【人妻との体験談】私はこの二泊三日のPTA温泉旅行を利用して必ず巨乳人妻、恵を犯す③

herahreaherah
【人妻との体験談】私はこの二泊三日のPTA温泉旅行を利用して必ず巨乳人妻、恵を犯す②の続き

再び、オヤジA・Bは恵の指圧マッサージを胸から再開しました。

手で指圧マッサージをしながら、うまい具合に、紙のブラジャーをずらすと、恵のおっぱいが露出されて、もう乳首も立っていて、恵がアイマスクをしている事を良いことに、オヤジA・Bは、顔を近づけておっぱいを見てチンポは益々勃起度は、ましていっています。

恵は、まさかおっぱいが露出されて、オヤジA・Bにガン見されているなんて夢にも思ってないでしょう。

そして、私はこのオヤジA・Bがとてもとても憎いと言うよりうらやましいのだ!!!

私も恵のおっぱいに顔を寄せて乳首をガン見して、恵を犯したい願望が芽生えてきました。



オヤジA・Bのダブルの手で恵のおっぱいは、指圧というより揉まれて乳首も刺激されて、もう快楽に落ちた感じているのか、恵の声は、あからさまに出し始めました。

恵「 アッ、アッ、アフン、  あ~の~ これってアフン、ふぅぅ~  本当に~~にマッサージですか~~~ ちょっと違うじゃないですか~~~アン、アン、アン、アン、ダメ~~~おかしぃ~~おかしぃ~~~ 」

オヤジB「 大丈夫ですよ。 お客様、みんなさんも同じように受けられていますので、気持ちいいでしょう。しっかりと、ツボを押して揉んでいきますので、感じてください。 スペシャルコースなのでしっかり味わってください。 声を出す事で、血流も良くなりますので、感じて声を出してください。 気持ち良く無いですか。 」

恵「 気持ち・・・いぃです。 アフ~~~ん  」

もう、恵はエロモードに入っている感じで喘ぎ声を出しています。

オヤジA「 お客様、それでは上半身は終わりましたので、下半身に移ります。 」

恵「 ハィ、 お願いします。 」

オヤジAが、恵の体にバスタオルを取ってしまい、恵は紙のブラジャーとパンティ状態で、紙のブラジャーは、めくられた状態なので、おっぱいは露出されたままで、オヤジA・Bに相変わらず舐めるようないやらしい目つきで見られて、足を広げられるとマンコの部分は、さっきよりシミが大きくなってマンコのが透けて見えているのでオヤジA・Bはしっかりと顔を近づけて見ています。

指圧マッサージを始めたオヤジA・Bは、足の指はすぐに終って、オヤジA・Bは、目で合図して太ももの内側を入念にマッサージをしていて、もっと正確言えばマンコのすれすれの部分を入念に刺激して、恵を再度快楽に落としています。

恵「 そこわ~~~ アァァァァ~~~~~ ダメ~~~ アン、 アン、 ウゥッ、ハァ、 ハァ、 ハァ、 ハァ~~~ 」

また、恵は感じ始めて快楽に溺れていっていて、オヤジA・Bは容赦なくマンコのすれすれの微妙な部分を責めて同時進行で、乳首も両サイドから舌でかするように舐めています。

オヤジAが勝ち誇った顔で言いました。

オヤジA「 お客様、凄く血流が良くなってきてますね。 その証拠に気持ちがいいでしょう。 もっともっと気持ち良くしますね。 お客様も気持ちいいなら、声を吐き出してください。 そしたらもっと血流が良くなりますよ。」

恵「 ハィ~~~ なんか~ 凄くぅぅぅ~~~ 気持ちイイイイイ~~です。 」

私のチンポは、恵のいやらしい声で、ビンビンにMAX勃起していて、もちろんオヤジA・Bも勃起していて、私ほどの巨根までありませんが、ギンギンに勃起しています。
 
オヤジA・Bの行為は、ドンドンエスカレートして行き、もう指圧マッサージでは無く、セクハラマッサージに代わっています。

オヤジB「 お客様、続いてスペシャルな指圧をしますが、ちょっとデリケートな部分なので、指では無く舌を使って指圧をしていきますので、多分とても気持ち良くなりので楽しみにしてください。 」

恵「 えぇ、アフン、アン、アッ、・・・お願いします。 」

オヤジBは、恵の足を広げてマンコの所に顔を近づけると舌を伸ばして紙パンティ越しに舐め始めても恵が抵抗しないで、感じて声を出しているのを良いことに、紙パンティのマンコの部分を破って、直接マンコを吸い付くように音を立てて舐め始めました。

恵「 アァァァァァァァ~~~~~ ダメ~~~~~~~~~ おかしくな~~~~~る~~~~~ アハ、アッ、アハ、

アン、アハ、アン、アン、アン、 これって、 アァァァ~~~本当に~~本当に~~ マッサージなの~~~ダメ~~~」 

オヤジA「 スペシャルな指圧のマッサージですよ。 気持ちいいでしょう。 」

オヤジAも、恵のおっぱいを音を立てて舐めまわして揉みまくっています。

恵「 ハィ、アッ、 気持ち~~~イィィィィ~~~です~~~ すご~~~くイィィィィ~~~アァァァ~~~変になちゃぅもぅぅ~~~ ダメ~~~ ゆるして~~~ こんなの~~~ 初めて~~~ アァァァ~~~ イィ~~~ 」

オヤジAの口が、おっぱいから恵の唇に移動してキスをすると、恵はすんなりと受け入れて口が開くと舌と舌がいやらしく絡み合っています。

オヤジBも負けんとばかり凄い勢いで、マンコとクリトリスとお尻の穴を舐めて、恵を快楽の世界に引き込もうとしています。

恵は、もうオヤジA・Bのスペシャルなマッサージを受け入れて快楽の世界に落ちて、淫乱な一人の女にこのままだとなってオヤジA・Bのチンポを受け入れてしまうのも時間の問題です。

オヤジA「 お客様、そろそろお時間ですけど、延長されてオプションを希望されますか ? 」

恵「 ハァ~ ハァ~ 延長して~~~ まだ~~~ やめなぃ~~で~~ オプションして~~~ 」

オヤジA「 ありがとうございます。 オプションは、お客様の行って欲しい事を何でも受け入れますのでご希望行為を言われください。 」

恵「 どんな~~~事でも~ アン、 アハ~~~ン してくれるの~~~ 」

間違いありません!!! もう、恵は快楽の世界に引き込まれて淫乱女になるドアのノックを叩いてしまいました。

オヤジA「 はい、お客様の望む事は、何でも致しますので、お申し付けください。 」

恵「 そぅ~~~ アァァァ~~~ 何でも~~~ それなら~ アイマスクを取って~~~ 」

オヤジAは、恵が言われた通りアイマスクを取ると、恵が、オヤジAにキスを求めていきました。

恵「 うぅ~~~ん やっぱり~~ 裸になってる~ すご~~~い おちんちんが大きくなってる~ 」

自ら恵は、オヤジAのチンポに手を伸ばして手コキを始めながらキスをして、オヤジAの舌と舌が絡み合っていやらしい音が聞こえてきて、オヤジBは、恵のおっぱいを揉みながら、乳首に吸い付いてペロペロと舐めていて、指は、恵のマンコを2本指でグチュグチュと音をたてながら犯していて、気持ち良さそうに感じてる淫乱になった恵が、オヤジA・Bに求めて言いました。

恵「アァァ~~~ン~~~ 気持ちいぃ~ おちんちん 大きくなって・・・ 固くなって・・・ すご~いぃ~ネェェ~~~ 舐めていぃ~~~ 」

オヤジA「 お客様が求められるなら、問題ありませんけど、どこを舐めたいのですか? 」

恵「 えぇ~~~ この大きな~ 固くなったおちんちんを舐めたいの~~~ 」

この、恵の発言で、快楽の世界で生きる淫乱女が、誕生しました。

マンコを舐めていた、オヤジBが立ち上がって、恵の上半身を起き上がらせて、ビンビンになっているチンポを恵の口元にもっていきました。

オヤジB「 お客様、どちらのオチンポご賞味ですか!? 」

オヤジAも立ち上がって、恵の口元に、ビンビンに勃起しているチンポをもっていきました。

快楽に落ちた恵のいやらしい目つきは、オヤジA・Bのチンポをチラチラ見て言いました。

恵「 うぅ~ん、 決められないから、両方のおちんちんを舐めます。 」

恵は、そう言うとオヤジA・Bのチンポを手コキを始めて、オヤジAのチンポの先に舌を出してペロペロと舐め始めるとパクと咥えると恵は、ニヤニヤしながら、オヤジBのチンポを手コキしています。

オヤジA・Bは、恵を見下ろして気持ち良さそうにニヤニヤしています。

私のチンポも舐めて欲しいという願望がどんどん膨らんで、恵とエッチしたい願望も頂点に足していました。

オヤジB「 お客様、オチンポを舐めるのうまいですね。 オチンポは、美味しいですか!? そろそろ、オマンコの方がオチンポ欲しがっているんじゃないですか!? 」

恵「 あふ~ん、 ジュゥボ ジュゥボ ハァ~ おぉ~~~しぃ~です。・・・ 欲し~ぃぃ~~~です。 」

オヤジA「 お客様、 何が欲しいのですか? どこに入れて欲しいのですか? 」

恵「 ・・・ おちんちんを ・・・ 私の~ オマンコに ・・・入れて~~~ 」

オヤジB「 お客様のご希望に応じて、オチンポをオマンコに入れますね!!! 」

オヤジBが、恵を立ち上げて四つん這いにすると、恵のバックからチンポを入れようとした時に、恵が抵抗をしました。

恵「 えっ、 ちょっと !!! ゴムを付けてー !!! それじゃ、無理、無理、 」

オヤジB「 ・・・ お客様、 何気取ってるだー マンコをずぶ濡れしてチンポを吸い付くようにしゃぶって、でぇっけい声を出して感じてたじゃねーか!!! お客さん、 安心しな、今から生でたっぷりと犯してやるよ!!! 」

オヤジBが、なんか豹変した感じで、言葉が荒くなって、四つん這いになっている恵をバックからチンポを嫌っている恵のマンコに入れました。

恵「 アッ、 あぁぁ~~~ ダメ~、 ダメ~、 生は~ ダメ~ アン、 アン、うぅ~ うぅ~ 」

オヤジA「 お客さん、口が怠けてるよ! 俺のチンポを咥えろ! 上の穴も犯して欲しいだろ! 」

恵は、言われるままに、オヤジAのチンポを咥えると上下から突かれて声を出して感じています。

恵「 アン、アン、アン、うぅ~ ダメ~ ダメ~ あぁぁ~~~ アン、アン、 あぁぁ~~~ 」

オヤジB「 お客さん、気持ち良くなってきたんだろ! 自分から腰を動かしてスケベやなー いい締まりしてるぜ、おい、柳沢 この淫乱女のマンコは、めちゃくちゃ締まって気持ちいいど!!! 」

オヤジA「 田中さん、俺はまだ入れて無いから中に出さないようにしてくださいよ! でも、この女のフェラもめちゃくちゃ気持ちいいですよ!!! 咥えながら口の中で、めちゃくちゃ舌を動かして吸い付いてきますよ!!!この女、相当エロいですよ! 」

恵は、上下からチンポを突かれていて、激しくおっぱいも揺れて、パコンパコンとマンコが突かれている音が聞こえてきて、恵の口からはよだれが出て垂れて喘ぎ声も段々と大きくなって快楽に落ちていっています。

恵「 うぅ~ん アン、アン、アン、 あぁぁ~~~ すご~い、すご~い いぃ~ いぃ~ 」

オヤジB「 お客さん、俺のチンポが気持ちいいやろ! 前も後もチンポで突かれて気持ちいいやろ!!! 」

恵「 はぃ、 気持ち~~~いぃです~ あぁぁ~~~ アン、アン、アン、 いぃ~ いぃ~ 」

オヤジB「 アアー 逝きそうや! おい、柳沢代わるど! 」

オヤジA「 待ってました!!! あー めちゃくちゃ気持ちいい!!! めちゃマンコの締まりいい!!! 」

オヤジA・Bは、入れ替わって、恵は前と後から四つん這いでチンポを突かれて犯されています。

オヤジB「 本当ヤ! フェラ気持ちいいな! あー逝きそうや! おい、口の中に出すから、全部飲み込めや! 」

恵の口の中にオヤジBは、精子を出したみたいで、恵はゴホゴホと言って精子を飲み込みました。

オヤジB「 あー気持ち良かった! ほれ、チンポを舐めて綺麗しろや! 」

オヤジA「 ちょっと待ってください。 田中さん、おい、上に乗れ!」

恵は、騎乗位の構えになって、オヤジAから下から突かれて上の口は、オヤジBのチンポをペロペロと舐めて綺麗に掃除しています。

オヤジA「 お客さん、気持ちいいだろ! 自分から腰を振って、この淫乱女!!! 俺も気持ちいいど! 」

恵「 はぃ、 アン、 気持ちいぃです! おちんちんが~~~ 奥まで~ アン、 当たって~~~ 気持ちいぃ~ です!!! あぁぁ~~~ 凄く~いぃ~ アン、凄くいぃ~ ハァ~ ハァ~ ハァ~ アン、アン、あいぃ~~~ 」

オヤジA「 そうか、俺も気持ちいいど! お客さんのマンコ締まっていいど! ほら、もっと腰を振れよ!あー気持ちいいど! マンコが吸い付くわ! あー気持ちいい! あー逝きそうや! 逝くど! 逝くど!マンコの中に出すど!!! ・・・ あー気持ち良かった!!! たっぷりマンコの中に出してやったからな! 」

恵「 ダメ~ お願い~~~ぃ 中に~出さないで~~~ ヤダ~ あぁぁ~ 」

オヤジB「 無理、あー気持ちいいど! 逝くど! あっ、逝く!!! ・・・ たっぷりマンコの中に精子を出したからな!!! ほら、俺のチンポも綺麗に咥えて掃除しろ! 」

マンコに中出しされた恵は、オヤジAのチンポを咥えるとペロペロと舐めて掃除して終わると、その場に倒れた。

オヤジB「 お客さん、プレゼントのマッサージは終了です! 満足しましたか!? 満足してなかったら後からオナニーに使ってください。 ローターとバイブをプレゼントで置いていきますので、それじゃ、 ありがとうございました。 」

オヤジA・Bは、部屋から出ていきました。

恵は、しばらくすると、起き上がってベランダにあるお風呂に行き体を洗って部屋の中に戻って来てぼーとして全裸で座っています。

私は、押し入れの中でオナって3回も逝ってしまって、外に出れ無い状態で、恵の様子をうかがっていたら、ぼーとしてた恵が、ローターを手に取るとスイッチを入れて、乳首にローターを当ててオナニーを始めて、バイブも手に持って口元に持って行くとバイブをフェラしています。

恵は、2人を相手して犯されたのに満足していなかったのか!? また、快楽を求めて今度は、淫乱女の恵は、

オナニーを始めたのです。

恵「 あふ~~~ん あっ、 あっ、 あぁぁ~~~ うぅ~~~ ハァ~ ハァ~ ハァ~ 」

恵のいやらしい喘ぎ声が、部屋の中で広がって、私のチンポは、勃起してしまって理性を失いかけております。

ローターの音と、恵の喘ぎ声が私の理性を狂わしてきていて、とどめを刺されたのは、恵がバイブにスイッチを入れてた時です。

遂に、バイブは上の口からマンコに移動してウィーンウィーンと音たてながら、恵のマンコに導入されました。

恵「 あぁぁぁぁ~~~~~ すご~~~ぃ アン、 アン、 アン、 いぃ~ いぃ~ あぁぁぁぁ~~~~~」

私は、恵のオナニーをもっと見たいという気持ちが、最後の線を超えずにこらえていますが、もう耐えられそうも無く、飛び出して恵を犯したい気持ちが高ぶっていて、しかし、このまま飛び出したら知っている仲なので、後から警察だたになっても困るし、でもオヤジA・B達も恵を犯して行ったから大丈夫じゃ無いか? 

私の頭は、ぐるぐると悪魔が、恵を犯せ! 犯せ! 犯せ! と囁いてくるのです。

その時、押し入れの隙間から、恵が脱いだガードルが見えたのです!!!

このガードルをかぶって襲えばバレないんじゃ無いか?

まずは、ガードルが恵にバレないように取れるか様子をうかがっていると、恵が四つん這いになってバックからバイブをマンコに入れたのでチャンスが舞い込んできました。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!