【不倫人妻体験談】元上司のソフトな愛撫がなつかしく会いに行ってしまいました

bandicam 2015-12-26 02-45-31-380
私が結婚する前からのつきあいでした。

彼は私より18歳も上の男性です。言ってみれは職場の上司でした。

結婚して半年ぐらいは連絡もお互いにせずでしたが、ひまを持て余した私が、先に連絡をしました。

昼下がりの時間です。彼は週刊誌のデスクをしているので、昼間だろうが時間に関係なく、社を出られるのです。

「半年も会わなかった間に、すっかり若奥様が身についたね。より男心をそそられるよ」



ホテルのコーヒーハウスで会うなりそんなことをささやいてきました。

「上に部屋をとってあるんだけど、優ちゃんも、その気で来たんでしょ?・」

ずばりと言ってきました。そうなんです、夫のSEXにそろそろ馴れが出てきて、彼のソフトな愛撫がなつかしくなってきていました。

「いやだぁ・・そんなつもり・・ふふあったんだ、やっぱり」

彼に会ったとたん、私はエリートサラリーマンの奥様から、優ちゃんに変っていました。

「じゃ、部屋に行こう」

コーヒーもそこそこにして、三十七階のツインルームに行きました。

彼とはいつもこのホテルでデートをしていたのです。

シティホテル特有の狭い部屋ですがただ抱き合うためだけの目的なんですから、いくら狭くたっていいんです。

「あー、ぱくはもう二度と優ちゃんのお汁が吸えないと思っていたよ」

抱き締め耳元にそうささやきながら独身時代と同じように、私の洋服を脱がせ始めます。

一枚ずつ剥がされながら、私の股間はお汁が湧出してきています。

「さあ、ベッドに仰向して・・」

シャワーも使わずにです。私は、ベッドの真ン中に、心もち脚を開いた形で仰向けになりました。

すかさず、そんな私のお股を両手で開くようにして、彼の顔がうずめこまれます。

「あうっ・・いいっ、ああぁ、とってもいい!」

ほんとに久しぶりの彼の舌を、クリトリスに受けながら、もう私は下半身を小刻みに露わせ始めていました。

「う-ん、相変らずいい味をしている汁だなあ、ここを、こうして、ダンナの舌が這いずり回るんだろう?」

「いやあん、ダンナのことは言いっこなしよ、気がそがれちゃう」

甘えた鼻声を出して、私はさらに大股開きにし、どこもかしこも舌で舐められる体勢をとりました。

「ほほぅ、びらびらがもうひくついている、ダンナに、あんまり構ってもらってないのかな」

「ううん、そんなことない、でも、ダンナのやり方って、いつもワンパターンなんだもの」

「で、ばくを想い出したってわけ?」

「ふふん、でもないけど、やっぱりなんだかなつかしくなっちゃって・・」

その間にも、舌は秘所のいたるところを這いずり回っています。

アリの戸渡りの辺りから、アナルのほうまでも舌は動き回っているんです。

そのソフトでいて、時に強烈な吸引があったりと、変幻自在な舌の動きはやほり彼独自のものなんです。

「ああん、いいっ、いいっ、おっぱいもやってぇ」

彼には、とことん甘えることができるのです。だって、短大を卒てすぐに入社した会社で、六年近く、彼と交渉を持ってきたんですもの。

私の悪いとこも全て、さらけ出してきたつきあいなんです。

「よしよし、おっぱいか、噛んでやろうか、それとも爪を立ててやろうか」

「ああん、どっちもしてえ、いっぱい痛くしてえ」

これって、私のクセなんです。いつも乳房への刺激は、少しくらい強烈なほうが、感じるんですとっても。

「あっ、あっ、ツゥー、ああっ、ああん、あー、あー、いいっ、いいっ」

こんな言葉しか出てこないぼど、彼の乳房への愛撫は適確なんです。

「ほしいっ、握らせてっ、ねえ、ほしいの、ほしいの」

手を宙に舞いあげて、私は彼のペニスをほしがります。握っていたいんです。

手の平の中で、ビクンビクンと脈動しているペエスを握っているのってとっても快感なんです。

「いいけど、あんまりしごき立てるなよ、これでもガマンしているんだからな」

「うん、握っているだけ・・」

そうして、しばらくすると、彼は私の股間に体を割りこませてくるのですが、それがまた、なんとも言えず強引なとこがあって好きなんです。

「うっうわっ・・」

極太ペニスが一気に秘裂に挿入されます。

そこからは二人で腰を合わせての運動で、もう夢の世界です。やっぱり彼と会うの、止められないみたいです。

What do you think of this post?
  • エロくない (0)
  • エロいいね (0)

厳選記事PICKUP!