【罰ゲーム体験談】ぷよぷよで対戦して勝ったら「3分間うしろからオッパイもみもみ」 →中出しSEXに発展!

usirokaraoppia-1
職場の女の子がぷよぷよ好きだっていうから、飲みの帰りに 家まで送ってあげたついでに、上がり込んで対戦した。

いまいち盛り上がらないので、負けたら罰ゲームを導入。

おれが勝ち→「3分間うしろからオッパイもみもみ」

女が勝ち→「次の出勤日にホテルの豪華ランチおごる」

そんなに軽いタイプの子ではないため、おれの罰ゲームの内容を聞いて「えー!」って叫ばれた。



でも交渉の末、30秒なら…ということになった。

おれは連鎖をまたたく間に組み上げつつも、僅差で逆転勝利した。

あまりに圧倒してしまうと、次が続かないからだ。

彼女は「本当に揉むの?」と言っていたが、おれはすかさず背後に回り込み、「30秒数えて」と言ってから胸を揉み始めた。

最初はこわばっていた彼女は、あえぐことも呼気を荒くすることも なかったが、次第に体の力が抜けていくのを感じた。

たぶん気持良かったのだろう。30秒どころか、結局3分くらい経ってからようやく彼女は、「はい、終わり」と少し荒い呼吸で告げた。

それを5Rくらい繰り返したところで、おれは掛けに出た。

「次かったら、生で揉ませて」と言ったのだ。

彼女は「えー」と言いながらも、否定もしなかった。

そして生で乳を揉み、指のあいだで乳首を転がした。

ついには彼女も、息が荒くなるのを隠しきれない様子だった。

このまま最後まで行けると思ったが、「次勝ったらあそこ舐めたい」と言った時には、さすがに「それは無理」と言われた。

それでもゴリ押しで勝った物の、やはりどうしてもクンニは抵抗がある様子だった。

なんで?と聞くと、「彼氏がいるのにそんなのされたら、最後までしたくなっちゃうから」と言われた。

「じゃあどうしよう」とおれが言うと、彼女は「あたしがするから」と言って、ジーンズの上からおれの一物をさすり始めた。

手コキ? フェラ? と戸惑いながらも、一応礼儀としてシャワーを借りることにした。

風呂から出てきたおれの股間はすでにギンギンだった。

彼女の気が変わっていないか不安だったが、彼女は部屋の電気を消して待っててくれて、おれが彼女の隣に腰を下ろすと、彼女はフェラチオを始めてくれた。

彼女の彼氏がうらやましくなるほど優しいフェラで、タマタマまで丁寧に舐めてくれた。

「入れたい」

5分くらい経ったところで、ダメモトでそうつぶやくと彼女はフェラをやめ、初めて見せるような熱っぽい表情で、おれの顔を見た。

「入れたい。我慢できない」おれが繰り返すと、彼女は小さく2回うなずき、黙ってベッドに腰掛けた。

彼女をゆっくりと寝かすと、おれは彼女の両脚の間に入り、 挿入すると見せかけてクンニをした。

彼女はびっくりして脚を閉じたが、おれの舌先がクリに触れると 力が抜けたようになった。

おれはすかさず太ももの間に頭をねじ込み、してもらったのと同じくらい丁寧にクンニをしてあげた。

彼女は声を押し殺していたが、いつの間にか「あん、あん!」といつもの声よりも数段高い声で喘いでくれていた。

トロトロになったアソコを見て我慢できず、おれは亀頭を彼女のアソコに当て、挿入の体勢に入った。

彼女は「ちょっと、ゴムは?」と慌てて聞いてきたが、あいにくおれはゴムを持っていなかった。

「外で出すから、生じゃだめ?」と聞くと、彼女は「彼氏とも生でしたことないのに」とひどく動揺していた。

一方おれは断然ナマ派、バイクはヤマハのポリシーを持っていたので、なんとしても生で入れたかった。

生未経験と聞いたら、尚さら生の気持ちよさを教えてあげたくなる。

「生の方がキモチイイよ。ちゃんと外に出すから……」

怒られるの覚悟で亀頭をねじ込むと、彼女は「うっ」と小さく息を漏らし、どうもそのまま根本まで入れても問題なさそうだと判断した。

これは後で知ったことだが、彼女の彼氏はえらく淡白な奴で、ラブホに入ってもテレビ見ながら寝てしまうし、フェラしてあげても途中で萎えちゃうしで、ナマは愚か、ゴム付きセックスも数えるほどしかしてこなかったらしい。

しかも潔癖性で、クンニなんてもってのほか。

だからおれのクンニはかなり衝撃的だったみたいだ。

おれは我慢汁まみれの血管が浮き出たちんちんを、ナマで根本までさし込んだ。

すると彼女は、

「~~~!!!」っていう感じの声にならないうめき声を上げた。

いままで、完全に勃起した状態のちんちんを入れられたことがなかったらしい。

しかもゴムがついていない。

ナマのちんちんだ。

おれが静かに腰を動かすと、彼女はビク、ビククッていう感じで軽く痙攣しながら、声を殺して感じてくれていた。

「生はどう?」と聞くと、

「気持ちいい! 生すごい気持ちいい」と本当に気持ち良さそうに答えてくれた。

彼女の中は特別狭くはないのだが、内側の壁が妙に肉厚で、官能小説で出てきそうな表現でアレなんだが、まさにちんちんに優しくまとわりついてくるような感じだった。

おれはどちらかというと遅濡で悩んでいた方なのに、まともにピストンしたら早撃ちしてしまいそうなのが分かった。

おれはこの一時を少しでも長引かせるために、ゆっくりと腰を動かした。

彼女は「ハッ、ハッ」という感じで息をしながら、おれの口の中に指を入れてきた。

おそらくは彼女の性癖なのだろう。普段は特別エロイ感じの女の子ではないため、そのエロい行動にゾクゾクした。

おれはフェラをするみたいに、彼女の指をしゃぶりながら腰を動かし続けた。

イカないようにゆっくり腰を動かしていたが、おれは限界に近づいていた。

おれは腰の動きを最小限にし、彼女に覆い被さるように体を折り曲げた。

イクのを我慢しているため、彼女の膣の中でちんちんがブルッブルッと震えている。

彼女はおれを強く抱きしめてきた。おれも彼女を抱きしめ返した。

なんだか彼女がすごく愛おしく思える。セックスの最中にこんな気持ちになったことは初めてだった。

おれはもう、いますぐにでもイキそうだった。

が、彼女がしっかりおれを抱きしめているため、このままでは外に出す事ができない。

「もう…イキそう」おれはそうつぶやいたが、彼女はおれを放さない。そしておれは腹をくくった。

「すべての責任は取るから」 そう言うとおれは、彼女を抱きしめながら高速ピストンを始めた。

彼女は突然の激しいおれの腰のフリに手をほどき、「あ・あ・あ・あ」と頭を振りながら激しく喘いだ。

おれは中田氏するつもりだった。そして中田氏をするのは、生まれて初めてのことだった。

この素敵な子の、この気持ちいいアソコの中におれの精子を発射出来るなら、その先にどんな運命が待ち受けていてもいい。素直にそう思えた。

滑稽かもしれないが、「子供が出来たら生んでほしい」とさえ思っていた。

中田氏する覚悟を決めた途端、おれは不思議なやすらぎと興奮に包まれた。

彼女もおれが何をしようとしているのか分かっていたに違いない。明らかに感じ方が激しくなっていた。

中田氏。嘘偽りのない完全なセックス。おれはこの子とそれをしている。じわっと腰の辺りが熱くなってきた。

ついにおれは彼女の中で果てた。自分でも驚くほど、彼女の中でいつまでも射精が続いた。

腰がガクガクして力が抜けていった。

まるで自分の中のものすべてが、彼女の中に注ぎ込まれていくような感じがした。

セックスは何回もしてきたが、こんな感覚は初めてだった。

その後しばらく彼女の中にいたが、ちんちんを抜くとものすごい量の精子が彼女の膣から流れ出ていた。

それは本当に自分が出したものとは信じられないくらいの、大量の精子だった。

おそらくは一瞬よぎった「この子との子供が欲しい」という気持ちが、おれの生殖本能に働きかけたのだろう。

彼女を妊娠させる気まんまんで、おれの生殖器はフルパワーで精子を放出した。

きっと好きな人との間に子供を作ろうと思ってするセックスこそが、完全なセックスなのだ。

すべてが注ぎ込まれるようなあの感覚の正体は、きっとそれなのだろう。

恋人以外の女性を抱いた後は空しさやうしろめたさや煩わしさを感じることがほとんどだったが、その時のおれはとても幸せだった。

彼女はのんきに「うわあ」といいながら、体を起こして流れ出る精子を見ていた。

それから半年経つが、幸いというかあいにくというか、彼女は妊娠しなかった。

おそらくは安全日だったのだろう。おれがタネなしなのかもしれないが。

おれは彼女を男と別れさせ、自分の恋人にした。そして二人で貪るようにセックスをしまくっている。

朝からホテルに行って、一日中セックスしている時もある。体の相性がいいというのは、こんなにも素晴らしいことなのかと、つくづく思う。

彼女もホテルだと、大きな声で喘いでくれた。声を押し殺すようなあの喘ぎ声もいいが、やはり彼女が気持ち良さそうだとおれもうれしかった。

余談だが相変わらず彼女は興奮するとおれの口の中や耳の穴に指を入れてくる。

その行動の意味を本人に聞いたことがあるが、「自然にそうしたくなる」としか説明のしようがないらしい。

そして相変わらずちんちんは生で入れているが、あれ以来中田氏はしていない。

初めて彼女と交わったあの日の夜は朝まで3回くらい中田氏セックスしたが、次に中田氏するのは彼女と結婚して子供を作る時にしようと思っている。

というわけで妊娠も結婚も(まだ)してないんだ。失礼しました。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!