【叔母との体験談】僕がお風呂に入っていると、叔母さんが全裸で前を隠さず入ってきた結果wwwww

yurstrrr
先日、ひょんなことから叔母の美智子さんの家に行った。

叔母が家に来て母と話しながら、「家具を移動したいんだけど、私一人だからできないの…」みたいなことを言っていた。

僕はテレビを見ながら何気なく聞いていたが、そのうち母が「そうだ、あんた、行って手伝ってあげなよ」と言い出した。

明日は日曜だし別にいいかと思って「いいよ」と答えたのだけど…

つぎの日曜日…叔母は夕べ僕の家に泊まったので、僕はお昼まえに叔母を車に乗せ、叔母の家に向かった。



叔母の家までは1時間位掛かる。

車の中でいろいろ話しをした。

叔父さんは昨年から3年間の予定でニューヨークに単身赴任中で、一人娘の弘子さんは東京の大学に行っているので、叔母はいま一人で生活している。

叔母はそれがちょっとさみしいみたいだった。

もう家につくというころ、叔母はちょっと変なことを聞いてきた。

「正雄さんは、もう経験済みかな」

「何をですか」

「それとも、未だ童貞なのかな?」

「ご想像に任せます」

「御免ね、変な事を聞いて」

「構いませんよ」

とはいったものの、なんでそんなことを急に聞いてきたのかふしぎだった。

叔母さんの家に着き、暫く休憩してから、家具の移動を手伝う事になった。

夕方、作業を終えて帰宅しようとしていると、

「正雄さん、汗をかいたでしょ、お風呂に入っていって」

「家に帰ってから入りますので」

「もう、準備出来ているから、入っていって」

「帰りますので」

「遠慮しないで入って下さい」

「分かりました」

「ゆっくり入って下さい」

「有難う」

風呂に入り暫くすると、ドアー越しに、

「正雄さん、背中を洗いましょうか」

と叔母の美智子さんが言うので、

「自分で洗いますので」

「遠慮しないで」

「自分で洗いますから、気にしないで下さい」

「分かりました」

ところが、頭を洗っていると突然ドアーが開き、美智子さんが全裸で前を隠さず入ってくるではないか。

「叔母さん、困るよ」

「困る事でも有るの」

「有るよ」

「恥ずかしいの?」

「それもあるけど、とにかく困るよ」

息子は美智子さんの全裸姿を見た瞬間に硬直し上を向いて痛い位だった。

それを見た美智子さんが、

「元気が良くて良いね、それに雁首が大きくてビックリしたよ」

タオルで息子を隠すが更に硬直するのが分かった。

「私に頂戴」

「困るよ」

「我慢出来ない顔をしてるよ、早く立って」

タオルで息子を隠して立つと、タオルの上から息子を触りながら、

「気持ち良い?」

と聞くので、無言でいると、タオルを取り払い息子を咥え込みフェラを始めた。

我慢出来ず変な声をだすと、

「正雄さん、いかが!?」

「気持ち良いです」

「こんな元気な息子を見るのは20年振り位かな」

「浮気した事が有るの、叔母さん?」

「あるよ、今日ね」

「そうなんだ」

「独身時代に数人経験したけど、結婚後は主人だけよ」

「叔母さん、もう出そうだよ」

「何処に出したい?」

「このまま口の中に出しても良いの!?」

「それで良いのなら構わないわよ、それとも私の大事な所に侵入する?」

「挿入しても良いですか!?」

「私はお礼も兼ねてそのつもりで、お風呂に入ったけれど」

「本当に良いですか!?」

「お風呂は狭いから、バックから入れて頂ける」

「分かりました」

と言うと、壁に両手を着き大きく足を拡げて、

「何処に入れるか分かる」

「大体分かるけど」

と言うと両手でオマンコを拡げ、

「この穴が膣よ、ここに正雄さんのが入るんだよ」

拡げられたオマンコは綺麗だったがグロテスクに見えた。

「入れても良いですか?」

「ハイ、来て」

出産してないので膣は狭かったがお汁が沢山出ていたので根元まで抵抗無く入った。

ピストン運動を始めると、

「栓をされてる様で気持ちが良いよ、正雄さんは如何?」

「自分で処理するのと違い気持ちが良いです」

「自分で処理してるの?」

「時々してるよ」

「叔母さんの膣はヌルヌルしてて、強く締められて気持ちがいいです」

「私も半年ぶりのセックスでとても気持ちが良いよ」

激しく後ろから突くと、

「逝きそう、気持ち良い、もう駄目、逝く」

と喘ぐので、

「僕も逝きそうです」

「もう駄目、逝く、もっと突いて」

「このまま中に出しても良いの」

「もう駄目、一緒に逝って」

「もう我慢出来ないよ、このまま出すよ」

「お願い外に出して、私もう狂いそう」

更に高速で突くと、

「そのまま、一緒に逝って」

「中に出しても良い!?」

返事が無いのが、気持ち良くて首を縦に振った様に見えたので、

「叔母さんの膣にこのまま出すね」

と言うと、急に膣が収縮して美智子さんは痙攣を起こして逝ったみたい。だから僕も叔母の体内に放出した。

暫くして抜くと大量の精液が逆流して来たのを見て、

「本当に中に出したんだね」

「御免なさい」

「赤ちゃんが出来るかもしれないよ」

「困るよ」

「責任を取って貰うよ」

「無理だよ」

「中出ししたんだから、逃げないで」

「如何すれば良いの」

「中出ししてしまったんだから、お風呂から出たら、もう一度中出してくれる?」

「良いけど、赤ちゃんが出来ると困るし」

「今出した分で出来てるかも」

「叔母さんの言うように、もう一度中出しします」

お風呂から出て寝室に行き、美智子さんを責めると、大きな声で喘ぎ、

「沢山出してね」

「遠慮なく出します」

と正常位で2回、騎乗位とバックで各1回の計4回寝室で中出しした。

帰り際玄関先で、

「若い男性て元気が有って良いね」

「まだ、1回位なら出来るよ」

「本当に出来るの」

「出来るよ」

「玄関の鍵を掛けて、こちらに来て」

「如何するの」

「対面座位で出来る」

「良いよ」

と言うと僕のズボンを脱がせ、

「胡坐をかいて」

と言うと、ショーツを脱ぎスカートを着けたまま腰を下ろして一気に根元まで息子を飲み込み上下運動を始め、5回出しているので持続時間が長く、ブラウスのボタンを外し、ブラを上に動かし乳房を責めると叔母さん2回位逝った様だ。

「もう逝きそうだよ」

と叔母さんに言うと、

「最後は騎乗位で奥に沢山出して」

「良いよ」

と言うと体位を変え騎乗して来た。

「気持ち良い、中に出して」

「もう出そう」

と言うと、叔母さんは深く腰を下ろして「アー」と声を発し、亀頭部辺りがゴム輪で締め付けられた感覚で、今まで経験した事の状態で射精した。

もしかして叔母さん、最初から僕とこうなるつもりで母と話していたのかも…

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!