【義姉との体験談】キッチンでオナニーをしている姉さんを見てしまった結果wwwwww〈後編〉

reghiuhaeirojoireajo
【義姉との体験談】キッチンでオナニーをしている姉さんを見てしまった結果wwwwww〈前編〉の続き

再び僕に跨った義姉は、欲しがりな膣穴にあてがって先っちょをワレメでなぞる。

テカテカに濡れ光った自分のものとは思えないくらいに大きいチンコ。

ワレメの肉がその亀頭を挟んでしゃぶっている。

「じゃあいくわよ。ホント、若いって素敵…」

義姉がまだ勃起しているチンコを握って膣口に押し当てる。

ぬちゅう~っ。



ドロドロになってる欲しがりな姉穴が再び熱を帯びたチンコを呑み込んでいく。

「ああ~!出したばっかりなのに硬い!広げられちゃう!」

「義姉さん…」

体重に任せて腰を落としてくる義姉に、あっという間にチンコが呑み込まれていく。

「深~い… すごく奥まで来ちゃってる…」

義姉が背筋をそらせてチンコを根元まで受け止める。

奥まで入ったチンコ全体が義姉の膣壁に包み込まれてる。

「ううっ、由紀さんの中って本当に気持ちいいね」

「硬くてゴリゴリしてて… 私もとっても気持ちがいいの…」

入れた途端にグリグリ前後に腰を振り出す義姉。

僕の恥骨にクリをこすりつけながら、自分の快感を高めようと必死に肉奉仕している。

受身ばかりじゃ悪いし、今度は僕が由紀さんを責めたいな…

騎乗位で弾んでいる人妻義姉の身体を、自分の腰振りで好きなように責められたら…。

「由紀さん、今度は僕が上になりたい」

僕は自分の欲望をストレートに義姉に伝えた。

額に汗を浮かばせながら、うふふっと淫らに笑う義姉。

「そうね、じゃあ、エッチなお姉さんの体、好きな様に突いてみる?」

「うん」

体の上でバウンドさせながら喘いでいた義姉は、チンコをぬぽっと抜いてベットに転がった。

今度は僕が由紀さんを責める番。

正常位で挿入体勢を取り、手も触れていないのにビクンビクンと跳ね上がるチンコをあそこに近づける。

兄貴よりもずっと若く、元気のいい勃起を見つめる由紀さん。

自然と手がそれに触れ、自分の愛液でヌルヌルしてるものをシコシコしだす。

「あああ…、硬い、すごく…。すごおいぃ…」

今から入れようとしている僕の股間のものを撫でながら、義姉が淫らな期待を込めてささやく。

「僕の好きなように出し入れするからね。さあ、大きく足を広げてよ、義姉さん」

「うん…、はい、どうぞ…」

僕の目の前で両脚を大きく広げ、股間をさらけ出してみせる義姉。

もう何度も僕に抜き差しされたそこは、愛液でグチャグチャになってて口を開いたまま。

「旦那の弟に自分の身体を好き放題にさせてあげるなんて、由紀さんって本当に悪い奥さんだね」

「そんな事言わないでよ。恥ずかしい…」

「夫の留守中に若い弟にマン汁まみれのおまんこ晒して喜んでる」

言葉でも感じさせたくて、わざと意地悪な言葉を使う。

義姉にもエッチな事を言ってもらいたくて、股間のものをびくびく跳ね上げさせながら要求する。

「由紀さん、僕に向かっていやらしい誘い方してみてくれないかな…」

「えぇ~?恥ずかしいなぁ…」

口では嫌がっていても、表情はまんざらでもない様子。

僕が固唾をのんで見守っていると、義姉は腰をくいっと持ち上げて股間に手をやった。

そして指でワレメを左右に広げ、膣口をクパッと開いて見せる。

「その逞しいオチンチン、いやらしい姉さんのおまんこに入れてください…」

顔を真っ赤にしながら潤んだ瞳が僕の顔を見つめる。

「私のおまんこにぶち込んで、好きなだけハメハメしてくださいっ!」

感じてる… 下品な言葉で誘って感じてしまってる…

義姉は自らこんないやらしい格好をして、スケベな誘惑の言葉を吐くことで淫らな喜びを感じていた。

僕の肉棒が痛いぐらいに勃起し、今にも破裂しそうだ。

「由紀さんのそのスケベな顔、たまらないよ」

義姉の下品な言葉に満足そうに答え、自分で広げている膣穴に勃起したチンコをずぶっと突き刺した。

「ひいんっ、はっ、入ってくる…。ああんっ!」

膣内にたまっていたエッチな期待汁が、ブチュッと音を立てて噴出した。

もうここまで何回も出し入れされて、僕のチンコの形になった姉肉がキュンキュン収縮している。

入れたとたんに待ってたかのような締め付けが待っていた。

「ああんっ!入れられたばかりなのにイクッ!イッちゃうの~!」

義姉の裸身がビクッと跳ね上がり、膣内がいきなり痙攣しだした。

「ヒアッ!ひいぃっ~!」

挿入直後の絶頂に、義姉の膣肉がグジュッと粘着音を立てるように収縮する。

絶頂でひくつく膣壁を、奥までたっぷりと埋め込んだ肉棒で味わった。

「由紀さん、僕のチンコ、感じる?」

「うんっ、すっごい感じるっ!おまんこの中にいっぱい入ってて… すごい…」

さっき淫らな言葉を言わせたのが効いたのか、義姉の口からは耳を疑うような言葉がすらすら出てくる。

「おまんこ気持ちいい… 硬くて熱いオチンチン大好き…」

義姉の淫語に合わせて、肉棒をくわえ込んだ膣口からもブチュブチュと粘っこい淫音が鳴り響く。

「チンコ狂いの顔しちゃって。兄貴が見たら悲しむよ」

「そ、それは…」

兄貴の事を出した途端、由紀さんの快感で蕩けた表情が一瞬曇る。

「あの人のことは、今は言わないでよ」

「一応悪いとは思ってるんだね、由紀さんっ、ほらっ!」

僕は意地の悪い笑みを浮かべながら、腰を下から上へ突き上げるようにして義姉の膣内を激しく責めた。

「やあっん…!一応って、はあっ!悪いなって思ってるわよ。ふうっん…っ!」

セックスを楽しみたいのに兄貴の事を持ち出されて困ってる義姉。

それが面白くて深い所を狙ってズンズン突きまくる。

「あっん~っ!お、奥にぃ~!し、子宮にばっかり当たっちゃってる~!」

僕の子宮狙い打ちのピストンで、義姉の表情はどうしても崩れ、腰がグズグズに蕩けていく。

「そ、それだめっ!そんなところばっかり突いたら、私ダメになるっ!」

「兄貴の事を愛してる?」

「愛してるっ!で、でもっ!このオチンチン、子宮までくるオチンチン、我慢できないっ!」

僕はどうしても義姉の膣内に射精したくて仕方が無くなっていた。

このまま感じさせていれば、きっと許してくれるはず…

僕はピクピク震える義姉の腰をグイっと持ち上げて、膣奥を勃起の先で何度も激しく突いた。

「こんなの知らないっ!子宮がこんなに感じるなんて知らなかった!」

兄貴を愛してるといっている義姉。

それなのに子宮を犯される快感で全身をくねらせて、スケベなアエギ声を上げている。

「由紀さん、こんなに感じてる子宮に僕の精子ぶちまけたらもっと感じちゃうかも」

「ふううっ…、そ、それは…」

僕はついに禁断の一言を言ってしまった。

「こ、こんなに感じてる子宮に射精されたら、私絶対妊娠しちゃう…」

「でも気持ちいいよ…」

もう一押しすれば絶対に落ちると思って、さらに激しく狙い打ち。

度を越した快感で下がってきている子宮に、チン先がゴツゴツ当たっているのを感じる。

同時に狂ったように締まる姉の膣肉。

完全に義姉の身体の方は、僕の射精を待ち望んでしまっている。

「射精されちゃおうよ、弟にいっぱい…」

「あぁ… それはダメ…」

「どうしても由紀さんの中で射精したいんだ。ダメだって言うんなら止めちゃうよ」

一番深い所に差し込んで、僕は姉穴にピストンするのを止めた。

「やだ~、動いてよ~。もっと感じさせて」

「中出しさせてくれるならいっぱい突いてあげる。由紀さんだって本当は出されたくなってるんでしょ?」

「そうだけど…」

急に抜き差しが停止して、もの欲しそうに膣内がグネグネうごめく。

由紀さん、あそこが中出しねだってるよ…

「もっとして欲しいのに… どうしよう…」

指を咥えながら迷ってる義姉を追い込むようにクリをこすり上げる。

「ああっ!ズルイっ!そこ敏感なのにっ!」

「出されちゃおうよ、ここも欲しがってるよ…」

クリをこすり上げながら腰を回し、先端で子宮をグリグリグリグリ…。

ふああああっ!て腰をビクつかせながら感じまくってる義姉。

「もう無理。このまま焦らされるなんて我慢出来ないっ!出してっ!妊娠しちゃってもいいからっ!」

「じゃあいくよ… このまま中で射精するまで…」

とうとう言ってはいけないことを叫びながら抱きついてくる義姉。

そんな義姉を愛おしく思いながら激しくピストンを開始した。

僕は雌を妊娠させようとする雄の本能のまま、義姉の膣肉を生チンコで抉り、かき回す。

焦らされていた分、反動のついた快感が大波となって義姉に襲い掛かる。

「やああっ!何でこんなに?違うっ!さっきまでと全然違うっ!」

お互いの快感を高めようとするセックスから、孕ませセックスに意識が変わる。

その意識の差が義姉の感度を大きく変えた。

自分の夫以外からの孕ませピストンを受けて義姉が半狂乱になって悶える。

「これダメッ!私の身体、いやっ、妊娠したがってるぅ~!ダメ、私の身体、我慢してえ~!」

義姉の意思とは関係なく、妊娠させる気満々の僕のチンコを膣内が待ちわびて締め付けてくる。

キツキツの義姉マンコを心地よく感じながら、抜き差し速度を上げる。

「やっぱりだめっ!今出されたら絶対妊娠しちゃうっ!」

「へえ~、分かるの?」

「わかる、わかるのっ、この感じ… 欲しがってる、私の子宮が精液欲しがっちゃってるっ!」

極限まで敏感になった膣壁が、由紀さんの意思に反して僕を射精に追い込もうとする。

高まった射精欲は既に秒読み段階。

身体の下で悶え苦しむ兄貴の奥さんを、欲情した目で見つめながら最後のスパート。

「由紀さん、妊娠しちゃえっ!」

射精直前まで膨れ上がった勃起が、貪欲な義姉の膣内をメチャクチャに抉り、子宮の奥に突き刺さる。

「ああっ!スゴイッ!気持ちいいっ!スゴイのくるっ!」

ビクビクと痙攣を続けていた義姉の身体がグッと浮き上がり、ピーンと突っ張っていく。

「いくっ!今迄で一番すごいのっ、いくっ、いっちゃう~!」

大きな声で叫びながら、義姉は弟のチンコで絶頂を迎えようとしていた。

射精寸前だった僕の生チンコに加わる義姉の絶頂痙攣。

最高の膣内刺激にこれ以上耐えられず、ついに兄貴の奥さんの体内で限界を通り越した。

僕は肉棒をずぼっと子宮に押し込み、赤ちゃんを育てるところを狙う。

「ううっ、出るっ…」

駆け上ってくる精子を感じとって、子宮口めがけてチンコを突き入れた。

「ああんっ、当たってる。義姉さんの子宮を押し上げてるぅ~!」

押し込んだ亀頭の先端が、子宮口に押し付けられた。

「そのまま射精して!おまんこの奥に熱いの注いで~!」

ドピュッドピュッ!!!

「はあああ~~~ん!!!」

子宮口に押し付けられた先端から、兄貴のじゃない僕の精液が発射された。

2回目だっていうのに、どっくんどっくんとなかなかおさまらない。

激しく収縮を繰り返す義姉の膣内が、大量の弟汁を全部絞り取っていく。

「ああああっ!当たってるっ!子宮にビチャビチャ精液が当たってるぅぅん…」

待ちに待った本物の雄汁の到来に、義姉の子宮が喜びの悲鳴をあげている。

「ダメなのに!妊娠しちゃうのにっ、何でこんなに気持ちいいの?」

僅かに残った理性が中出しを拒絶しているが、僕の身体に足を巻きつけ受け止めている。

「私、妊娠しながらイッてる!こんなの初めて!すごいいい~!」

「由紀さん、チンコ引っこ抜かれそうだよ。すごく喰い締めてる」

肉棒を根元から絞り上げ、精液を一滴残らず集めようとする子宮の貪欲さに驚いてしまった。

ようやく射精も止まり大満足の中、一番奥まで押し込んで義姉に抱きつく。

まだ絶頂中の姉の膣内がまだ、柔らかくなっていく僕のチンコを締め付けている。

「こんなにいっぱい出せれちゃって、どうしよう… でも気持ちいい、精液がタプタプしてる」

「由紀さんの身体が気持ちよすぎていっぱい出しちゃったよ」

ガッチリと肉棒を咥えたままの膣口から、収まりきらなかった精液が逆流している。

「はやく兄貴にたっぷり中出ししてもらわないと…、妊娠したら大変だね」

さっき射精した時とは違う充実感に浸りながら、まだ蕩けている義姉に告げた。

乱れたベットの上で、義姉がはしたなく股を開きっぱなしにした格好で胸を上下させている。

両脚は力を失ったように広がったままで、膣口からはたっぷりと放たれた精液がゴポッと逆流していた。

「子宮がまだ喜んでる… 精液嬉しいって… もう戻れない、こんなの知っちゃったら…」

焦点を失った瞳で天井をぼんやり見上げたまま、子宮からジンワリと広がる快感の余韻を味わっている。

兄貴以外の男に膣内射精されたことも、それで妊娠してしまったかもしれない事もどうでもいいみたいだ。

由紀さんの夫…、兄貴相手でのセックスでは味わう事の出来なかった女としての充実感に浸っている。

「ねえ、今度からあの人とは内緒でしようよ。いいでしょ?」

きっと由紀さんは、僕がここで断ったとしても忍び込んでくるんだろうな…

流れ落ちる精液を指ですくって義姉の口元に持っていく。

ためらう事無く僕の精液をおいしそうにしゃぶる義姉。

このスケベな人妻の体をこれからも自由に出来るんだと思うと身震いした。

兄貴には悪いけど、こんな誘惑を断る事なんてちょっと無理。

返事をする代わりに、義姉の大きなオッパイに顔を埋めて甘えるようにしてみた。

そんな僕の耳元に、義姉がささやく。

「あの人がいない間なら、好きなときにさせてあげるからね。これからもいっぱいしよ…」

What do you think of this post?
  • エロくない (1)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!