【映画館での体験談】人が少ないのでチンポもろ出しで観ていたら隣にお姉さんが座った結果wwwww〈後編〉

0_20130919134818272s
【映画館での体験談】人が少ないのでチンポもろ出しで観ていたら隣にお姉さんが座った結果wwwww〈前編〉の続き

「ホントにはさむよ・・・?」

ブラジャーをはずそうとしないお姉さん。

「お・・・おっぱい・・全部だして!!それじゃやだ!!!生ではさんで!!」

「はずかしいよ・・・これじゃダメ?こうやって下の谷間から入れて・・・うんしょ・・・ブラの下を通して・・・よいしょ・・ほら上の谷間から出てきた!!生ではさんでるよ?ダメ?」

自ら僕のモノをはさんでくれたお姉さん。



今まで生きてきた中で一番やわらかくて暖かいモノにつつまれていく僕の肉棒。

しかもブラシャーをしたまま挟むというスチュエーションに興奮してしまった。

「うん・・それで・・・もっとぎゅーっとして!!そんなにゆるくちゃオシッコ出ちゃうよ!!」

「うん・・・!こう?・・・もっと?」

ギューーーーー・・・・・

お姉さんのおっぱいが僕のモノをしめつける。

できることなら一生こうしていたい・・・・気持ちいい・・・

今死んでもいい・・・・

「かったい・・・はぁはぁ・・熱くて・・・ハァ・・大丈夫?すっごく熱いよ?これ・・・はぁ・・」

お姉さんが僕のモノをほめてくれた・・・・

「ハァ・・はぁ・・ハァ・・・・ハァ・・」

「どうしたの?苦しい?ちょっと強すぎるかな?」

「もっと・・・ハァ・・・強く・・・」

「これ以上ぎゅーってできないよ・・・・」

「動かして・・!!両手でおっぱいゆっさゆっさってやって!!」

「恥ずかしいよ・・・これでいいでしょ?」

「早くしないと漏れちゃう!!

またさっきみたいにドピュッドピュッていっぱい出ちゃう!!そろそろホントやばい!!早く!!」

「え!!?もー・・・こう?」

ユッサユッサユッサユッサユッサユッサ

おっぱいと僕のモノがこすれる。

死ぬほどの快感・・・

「はっ・・はっ・・はっ・スゴイ・・・これ・・・どんどん硬く・・・熱く・・太くて・・・はぁはぁ」

僕のモノをべた褒めしながらおっぱいを振り乱すお姉さん。

「気持ちいいです!!お姉さん!!ああ!!もっと早くこすってください!!さらに強くはさんでください!!!」

「気持ちいいの?・・はぁ・・オシッコはもう止まりそう?」

「ダメ!!やめないで!!いつオシッコでるかわからない・・!!ああ気持ちいいです!!すごい!!!おっぱいすごい!!もっともっと早く!」

「はぁ・・はぁ・・・はぁ・・これ以上早くユサユサしたら死んじゃう・・・はぁ・・これ以外に疲れるんだよ?もうダメ・・ちょっと休んでいい?はぁ・・」

「だめ!!絶対絶対やめないで!!!お姉さんのおっぱいでイカせて!!!!ああ!ダメだ!!イク!!」

「え?え?やだ!!どうすればいい?」

「フタ!!フタして!!!飛び散っちゃう!!!いっぱい飛び散っちゃう!!手でフタして!!」

「手で!?あ・・ダメ!!今両手ともふさがってるよ・・・おっぱいユサユサしてるから使えない・・はぁ・・どうすればいい?フタできない・・・どうしてほしい?・・・」

「口!!口で・・・お願い!!もう出る!!出る!!出る!出る!イク!!!早くお姉ちゃん早く!!!」

「え!?え!?口?やだ!やだ!!どうしよう・・・口はできないよ・・・」

「くわえて!!!!急いで!!!!僕あああ!!!しゃぶって!!!いっぱいいっぱいおっぱいしゃぶってええええええええええええええ!!!」

「・・・・・うんっ・・」

やわらかく熱い舌の感触につつみこまれたのとほぼ同時に僕はイった。

ゴビュ・・・ゴビュ・・・ゴビュ・・ゴビュ・・ゴビュ・・・

お姉さんの口の中で精子が乱舞する。

「うん!う!!うん!うん!!う!うん!あん!!」

一発一発受口の中で受け止めてくれるお姉さん。

頭の中は真っ白。

しばらく時間がたった・・・。

お姉さんは口の中の精子をハンカチに吐き出した。

「はぁ・・・はぁ・・はぁ・・うん・・はぁ・・今度は受け止めたよ・・えへへ」

最高の笑顔。

「ありがとう・・・すごく気持ちよかった・・すっきりしたよ・・」

「ホント?オシッコいっぱい出ると気持ちいいよね。よかった・・はぁ・・はぁ・・・あ~あ・・・おっぱいがぬるぬるのびしょびしょになっちゃたよ・・・」

お姉さんはこんなキモ男の口内発射を受け止めてくれた・・・

なんて優しいんだろう・・僕はなにかお礼がしたかった。

「おっぱい・・拭きます・・・・僕のせいだから」

「い・・いいよ!気にしないでいいよ」

「僕にもお礼させてください!!」

「お礼・・?フフ・・うんわかった」

「ブラジャー取りますね」

「恥ずかしいよ!!このまま谷間を拭いてくれればいいから・・ね?」

「ダメです。ブラジャーもぐしょぐしょじゃないですか・・乾かさないと」

「う~ん・・・わかった・・・じゃあはずすね?」

手を後ろに回しブラをはずすお姉さん。

暗くてよくわからなかったけど、ピンコ立ちになったかわいい乳首がぼろんと現れた。

すでに精子でぐしょぐしょになったハンカチではいくら拭いても意味がなかったようだ。

お姉さんのおっぱいは余計にぬれてしまった。

「すいません・・・手で直接拭きます」

僕はお姉さんのおっぱいを揉みしだいた。

やわらかくて気持ちいい。

「あ・・あぁ・・ちょっと・・揉む必要ないよ~・・・」

僕はかまわず乳首をコリコリする。

ビク、ビクンと過剰に反応するお姉さん。

「あ、あ・・コリコリしないでよ~・・・」

「すいません」

反対の乳首もコリコリ。

「もう!!」

「すいません」

「遊ばないでよ・・」

「あの・・・あの僕・・お姉ちゃんのおっぱい飲みたい・・」

「おっぱいなんかでません!!」

「でも・・・僕・・・お姉ちゃんのおっぱい飲んで大きくなれば・・もうお漏らししなくてもすむかも・・・・」

「お姉ちゃんまだおっぱいでないよ~・・・」

「出なくてもいいです!!僕大人になりたい・・・」

「う~ん・・・・じゃあ・・・吸って・・みる?」

お姉さんは右のおっぱいを両手で持ち上げた。

「うん!!」

僕はお姉さんの乳首にむしゃぶりついた。

チューチューチューチューチュー

「あ・・・あぁ・・ダメ・・そんなに吸ったら・・・ああ・・音出ちゃう・・・チューチューって・・・音出ちゃうよ・・・」

かまわず吸い続ける。

「はぁはぁ・・・はぁ・・真っ赤になっちゃう・・乳首真っ赤になっちゃうよ・・・そんなに吸わないで・・・」

お姉さんの乳首は僕の口のなかでアメ玉のように大きく硬くなっていった。

左の乳首も指でコリコリする。

「ふぁあ!!・・やだ・・・はぁ・・すごい・・・気持ちい・・ぁ・・はぁ・・・おっぱい気持ちいい・・・・・」

なんとお姉さんが感じ始めている。

僕はここでじらし作戦に出た。

「もういいや。僕大人になれた!ありがとう」

「え!?え?やだ!!なんで?まだ子供だよ!」

「いえ、もうすっかり成長しました。ありがとうございました」

「やだ!!なんで?まだまだ子供だよ~・・・」

「じゃあまだ子供」

「うん!・・・」

「・・・・・・」

「あの・・・早く・・・」

「早くなんですか?」

「えっと・・・大人になりたいんだよね・・・・?」

「はっきり言ってください」

「す・・吸って・・」

「なにを?」

「もう!!私のいやらしくてコチコチな乳首をチューチュー吸ってください!!」

前の方に座ってるフリーターに絶対聞こえたなと思ったが、かまわず笑って続きをしてあげた。

「あぁ!!・・はぁ・・・あ・・あ・・気持ちいいです・・・もっとコリコリしてください・・・はぁ・・・・もっと・・・」

お姉さんの息が乱れてきた。

「はぁん!!気持ちいい!!・・・チュパチュパして・・・いっぱいチュパチュパして・・・はぁはぁ・・音いっぱい出していいから・・」

ちゅっぱちゅっぱちゅっぱちゅっぱ

劇場内いっぱいに音が響く。

「やだ!・・・はずかしい・・・はぁ・・吸って・・もっと・・・はぁ・・・強く・・・音もっと出して・・・・」

お姉さんがこんなにHだとは思わなかった。

指をくわえて息を乱している。僕のモノはまたむくむくとおこりたってきた。

「お姉さん・・・また漏れそう・・・・」

「うん・・・大丈夫だよ・・・・お姉さんのここに全部出して・・・」

お姉さんは自分のワレメを指さした。

「いいんですか?」

「ここなら絶対漏れないでしょ?・・だから・・・」

「うん・・・じゃあ」

お姉さんのパンツを下ろす。

すでに大量のジュースが吹きこぼれていた。

「それじゃあ・・・入れますよ?」

「うん・・・遠慮しないでいっぱい出していいからね」

「はい」

僕はお姉さんの足を広げた。

ぱっくりと開くワレメ。

ここに僕のモノが入る。

考えただけで出そう。

「はやくぅ・・・・」

「うん」

さきっぽをいれる。

「うん!!!」

「あぁ!!」

まださきっぽなのにイってしまいそうだ。

「いいよ・・・奥までズッズッて入れて・・・オシッコいっぱい出していいよ」

いよいよ中に入る・・・・・・

その時だった。

館内の照明がつく。

とてもまぶしい。

映画が終わったのだ。

「やばい・・・館内清掃の人が入ってきちゃう」

僕たちは急いで服を着た。

「時間きちゃったね・・・とりあえず外でようか」

片付けをして劇場を出る。

「あの・・・続き・・どこかで・・・」

僕はこのままじゃ終われないと思い頼んでみた。

「フフ・・・元気だね、でもね、お姉さんこれから仕事なの行かなくちゃ・・・」

「え!!?いやです!行かないで!!もっとしようよ!!」

「わがまま言わないの・・・もう大人でしょ?また今度ね!」

歩き出すお姉さん。

「お願いだよ!!待って!」

お姉さんの足が止まる。

「そうだ、それと・・・」お姉さんが僕に耳打ちをする。

「今度からオナニーはおうちでやらなきゃダメだぞ、お兄さん!フフじゃあね」

それだけ言うとまた歩きだす。後ろ姿がどんどん小さくなる。

全部バレてた。急に恥ずかしくなった俺は、一人街の真ん中で立ち尽くしていた。

その後、毎日その映画館に通っているがお姉さんは現れなかった。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!