【鬼畜体験談】特別支援学級の女の子を性処理にした結果wwwww<前編>

oyuoyuouyfouyf
俺は昔から友達が少なかく、一人で過ごす事が多かった。

小学校5年生に進級し、数少ない友達とも別れてクラスで完全に孤立してしまった。

始業式から数日が経ったある日、休み時間に暇で仕方なく教室で過ごしていたら、ふと特別学級の教室に数多くの遊び道具がある事を思い出し、そこで時間を潰す事にした。

行ってみるとそこには、下級生の男子2人と女の先生1人しかいなかった。

「あれ⁉あなたは?」

「あっはい、5年1組の○○です」

「まあ、よく遊びに来てくれたわね・・・ちょっと、いらっしゃい」



教室の奥に連れてかれ、入口から見えなかった長袖Tシャツにスカートという格好をしたおかっぱ頭の女の子を紹介された。

「この子はあなたと同じ5年生の沙羅ちゃん、この子の遊び相手になって欲しいの」

沙羅ちゃんの第一印象としては、無口で大人しそうな子だったが、彼女の身体が年の割に発達している事に気が付き妙な興奮を覚えた。

「沙羅ちゃん、この子がね、あなたと遊びたいって言ってるの。沙羅ちゃんは優しいから遊んであげられるわね」

「・・・うん、いいよ」

先生は下級生の二人の面倒に追われ、沙羅ちゃんの面倒を俺に押し付けて来たのだ。

「ごめんね、先生他の2人の相手をしなきゃならなくて」

「いいですよ、気にしないで下さい」

謝罪をした後、先生はすぐさま下級生の方へ駆け寄って行った。

「え~と沙羅ちゃん、お絵かきでもしよっか」

「うん」

沙羅ちゃんは素直な性格で、俺の提案にも即座に乗っかってくれ、教室にあった学習机を向かい合わせにし、互いに絵を描き始めた。

絵を描いてる途中、対面にいる沙羅ちゃんを見てみると、服の胸の部分が大きく膨らみ盛り上がっていた。

その大きさはクラスの女子の誰よりも大きく、小学校5年生ながら推定Cカップはあったと思う。

長袖Tシャツには輪郭が綺麗に現れ、乳首が浮き出ていた。

尚且つ彼女は猫背気味で襟元の部分から谷間が見え、つい勃起してしまった。

それだけでは物足りなくなり、今度は色鉛筆を落としたふりをしてスカートの中を覗き込むと、開いた股から純白のショーツが見えて、興奮をより一層引き立てた。

元の体勢に戻った後も彼女の胸元を凝視し続けた。

昼休みが終わり、教室に戻った後も沙羅ちゃんの豊満な胸が頭から離れなかった。

そんな事をずっと考えていたらいつの間にか放課後になり、気付けば特別教室に足を運んでいた。

「あれっ⁉あなたは昼休みに来た○○くん・・・また、遊びに来てくれてたの?」

「はい、遊びに来ました」

「よかった~‼先生ね、これから会議なの。だから、また沙羅ちゃんの相手お願い出来る?」

「はい、いいですよ」

「小一時間で戻るからね」

そう言い残して先生は退室し、こうして特別教室は俺と沙羅ちゃんの2人きりになった。

「沙羅ちゃん、何して遊ぶ?」

「う~んとね、お絵かき」

「それ昼休みしたじゃん・・・」

「じゃあ、○○くん決めてよ」

「う~ん、そうだな」

そう言って沙羅ちゃんの方を見てみると、同級生の女子とは違う彼女の早熟な体付きに魅了されてしまい、この機会を利用しない手はないとばかりに悪知恵を働かせた。

「そうだ‼沙羅ちゃん、ちょっとこっち来て」

教室の入り口や窓の外から資格となる位置に移動し、その場で床に座り込んだ。

「それで一つ聞くけど、沙羅ちゃんは俺と友達になりたい?」

「うん、○○くんと友達になりたい」

「じゃあさ、沙羅ちゃんのおっぱい触らせてくれない?そしたら友達になってあげる」

「うん、いいよ」

俺は沙羅ちゃんの背後に回り、両手で豊満な二つの膨らみを鷲掴みにした。

食い込んだ指を押し返そうとする張りや弾力が最高に柔らかく、一瞬でアソコが勃起してしまった。

「沙羅ちゃん、大きいね‼」

「うん、先生にもよく言われる」

「沙羅ちゃん、この事は絶対に誰にも言っちゃ駄目だからね‼」

「うん、分かった」

沙羅ちゃんの了承を得て、俺は興奮を高めながら指を動かし続けた。

次第に服の上からでは満足出来なくなり、Tシャツの襟元から片手を侵入させてみた。

服の中に手を入れると、瑞々しく弾力のある生乳に触れ、まだ未発達な小さい乳首の硬い感触が伝わってきた。

「あんっ‼」

「沙羅ちゃん、しーっ‼」

「う、うん」

甲高い喘ぎ声を出した沙羅ちゃんを制止し、再び生乳を揉み始め、掌でコロコロと転がす感触があまりに気持ち良く、気が遠のいて行く様だった。

もう片方の手でスカートを捲し上げて、露わになった白くて大きいショーツが露わになり、ショーツの中に手を突っ込んだ。

生まれて初めて触る女性器はほんのりと濡れており、割れ目に沿ってなぞると突起物に当たった。

それはまさしく沙羅ちゃんのクリトリスで、その淫猥な感触を指先で楽しんだ。

「あぁ・・・あぁ・・・」

そんな喘ぎ声を聞きながら至福の時間を十数分続けていたら、廊下から足音がしたので慌てて距離を取り、平然を装った。

「○○くん、ごめんねー。二度も沙羅ちゃんの相手をさせちゃって」

「いや別に、全然気にしてないですよ」

「出来ればこれからも遊びに来てね」

「はい、また来ます」

こうして先生の信用を勝ち取り、俺は毎日の様に特別教室に入り浸る様になった。

後日、先生から聞いた話では、沙羅ちゃんは母子家庭で母親と二人暮らし。

家計の為にパートを幾つも掛け持ちしており、学校に沙羅ちゃんを迎えに行くのも毎日5時過ぎとの事。

そして、俺も沙羅ちゃんの母親にあった際。

「いつも沙羅と仲良くしてくれてありがとう。これからも仲良くしてちょうだいね」

親公認で沙羅ちゃんと接する事が出来る様になった。

昼休みは沙羅ちゃんのしたい遊びをし、放課後は先生の目を盗んで彼女の体を味わう日々を送っていた。

しかし、小学校を卒業し、同じ中学に通う様になってからは全く会わなくなった。

俺も卓球部に入り、沙羅ちゃんどころではなくなり、中学三年間は部活に明け暮れる日々を送っていた。

沙羅ちゃんの事は、たまに廊下ですれ違う度に成長してく乳房の様子を観察していたが、人目が気になり中々話し掛ける事が出来なかった。

そして俺と沙羅ちゃんは中学卒業後、それぞれ別々の学校に進学。

高校生になり1年半が過ぎた、高2の冬。

衣替えの季節を終え、すっかり冬の制服に移行したある日。

放課後、授業を終えて電車に乗っていたら、ふとある女子高生に目が行く。

その女子高生こそ沙羅ちゃん本人だった。数年ぶりにあった彼女の顔はいつの間にか大人の女になり、以前までは耳に掛かる程度しかなかった髪が肩まで伸び、それよりも特筆すべきは豊満だった胸が、コートの上からでも分かるぐらいに格段に大きくなっていた。

駅に着くと俺は一目散に彼女の方へ駆け寄り、話し掛けてみた。

「やあ、沙羅ちゃん、久しぶり」

「・・・ああ‼○○くん」

ほんの少しの間は、中学卒業以来一度も会ってなかった俺の顔を思い出していたのだろう。

「今、帰り?」

「うん」

「この後、何か予定ある?」

「ううん、何もないよ。お母さん、今日は夜勤だから夜遅くなるし」

なんたる幸運な事か、その日はちょうど親父が出張で、お袋が里帰り、弟も修学旅行でおらず、結果俺一人という運命の再会と呼ぶに相応しい状況だった。

「ねえ、今日俺の家に来ない?」

「うん、いいよ」

人を疑いもしない性格は相変わらずで、何の躊躇いもなく応じてくれた。

それから家に着くまでの約10分、この1年半の間に何があったか色々聞いたが、俺の視線は歩く度に上下に揺れ動く大きな膨らみに行っていた。

家に着いて玄関のドアを開け、沙羅ちゃんを手招きする。

彼女を家の中に入れて玄関のカギを閉めた瞬間、心の中であの豊満な体を堪能してやるという欲望が芽生えていた。

初めて来た俺の家に沙羅ちゃんはやや興奮気味で、落ち着きのない様子だった。

「沙羅ちゃん、俺の部屋は2階だよ」

「う、うん・・・」

沙羅ちゃんを先頭に階段を上らせ、スカートの中で純白のショーツがお尻の割れ目に食い込み、歩く度にムニムニと動く姿を下から覗き込んだ。

俺の部屋に入ってからも沙羅ちゃんは挙動不審で、部屋のあちこちを見ていた。そんな彼女に俺は本題を持ちかける。

【鬼畜体験談】特別支援学級の女の子を性処理にした結果wwwww<後編>へ続く

What do you think of this post?
  • エロいいね (3)
  • エロくない (1)

厳選記事PICKUP!