【少女時代の体験談】私が初めて複数プレイを経験したのは中学1年の時です

;opyuoyuoyfirturrst
私が初めて複数プレイを経験したのは中学1年の時。

それから若干のブランク等もあったけど、社会人の始めくらいまで続いてた。

厳密に言うと小6くらいからかもしれん。

エッチこそしなかったけど、あそこの見せあいっこをしてた。
 
子供の頃、私は女の子とよりも、男の子と一緒に遊ぶ事の方が多かった。



ゲームだったりサッカーだったり野球だったり。時には探検とか。

とにかくそういうのが好きで、女の子とはほとんど遊んだ記憶がございませんな子でした。

で、ある日、学校で衝撃的な事を聞かされた。

「男と女のあそこががんばっちゃうと、赤ちゃんができます」

まぁ要は性教育です。

男女別々の部屋に移され聞かされた記憶があるが、自分にとっては衝撃的だった。

セックス、という行為自体は私も男子達も既に知っていた。

ただそれで赤ちゃんが出来るというメカニズムは初めて知らされたことだった。

まぁ輪姦話をメインにしたいので短めにしますが、その教育を受けた少年少女達(少女は私一人)は、やがて己の性器に興味を持ち始めるのです。

で、サッカーをやっていたある日の事、私は初めてチンコさんと対面を果たしました。

友人A君とB君が、オナニーの話をしていた。

もうあんま覚えてないけど、そこからなぜか私にチンコさんを見せるという流れになったのさ。

私も多分そこで「見たい!」とかぬかしたのだろうけどね。

で、A君B君のノーマル状態のチンコさんを見ました。他に男子もいたが、彼らは恥ずかしがって見せなかったね。

そのぐらいからかな。あたしの体を見たいと言われだしたのは。

サッカーだか野球で一息ついた頃、またもオナニー話になったのよ。

で、この前チンコ見せたんだから、お前のも見せてよってなった。

抵抗はもちろんあったし、最初は「ぜってーみせねーよっw」とか粋がっていたが、ちょっと興味はあった。

こやつらが私の体を見たとき、どんな反応するんだろうっていう感じの。

なので見せてやることにした。射精と引き替えに。

見せてくれたのは……というか見せびらかすのは決まってA、Bのコンビだったので、この二人にだけ見せてあげることにした。

サッカーは放課後の学校の校庭使ってたので、見せたのは学校だったかな。

校舎の陰に3人で移動し、周りに人がいないのを確認。

私は短パンを下ろし、パンツさんも下ろした。

語るのも恥ずかしいが、当時の私も相当恥ずかしかった。視線を合わせず、ずっと横見てたな。

「Tシャツが邪魔で見えない」と、指摘され、端っこをつまんでたくし上げた。心の中で「隠してたのに!」とぼやきつつ。

二人はなんか言ってたが、もう忘れたw

バカコンビ共は「よし、約束だ、射精する!」と、律儀に約束を守ろうとズボン&パンツを脱ぎ、自らの手でコキ始めた。

私はようやく視線を彼らに戻し、とんでもねえスピードで上下する手の中にあるおチンコさんを眺めた。

やがて息遣いが荒くなり、「出すよ、出すよ○○」と言って果てやがった。

本当に白いの出たと思いつつ、果てたバカコンビ二人を置き去りに私は速攻でパンツを履いた。

以上が前フリ。これを皮切りに、段々と見せる男の子は増え、エッチに至らぬまま中学に進学した。

中学に進学し、私も成長期に突入してお毛毛さんが生え始めた頃。

男子共の溢れる性欲の矛先は私に向くことになった。

見せてくれと言われて見せてた私もスカポンタンであるが、男共も小学生時代を遙かに凌ぐ性欲で、叫ばんばかりに私のあそこを見てしごき倒してた。

まぁ私は果てた男を上から見下ろして、クスクス笑い出すSっ娘となった。

はずでした。

サッカーか野球を続けたかったんだけど、当然かもしれんが女子部というのはなく、仕方なく陸上部に所属することにした。

新しい友達も出来て、しかしほとんど男子という抗えない運命を辿りつつも、決して悪くはない中学校生活だった。かな?

「手でしごいてもらっていいかな」

こんな事を部活終わりの放課後の教室で言い出したのは、AでもBでもない、中学で友達になったC氏。

このCにも、私の痴女本能が働き、すでにあそこお見せ済みの男子だった。

私は正直ちょっと焦った。

今まではあそこを見せあいっこして、一方的に男子が勃起、しごいて勝手に果てるというルーチンワークだったのに、

私の清らかな(この時はまだ)手でしごいてくれと言われたのだから。

正直あんなばっちいのはさわりたくはないので断った。

「そうだよな……うん、ごめん」

肩を落とすC。なんかちょっぴり恥ずかしそうに頭を掻いてた。

か、かわいい……私のS心に火が点いてしまいました。

このC、何か部活に入っているわけではなく、実はただの帰宅部。

にもかかわらず、2時間以上私を待ち、「しごいてほしい」だけの一心で待っていたという背景事情を一瞬にして妄想、私はもういじわるしたくてたまらなくなった。

Cが「また明日」と言って鞄を肩に掛けたとき、私は彼を呼び止めた。

「……はぁ、トイレでいい?」

ツンデレな返答でごめんなさい。本当はしごいてあげたくなりましたと心の中で詫びつつ、二人して女子トイレへ。

そして私は「手だけだからね」と念を押し、Cのおちんこさんを、いつも彼らが果てる時のように激しく上下させ、トイレの壁に白い液をぶっかけました。

これが、輪姦の計の狼煙だったとは、後になって知らされるのでした。

その翌朝、おなじみのA、Bを始め、昨日のC、更には小学時代の友人であるDEFGと、なんかアルファベットだとよくわからんが、彼らに呼び出された。

「昨日、Cに手コキしてあげたんだって?」

問われて、すごい恥ずかしくなった。視線を落として「うん」とだけ答える。

沈黙。

なになに?なにこの空気!?と肌で感じつつ、次の言葉を待った。

沈黙。

怒ってんのだろうか。何に?もしかして嫉妬!?みんな私の事愛してたのかーあっはっはーかわいい奴らめー(心の声)。

沈黙。

顔を上げると、じとーっとした目で見つめ返された。

こええ! いや、マジに恐怖心が私のガラスのハートをキリキリと締め上げた。

私は根負けして視線を再び逸らす。

色々な思いが錯綜しましたよ。

いじめすぎたかとか、けなしすぎたかとか、男女平等は大事だよねとか。

声に出して謝りたかったが、しかし素直になれず……ただ黙るのみ。

先頭に立ってた男の子が前に歩み出る。

(レイプされるレイプされるレイプされるレイプされるレイプされるレイプされるレイプされるレイプされるレイプされるやだよー!)

逃げようにも足は動かず。ただ恐怖に負けて目をつぶる。

「僕たちにもやらせてください!」と頭を下げるそいつ並びに男子一同。

とりあえずそいつは思い切り平手打ちしといた。

そいつは頬抑えつつ「だってCだけずるいじゃん!」

んで、涙目の私はきっぱりこういってやった。

「やってあげるからこんな真似しないでくださいお願いします!」

後々判明したのだが、どうやらCは罰ゲームで手こき依頼をしてみろと言われたそうだった。

無理無理と男子勢はタカをくくってた(こんな日本語あったよね?)らしいが、その予想は裏切られ、Cに上から「てかやってきたけど」と言われたらしい。やってねーけどな。

A~Gはそこでやっと思い至ったらしく、「やらせてくれるんじゃないか!?」と考えついたらしい。

……以上が解説。何か変かも。忘れたわもうw

事策に溺れた私は、性交経験がないにも関わらず、セクロス武闘会場へ案内された。男子Dの家だけど。

D氏の家はそれはそれは大層な豪邸でございました。

まぁ育ちが良いわりに頭は残念な子だったから、同じ公立校に通ってるんだなと頷く私。

そして親がいない。二人とも働いているらしく、夜は遅いらしい。兄弟はなし。

まさにうってつけのセクロス武闘会場。10人入っても大丈夫!

私は真ん中にちょこんと座らされた。私だけクッションとジュースを差し出され、男子はフルーツバスケットよろしく私を取り囲んで見つめていた。

「あの、どうしたらいいんでしょうか」

とりあえずDに聞く。

Dは隣の男子に耳打ち。聞こえちゃまずいことなのか、段取りでも考えていたのか、なんか頷いている。

「とりあえず脱いでください。いやらしく」

鼻息も荒く、D氏はそう言った。

360度見られている感じはすんげー恥ずかしかったけど、意地っ張りで負けず嫌いな私は、おもむろに立ち上がり、何の迷いもない(風に)さっさと全裸になった。

尻丸出し、乳丸出し、あそこ丸出し状態だったが、もう隠さずに堂々と立ってた。

「で、誰から相手? 早くしてよ、寒いんだから」

あくまで強気なあたし。

正直初めてなので優しくしてと言いたかったのに、出た言葉はこれ。だめだこいつ……

前に出たのは、全員。はてな、と私は思った。

「ちょ、ちょっと、全員?」

「え、あの、前戯を……」

エッチの手順なんて全く分からん私はとりあえず視線を地面に。

直立のまま、後ろからまだまだ成長していないオパーイをいじられ、脇をいじられ、へそをいじられ、あそこには何本もの指がうねり、私を辱めた。

私は声を押し殺し、耐えていたが、男子共の息遣いが体のあちこちにかかり、遂には私もため息のような息を吐いた。

「マンコ濡れてきた」

そう告げられ、指があそこに侵入してくる。男子共の指は、くねくねと動き、何本入ってるのか分からなかった。

私が突っ込まれた指に腰を引かせていると、色んなところからカチャカチャだの、ジ~ッだの、音が聞こえてきた。

ビンビンなあそこを各々取り出し、砲口を全て私に向けていた。

「す、座っていいかな」

私は立っていられなくなり、ぺたんと座り込む。

そんなヘロヘロな私に間髪入れず、鼻先に真っ赤なおちんちんさんが迫ってきた。

「フェラしてほしい」

そう迫ってきたのはD君。いきなりおちんちんさんと対面し、ちょっとびっくりしながら、とりあえず心の準備時間を稼ぐために、先っちょの穴のところを指でつついてみる。

「そんなにしてほしいんだ」

くりくりくり~っとこねくり回しながら、そんなこと言ってたかな。

私の決心もようやくかたまり、向けられたおちんちんのこれまた先っちょにキスをしてみた。本当にソフトに。

私のファーストキスが唇ではなくおちんちんととは…ちょっと悲しみを覚えつつ、もう一度キスをする。

ピクンと跳ね上がるD君のおちんちんさん。

反応はかわいいが、モノはもう臨戦態勢。男は恐ろしい兵器を腰に常時ぶら下げているんですなぁ。

私はD君のおちんちんを口いっぱいに含んでみる。すごい臭いが鼻から抜け、息が苦しくなってちょっと動かしただけで抜く。

初めてだけど、なんかフェラ苦手かも、と思いつつ、手でこすってあげる。

この間、私を襲う男子は一人もいなかった。どうやら前もって最初に私を犯しちゃう人を決めてたらしかった。

D君の家ということもあって、D君が最初にすることになったらしい。

「そろそろ……しよっか」

このセリフは私が言いました。

恥ずかしながら先程の前戯、私も相当効いていたので、続きがしたかった。

私とD君はベッドに移動、横に寝かされる。

ぞろぞろと他の男子もついてきて、各々のモノをいじくりまわしながら、私を覗き込んできた。

痛いって聞くしちょっと怖いなぁと、内心焦りまくり。

「上手くやってよね」と、ちょい強気に言ってみたり。

D君が私の足を開脚させ、おちんちんさんが私のあそこにぴたっとくっつけられる。※ちなみにこの時だけ生です

すりすりしてるD君。入らないのかちょっと焦ってた。私もそんないつ突っ込まれるのか分からない状態でハラハラしていたら、遂に入れられる。

ん、と思わず息を止めた声が漏れる私。あれ、痛くない?

「奥まで入れるよ」

と、一気に奥まで入れるD君。途端に激痛が走った。それはもうすっげー痛かったです。

いたあああいと半泣きしながらD氏の腕に爪を立てた。

D氏は私の一番奥で止まって「だ、大丈夫!?」とさらに焦ってた。

「あんま大丈夫じゃない……」

一息ついた後、D氏はみんなの見てる前でゆっくりと腰を動かし始めた。

痛みは依然残ってたけど、とりあえず耐えた。

D氏は周りの男子に色々質問されてた。締まりとか。まぁ私のあそこの感想ですな。

すっごい恥ずかしかったので、顔を真っ赤にさせながら男子陣を睨む。

レディーに失礼ですよと、素っ裸で男に抱かれた状態でレディーも何もないんだけどw

とりあえずD氏とのラブファイトは20分以上に及んだ。

その結果、「この(腰の)早さじゃいけないよ」とのこと。

しかし私も痛みとの戦い、自分との戦いの境地だったので、これ以上の速度アップはやめてくださいと懇願。

一度いれられたアレをなめるのは気が引けたので、手でしてあげることに。

私もなんか妙な屈辱感を覚え、ちょい乱暴に手の上下運動を開始、D氏は見事ティッシュの上に散った。

「ごめん、セックス無理だ……」

私は涙目になりながらいきり立つ男子陣に謝罪しました。

男子達はえー、とハモり、がっくりと肩を落とす。

せめて手とか口とかでしてあげたくもあったが、思った以上に体力を消費してたし、気力の面で完全に心折られました。

「次は……ちゃんとしてあげる」

気丈に振る舞うものの、声はもろ涙声。

優しい男子達も察してくれて、私を慰めてくれた。ここでは性的な意味ではないです。

ただその慰めが逆に私の涙を誘ったがw

そんなこんなで、私の初体験は苦い思いで終わってしまった。

別に処女を失ったことで落ち込んでたり、特別な思いはなかった。ビッチ思考とかだからじゃないですよ!?

中1だったけど、早いコは彼氏とやっちゃったとか言ってたし、私も早くやってみたいって思いがどっかにあったから。

まぁとにかく、処女ではなくなったし、次は痛くないはずと思いながら、私は女になって帰宅しましたとさ。

What do you think of this post?
  • エロいいね (1)
  • エロくない (0)

厳選記事PICKUP!