【痴漢挿入体験談】あらゆる偶然が重なって、とんでもないことが起きたのです〈前編〉

omjnfvrexws
去年の年末、さすがに後悔する出来事がありました。

私は埼京線で武蔵浦和から新宿まで通勤してるOLです。

痴漢にはほぼ毎日逢いますが、最近では半分楽しみになっていましたさすがに精液で洋服を汚されたり、あまりにも不潔そうな人とかは嫌ですが、そこそこ普通の人で、上手な人なら、最近は楽しめるようになってました。

ぶっちゃけスリルと興奮で気持ちいいし、たまには下着やスカートの上からでもイケるときもあるし。

しかし、それ以上というのは断り続けてました。



例えばホテルに行こうと誘われたり、連絡先を交換しようと言われたり。

やっぱり見ず知らずの他人だから怖いというのが一番。

次に、痴漢に感じてしまってる自分がちょっと自己嫌悪というか恥ずかしいというか・・身元がバレるのは抵抗がありましたなので、かなり凄い時でも直接触られるところ止まり、それ以上はありませんでした。

しかし、つい去年の年末、信じられない出来事が。

恐らく、何度も私を触ったことのある人でしょう。

私が抵抗しないことは既にわかっているようで、最初から大胆に触ってきます。

そして、触り方のパターンから、過去幾度かされている同一だと悟りました。

その方は、自分の股間を押し付けることが好きな人のようで、毎回あそこを、私の下着の上から押し付けたり、凄い時で、下着の脇から進入してきて直接お尻に押しあてたりしてました。

押し付けってあまり気持ちよくはないので、痴漢の中ではあまり好きではなかったです。

それに射精でもされて汚されたら嫌だな~とかいつも心配でしたが、でも、射精まではされたことはありませんでした。

その人はいつものように勃起したアソコを下着の右脇から中へ入ってきました。

下着の右脇を中央へずらすようにして器用に入ってきて、最初はお尻に押し付けてました。

私は特に気持ちよくもなく、それに、その人の我慢汁のような液体がお尻について気持ち悪く、今日はついてないなと俯いていました。

すると、今度は、私の太ももの付け根に入ってきました(風俗的にいうとスマタ?みたいな)

普通よりちょっとだけぽっちゃり体型なので、膝上は太ももが両方ピッタリくっついています。

その間に出し入れすることで、その摩擦でその人は気持ちよくなろうとしているのが分かりました『まさか今日は射精する気・・?』

これから出勤というときに、下着の中に射精なんかされたらたまったものではありません。

さすがにこれは拒否ろうとおもったのですが、あまりの激混みでとても身動きがとれません。

そのおじさんの体は、背中、お尻、足まで完全に密着状態。

そして身長差がまた偶然にも丁度私と同じくらいなのか、かなり見事にフィットしてます。

わたしは165センチなので、小柄な人なら背伸びしなきゃならないし、大柄な人ならしゃがまなきゃならない。

こんなに器用に足の付け根の間に上手に挟めるなんて、余程身長差がフィットしたのか・・

それと、もうひとつは、その人のモノがかなり勃起して反り返っていることも不思議でした。

今までの経験上、痴漢をしてきたからって皆が皆勃起してるとは限らず、やはり外だから?それとも犯罪?だからでしょうか意外に勃起してない人の方が多かったように思う(握らされたこともあったし、押し付けられてるときとかにもそう感じた)

でも、今回のその人ばかりは凄く固く、しっかり勃起していたので、ある意味凄い人だなと、我ながらちょっと変ですが関心してしまってたりしました。

それと、勃起されることは、普段からある程度痴漢を受け入れる概念がある私にとって、何となく喜ばしいことでもあったのです。

私に魅力を感じてくれてる?みたいなそんな風に考えていたら、何だか私も気持ちよくなってきました。

そして擦られるアソコとアソコとの摩擦が効いて、私もすっかり濡れてしまいました。

今思えば、これも原因の一つ。

私、すごく濡れやすい体質で、更には、どちらかといえばMで、彼氏なんかには、ご奉仕でフェラとかしていて、彼氏が勃起してくれただけで濡れてしまう。

そのへんの事情が全て偶然に重なってしまったんです

その人の亀頭が、割れ目に沿うように摩擦され続けました。

周りから不自然に見られていないだろうか?ドキドキでしたが、すごい激混みだったので、後ろからかなりまともに密着状態にはなっている筈の私達も、さほど不自然ではないのでしょう。

私はドアの隅っここのドアは暫くは開かない。

小刻みにピストン運動のようなことをしているから、どうしても体重が私にかかる。

でも、前はドアだから、他人にその力が加わることはない。

ああ、今思えばそれも要因の一つ。

そんなあらゆる偶然が重なって、とんでもないことが起きたのです。

【痴漢挿入体験談】あらゆる偶然が重なって、とんでもないことが起きたのです〈後編〉へ続く

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!