【クンニ好き体験談】クンニの気持ちよさを知り、舐めてくれるなら誰にでも股を開くようになっていました

cunnilingus2014092301-500x375
私はエッチに全然興味なんてなくて、去年、初体験するまでは、オナニーなんかもしたこともない学校でも姫キャラでした。

初体験は、去年のクリスマス、何人かのお誘いがあり3つに分けて会う事にした。

最後に会ったのが、卒業した先輩と食事にいきました。

朝から忙しかったあたしは、しんどかった。

本当のあたしは、下品なんだけど、可愛く見せるのは、疲れるんです。



家では、口は悪いし!ガラが悪い、短気だしろくな女ではない。

今までも、告ってくる男も振り回し遊んでいた感じのあたし。

食事を終えて先輩の家で初体験をした。

それが変態への目覚めでした。

クリトリスを舐められて何度もイってしまうんです。

股の間に顔があると興奮して頭がドッカーンとなるような感じかな?

こんなに気持ちいことが世の中にあったんだと知り舐めてくれるなら、誰にでも股を開くようになっていました。

指ではなくって、舌が気持ちいいのオナニーもするようになったんですが、やはり舌が好きくて欲望が溜まる。

小さな本屋さんで、立ち読みをしてるときにエロイ雑誌が目についた。

クリクリが、ムズムズとしてきたんです。

レジの兄さんの見えない棚の後ろに回りパンツに手を入れてオナニーする。

少し触れば治まるだろうとクリクリしてたら、兄さんにバレた。

何してると言われて、慌てて去ろうとしたのに捕まえられて、裏部屋に連れていかれた。

万引きに間違いそうだと何をしていたんだと聞かれて、小さな声で「オナニー」と言ってしまった。

店の中でしないで家でしろと怒られた。

すいませんと謝り許してもらおうとした時、ちょっと待ってろと兄さんが出ていった。

しばらくしたら、兄さんが戻ってきて、あたしを店の中に連れて行った。

なんと兄さん店の入り口を閉めていたんです。

少しだけど閉めてるから、早くしなさいと言った。

あたしは恥かしくて、いえもういいですと返事したんですが、早くしろとせかされてモジモジしていると、兄さんがあたしのスカート中に手を入れて股間を触ってきた。

こんな感じかとパンティの上から股間をわしつかみで触りだす。

身体がすぐに感じはじめて、腰が震える。

今度は、手が中に入りちょくで、触られたときはもうダメな状態になってしまった。

兄さんに寄りかかり「ハァーハァー」と声を出してるあたし、さぁもういいだろうと兄さんはパンティを脱がせレジのある台の上に座らせた。

自分でしてみろと言う。

「え・えっ」と戸惑うあたし。

アソコを開かれて、ほらほらとあたしの手をアソコに持っていく。

もう恥かしいけどオナニーをしちゃた、兄さんの前で、それを眺める兄さん。

アソコを見られると、興奮してしまい、いつもより大胆になってしまいました。

凄く濡れてきたところに兄さんが、舐めてくれたんです。

カウンターでのけぞるあたし、吸われる音が店の中に響くくらいとあたしの声。

すぐにイってしまったあたしにお兄さんのチンポを咥えろと言われ咥える。

彼氏のよりも全然大きいチンポがノドの奥まで突き刺さる。

兄さんもあたしも興奮してた。

あたしのお尻を持ち上げて激しくかき回すからアソコの中から液が飛び散り床もボトボトになって凄いことに。

それから店内をバックで突かれた状態で歩き回り始めた。

兄さんの太いチンポはたまらなく気持ちがいい。

アソコが限界まで開く感じがする。

しばらくすると、兄さんが床に精子をばらまいた。

それから、兄さんと話をしたんです。

本当の事をマンコを舐めて欲しい。

あたしの気持ちを恥かしいけど言いました。

兄さんあたしのマンコを触りながら、そうなんだ若いからね。

そう言うのもあるかもしれないと理解してきた会話になるといつでも、舐めてあげるからいつでも来るといいよと言いました。

じゃ舐めて欲しいのって聞いてきたから、ハイとうなずいた。

また、ペチャペチャと舐め始めた。

可愛いマンコだね兄さんも舐めるのが好きらしい。

もう、店もあるのにヤバイくらいに感じたあたし何度もイッてしまった。

もう欲望に満たされたあたしは、嬉しかった。

それから連絡先を交換して、その夜も兄さんと携帯でお喋りした。

店は、親と3人で経営しているので、バイトしたらいつでも舐められる。

誘惑にバイトをすることになった。

バイト中は、スカートにノーパンで、客がいないときはレジの横にあるモニター兼休憩室。

もう馴れるとあたしから足を開いて、兄さんの頭を掴みマンコに早くと押し付ける。

モニターをちょくチェックしながら、客がレジに立つと兄さんが慌てていくようなこともある。

週に2回は、バイトに入るようにしている。

休みを入れると週3回は、舐めてもらってるペースです。

毎日でも、いつでも舐めていて欲しいけど、そうもいかない。

何とか我慢のできる感じです。

休みの日は、兄さんの部屋にいきベットの上で、全裸で寝る。

あたしの言うことを何でも聞くようになった。

兄さんと2人なら、いつも家に居るあたしになれる。

あたしが満足したら、もう言いなんて言って足で蹴飛ばす。

はいと素直に聞く兄さん。

兄さんは32歳。

彼女居ない歴18年と寂しい人生を過して来たらしい。

そんなに顔も悪くないと思う。

休みの日は、一歩も部屋に出ないあたし。

トイレも服を着るのがめんどくさいから、部屋の中で洗面器でする。

後は、兄さんに綺麗に舐めさせる。

生理なんて、関係ない、飲ませる吸わせる。

何回か戸惑う兄さんにムカつくとピンタか蹴るあたし。

あたしに逆らうなんて許されない。

沙羅は、可愛いの見た目姫キャラで、学校でも男子に優しくされてる。

あたしの可愛さで、男なんてなんでも言うことを聞くの。

その気になれば、奴隷なんてすぐにも作れる。

兄さんにわかってんの!なんて偉そうに言えるようになってる。

これが、本当のあたしなんです。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!