【姉との体験談】姉にマイクロビキニからマン毛がはみ出てないかチェックを頼まれた結果wwwww

yurstuyseyaryyetsat
「ねえ、◯◯?ちょっと来てくれる?」

居間でTVを見てくつろいでいたら、キッチンの方から姉の声がする。

「なに、姉さん?今いいところなんだけど」

「いいから、来てってば!早く!」

「ちっ、なんだよ、まったく」

仕方なくキッチンに向かった僕に、驚愕の風景が!



「ね、姉さんッッ!!どっ、どうしたんだよ、その格好?」

僕が驚くのも無理は無い。

姉はこともあろうに、ギリッギリのマイクロビキニ姿でそこに居たのだ!

姉は、流し台の縁に腰掛けて、まるで下半身を強調するかのように、腰をクィッと全面へと晒け出しているのだ。

どうして姉はこんなことをしているんだろうか?

姉は微笑を浮かべるだけだ。

そして今度は、その剥き出しになった下半身を前後左右とグラインドさせ始めた。

みりみりと食い込むビキニ。

すっ、スゲえぇ。

マンコの筋が浮きがってるじゃん!

思わず見入ってしまった僕だが、実の姉に、欲情に満ちた視線を送り続けるわけにもいかない。

僕は慌てて首を左右に振って、凝視した目線をそらそうとする。

「もっと、よく見て!」

ええーー!

なんですか、その要求は?

僕、弟っすよ。アナタはその姉でしょうが。

分かってるんすか、姉ちゃん!

僕は、目の前の女体が姉であることを忘れ、その下半身を凝視する。

「バカっ!そんなエロい目で見ないでよ!何、考えてんのよ!」

そ、そりゃナイっす。

しっかり見ろって言ったのは、姉ちゃんっす。

「ヘアがはみ出てないか、チェックして欲しいの。さっきお風呂でケアしてきたんだけど、大丈夫かなと思って念のため。今度の日曜日に、これ着て海に行くの。だから、しっかり見てよ、◯◯」

そっ、そういうことですか。

それにしても、いくら姉と弟のカンケイとは言え、こんなの刺激的過ぎだってば、姉ちゃん!

「わ、分かったよ、姉ちゃん。マン毛がはみ出してないかを見ればいいんだね」

「イヤラシぃ言い方しないでよね!ほらっ、早くチェックしてよ!」

ズンッと突き出された股間に顔を埋めるようにして確認する僕。

今までの人生で、オンナのアソコをビキニ越しとは言え、こんなに真近で見た事なんか初めてだ。

どことなく漂う淫靡な香りも、童貞の僕にとっては初めて嗅ぐシロモノだった。

こ、これがオンナの、もしかしたらアソコの匂いってか?

そんなことを考えていると、僕はもうどうかなってしまいそうだった。

「ハァハァ…、・・・ハァハァ」

姉の姿態を夢中に見つめる僕。

「ちょっとぉおっ! 何、息荒くしちゃってんのよ! もしかして、お姉ちゃんのカラダに興奮しちゃってんの?」

「ぼ、ぼぼぼ、ボクは、決して、そういうつもりじゃ…」

しどろもどろになって、姉に弁明する僕。

「で、どうなの? ヘアは?大丈夫かしら?」

「は、はひ…」

慌てて、肝心のヘアはみ出しチェックを続行する僕。

姉のビキニの周辺部をガン見する。

「なによ、◯◯、目が真っ赤に充血してるわよ。さっきから瞬きもしないで、私のアソコを見過ぎなんじゃない?」

「それは、姉ちゃんが見ろって言うからであって…」

「もっとフツーに見ればいいのよ。ほら?さっさと済ませてよね」

姉の声に急き立てられて、最終チェックを済ませる僕。

どうやらヘアの心配はなさそうだ。

「姉ちゃん、大丈夫だよ。一本もはみ出してなかったよ」

僕の報告を聞いて、姉も安心したようだ。

しかし、それにしてもなあ。

ヘアの問題はいいとして、そのビキニってどうなんだろう?

だってマン筋、丸見えじゃん、いいのかよ。

僕は思ったことを、率直に姉に言ってみる。

「姉ちゃん、ヘアはいいとしてもさあ、それ、いいの?なんか、縦スジがクッキリ浮き上がってるよ?サスガにまずいんじゃない?」

「えっ、縦スジ?さっき、お風呂の鏡で見た時は分からなかったわよ。本当なの?」

「履きたてだったから食い込んでなかったんじゃないのかなぁ。海なんか行ってカラダ動してたら、もっと食い込んでくると思うけどな。それに水に浸かったら、更に凄いことになるよ。いいの?そんなことになっても、姉ちゃん?」

「バカッ!何、エッチなこと想像してんのよ!ちょっと位セクシー過ぎる方がいいんだってば。このビキニで、狙ってる男子のこと、夢中にさせるつもりなんだから」

「そういうことかあ」

「とは言っても、ヘアがはみ出してるのはダメなの。オンナの子としての最低限の嗜みだからネ!」

「じゃあ、そのヘア問題はオッケーだから安心して、姉ちゃん。僕、そろそろ部屋に戻るわ」

僕はソソクサと、その場所を後にしようとするが、姉に呼び止められてしまう。

「ちょっと待ちなさいよね!」

「な、なんだよ?姉ちゃん。もうヘアチェックは終わったんだろう。僕だって、忙しいんだから、もう…」

「ふぅーん。忙しいって言う割には、さっきまでテレビ見てたくせに。それに続きは見なくていいの?どうして、急いで部屋に戻ろうとするのかしら?」

「別にどうだっていいだろ?僕、行くよ」

キッチンを出て行こうとする僕に、背後から姉が迫ってきて、いきなり羽交い締めにされてしまった。

「うわわぁっ、何すんだよ、姉ちゃん?苦しいってば」

子供の頃からよくプロレスごっこをして遊んでいた僕たち姉弟だが、そんなのは小学生低学年の時の話だ。

僕の背中に、成長した胸が密着しているのが分かる。すっごく柔らかいのが当たってるよ。

や、ヤベエ。

これ、ヤバ過ぎる!

さっき、姉のビキニ姿を見せつけられていた時、あろうことか、僕のチンコは半勃起状態になっていた。

そんな状態を姉に見つかるのだけは避けたいと思って、部屋に退散しようと思っていたのに。

姉にフルネルソンされて、背中でバストの質感を感じているうちに、半勃ちだったソレは、もう完全に勃起し切ってしまった。

「こーら?なんで逃げるの?」

「ぼ、ぼくは別に逃げてなんか…」

「昔、よくやったよね、プロレスごっこ。なんか、懐かしいわね〜」

「もう止めてってば!怒るよ、ぼく!」

そんな僕の主張は無視されて、姉は次の攻撃をしかけてきた。

「よいしょっ、ほら、えいぃいーっ!」

フルネルソンの状態から姉は僕の体を持ち上げ、僕を尻もち状態にさせた。

続いて、僕の腰に姉の両脚が絡みつき、ガッチリとホールドされてしまった僕は、完全に身動きが取れない。

「ウフフっ!ほら、参ったか!◯◯?」

「もう降参だよ、姉ちゃん!はいギブアップ、ギブアップ…」

「フーン。なんか呆気ないわね。それにギブアップっていう割に、こっちはこんなに元気そうなんですけど」

僕の腰をクロスしていた姉の足がほどけられるや否や、

足の先が僕のチンコへと伸び、両脇から挟み込まれてしまったのだ!

ジャージ越しとは言うものの、姉の足は的確に僕の勃起チンコを捉えていた。

「ぐはっ!あう!」

悶絶する僕に、姉は容赦しない。

「ほら!ほら!ギブアップっていうんなら、こっちも音を上げなさいよね!どうなの?ほらっ?ほらっ!」

姉は掛け声と共に、指先を巧妙に動かし、亀頭やら、カリの部分、竿、タマタマなどを念入りにねぶり回す。

「だっ、だから、もうギブアップだってば!降参だよ、姉ちゃん!」

「◯◯はギブアップって言ってるけど、コッチは全然、降参してないわよ。だって、ほら?こんなにギンギンでガッチガチなのよ!こうなったら、本当に息の根を止めちゃおうかしら!」

そう言うや、姉は体をのけぞらせて僕の体を半浮かしにしたかと思うと、今度は、両脚を巧みに使って僕のジャージをずり下ろしていくのだ。

「ば、バカ!姉ちゃん、何すんだよ!」

「ウフフ。今日は最後までやるわよ、デスマッチ勝負よ!覚悟なさい、◯◯?」

「デスマッチ?だから、僕はもう降参してるんだってば」

「今日のルールは3カウントも降参も無しなの。あるのはノックアウトのみの特別ルールよ」

「そっ、そんなあ…」

絶望に陥った僕に、姉は容赦なく攻撃を続け、ジャージは完全に脱がされてしまった。

残るはトランクス一枚。

薄布一枚を突き破らんかん勢いで屹立する我がチンコ。

その先っちょは、既に我慢汁でビショビショになっている。

そこに姉の足指が絡まる。

「ひどいよ、姉ちゃん…」

「ひどいのは、どっちよ!

私の水着姿を見て、おちんちん大っきくさせたのはアナタでしょう?

弟の癖に、お姉ちゃんのことヤラシイ目で見るからいけないのよ!

これはお仕置きなの。分かった?」

そう言うと姉は、僕の最後の牙城とも言える、トランクスに足指を引っ掛けた。

勃起チンコが邪魔をして、簡単には降りていかないのだが、強引にひっぺがす様にして、パンツは脱がされてしまった。

「あうっ!」

凄い勢いで、姉の目の前に曝け出された、我が愚息。

赤黒く膨張している亀頭は、カウパー液でダラダラにテカっている。

また、いつになくギンギンに硬直した肉棒は、ぐわんと天を突いている。

「キャアァッッ! 何、コレ? 私の知ってる、◯◯のおちんちんと違うわ! 小っちゃい時は、もっと薄いピンク色で、アサガオみたいだったのに、なんてグロテスクになっちゃったの!それに、どうして先端が濡れ濡れなのよ!この変態!」

「うぅ…、グスン…」

「何、泣いてんのよ!

勝負はこれからなんだから!」

姉は、僕を封じ込めていた胴締めとフルネルソンを解くや否や、尻もち状態の僕の前にササッと回り込み、そのまま下半身ごと僕にのしかかってきたのだ。

迫り来る姉のマイクロビキニ!!

思わずタジろんでしまった、僕は上半身をのけ反らせてしまった。

バランスを崩し、仰向けにひっくり返ってしまう。

すかさず、姉がマウントポジションを奪う。

完全な負けパターンだよ。

姉とのプロレスごっこで、この体勢を取られてから、姉に勝ったことは一度も無いんだ。

それにも増して今日のマウントポジションは強烈だ。

姉の下半身が、僕のお腹の辺りにグイグイと食い込んでいるうちに、少しずつビキニの布切れがずれてきているのだ。

ね、姉ちゃん!

アソコが見えちゃうよ!

そんな状況にも構わず、姉は制圧した僕のことを蹂躙する。

「ほらっ!ホラホラ? どうしたの?抵抗してみなさいよ!」

僕の顔に張り手をしてくる姉。

決して本気ではないものの、僕の顔を容赦なく平手打ちする。

腕をバタバタさせて抵抗するが、ガッチリと腰を押さえ付けられているので、力が入らない。

「今度はコッチよ!」

姉は立ち上がると、体の向きを反転させて、再び僕のお腹に跨がったのだ。

なんていうことだ。

マイクロビキニでは到底隠しきれない姉の豊満な尻肉が、僕の眼前に迫ってくる。

「ね、姉ちゃん…。やばいよ、この体勢」

「何がヤバイのよ? ココ、こんなにしちゃって!凄いわよ、亀頭がパンパンに膨れあがってるわ。本当にイヤラシイわね!」

そういうと姉は、デコピンをするようにして、僕のチンコを弾いた。

「あうっ!」

「アハハハッ!何よ、変な声出して」

「姉ちゃん、ひどいよ…」

「もう、つべこべ言わないの!おとなしくしてなさい、ホラッ?」

そう言った姉は下半身をさらにズンズンと僕の鼻っ面に近づけてきたのだ。

マイクロビキニからはみ出さんとする姉の肉襞をまざまざと見せつけられる僕。

躊躇する僕に構わず、姉はその秘裂部分を僕の顔の中心に押し付け、さらには尻ごと、僕の顔面に体重を預けてきたのだ。

どことなく汗ばんでいるような、甘酸っぱいような匂いが、僕の鼻腔に充満する。

その匂いを嗅いでいると、もう僕はいても立ってもいられなくなったが、相変わらず僕の体は姉に制圧されたままだ。

姉の恥肉から逃れようと顔をずらそうとしたが、姉は容赦なくヒップを押し付け、僕の逃亡を阻止する。

「おとなしくしなさい、って言ってるでしょう? ほら、コッチもよ!」

えっ!ええっっっっっぇええ〜〜〜?

次の瞬間、僕の下半身に有り得ない衝撃が襲った。

僕のチンコの先に何だか得体のしれない粘着動物が絡み付いてきたのだ。

ぬちゃっ、くちゃっ、ぬちゃくちゃ、ちゅぱぁ!

こ、これって、もしかして?

ね、姉ちゃん!

僕のチンコをフェラチオしてるのぉおーーーっ?

有り得ないでしょ?

僕たち、姉弟っすよ!

マズイっすよ、これは。

僕は腰を動かそうとしたが、姉の強烈バキュームによって、腰に力が入らないのだ。

やばい、このままフェラ攻撃されてたら、僕、イッちゃうよ。

どうにかしなきゃ。

そうだ!

姉ちゃんにもクンニすればいいんだ!

僕がイク前に、姉ちゃんをイかせれば、僕の勝ちだよな!

僕はひとり納得すると、恐る恐る舌を伸ばし、姉の肉襞を舌先で舐めてみる。

ビクンっと姉の腰が反応する。

しめしめ。

姉ちゃんにも効いているみたいだ。

それなら、これはどうだ?

舌先でマイクロビキニの紐を搔き分け、裂け目の先端にあると思われる、突起部分を探ってみる。

コリッとした肉芽らしきものを僕の舌が捉えた。

これがクリトリスなのかな?

初めて触れる女体なので、どうにも自信がない。

ところが、その豆粒上のものを丹念に舐めあげていると、少しづづ大きくなってきているような気がした。

それと同時に姉の腰も左右に揺れるようになっている。

僕は確信を持ち、その突起を徹底的に攻めてみることにした。

舌でねぶり回し、僕の唾液でびっしょりにする。

下から優しく舐めあげたり、左右に攻撃的に弾いてみたり。

すると割れ目の奥から、トロミを帯びた透明な液がとめどもなく溢れ出てきた。

姉も感じているのだと思うと、僕は嬉しくなって、更に舌先を蠕動させた。

僕の攻撃に呼応するかのように、姉のフェラチオも激化していった。

この体勢からでは見ることが出来ないが、恐らく、唇・舌・頰を総動員して、僕の亀頭・カリ・竿・袋を攻めあげているのだろう。

僕は負けじと、空いている両手で姉のヒップを鷲掴みした。

なんて、プリップリのお尻なんだ!

実の姉のお尻に夢中になる僕。

両手いっぱいに桃尻を掴み、そしてそれにしゃぶりついてみた。

「美味しい!姉ちゃんのお尻、美味しいよぉおっ!」

お尻に続いて、僕は姉のアナルにも照準を向ける。

姉の菊門はとても華奢で、僕の舌が触れたら壊れてしまうような気もしたが、僕は思い切って、その中心部分に舌を突貫させた。

「ひゃっぅうう!」

思わずフェラチオを中断し、悲鳴をあげる姉。

構わず、アナルの奥へと舌を潜り込ませる僕。

腰をグワングワンとさせながら、僕の口撃から逃れようとする姉。

だが、僕は両手で姉尻をガッチリと押さえ込み、それを許さない。

逃げられないと悟った姉が取った行動は、僕のチンコへの攻撃を強めることだった。

根元の部分まで僕の肉棒を頬張ると、喉の奥の部分で、僕の亀頭部分に刺激を与えてきたのだ。

それまでのフェラチオとは異なる感触に、僕は打ち震えた。

それがディープスロートというテクニックだということは、ずいぶん後になってから、姉に聞いた。

その時が、初めてのフェラ奉仕だった僕には、もう何がなんだか分からなかった。

ただ、自分のチンコがどこかに持っていかれそうな感触だった。

いつも自分でしているオナニーの最後の瞬間とは違う、何か大きな波が迫って来るのが分かった。

腰の辺りがソワソワして、袋の裏側がキューンとする。

全身の血液が海綿体に集中して、貧血状態になった僕は、完全に思考能力も無くなる。

ただ本能のままに、眼前にある姉のアナル、クリトリス、そして愛液が溢れ出るヴァギナをひたすら舐め上げる。

姉の腰の動きが上下するようになる。

僕も最後のあがきで、腰を浮かべる。

「うああーーっ、あああーーーーッツ!い、イクイクイクウウウーーーーーーゥ!射精するよぉおおおお!」

堰を切って飛び出る僕のザーメン。

姉の口腔の奥へと降り注ぐ。

「んぐっ、んんんっぐうううっ!」

その瞬間、姉のアヌスとヴァギナがキュウンと窄まった。

アヌスに挿入していた舌が引き千切られるかと思う位だった。

僕の射精は、2度3度の脈動を経て、ありったけのザーメンを吐き出した。

「ふはーーーっ。すげーぇ、気持ちよかったぁあ!

姉ちゃん、フェラチオ上手なんだね!」

姉は、唇からこぼれたザーメンを指で拭い、それを再び口に入れ、ゴックンと音を立てて飲み込んだ。

「もう! なんなの!この濃っくて、しかも大量の精液! 出し過ぎだってば、◯◯!」

「ご、ごめん、ごめん。だって、姉ちゃんのオクチ、とっても気持ち良かったんだもん!」

「そう? そんなに良かったの? でも、◯◯のクンニも最高だったわ。アタシ、もう何度もイッちゃったわ」

見つめ合いながら笑いあう、僕たち姉弟。

「あっ、そうだわ。今日のルールは、ノックアウトのみのデスマッチだったわ。お互い、相手のことをイかせたってことは、引き分けってことかしら?」

「僕はまだまだ降参してないよ。ホラ、これ見てよ、姉ちゃん!」

そう言って僕は下半身を突き出す。

「っええ? 嘘…、マジで? どういうこと?」

さっき、あれほどの射精をしたばかりだというのに、既にフル勃起状態に復活している我が愚息。

「姉ちゃんのオマンコにコレを入れたら、どんなんに気持ちいいんだろうな、って考えているうちに、いつの間にか、こうなっちゃったんだ…」

「でも、それってキンシンソウカンだよ? 童貞なんでしょ、◯◯? いいの、相手がお姉ちゃんでも?」

「僕は構わないさ! だって、こんなにセクシーで、フェラチオも上手な姉ちゃんだったら、きっとセックスだったら、もっと気持ちいいはずだよね!」

「分かったわ。じゃあ、またお姉ちゃんのことも気持ち良くさせてくれるかしら?」

「望むところだよ、姉ちゃん!僕の攻撃に音をあげるなよな!」

僕は下半身を突き出し、これみよがしに勃起を強調する。

「言ったわね、◯◯。覚悟しなさい!さあ、延長戦よ!」

姉は、ゴングを鳴らす真似をすると、僕に対してファイティングポーズを取るのだった!

おしまい。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!