【人妻体験談】同じマンションに住む夫婦に騙された欲求不満人妻

yjrtsururs
誘惑に負けた過ちから、とんでもない代償を負ってしまった後悔の毎日です。

会社出張が多い夫とのセックスもマンネリで淡白、結婚5年でまだ子供が出来ず、欲求不満になっている人妻 ○子(29歳)です。

夫とのセックスは月2~3回程度、毎回オナニーで慰めてもこれでは満足できず、そう簡単に浮気も出来ず悩んでいました。

そんな時、同じマンションに住む奥さん(□子)の誘いで、知り合いの男性と1度だけの約束で会ってほしいとの話がありました。

男性とホテルで会う時は□子さんも同席するので安心してねと言われ、欲求不満のストレスから後先のことなど考えもせずに承諾しました。



甘い話には落とし穴と思いつつも、あとで高い代償を負う羽目になり、たいへん後悔しています。

当日、□子さんの案内であるホテルに行き、すでに予約がしてあった部屋に向かいました。

部屋に入ると□子さんは、相手の男性は年齢38歳、私が承諾すれば必ずコンドームを付けるのでその男性に一度だけ抱かれて、と話はだんだんエスカレートしていきました。

「その男性とセックスをするのは、必ず一度だけの約束よ」

部屋で待つこと10分、ノックして部屋に入ってきた男性を見て驚きました。

その男性は□子さんのご主人、マンションでは時々顔を会わせ挨拶をすることがある、そのご本人ではありませんか。

「エーッ、□子さんのご主人じゃないですか、どういう事ですか」

「ごめんなさい、騙すつもりはなかったけど、私の話を聞いて」

と淡々と、ここに至った話を聞かされました。

私は今まで主人以外の男性経験がなく、知識も乏しくそのうえ胸はドキドキ、何も言えずにうなずくだけでした。

「それじゃ、○子さん主人をよろしく、ゆっくり楽しんでね」

□子さんはご主人と顔を合わせニコッと笑いながら、部屋を出て行かれました。

「驚いたでしょう、○子さんは素敵な奥様ですね、よろしく」

部屋の椅子にかけたまま呆然としていたところ、突然、

「風呂に入りませんか」

「あっ、はい、いえ、お先にどうぞ」

ご主人と一緒に風呂に入るなんてと思いながらも、ある程度の心の準備は出来ていましたが、いきなりの言葉に動揺しました。

「じゃ先に入っていますから、来てくださいね」

と言って、私の目の前で服を脱ぎ始め、がっちりした体格の全裸になると、腰にバスタオルを巻きバスに入って行きました。

私は窓の外を眺めながら、今ここに来たことを少し後悔していましたが、しばらくしてご主人はシャワーを浴びてバスから出て来ました。

「どうしたのです、そんなに緊張しないで、風呂にでも入って下さい」

「服でも脱いでリラックスしませんか」

と私を立たせると、ご主人は私の両肩に手を置いて静かに抱き寄せ、

「キスしていいですか」

私は緊張のあまりうなずくだけで、お互いの唇を重ね合わせました。

ご主人の股間はすでに大きく勃起して、バスタオルを突き上げ、私のおなかに固いものが当たるのです。

ご主人は唇を吸いながら舌を滑り込ませ、私の舌と絡み合わせながら、両手は背中からお尻にかけてなで回され、さらに乳房を揉まれると、段々と息使いも荒くなり興奮してきました。

私は全身の力が抜けてその場に座り込もうとしましたがご主人に支えられ、さらに両腕で抱え上げるとそのままベッドに運ばれてしまいました。

「恥ずかしがらず私に任せて、服を脱ぎましょう」

「いや、いや、だめです、やっぱり帰ります」

思わず起き上がると、

「今さらそんな事を言われても、承知のうえでしょう」

ご主人は帰ろうとする私の腕をつかみ、突然ベッドに押し倒しました。

ベッドに仰向けに倒れた私の身体に覆い被さり、

「いや、いや、許して、お願いですから帰して下さい」

と叫ぶ私を力づくベッドに押え付け、突然ディープキスをして口を塞ぎました。

「ウーッ、いやいや、アッ、だめー」

「奥さんおとなしくして、服を脱ぎなさい」

ご主人は振りほどこうとする私をガッチリと押え付け、ブラウスのうえから乳房を揉みながら、スカートのホックをはずし、足元まで一気に脱がしてしまいました。

「いやー、やめて恥ずかしい、お願い見ないで」

薄いブルーのビキニショーツ、Dカップのブラジャーだけの下着姿にされたとき、ご主人が腰に巻いていたバスタオルが解けて、股間の大きく勃起したオチンチンを見せられ驚きました。

主人のものしか見たことがない私は、太さ、長さともに大きく、今にも爆発しそうにそそり立つオチンチン、これが私の膣に入るのかしらと少し心配になりました。

大きなオチンチンを見せられてだんだんと興奮してしまい、もうメチャクチャに犯さけたい、何度もいかしてほしいと観念しました。

ご主人はついに私の最後のショーツとブラジャーを脱がしてしまうと、私はあらわになった性器と乳房を両手で隠し、

「お願いです、部屋の明かりを消して、恥ずかしいから」

「そう、じゃ、アイマスクがあるから付けてあげよう」

「えっ、アイマスク?」

すでに事前に準備してあったのか、アイマスクを被せられ目隠しされると真っ暗で何も見えなくなって、これから先どんなことが待っているのか怖くなってきました。

ご主人は性器と乳房を覆い隠していた私の両手をしずかに取り払うと、やさしくディープキスをしながら、Dカップの乳房から薄めの陰毛に被われた恥骨をなで回したり、舐めたりしてやさしく愛撫してくれました。

私の膣に指を挿入したり、クリトリスをなでられると愛液があふれ出て、ピチャピチャと音を立て始め、息使いも荒くなって一段と興奮してしまいました。

「あーッ、気持ちいい、もっと、もっと強くして、メチャメチャに犯して」

「いく、いく、だめー、変な気持ちになりそう、」

と、恥ずかしい言葉を連発し乱れてしまいました。

何度もいかされてぐったりしている私を容赦なく攻め続けられ、久し振りの快感に浸ってしまいました。

この頃から気になっていたのですが、どこかで「カシャ」「カシャ」という小さな物音がしたり、時々明るい光がアイマスクの前に注がれていることが分かり、

「何をしているのですか?」

「いや、アー部屋の電気のスイッチをさわっている・・・」

と、ご主人は言っていましたが、何のことか分リません。

「私のオチンチンを舐めて下さい」

いきなりご主人のオチンチンを、仰向きで寝ている私の口の中に入れてきました。

これまでのセックスでも経験がなく驚きましたが、とても大きなオチンチンをねじ込まれて、

「ウグッ、ウグッ、入らない、無理です」

「大丈夫ですよ、ゆっくり入れますから舐めてください」

なんとか口一杯に入れると、ゆっくりゆっくり出し入れをしながら、ジュルジュルといやらしい音をたて、

「オー、気持ちいい、いきそう、奥さんほんとうにうまいですね」

私が上になるシックスナインの体位にさせられると、お互いの性器を舐めあい、大きく開かされた膣からは、グチュグチュと音を立てて愛液が流れ出ているのが分かりました。

突然、ご主人はシックスナインの体位から、私の腰を抱いたままの格好で立ち上り、私はオチンチンを咥えたままで逆立ちし、両足を大きく広げたままの、あられもない姿にさせられてしまいました。

「エーッ、これって何、これもセックスの体位?」

私の性器と肛門はご主人の目の前にさらされ、それを舐め回されるたびに何とも言えない快感が起こり、こんなセックスもあるのかなと初めて経験しました。

何度もいかされて快感に浸っていると、何かしら少し硬いものがおしりの肛門に入れられると、チューと液体のようなものが2回ほど注がれたのですが、何かしら?これが何かは分かりません。

やがてベッドに寝かせられ両足を大きく広げられると、唾液でヌルヌルなったオチンチンを、いきなり生のままで、私の膣に入れようとしたので、

「約束が違います、コンドームを付けて、妊娠したら嫌だから」

「分かりました、じゃ奥さんがコンドームを付けて」

と、1個のコンドームを渡され、アイマスクでまったく見えないので手探りでご主人のオチンチンを握り、

「こんなに大きなオチンチンが入るのですか、膣が壊れてしまいます」

「大丈夫、大丈夫、ゆっくり入れるから入りますよ」

オチンチンの先端からコンドームを被せ、ゆっくり根元までかぶせるとコンドームがピンと張り、激しいビストン運動で破けたりして、精液が漏れてしまうのではと心配になりました。

この頃になると急にお腹が痛くなってきて、トイレに行きたくなりました。

「どうしたのかしら」

すこしでも肛門が緩むと出てきそうで、我慢できなくなってきました。

「お願いです、トイレに行きたいの」

「あー、トイレね、さっきお尻に浣腸したからもう少し我慢して」

「エーッ、カンチョウしたのですか?イヤー恥ずかしい、我慢できない、トイレに行かせて」

先ほど肛門に注がれた液体は、浣腸の薬だったのです。

「さあ○子さん、恥ずかしいでしょうが足を開いて、力を抜いてね」

トイレに行きたい排泄を我慢させられたままで、いよいよ大きなオチンチンの挿入です。

私を仰向けにして足を高く上げさせ、大きく広げた膣にオチンチンを押し当て、一気に挿入しようとするのですが、なかなか入りそうにありません。

「痛い、痛い、お願いゆっくり、ゆっくり入れて」

「もう先のほうは入ったよ、さあ力を入れないで、少しずつ入っているよ」

どうにか全部が入ったところで痛みも段々と和らぎ、ご主人はピストン運動を徐々に強めていきました。

ご主人は浣腸した肛門をキュッと閉めると、膣の締まりも良くなるよと教えてくれました。

「オーッ、キツイ、○子さんのおまんこが締め付けてる」

膣全体がオチンチンで満たされ、奥の子宮に当たる快感は何とも言えない気持ちよさに、思わずよがり声をあげて、

「アー、気持ちいい、いくー、いくもっと突いて」

私はもう何がなんだか分からなくなり、ご主人がなすがままに絶頂を迎えました。

「ウーッ、いく、中に一杯だすよ」

コンドームを付けたままのはずですが、膣の奥にドクドクと精液が流されるのを感じて、久し振りの快感を迎えて失神してしまいました。

どのくらい時間がたったのでしょうか、目が覚めてアイマスクを外すと、なんとベッドの横に□子さんが立って、手に持ったスマホで私の裸体を撮っているではありませんか。

また□子さんの後ろには若い男性二人がいて、全裸の私を舐め回すように見ているのです。

アイマスクを付けられてからは周囲がまったく見えず、この部屋に□子さんたち3人が入ってきて、ご主人とのセックスをすべて見られていたのかと思うと、恥ずかしさで涙がでてきました。

「エーッ、□子さんはずっと部屋に居たの?」

「ええ、主人とのセックスをすべて見せて頂いたわ、○子さんしっかりヨガっていたわね」

「すべてスマホで撮ったから、浮気の証拠ができたわ」

「エー浮気の証拠?」

「○子さんの欲求不満を解消してあげたのよ」

それよりも驚いたのは、私の性器付近のベッドシーツに白い液体が流れ出ていたのです。

起き上がろうとしたとき、その液体は私の膣からもドロッと多量に流れ出てきました。

「もしやご主人の精液?どうして?コンドームをつけたのになぜ?」

さらに立ち上がるとドロドロと尾を引いて、多量の精液が足を伝ってシーツに流れ落ちてくるのです。

「いやだ、妊娠しちゃう、中には絶対に出さないと言ったじゃない、イヤー」

私を冷ややかな目で眺めていたご主人は、

「いい気持ちでした、○子さんの身体を十分楽しませてもらった、特によがり声はよかった」

ご主人はオチンチンが膣に収まるようになったあとコンドームを破り捨て、最初から私を妊娠させる目的で、思いっきり膣に精液をぶちまけたと言っていました。

「約束が違うじゃないですか、妊娠したらどうするのです」

□子さんはベッドで泣き叫ぶ私を見ながら、してやったりと微笑んでいました。

突然、若い男性二人は裸になると、ベッドで泣き叫ぶ私に襲いかかってきました。

「いや、いや、やめて、お願いご主人やめさせて」

激しく抵抗したのですが、若い男性二人の力には勝てず、ベッドに押し付け乳房を揉まれたり、性器をなで回したり、好き放題に弄ばれてしまいました。

私の両足を無理に開かせ、オチンチンを私の汚れたままの膣に、強引に挿入して来ました。

まだご主人の精液が残っている膣にオチンチンはすんなりと収まり、激しくピストン運動を繰り返していました。

「ダメ、ダメよ、中に出さないでお願い、妊娠しちゃうから」

もう一人の男性は私の顔の前にまたがり、自分のオチンチンを強引に口の中に押し込み、激しくピストン運動をしたあとビクンビクンとけいれんし、白い精液を口の中に流し込み始めました。

若い男性はこれほど出るのかと思うくらい多量の精液を出して果てました。

すると男性はいきなり私の口を手で塞ぎ、もう片手で鼻をつかみ息が出来なくなり、思わずゴクッと精液を飲み込んでしまいました。

精液を飲まされるとは、これも初めての経験ですが拒否しようにもあっと言う間の出来事でした。

膣に挿入していた男性は、バックから挿入しようと私をうつ伏せにすると、お尻を高くあげさせて、再度オチンチンを膣に挿入しました。

身体を押さえていた男性は、私の両手をやさしく背中に回すと十字にクロスさせ、用意していた荒縄で両手首を二重に縛ってしまいました。

「いや、いや、やめて縛らないで、許して」

私は必死に抵抗したのですが、男性二人から力づくで押さえ付けられどうすることも出来ず、さらに荒縄を乳房の上下に分けて、身体に食い込む程きつく縛られてしまいました。

「イャー、だめー、縄を解いてお願い」

「奥さん、あまり暴れると縄が締まって痛くなりますよ」

ただ驚くと同時に、セックスのとき荒縄で縛られるSMは話には聞きますが、初めての経験でこれからどんな事をされるのか不安でなりません。

□子さんは、縛られた私の恥ずかしい身体を容赦なくスマホで撮り続けています。

「いや、いや、お願い写真は撮らないで、許して」

「○子さん、いい格好ですよ、もっともっと気持ちよく楽しませてあげますよ」

「お願いです縄をほどいて、許して」

「どう、若い男性の精液は元気がいいからね、中に一杯入れてもらってね」

バックから激しく突付かれ何度もいかされ、若い男性は最後の力を振り絞ると、

「ウーッ、いく、中に出すからね」

「ダメ、ダメよ、お願い中には出さないで」

ビュ、ビュと勢いよく精液を出されてしまい、子宮に当たるのを感じてしまいました。

男性はオチンチンを膣から抜き出すと、ドロッとした白い精液が多量に流れ出てきました。

「○子さん気持ちよかった、いい写真もたくさん撮れたし、あなたのご主人には見せられないね」

「いやー、お願い縄を解いて ト・イ・レに行かせて・・・・」

この後も男性3人から、縛った荒縄を解くことなく、何度も犯され弄ばれてしまいました。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!