【リストラ体験談】私は妻を風俗で働かせてしまいました〈前編〉

6fbce9e82f2ed90bb7dc987aee6a6bf2
尋常じゃ無いこの不況に、とうとう僕もリストラされてしまいました。

僕は今年で35才になります。

妻は30才で、子供はまだいません。

僕は携帯用のゲームソフトの開発をしている会社にいました。

最高の年収は2000万円を超える時もあり、最近は年収も下がっていましたが、1200万円はありました。



ところが、半年前にクライアントとトラブルを起こしてしまい、会社側が僕の解雇で責任を取るという形になってしまい、僕はリストラされました。

でも、当初は体裁をとりつくろうだけで、社長や役員の人も、「すぐに待遇のいい会社を紹介出来るから!」と言っていました。

だから僕も安心して、次の会社を紹介してくれるのを待っていました。

ところが、2、3ヶ月が過ぎても音沙汰が無くて、こちっから問い合わせると「席を外しております。」と言われてしまい、結局僕が甘かったんだなと気付きました。

くよくよしていてもしょうがないので、自分の力で就職活動をしましたが、中々うまくいきません。

というのは、僕が5年前に購入したマンションの、月々のローンが30万円を超えているからです。

高額のマンションを短期間で支払ってしまおうと、かなり高めの設定をしていました。

ですので月々の管理費も含めると、月40万円が消えてしまうわけです・・・

妻と質素に暮らしたとしても、月60万円は必要です。

すると年収が最低でも720万円は必要ですので、就職先があっても、給料面の折り合いがつきません。

しばらくは貯金でなんとかしのげるので、少し安心をしていて、さらに為替取引で儲けを出そうと考えていたんですが、年末の突然の円高に泡喰ってしまい、損切りで大きな損失を出してしまいました・・・

それ以来、何もやる気が起きなくて、家で寝ているだけでした。

そして1月が過ぎた辺りで、妻が「私、風俗でもやった方がいい?」って言い出しました。

僕は男らしい事が何も言えずに、ずっと無視していました・・・

内心では、『どうせ言ってるだけで、僕が止めるのを期待してんだろ?』ぐらいにしか思っていませんでした。

ハッキリ言って妻はムチャクチャ美人です。

僕が最高年収の時に会ってるので、不細工な僕には不釣り合いな美人です。

僕は結婚する相手を選ぶ時に、容姿のみパーフェクトな女性を探しました。

当時はお金もあって、かなり調子に乗っていたし、選びたい放題だったからです。

そして銀座のクラブで働いていた妻を見付け、結婚しました。

妻は容姿も良いですが、体がたまりません。

胸はGカップありますし、程よい肉付きが、大人のエロスを感じます。

クラブで働いていても、決して安売りはしないので、お客とすぐに寝るような女でもありませんでした。

そんな妻ですが、風俗で働くって言った3日後、なんと『お店を決めて来た。』って言い出しました!

僕は正直ビックリして、怒鳴り散らそうかと思いましたが、冷静を演じました。

お店は、クラブ時代から付き合いのある男性の方で、家にも遊びに来た事のある『柴山さん』っていうおじさんが経営しているファッションヘルスらしい。

僕も柴山さんとは仲良くさせてもらっていたから、信用は出来る人なんだけど、妻が風俗で働く事自体、男として情けなく思ってしまい、柴山さんに対してもカッコ悪いって思われるのがキツかった。

でも僕は冷静さを装い、『君が良いなら任せるよ』と言いました。

すると妻は「そっ、わかった・・・明日、お店に行って店長面接にいってくる」と言いました。

僕達はリストラされてから会話が少なくなり、もちろんエッチもありません。

妻には離婚を切り出されると思ってドキドキはしていましたが、こういう方向になりました。

妻の事は愛していますが、リストラされた事にふてくされた自分より先に、さっさと現実的な判断をした妻に嫉妬していました。

だから大人ぶって、風俗を許可してしまったんだと思いました。

ただひとつ、『明日の面接は妻の裸とか見られるのか?』って気になってしまい、それだけ聞きました。

すると妻は少し冷たく笑って、「さぁ?行ってみないと分らない。」と言うだけでした。

そして翌日、昼過ぎに妻は出掛けて行きました。

僕はいざ妻が風俗で働く事を想像したら、すごく胸が苦しくなってきました。

そして『なんで昨日止めなかったんだ・・・』って後悔しはじめました・・・

それから妻が帰ってくるまで、全然他の事が考えられなくて、嫉妬で狂いそうになっていました。

そして4時間もすると、妻がスーパーの袋を持ちながら帰って来た。

僕はこの時は冷静ではいられなくなって、妻に詰め寄って、「今日は何をしたんだ!」って怒鳴りぎみで言ってしまいました!

妻はビックリして、「やっ、何もないわよ!仕事の説明よ!」と言いましたが、僕は自分が押さえられなくて、妻をベッドルームに引っ張り込んで、服を脱がせました!

妻はその時ものすごく抵抗して、「何するの!こんなの嫌!ホント止めて!お願い!」と叫びました。

僕はますます怪しく思えて、どうしても裸にしてチェックしたくなりました。

だから、「何もしないから裸になってくれ、それだけだ。」と言いました。

妻はかなり怒った顔で、「あなたの為に風俗で働くのよ!信じられない!何なの?」と怒っています。

僕はそれでも「いいから、裸になれ!」って怒鳴ってしまいました。

すると妻は泣きながら服を脱ぎはじめて、すぐに裸になり、「これでいいの?もういいでしょ?」と冷たく言いました。

僕は店長や柴山さんが、職権を乱用して、妻を無理矢理犯したんじゃないかって思っていました。

だから妻のアソコを確認したくなって、「アソコを見せろ!」って言いました。

すると妻がいきなり部屋を飛び出して逃げようとしました。

今思えば、トイレかお風呂に行って、証拠を消そうと思ったんでしょう。

僕は必死で押さえて、無理矢理股を広げさせると、妻のアソコの臭いを嗅ぎました。

するとかすかに男の精液の臭いがしました。

僕は妻が脱いだパンツを奪い、股の部分を確認すると、そこにはベットリと濃い液体が染込んだ跡があり、臭いは間違い無く男の精液の臭いでした。

僕は激怒して、「ファッションヘルスなのに何でこんな所に精子が着いてるんだよ!お前挿れただろ!」と怒鳴りました。

妻は最初は認めなかったんですが、何度も証拠を固めて追い詰めると、「無理矢理犯されたのよ・・・私だって断ったわよ!当たり前じゃない!」と泣き出しました。

僕は急に自分が情けなくなって、妻に謝りながら二人で泣きました・・・

その日の夜は、久しぶりに素直になって妻と話し、仲直りをしました。

ただ、妻が面接を思い出すからって理由で、エッチは出来ませんでした。

次の日、僕は柴山さんに対する怒りがおさまらず、柴山さんに電話をしてしまいました。

「妻が面接の時に、無理矢理犯されたって言ってるんですけど、どうなってるんですか?」って怒りぎみで言うと、「えっ、本当か?それは俺も知らなかったよ、担当した店長に聞かないと分らないが、店を教えるから行ってみてくれ。」と言われました。

僕は怒りがおさまらないから、その担当した店長に詰め寄って謝らせたくて、お店まで行きました。

妻には内緒でお店に行き、柴山さんから話を通してもらって、店のスタッフルームに行きました。

現われたのは20代後半の男で、色黒で金髪ロン毛、顔はニキビ跡がすごくて不細工だが、体がでかくてマッチョだった。

僕は一気に引いてしまったが、ここまで来てしまったから、眉間にシワをよせて、若干紳士的に話をした。

僕 :「妻が昨日ここで面接をしたんだが、その時に無理矢理犯されたって言ってるんだよ、どう言う事だ?」

店長:「はぁ?マジっすか?」

僕 :「本当だからここに来てるんだろ!妻も僕も、恥を捨てて訴えてもいいと思ってるぐらいだよ。」

店長:「いやいやいや、ちょっと待って下さいよ!つーかぶっちゃけヤッたのは認めますよ!でも犯したってのは嘘っすね!」

僕 :「妻が泣きながらそう言ってるんだよ、柴山さんだって、それが本当なら解雇して、訴えるなり好きにしてくれって言ってるんだよ!」

店長:「いやいやマジで違うって言ってんじゃないっすか!こっちが名誉毀損で訴えるって話ですよ!なんすかそれ!」

僕 :「じゃあなんで妻がそんな事言ってるんだよ!いいかげんにしろよ!」

店長:「分りましたよー、マジで証拠ならありますよ!うちは面接の時にビデオ撮ってますから、それ見せればいいでしょ?」

店長は面倒臭そうにパソコンをいじりはじめた。

そして、パソコンの前に僕を呼んで、自分と席を入れ替って、「これゆっくり見て下さいよ!」と言って、隣でタバコを吸いながらメールをはじめた。

パソコンの動画には、このスタッフルームが映し出され、ソファに対面で座る店長と妻が映っていた。

妻は店長と面接をしていて、最初に契約書を読みながら、しばらくしてサインをしていた。

二人の話声は割と良く聞こえた。

妻は怒っているわけでもないけど、少し恐い顔をしていた。

たぶん警戒して、強気な所を表に出しているんだと思った。

店長は少し頭が悪いのか、妻の警戒なんか全く気にしないで、「奥さんどうしたんすか?借金すか?ホストでもハマっちゃったんすか?」とヘラヘラしながら聞いていた。

妻はちょっと怒ったのか、「柴山さんから聞いてませんか?」と冷たく答えた。

店長は、「あー、何か言ってましたっけ?俺すぐわすれっからなー」っていう風な具合です。

そして店長が、「それじゃ、さっそく実戦練習いきますか?もうすぐ働きたいでしょ?」と言いました。

妻は嫌そうな顔で、「はぁ、マニュアルみたなのがあるんですよね?」と聞きました・・・

店長:「マニュアルっつーか、俺が教えるんで、服脱いでもらえます?」

妻 :「えっ、あなたが?他に女性の方とかいらしゃらないの?」

店長:「いや、いつも俺かオーナーがやってんすけど、なんすか?」

妻 :「誰か働いてる女性に教えてもらう事はできないんですか?」

店長:「別にそれでもいいっすけど、最後はどっちにしても俺が実戦しますよ?」

妻 :「・・・でも、いきなりそんな・・・」

店長:「何いってんすか?明日から知らないおっさんとかくんすよ?いきなりとか関係なくねー?」

妻 :「そうなんですけど・・・」

店長:「別に俺も仕事でやってるだけっすから、奥さんとどうこうって事じゃねーし、問題ないっすよ!」

妻 :「・・・はい、分りました・・・どこで着替えれば・・・」

店長:「いいっすよ、ここで、そんなの恥ずかしいの最初だけっすよ!」

そして妻は服を脱ぎはじめた・・・

これは録画だって分かっていても、『やめろ!』って言いたくなってしまった。

分かっていたけど、実際隣に座っているバカな店長に妻の裸を見られたと思ったら、無性に悔しくなった・・・

店長は相変わらず携帯をイジっていて、「しばらく一人にしてくれないか?」って頼んだが、「無りっす、ここ事務所なんで、契約書とかいっぱいあるしー」って断られました。

そして妻は店長に「パンツもさっさといっちゃって下さいよ!」と言われながら、全裸になった。

僕はこんな形で妻の裸を見た事がなかったので、あまりに新鮮で興奮してしまいました。

妻は両手でGカップの胸と、アソコを隠して立っていました。

【リストラ体験談】私は妻を風俗で働かせてしまいました〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!