いいんですか?!こちらこそよろしくお願いします』

俺は初体験が終わった後、帰り道悠香先輩と最高の気分で帰宅。

先に卒業してしまった悠香だったが、大学進学をしたので俺も同じ大学に進み、その後悠香先輩が卒業したあと、俺は同棲をはじめ、悠香先輩とは去年結婚した。

高校時代に悠香先輩と出会えとっても嬉しく、童貞を奪ってくれいろいろ教えてくれた悠香とは、これからも一緒にいる。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!