【痴漢挿入体験談】あらゆる偶然が重なって、とんでもないことが起きたのです〈後編〉

rehearhaerher
【痴漢挿入体験談】あらゆる偶然が重なって、とんでもないことが起きたのです〈前編〉の続き

確かに私も、気持ちよくなってしまっていたので、ちょっとだけ遊び心を出してしまった。

閉じていた足を少し開き、少しお尻を突き出してみた。

すると、ただ擦れてるだけのピストンが、徐々にアソコの穴に引っかかるようになりました。

後ろに引き、また前に出す。

その運動の、前に出す時に、一瞬亀頭?が穴に引っかかる。



そんなことが何度かあった後、引いて、前に出す時に、その人が両手で私の腰を持ちました。

そして少し手前に引くように力が加わり、お尻を更に少し突き出されたかと思うと、その人の右手?が腰から離れ、背中に感じていたその人の体勢が少し下にずらされ、一瞬体の密着が緩んだかと思うと、その瞬間、その人のモノが私の中に入ってきました。

「うそ!?」「うそでしょ!?」

そんなことはいくらなんでもあり得ない、このサイトとかにもたまに書いてる人がいらっしゃいますが、そんなことは絶対物理的にあり得ないと思ってました。

だってどう考えても不自然な体勢になるし、人が沢山いる中で、まして揺れてる電車の中で、そうそう挿入なんて出来るわけがない・・と。

しかし、現実に起こってしまったんです。

私が、でっ尻だから?アソコが後ろ付きだから?後から考えたら、考えられる要因はそろっています。

私は、今でも、いくら洗練された痴漢さんとはいえ、挿入までは余程じゃないかぎり無理だと思っています。

官能小説の非現実的な世界だと思っています。

ただ一つ余程、様々な偶然(好条件)が重なった場合を除いて・・。

何故なら、現実に私が体験してしまったから・・。

「うそっ」「うそっ」私は頭パニック、そればかり頭の中で言ってました。

「こんなのあり得ない!やばい!何とかしないと・・」

しかし、挿入した後のその人の体は、まるで全体重を私に預けてるかのようです。

完全にドアとその人に挟まれて、サンドイッチみたい。

「今、こっちのドアがもし間違いで開いたりしたら、私確実に頭から地面に叩きつけられるだろうな」なんてよくわからないことを想像するくらいパニくってました。

完全にはさまれているので、逃げられない状態です。

身動きが一切とれない。

おかしいな、さっきまでは、まだもう少し余裕があったのに・・明らかに意図的に押し付けてるでも、気持ちいいのは確かに気持ちよかったです。

あんな状況、二度とないでしょうから。

でも、女なら分かってもらえる筈そう、リスクです。

触られるくらいなら、さほどリスクはない

しかし、挿入となったら話は別しかも生!普段の普通のエッチでさえ、余程信頼関係が無い限り生でなんかやらせないそれなのに、見ず知らずの他人、しかも痴漢!犯罪者!しかも電車の中というあり得ないシチュエーション。

あり得ない、絶対ありえない!

病気も怖いし、まさか中に出されたら、妊娠も怖い。

冗談じゃないこれはちょっとした痴漢遊びじゃすまされない。

そういうリスクがあるから、これまでホテルに誘われても断ってきた経緯もあるそれなのに、こんなところで生で中出しされるくらいなら、ホテルに誘う人の方が余程紳士的だし、頼めばゴムだってつけてくれるかもしれない。

そっちのほうが余程良心的だし、割り切ればこっちだって楽しめる。

しかし、今、この現状はシャレにならない。

気持ちいいとか思ってる場合じゃない一大事だ何とかしなきゃ。

そうやって色々考えている内に、その人のものが一瞬、今までより硬くなったように膣内で感じると、同時に凄い量の液体が私の中に放出されたことが、膣内の感触で分かりました。

「うそっ!!!!!」

音で例えるなら「ぎゅっぎゅっ」て感じ?

その人のものが、私の中で搾られてるような感じ。

何度か脈打って、一気に抜かれました。

「なんだ、抜けるってことは、やっぱり余裕はあったんだ」

やはり意図的に押し付けられていたようです。

私とその人の間には若干の隙間が出来、その人はずれた私の下着の裾を戻してくれたのですが、その戻す過程で自分のモノを私の下着の裾のとこで拭いているような動作が伝わってきました。

その後さっさと自分のものをしまってる感じがしました。

私は、中に出された恐怖で、完全に半べそ状態。

俯いて呆然と立っていたら、中から精液が垂れてきました。

「げっ」

まるでおりものが大量に出てきたときみたいに、凄い勢いの「ドボッ」って感じの感触でした。

まるでおもらしをしたような感触更には、下着の脇からこぼれ落ちて、ふとももをつたってきました。

「最悪だ・・悪夢だ・・冷静になれ・・まず次にこのドアが開いたらそっこーでトイレだとにかくそれだ!」

パニくりながらも、なんとか状況を収拾しようと一生懸命努めました。

しかし、中々ドアが開かない。

この時ばかりは時間が本当に長く感じた。

「痴漢されました」と叫んでもいいけど、こんなこと、本当に信じてもらえるだろうか。

信じてもらえたとして、私も協力したことがばれてしまう。

足を開いたり、お尻をつきだしたり、アソコが濡れていたり。

いや、それよりも何よりも、そんな究極の状況に陥る前に何故声を出さなかったか?私はめちゃくちゃ恥ずかしい立場に立たされる。

それに、まさか膣内の精液のDNA鑑定とかされたりして。

そんなのあり得ないていうか、満員電車で挿入されたなんて、格好のマスコミの餌食にあうのでは?私は恋人も友人もなくしてしまう!!短時間に、そんなことをぐるぐる考えてました。

人間、パニくると、短時間に色々なことを考えるものですね・・

しかし、女という生き物はつくづく・・なんていうのか、男、正確には雄?に、心は抗っても、体は受け入れる仕組みになっている・・。

しかし、そこをしっかり理性でもって気丈に生きている女性が普通ですよね・・。

私は、だらしのない女なのかな・・性欲の強い、最低な女なのかな・・。

涙が出てきそうでした。

そのうち、こころなしかその精液の匂いが辺りに充満してきました。

「やだ・・ばれてしまう・・」

ていうか何で私がばれてしまうとか心配せねばならないのだ・・。

一体なにをやっているのだろう情けない・・

後ろのその人は、何事もなかったように、若干体の向きを変えてしれっと立っている。

そして、、電車がようやくドアの開く駅に近づいてきました。

『ようやくこの状況から開放される』

『ああ、せめて外に出してくれていれば・・』

でも、そんな気を遣うわけはない相手の立場にたって考えたらすぐ分かる。

だってその人にとって私の人生など関係ないのだもの。

その人は、ただ、自分が気持ちよく満足できればいいのだから・・。

とにかく、とにかく、駅に着いたら降りねば!そしてトイレに行って、拭いて、下着を脱いで、コンビ二で新しい下着を買って、コンビ二のトイレで着替えて・・。

そしてどうする?そのまま会社に行く?膣内に出された精液ってそのままでいいわけ?どうすればいい・・???

そんなことを考えながら、ようやく駅に到着。

普段朝の通勤なら殆ど降りる人はいないような駅、しかし乗ってくる人は沢山いるただでさえ満員なのに、これ以上乗ってくるいつもなら奥側かつり革の付近なので然程気にはしてないけど、今日に限ってはドア越しむやみに降りたら、乗り切れなくなってしまうかもでも、今日はいい、

いや、ちょっと待って・・サーっと血の気が引いていく。

今日は、取引先のお客が朝一番で来る絶対に遅刻できない。

この電車を降りて、トイレだコンビ二だとやっていたらとても間に合わない。

もう、ここまできたら、腹をくくろう今降りるのも、目的の駅で降りるのもここまできたらもう同じだろう。幸い会社の近くにはコンビ二がある

駅について、ドアが開く私と数名が一旦出口を作る為に降りる。しかし実際に降りる人は殆どいなかったけど、一人だけ私と同じくらいの背丈のおじさん風な人が降りて足早に去っていきました。

「まさか・・」

苦渋の選択で、また同じドアから乗り込むその駅で乗車を待っていた沢山の客がどんどん私を押して入ってくる。

尋常じゃない混雑いつもこんなに混んでたっけ・・?

中々ドアが閉まらない何度も駅員が押す。

「無理!」とか「次にして!」とか「キャー」とか「痛い!」とか、悲鳴みたいな声が飛び交う人身事故でもあったわけ??

何とかドアが閉まり走りだしましたが、ホントに具合が悪くなる人とか出てしまいそうな勢い。

小さい女子なんか殆ど潰されてる。

走り出した瞬間から、いきなり大胆に手が伸びてくる。

しかも3本!?3!?

背後から、脇の下を通って胸、更に背後からお尻、そして前にも。

これはつまり・・さっきの行為を見ていた人達が、私をOKな女子だと判断し、さっきの駅についたときにわざと一旦降り、乗り込む人達のどさくさに紛れて私の近くにポジションをとった・・。

『あちゃー・・・』

いつもなら、触るくらいなら大した問題でもないのだけど、今日に関してはちょっと事情が違う。

私のアソコは、愛液と精液でドロドロ状態なのだから。

そして、お尻をなまじスカートの上から強く揉まれようものなら、下着の液がスカートに付いて染みてしまう。

それだけは本当に勘弁して!!!仕事に行けなくなってしまう!!!

スカートに染みを作られるくらいなら、変な言い方だけどいっそスカートをまくってほしい!

ていうか、我ながら何を言っているのか・・もう完全にパニック状態・・

幸い?なのか?、スカートはすぐにまくられ、直接下着の上から触られました。

前の人と、後ろの人との手が、ちょうど私の股下で触れ合うしかし、この路線の痴漢さん達の仲間意識は凄い。これまでも複数同時にされたこともあったのでよく知っている、犯罪者ながら感心してしまう。

上手にお互い譲り合うのだからあんな満員電車の中で、言葉が無くとも、痴漢さん達は気持ちが通じ合ってるのか、上手に連携するそれが、触り方などで伝わってくるんです。

片方が大胆になったら、片方が譲ったり。凄いときなんて、手同士でちょんちょんと合図し合ってたり。それって「お先にどうぞ」とかそういう意味合いの合図?なにこいつら、友達?!って思うくらい逆に揉めてるとか、獲物を取り合ってるとかっていう感じを受けたことは経験上少ない。

この日も、『相変わらず協力し合うのね・・』なんて思いながら、早く目的の駅につくことだけをひたすら願ってました。

さっきの行為を見られていたとしても、まさか挿入までしていたとは夢にも思わないだろう。きっと、はたから見ていたら押し付けとかに見えたに違いない。

だから、普通に触られてこの場を凌げるなら何とか我慢しよう目的地まで5分くらいだし・・。

とか考えて俯いていたら、『うそっ!?』下着の脇からまた指が入ってきました。

ていうか、下着がぐっしょりなのがバレて、大胆になったのかも・・ていうか、さっきの挿入も中出しもこれでバレた!?

下半身の痴漢さんの2本の手が一瞬ためらったかのように止まったかと思うと、次の瞬間いきなり更に大胆に、一気に膣内に指を入れてきました。

前の人がクリを触って、後ろの人が膣内に指を入れて激しく出し入れしてるすごく激しいから、『さすがにこれってバレないわけ?』不審に思うも、ちらっと見てみたら上半身は見事にしれっと立っている。

周りから見えないところだけ腕はガンガン動かしている。

まるでカモの水かきみたい・・。

この人達・・本当に洗練された方々なのね。

この熱心な研究心と情熱と訓練を別の何かにぶつければいいのに・・

例えば人形劇職人とか・・なんてまたくだらないことを考えてしまう人間、パニックの時って、そんなことどうでもいいじゃんってことをつい考えてしまうものなんですね。

でも、本当にそんな馬鹿げたことを言ってる場合じゃない。

でも、この状況はどうしようもない順応性って言葉があるけど、今、この瞬間、この状況にだけ瞬時に心身を順応させ、この時間と状況を受け入れようそうすれば、火もまた涼し?違う、住めば都?いやもっと違ういやどうでもいい!とにかく、考え方ひとつだ無理やりポジティブ。

そう、こういうときは無理やりポジティブだ。

そうだな・・たとえば、この人の指入れによって、さっき中に出された精液が、多少なりとも掻き出されるかもしれない。

そうそうすれば妊娠のリスクが軽減する!我ながらかなり強引なポジティブシンキング・・。

でも、藁をも掴む思いとはまさにこのこと。

さっきの中出しのショックに比べたら、この人達は本当に良心的。

私を助けに来てくれた人達のようにさえ思えるなんて・・んなわけないかうーん、このあたりからあまりの混乱にちょっと精神がおかしくなっちゃってたかも・・。

ていうか何だか笑い話みたいになってきましたが、私は真剣なんです!本当に必死だった・・でも本当に切羽詰った状況ってはたから見たら実は一番笑えるのかな・・。

でも、まんざらじゃなかったんですその人の激しい指の出し入れによって、膣内の精液がどんどん垂れて出てきたんです。

『やった!いいぞ!もっと掻き出して!』

我ながらやった!っていうのもおかしいけど、この時はとにかく必死だったんです!

もうここまで来たら、恥ずかしいだなんだ言ってられない。

利用できるものは利用させてもらう!

辺りには心なしかぴちゃぴちゃという音が聞こえてるような聞こえてないような・・でも、もうなんだかんだ言ってられない!頑張れ私!

またまた時間が無くなってきたので、続きはまた書きますね実はもうひと波乱あったんです・・また書きます。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!