【風俗体験談】初めてのソープで嬢を好きになってしまい、連絡先を教えた結果wwwww

bandicam 2015-11-10 11-33-19-464
俺は大学まで彼女もできず童貞で、バイト代のほとんどをいつもダチとのコンパや独り暮らしに使っていた。

そんなある日、友だちの紹介でソープに行くことにした。

俺はAVすら携帯とかネットで見るくらいでキスも何もかもしたことがない、正真正銘の童貞チェリーボーイだ。

初めて紹介で行くことになったソープで、友だちがオススメしてくれた、R子さん(年上)を俺は慣れない感じでお店に電話して指名することにした。

R子さんは確か俺より10個上で、俺が初めてソープに来たのは人妻ソープだった。



しかもR子さんは俺好みの爆乳(Iカップ)と書いてあった。

そんなことで150分コースにして、少しでも長くR子さんと一緒にいたいと思い、お店に向かった。

そして、しばらくしてお店に着くなり、フロントみたいなところで予約したことを伝えるなり、奥の部屋に案内され、そこで待つよう指示された。

2、3分が経ったとき、突然ドアが開き、そこには俺が指名したR子さんがいた。

R子さん『はじめまして、R子です、本日はご指名ありがとうございます』

オレ『はじめまして、俺今回が初めてで何もわからないんです』

R子さん『童貞くん?』

オレ『そういうことです』

R子さん『そっか〜じゃ、私がいろいろと教えてあげないと』

そう言うとR子さんは俺の横に座り、キスをしてきた。

R子さん『お名前教えてください』

オレ『◯◯です、21で学生です』

R子さん『へぇ〜◯◯くんはこういうことに興味があったの?』

オレ『まだしたことがなく、彼女もできないので』

R子さん『◯◯くん、じゃ、こっち向いてあなたのファーストキスを…』

俺はR子さんとそのままキスをした。

キスをしただけで俺のチンコは大きくなり始めていた。

R子さん『◯◯くん今日は私があなたに気持ちいいこと教えてあげる』

オレ『本当ですか?嬉しいです』

R子さん『わたしのことは、怜子って呼んで』

オレ『俺年下なのにいいんですか?』

怜子『いいよ…◯◯くんわたしの息子のように可愛がってあげるから』

オレ『怜子…さん』

怜子『も〜◯◯くん、怜子って呼んでくれないと気持ちいいことしないよ?』

俺はさすがに躊躇していた、初対面の人のことを呼び捨てにするのを。

でも、気持ちいいことして欲しい気持ちが勝った。

オレ『怜子…』

怜子『よくできました、ベッドに行こう』

オレ『うん…』

怜子『◯◯くん、まずはどうしたい?私から脱ごうか2人とも脱ぐか』

オレ『怜子のおっぱい…見たいな』

怜子『あはは…◯◯くんかわいいな、じゃ私のおっぱい見せてあげる』

怜子さんは俺の眼の前で下着姿になり、こっちに来てくれた。

オレ『怜子…ブラから乳首がはみ出てるよ』

怜子『きゃっ、エッチね!笑 ◯◯くんのアソコもどんどん大きくなってるのがわかるよ』

オレ『だって…そんなの見ちゃうと』

怜子『でも〜まずは私からしてほしいな、◯◯くん私のおっぱい好きにしていいよ』

オレ『怜子……』

俺はAVで見たように、ブラの上から揉んだり乳首を触ったり、わかることをした。

怜子『◯◯くんの触り方とってもエッチで私好み』

オレ『ねぇ…ブラ取っていい?』

怜子『しょうがないな、じゃ取ってあげるからもっと気持ちよくしてね』

そして怜子さんのおっぱいが目の前に広がった。

乳首はビンビンに立っていて、ちょうどいい乳輪、そしてなによりIカップのおっぱいが目の前にあった。

オレ『最高…』

怜子『◯◯くん…あっ…ダメ…気持ちいいよ…』

オレ『すげぇ…怜子のおっぱいが今日俺だけのもの』

怜子『◯◯くん…んん…あん…あ…乳首弱いの…』

怜子さんはかなり気持ちよくなってきているのがよくわかった。

オレ『怜子…もっとしてあげる』

怜子『ダメ…イッちゃう…イク…イク…』

怜子さんは俺のおっぱい責めでイッてしまった。

オレ『怜子…イッちゃったの?』

怜子『◯◯くんの触り方舐め方で私イッちゃった…今度は私が気持ちよくしてあげるよ』

オレ『うん』

そう言うと怜子さんは俺のズボンとパンツを脱がして、バスタオルでチンコを隠し、バスタオルの中で手コキをし始めた。

怜子『◯◯くんのおちんちんこんなに大きいだなんて、私今までの中で一番大きいかも』

オレ『怜子の好きなようにして…』

怜子『◯◯くん…もう咥えるよ』

そして俺は手コキやフェラをされ、いつも1人でするより気持ちよく、怜子さんはさらに…

怜子『おっぱいで挟んであげる』

オレ『あっ…これがパイズリ』

パイズリもしてくれた。

オレ『怜子…あっ…それ以上早くされたら出ちゃう…』

怜子『一回出しちゃって…気持ちよくなって』

オレ『ダメ…出る…イク!!』

俺は怜子さんのパイズリで1回戦を終えた。

怜子『◯◯くんこっちにおいで、洗ってあげる』

そう言われお風呂場に行き、怜子さんは俺の身体やチンコを洗ってくれた。

怜子『◯◯くん私のことも洗って』

オレ『怜子のおっぱいをもっとこうしてみたらどうなのかな』

俺は怜子さんのおっぱいをわしづかみしたり乳首をコロコロしたり、とにかくおっぱいを弄った。

怜子『◯◯くん…そろそろ私のオマンコも触ってみない?』

オレ『触りたい』

俺はお風呂場で怜子さんのオマンコを下から眺めた。

怜子『私のオマンコどう?』

オレ『めっちゃ綺麗、AVで見るよりすごいよ』

怜子『好きにして、舐めても指を入れても好きにしていいよ』

俺は怜子さんのオマンコやクリトリスを弄ったり舐めたり、オマンコには指が3本も入ることにびっくりしました。

怜子『◯◯くん…また大きくなってきたね』

ついさっき出したのに俺は大きくなっていた。

怜子『私のオマンコに◯◯くんのおちんちんちょうだい』

そう言われ俺の上に怜子さんはまたがってきてくれた。

オレ『怜子のおっぱいがゆさゆさ揺れていて最高だよ』

怜子『◯◯くんのおちんちん固くて、私のクリトリスにも当たる』

オレ『怜子とエッチができて最高』

怜子『◯◯くん…このまま出していいからね』

オレ『赤ちゃんが…』

怜子『ピル飲んできたから安心して、中にちょうだい』

そしてその一言があった後、怜子さんのオマンコの中に出してしまった。

怜子『◯◯くんのおちんちん気持ちいいよ』

オレ『エッチって気持ちいいですね』

怜子『◯◯くん、またベッドに戻るよ』

オレ『うん』

怜子さんと過ごしてきた時間があっという間に過ぎもう45分しかなかった。

夢中でエッチをしたりイチャイチャしていた考えると時間が経つのが早いなって思いました。

怜子『◯◯くん…たぶん次が最後のエッチになるかも』

オレ『時間がないの?』

怜子『うん…もうあと40分』

オレ『怜子…!!』

俺は突然年上の人ということを忘れ、おもいっきり抱きしめた。

怜子『◯◯くんどうしたの?』

オレ『怜子に童貞卒業、筆下ろししてもらえて俺は幸せだよ』

怜子『◯◯くん最後は私の最大限の力を発揮するからね』

そう言われ怜子とエッチをしてその後、150分は終わりを迎えることになった。

怜子『今日はありがとうね』

オレ『俺の方こそありがとうございました』

怜子『◯◯くん、もし今度またお店に来ることあったら指名して』

オレ『あっ…あの…』

怜子『どうしたの?』

オレ『俺の連絡先今度直接会いたい』

怜子『◯◯くんごめんね…お店の人にばれちゃうかも』

オレ『俺は怜子さんが好きです、年上とか関係ないです、俺と付き合ってください』

怜子『◯◯くん…しばらく考える』

俺は怜子さんに告白をしてしまった。

後日。

???『もしもし、◯◯さんですか?』

オレ『そうです、え?誰ですか?』

怜子『私よ、怜子』

オレ『どうしたのですか?』

怜子『◯◯駅の近くのカフェに来て』

オレ『わかりました』

そして、怜子さんがいるカフェへ。

怜子『あのね、私あれからよく考えたんだけどね、◯◯くん…』

オレ『はい!』

怜子『昨日限りで私ソープ辞めたの』

オレ『え?!』

怜子『私ね見つかったの最愛の人』

オレ『そうなんですか?』

怜子『それがまさか年下の◯◯くんだと思わなかったなぁ』

オレ『え?!え?!』

俺は動揺してしまい言葉が出てこなかったのだ。

怜子『私でよければ◯◯くんのことがだいすきです』

オレ『お、俺も、怜子さんが好きです、でもいいのですか?10個も年下のこんな俺で』

怜子『気にしないよ、私は◯◯くんがお店に来てくれた時に嬉しかったの』

その後怜子さんは俺に思い出話をしてくれ、カフェを後にした。

オレ『そしたら俺この後バイトなんで、すみませんが帰ります』

怜子『ねぇ…◯◯くん、今度の休み私の家においで』

休日。

俺は怜子さんに言われた住所に向かうと、家の前で怜子さんが立っていた。

怜子『◯◯くん…もう時間制限なんてない、今日から2人でいっぱいしようね』

オレ『はい!』

その後。

俺も第一志望の企業に就職し、怜子さんはパートとしてスーパーで働くようになり2人で同棲している。

怜子さんと出会ってまさか、こんな展開になるなんて夢にも思わなかった。

今は家族も増え怜子さんと昔の話をすると2人ともまたエッチをしてしまう。

子どもが大きくなったらあまりできないかもしれないから、今は2人でしている。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!