【痴漢体験談】痴漢待ちのJKに電車の中で挿入し中出しまでしてしまった結果wwwww

awrwqtwetew
昨日電車で痴漢をした。高校生のオマ〇コ辺りを正面からさすったった。

俯いたまま、無言でされるがままのJK。

肘で胸もさすったった。

乳首あたりをクリクリと。

次の停車までの20分間、ひたすら痴漢したった。



これで3度目。いつもと同じ時間の同じ車両で。

今日は太ももの付け根から人差し指を這わせて強引に下着の中に入れたった。

マン毛でザラザラした地点を経由して下部へ・・・

グチョグチョやんけ。

ぬるっぬるでスルスル指が滑った。

ゆっくり、ゆっくり円を描くようにその付近をさすったった。

パンティーの反発で指がすれた。

下を向きながら、頭を押し当て腰を引きながら抵抗をしてきたがそれがかえって、俺の指を強引にさせた。

その結果、軽く指の先端が穴にかかった。

やがて駅につくと早足でさっていったが俺の指はまだ濡れていた。

今日もまた電車で痴漢をした。

今日は、お目当ての女性高生の後ろからいった。

満員電車で揺れにあわせて自分のズボンの前をスカートの後ろから押し付ける。

じょじょに堅くなって行く俺のペ○ス。

はじめはなんともなかったJKが、おかしいと気づいたようだ。

お尻を動かす。俺のペ○スから逃げようとする。

けれど、腰を動かしたらかえって俺を刺激する。たまらない。

前を押し付けるだけじゃ飽き足らなくなったので、手でおっぱいを揉む。

もうカンネンしてるのかな。おっぱいも揉まれっぱなし。お尻を突き出してくる。

「じゃぁ」

スカートをすこしずつ巻き上げて手を入れる。

パンティの後ろから指を入れると、ヌルヌルだ。

ヘアがジョリジョリする。「もう、体験済みだね」。

でも、今日は触るよりも出したい気分。

めくったスカートを俺のズボンの上まであげる。

この快速は次の駅までまだだいぶある。

思い切って、ズボンのジッパーを下ろす。

これまで触ったことは何度もあるけど、自分のを出すのは初めてだ^^;

ドキドキする。

もう、俺のペ○スとこのJKのオ○○コの間には、薄いパンティしかない。

ガタンゴトンいってる。

スカートの下から手を入れる。

パンティのゴムに指をかける。

パンティを引き下ろす。

パンティが、下がった。

お尻がスカートの下で丸出しになっている。

ペ○スがお尻に当たる。

彼女はお尻を突き出してくる。

入れて欲しいのか。

ペ○スを当てる。

このままじゃアナルか(笑)

「もうすこし、お尻を突き出してくれよ」

「…」

「そうそう」

「いい?」

「…」

声に出さない会話。

「入れるよ」

「…」

あぁ…

入れた。

ガタンゴトン。

JKのオ○○コに俺のペ○スを入れた。

キツイ。

すっごくキツイ。

久しぶりな感覚。

「やばい、すぎ逝きそう」

「いいよ」

そう、聞こえた気がした。

「いいの?」

「うん、安全日だから」

「中でいいの?」

「うん、中に出して」

ああぁ…

中に大量に放出した。

出したあと、そのままでいた。

「このまま抜いたら、こぼれちゃうな」

「ううん、いいよ、抜いて」

「?」

「大丈夫だから」

気がつくと、彼女が手を下に入れている。

いつのまにかティッシュを出してる。

そうっと抜く。

まだ、ピクピクいってる。

彼女は、ティッシュで自分のアソコを押さえる。

俺は何もなかったかのようにペ○スをズボンに押し込む。

「ふぅ」

「どうだった?」

「素敵だったよ」

「そう?」

「うん」

「また、しようね」

「えぇ??」

「…」

明日も会えるのかな。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!